さいりさんの映画レビュー・感想・評価

さいり

さいり

無趣味人間が映画を観た結果

映画(57)
ドラマ(0)
  • 57Marks
  • 24Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

イエスマン “YES”は人生のパスワード(2008年製作の映画)

3.5

頭空っぽにして楽しめるコメディ映画
序盤のシーンで、「あれもイエスと言わないと罰があるんか…」と恐怖(笑)
日本語訳がちょいちょい関西弁入ってるのは翻訳者の趣味なんかな

離婚したから億劫になるという
>>続きを読む

ピクセル(2015年製作の映画)

3.3

ドンキーコングとパックマンくらいしか知らなかった分、こんなゲームがあったのか〜って勉強になった
登場人物も少なくて頭の整理がしやすい。
EDも凝ってて楽しかった

この映画について詳しく調べてたら、岩
>>続きを読む

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

3.4

知人の勧めで鑑賞。

いつの時代もどんな天気もパリは素敵な街。
雨は嫌いだけど、雨の日のパリでみた夜のエッフェル塔はとても綺麗だったな〜
昔が良かったという黄金時代、そう考えちゃうのもすごくわかる…
>>続きを読む

嫌われ松子の一生(2006年製作の映画)

3.2

「嫌われ」とタイトルにはあるけど、結局嫌ってる人はいなく、むしろ愛されてたのに
どうしてこう堕ちてしまったんだろう。
全ては父に愛されたかったから。ここさえ満たされていたら松子の生き方も変わったのかな
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

メインとなる事件は1時間過ぎからで、それまでは生い立ちやら旅行やら色々あって
「これ本当に必要?」と一瞬思ったけど、
これらがあったからこそ1つ1つの行動に納得がいった。
新幹線で起きた2つの事件を思
>>続きを読む

告白(2010年製作の映画)

3.4

登場人物みんな怖い
裁けない人を裁いていく恐ろしさ

映画 ホタルノヒカリ(2012年製作の映画)

3.0

ドラマをリアルタイムで視聴、映画版は今回初めて視聴

蛍ってここまで干物だっけと思うくらい最初は引いたけど、ぶちょおの心の広さに感服。こんな男そうそういないわ。
その辺の適当な場所で結婚式あげたり、し
>>続きを読む

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

3.7

ただただ辛いと思ってた戦争中にも日常があって笑いがあったんかなと想像
中盤以降は悲しいの連続で演出も怖いところがあったけど、いろんな人に見て欲しい

僕だけがいない街(2016年製作の映画)

3.2

原作未読
冤罪かけられた人後半出てこなくなったけど、原作だとちゃんと出てくるのかな

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.4

スターウォーズ知らなくても単品で、知ってたら更に楽しめる作品だと思う。
公開当時は批判が多かったみたいだけど、そこまで批判することなくない?というのが実際に観た感想。
超マニアだったらあれこれ不満出て
>>続きを読む

人狼ゲーム ラヴァーズ(2016年製作の映画)

2.1

このレビューはネタバレを含みます

最終日、狩恋恋QP狼だったから
狩人の子を恋人陣営3人でPPしたらQPの子死なずに済んだんじゃ…
展開的に面白くない&1億円の賞金の負け前が少なくなるからボツ?

名探偵コナン ゼロの執行人(2018年製作の映画)

3.5

安室ファンのための映画

公安関係の説明、一発で理解できなかった…
子どもはわかるのかな。

劇場版 STEINS;GATE(シュタインズ・ゲート)負荷領域のデジャヴ(2013年製作の映画)

3.5

公開当時映画館でみて、ゼロがアニメでやってるから再度視聴

紅莉栖が尊い。SG世界線のみんな好き。

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

3.8

死という重たいテーマだけど、最後まで明るく見ることができた
死者の国がこんなんだったらいいのにな〜
ラストは号泣

ズートピア(2016年製作の映画)

3.2

ストーリー何も知らなずにみたせいか、映画の途中まで警官のウサギ=♂だと思い込んでた…
独断と偏見は良くないね。

人狼ゲーム クレイジーフォックス(2015年製作の映画)

1.7

主人公が自分勝手の割には心理描写少ないからモヤモヤが残るばかり

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

自己犠牲(特攻?)のシーンが今までと比べてやけに多いなと。
レイの出自もスカイウォーカーが絡んでると思いきや全くの無関係なことにビックリ

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐(2005年製作の映画)

-

1〜6まで一気見(4→5→6→1→2→3)

確かに時系列的は1から6の順だけど
4から見るべきって色んな人から言われてた理由がよくやくわかった

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

3.7

ヒトラーが2014年のドイツに現れたと言うドキュメンタリー風な映画
パロディもあり笑って見れるシーンも結構あったけど、同じことがまた繰り返されることはないと言い切れなくなった
ラストのオチが衝撃的

海賊とよばれた男(2016年製作の映画)

3.5

浮き沈みがあるサクセスストーリー
いい話とは断言できないけど、この生き方はカッコいい
社歌が印象的

名探偵コナン から紅の恋歌(2017年製作の映画)

3.1

久しぶりに大阪が舞台。

百人一首が絡む物語。アクションシーンはやはり派手。
犯人がギリギリまでわからなかった

アナと雪の女王(2013年製作の映画)

3.2

公開からかなり時間たっての初視聴。

姉妹愛がテーマって今までのディズニー映画でありそうであまりなかった気がする
冬になってるせいか背景が暗い感じがするけど、歌やアナ・オラフとかの明るさに救われた

暗黒女子(2017年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

小説→漫画→映画版と視聴。
どれもそれぞれに応じた良さがあった。

4人の朗読によってみんなのイメージが次々と変わっていって
どれが真実なのか?誰が犯人なのか?最後までワクワクさせられた。
映画版はい
>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

橋本環奈すげぇ…ってなった
銀さんは最後までなれなかったけど
原作の雰囲気を壊してなくて見てよかった
突然のナウシカネタにこらえきれずに爆笑

塔の上のラプンツェル(2010年製作の映画)

3.7

ディズニーらしく終始明るい雰囲気で楽しい
映画見る前と見た後でラプンツェルのイメージがいい意味で変わった

悪の教典(2012年製作の映画)

2.7

伊藤英明の演技が良かった分怖さが引き立ってた
中盤以降ひたすら血、血、血だったのでそういうのが苦手な人は見ないほうがいい
映画館でじゃなくて家で見る方がいいと思った映画の1つ

シックス・センス(1999年製作の映画)

4.0

衝撃の結末
ホラー映画一覧としてよく名前あがってるけど悲しい映画

重力ピエロ(2009年製作の映画)

3.2

テーマがこんなに重たいものとは見るまで思わなかった

>|