SUMIREさんの映画レビュー・感想・評価

SUMIRE

SUMIRE

映画という娯楽がこの世にあって幸せ

映画(303)
ドラマ(1)

夜明けの祈り(2016年製作の映画)

3.6

これが実話かと思うと恐ろしい。
そして、信仰とは難しい。
こんなの神様の思し召しでも何でもない!!
神様こんなこと
望んでないと思うのだけど。

そして父になる(2013年製作の映画)

2.6

悪くないけど。リリーさん好き。
号泣号泣号泣!の感じの宣伝は、大げさかな。

空中庭園(2005年製作の映画)

2.5

希望もへったくれもない原作がすごく好きで期待してたけど。
映画版は、全体的に希望がある。

おとなの恋の測り方(2016年製作の映画)

3.3

可愛い映画。コメディなので、気軽に楽しめる!実際136cmで完璧な人が現れたらどー思うものだろうな。

海街diary(2015年製作の映画)

3.0

漫画とあまりにもキャラクターが違うので観るのを避けてたけど。
つまらなくはない。まぁまぁ。
この監督の映画は、あまり好みじゃないのかも知れない。空気感は素敵だけど。

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

4.3

出演者全員がよかった。
母である前に女、その前に人。
すごくすごく良かった。
この監督の映画はすべて
インテリアが素敵。

花戦さ(2017年製作の映画)

3.4

花の映像がとっても美しい。
和のアートって素晴らしい。

ポンヌフの恋人(1991年製作の映画)

4.2

独特のセリフと独特の俳優さんと独特のカメラワーク。
色まで全てが美しくて。憧れて実際にポンヌフ行ったけど、、、
実物は全然違かった。
映画マジック!

ロリータ(1961年製作の映画)

3.5

ハンバートハンバート。今じゃオシャレなミュージシャンの名前。
元は、変態おじさん。
原作がおすすめ。
クズに近い根っからのロリコン野郎。吐き気がするほどに。

フランケンウィニー(2012年製作の映画)

4.0

ティムバートンが本当に、愛犬を蘇させようと子供の時に調べたりした…という経験から作られた話。そのエピソードも最高。
犬好きとしては、文句なし。
ゾンビなのに可愛い!

ソラニン(2010年製作の映画)

3.6

原作が好きだったから、えーー!宮崎あおいやだなーと思ってたけど。思いのほかイイ。

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

3.3

海がとってもキレイ。
ほんとうに風が吹いてるみたい。

アメリカン・ヒストリーX(1998年製作の映画)

4.7

エドワードノートンかっこいい!
ただそれだけで観に行き、ガツンとやられた作品。
復讐は復讐を、憎しみは憎しみを。

火垂るの墓(1988年製作の映画)

1.1

高畑監督は好きですが、この作品はあまり…です。節子を守るためなら、辛いけど我慢してあの家にいるべきだったと思うのであります。得策ではなかったと思う。

セブン(1995年製作の映画)

1.0

妊婦を殺す=赤ちゃんいれて
セブンじゃなくてエイトじゃないの? と、そこでひっかかってしまいダメだった。

危険な遊び(1993年製作の映画)

3.6

イライジャが強烈に可愛い。
異常なカルキンは、終始怖いけど。それよりも、ラストにはゾッとした。

ヨーヨー・マと旅するシルクロード(2015年製作の映画)

3.0

シルクロードで演奏するのかと勘違い…。国、文化、宗教を超えた音楽の世界平和。

続・拝啓天皇陛下様(1964年製作の映画)

3.0

悲しく辛いことも喜劇風に描いているので、見やすかった。
みなさんとても美しい!
渥美清さんに、癒される。

路上のソリスト(2009年製作の映画)

3.4

実話。路上生活の人にも、子供時代があって家族がいて、将来、音楽家やパイロットになることを夢見てたりしてた時もあるよね…と考えてたらせつなくなった。

デッドマン・ウォーキング(1995年製作の映画)

3.8

強烈だった。観客を、同情へゆさぶったり悪意へ揺さぶったり…
ラストへの流れはしんどい。
怖すぎる。

ギター弾きの恋(1999年製作の映画)

4.2

なさけなくて愛おしい
ほんと可愛くて悪意ある映画!
好きです!

アンチクライスト(2009年製作の映画)

3.0

聖書が分からないので、難しいけれど。ゲンズブールとウィレムの2人がカメラの前でよくこんな演技を…と、役者という職業に尊敬しかない。向こうではモザイクなしだそうで…。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

2.0

個人的な感想ですが
映画館行かなくてよかった…
あまりに普通の話でびっくり。
セッションは、最高だったのになぁ。

眠れる美女(2006年製作の映画)

3.3

川端康成の原作をもとにした作品。ひとときの幸せをもとめる添い寝するだけの屋敷。

コーヒー&シガレッツ(2003年製作の映画)

3.8

かっこよすぎてどうしたらいいかわからない。普通の日常をおしゃれに生きる人たち。

>|