ゆさんの映画レビュー・感想・評価

ゆ

映画(275)
ドラマ(0)

ワイルド・スピード(2001年製作の映画)

3.3

おら、こんなドライブ嫌だァ。

カースタントすごすぎ、、、、

タグ(2018年製作の映画)

3.5

老いて遊びを辞めるに非ず、
辞めるから老いる

いい友情じゃん。

セブンティーン・アゲイン(2009年製作の映画)

3.7

人生やり直してェと思ったりもしたことあるけど、今の人生がやっぱ大事だよな

出てくるやつみんないいやつ(1人除く)

ジャージー・ボーイズ(2014年製作の映画)

3.7

ほんとに音楽の力。
ビートルズ以前のロック。今でも古くない、かっこよさって不変。

アンタッチャブル(1987年製作の映画)

3.6

禁酒法時代のアメリカ、シカゴ。
ギャング、カポネの街。


最後が最高だな。

ー禁酒法が撤回されるとか
 どうします?
ー飲むよ

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

3.6

希望はないと思うと確実になくなる
自由への衝動と 物事を
変えるチャンスを感じたら
世界をよくできるかもしれない

GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊(1995年製作の映画)

2.7

イノセンスの前?後?
記憶や感覚なんて所詮シナプス間の電気信号。

イノセンス(2004年製作の映画)

2.9

映像美。
人形の完全性から生じる恐怖はなんか分かる気もする。

オンリー・ザ・ブレイブ(2017年製作の映画)

3.8

森林火災に挑む消防隊(ホットショット)の話。

防火テントはどっかで出てくるんやろうなぁと思ってたらラスト、、、

ブレンダン、漢だね。

グレイヴ・エンカウンターズ2(2012年製作の映画)

2.5

典型的な2がダメなやつ。1のが良かった。

肝試しは行きたくない。

裏切りのサーカス(2011年製作の映画)

2.9

西側東側の二重スパイ(もぐら)を巡るお話。

やや難解すぎた。考察見て、もっかい見てみてもいいかもしれない。

スワロウテイル(1996年製作の映画)

3.3

長い。

CHARA含め、イェンタウンの世界観は圧巻。江口洋介男前。

デトロイト(2017年製作の映画)

3.7

1967年、デトロイト。
人種差別なんて犬に喰わせて捨てちまえ。

メメント(2000年製作の映画)

3.8

記憶は自分のためのもの。

何回見てもおもしれぇな。

グエムル -漢江の怪物-(2006年製作の映画)

2.9

パラサイトのポンジュノ監督作品。

あれだな、韓国版シン・ゴジラ(ややしょぼいが)。

365日のシンプルライフ(2013年製作の映画)

2.9

人生はモノで出来ていない。

一日に一つだけ倉庫からモノを出せる、一年間モノは買わない、というルールで生活してみる実験映画。
最初全裸スタートなのは笑う。

悪魔のいけにえ(1974年製作の映画)

2.9

古典名作。ザ・スプラッターホラー。
3人はあっさり。ラストはうるせェ女(ホラーってああいう女から死ぬんじゃなかったっけ)。

レザボア・ドッグス(1992年製作の映画)

3.5

デビュー作。
流石のタランティーノ。章立ての形式も血飛沫もこの頃からか。

ビッグ・フィッシュ(2003年製作の映画)

3.6

ホラ吹き父さんの本当の話。
コミュ力お化けの父親は身内にいたら自分と違いすぎて馴染めねぇなぁ(実際近いところもある)。
浮気しねぇのは偉い

パプリカ(2006年製作の映画)

3.1

夢の世界観がすごい。原色、原色、原色。

これ東京ゴッドファーザーズと同じ監督?

はじまりのうた(2013年製作の映画)

3.6

ライブ行きたくなった、ポップス好きな人には見て欲しい映画。

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

3.3

沖縄戦、米兵目線。
戦争だけはまじでやっちゃだめだなと思う。どっち側でも失うものが多すぎる。真面目にちゃんと見た。

ディスタービア(2007年製作の映画)

3.5

ちょいエロな覗きを楽しんでたら隣人の怖い秘密を知っちゃって、、、って話。
犯人死んじゃうんやけど動機とか聞きたかったなぁ、そこが気になる。
ドキドキして見れました、面白かった

タイラー・レイク -命の奪還-(2020年製作の映画)

3.5

めちゃアクションすごかった、お!バカンス家族の人の主演映画と思えん。

記憶の夜(2017年製作の映画)

3.3

韓国映画。
シャッターアイランドを思いだすようなお話。

お兄さんいい人やったのに、、、って思ってたらお兄さんはいい人でした。

インシディアス(2010年製作の映画)

2.9

めちゃ眠くて睡魔との戦いであった(映画は面白かった、しかし限界なので感想その他はまた明日追記予定)

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

3.3

全てを配信された男。
昨日のバンナースナッチと同じ空気感がある。

作られた世界、決められた配役、
今の世界が違うって誰が言い切れるのか

ブラック・ミラー: バンダースナッチ(2018年製作の映画)

3.3

ネトフリの新しい映画。視聴者が選択肢を選ぶことによって話が展開していく。

途中で主人公がシステムに気づくのでどっちが現実か分からなくなる。新感覚。

紀元1年が、こんなんだったら!?(2009年製作の映画)

3.1

まぁまぁの下ネタ馬鹿映画ですが、メッセージ性もありでよかったのではと言う感じ。

体金ピカの動かん人河原町の駅前によくいるよね

泥棒役者(2017年製作の映画)

3.5

前半のアンジャッシュ感。
それぞれのキャラ立っててよかった。

まだおわってないにゃー

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

3.3

元警官が電車の中で3つの手がかりから特定の人物を見つけるってゆー話

①常連客じゃない
②コールドスプリング駅で降りる
③通称プリン

リーアムニーソン60歳やのに強すぎな

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

4.1

毒をもって毒を制す。
敵の一手どころか二手三手先を見越しての大逆転劇。見事としか言いようがない。

ジェシカ・チャスティン、氷の女王ハマりすぎ。

最高に素晴らしいこと(2020年製作の映画)

2.9

それぞれに心に闇がある2人が主人公。普段恋愛もの見ないけどこれは最後まで見れた。
夜にシャッターに2人で書き加えるシーンがとてもよかった。
BEFORE I DIED.

>|