candypocketさんの映画レビュー・感想・評価

candypocket

candypocket

動画配信サービスを利用して、家事をしながら1本見終える感じで日常的に映画観てます(╹◡╹)邦画も洋画も満遍なく♪得意じゃないけど、感想残すようにして、映画の余韻に浸ってます(*´ω`*)感想が追いつかない_φ(・_・
元気が出るようなのとか、感動モノが好き♡

映画(828)
ドラマ(17)

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.8

視野見わかる。あんまり見えてないけど笑
お買い得品の服でも自慢するかのように話すとこは普通の女の子って感じ。
行きつけのカフェやコンビニの店員さんとかと仲良く話して、自分の感情垂れ流しな世界が面白かっ
>>続きを読む

スペース カウボーイ(2000年製作の映画)

3.7

爺さんたちの大活躍。あなたしかいない、宇宙へ行ってくれって言われたとしても、足腰が宇宙でどうなっちゃうのかと危険しかなさそうなのに、その意欲見習いたい!NASAのお偉いさんとの駆け引きも上手やし、問題>>続きを読む

キングダム(2019年製作の映画)

4.0

6月に見た映画を今更レビュー。

映画館で見て良かった!迫力あって中国の景色も壮大!
山崎賢人の映画では高校生のイメージが強く他の作品はあんまり知らなかったので新鮮!今回の役所は随分とやんちゃな感じで
>>続きを読む

いぬやしき(2018年製作の映画)

3.5

無敵感が亜人思わせるけど、今回は悪役ってことで、佐藤健くんの新境地。
変身してガチガチのロボット出てくるのも迫力あったけど、サイバーテロリストもビックリのネット民の瞬殺。
バンって口で言って殺しちゃう
>>続きを読む

アジョシ(2010年製作の映画)

3.8

テシクの長めの前髪からのぞく目は、切なかったり鋭かったり冷静沈着やったりと、惹きつけられる。マンソク兄弟の顔の憎たらしさと言ったらこれも印象的。

「お前は明日を生きる。明日を生きるやつは今日生きるや
>>続きを読む

ガンヒルの決斗(1959年製作の映画)

3.7

西部劇もので人間ドラマも見せてくれる作品でもありました。
親友同士の男気は見せつつも、圧倒的な財力で囲い込みできてて、勝ち目なさそうに思わせた。
これだけ軽視される先住民女性を妻にした彼もこんな運命を
>>続きを読む

鉄道員(ぽっぽや)(1999年製作の映画)

3.7

観るのは2度目のはず。でも広末涼子のシーンしか覚えてなかったので、再度鑑賞。
当時は鉄道員のピアノ楽譜買って貰って弾いてました。懐かしい。

昔ながらのいわゆる男らしさ。
不器用で仕事一筋。ぽっぽやと
>>続きを読む

カサブランカ(1942年製作の映画)

3.8

通行証を巡って確かめた愛。
リックは改めて自分の気持ちが分かってしまっても、好きな女性のため、彼女の幸せのために動くことは本望。と思わないと辛。

思い出のAs time goes by切ないね。邦題
>>続きを読む

或る夜の出来事(1934年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ジェリコの壁ー!ただの毛布やからこそもどかしい!

第一印象のピーターはなんかチャラチャラした男に見えたし、いろいろ抜け目だらけのエリー令嬢。

ピーターの攻撃的というか挑戦的な言動も興味ないを装うた
>>続きを読む

しゃぼん玉(2016年製作の映画)

4.2

市原さんと林遣都の演技でもう泣けてきちゃって涙腺崩壊ですホント!あー日本昔話のこの声、懐かしく落ち着くなぁ。

市原さんのおばあちゃんが理想のおばあちゃん像。昔ながらの生活の糧を大事にしてる。
現代人
>>続きを読む

ゴールデンスランバー(2009年製作の映画)

3.7

犯人探しとなぜ彼がターゲットになったのかとか細かいこと言っちゃダメなのかな。
やたらと逃げ回るのが爽快!仲間の存在に翻弄されながらも、やっぱり彼はいい人やから、いい奴も悪い奴もいたって事なんやろね。
>>続きを読む

ザ・クライアント 依頼人(1994年製作の映画)

3.7

多分公開当時から間もない時にWOWWOWで見たけど、やっぱり面白い!

マークの子供らしく偽れない部分と大人顔負けの機転が利く勘の鋭さ。何よりブラッドレンフロの顔が好き(笑)昔ポストカード持ってた。若
>>続きを読む

フリークス(怪物團/神の子ら)(1932年製作の映画)

3.8

障がい者ばかりが集まっていて確かに衝撃的。でも実際に見世物となって彼らが生計を立てていて、納得して作品に出演したのであれば、ただ臭いものに蓋をするように封印されたのは出演した彼らにとっても不本意なので>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

よくあるテーマの、病気で余命いくばくの若い子との恋愛話かと思ってた。人間誰しもいつどうなるか分からないって事を、私たちも普段の事故や事件のニュースを見て感じているし、心を痛めたりしてる。

図書館って
>>続きを読む

キング・オブ・コメディ(1983年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

相手にされてなくても迷惑がられても前に前に行く姿勢がすごい!そもそも疎んじられてることを感じ取れないのか取らないのか。
頭おかしいんちゃうのって人って、天才かほんとの変人。紙一重なのかなと思わせる部分
>>続きを読む

三十九夜(1935年製作の映画)

3.8

20世紀の英国映画トップ100っていうので第3の男が第1位みたいやけど、第4位のこの作品の方がずっと面白かった!
騙されたりしながらも、何とか
演説って、中身なくても一体感作り出せたもん勝ちやな。
>>続きを読む

オズの魔法使(1939年製作の映画)

3.8

素敵な世界♪ライオンに勇気がないとか、ステレオタイプから産まれた、持たざるものを望む彼ら。今の時代ならそれも個性だよってなりそうやけど、こうなりたいって気持ちがある限り近づけるって思える気がする。
>>続きを読む

あゝ、荒野 前篇(2017年製作の映画)

4.0

新宿しんじ!菅田くん役ハマってたなぁ。今時の若者感ありながら純粋で唯一無二のような存在感!濡れ場ヤバイ!
バリカンけんじ!(言いたいだけ笑)ヤンイクチュンさんはしんじとまた正反対で不器用な感じが応援し
>>続きを読む

生きてこそ(1993年製作の映画)

4.0

禁断の実話を見てしまった気分。
でも生きるって、想像をはるかに超えるものなのかもしれない。
また、望みが薄くとも生きる事への執念って、どこから産まれるのやろうか。持って産まれたサバイバル能力もあるのか
>>続きを読む

ストリート・オブ・ファイヤー(1984年製作の映画)

3.7

マイケルパレカッコイイなぁ。
街で幅きかせてるギャング集団をやっつける。
フォローしてる方と同じ名前の登場人物が出てきました!

フラッシュダンス(1983年製作の映画)

3.6

若い人が夢を追う前から諦めてしまったりする。私なんてと引け目を感じる割に、自分の実力だけでという意地があったり、若くて真っ直ぐ過ぎる主人公を描いてましたね。
それでいて、意識してないかのように女の武器
>>続きを読む

シャレード(1963年製作の映画)

3.8

オードリーが怪しい男たちを追い詰めてくサスペンス。シャレードが謎解きを意味するように、素直に面白かった♪
めちゃくちゃ怪しいピーターをオードリーが尾行する時の格好が有名になりすぎて、出たー!って思った
>>続きを読む

7s セブンス(2015年製作の映画)

3.5

嫌われそうな感じの監督やなー。
映画が完成したら何者かになれる気がしたってセリフがあったけど、何となく分かる。
完成しても、何かになれる訳じゃないけれど、自分の気持ちの問題。願掛けみたいなもの。 俳優
>>続きを読む

フィールド・オブ・ドリームス(1989年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

「50年前の5分間、夢まであとこれだけ。」
この年月と数分間の対比が心残りを助長する。人生の教訓にもなりそうな言葉。
私は5分間の差で後悔したくないけど、そういう濃密な5分間というのは今のところ趣味の
>>続きを読む

ブルーに生まれついて(2015年製作の映画)

3.9

演奏しながら彼女がいた方向をちらりと見る彼の眼差しが寂しい。
皆さん書かれてるように、イーサン・ホークの哀愁漂う演技で、チェットベイカーの半生に思いを馳せる人も多いんやろうな。
イーサン・ホークが実際
>>続きを読む

フォーカス(2015年製作の映画)

3.7

華麗なる騙し合い。何だか全てが仕組まれてるかのように感じる!
アジアの富豪と掛け合った時がピークに面白かった!

このジャケット見ると、公開当時のエイプリルフール企画でサカナくんがギョルスミスになって
>>続きを読む

亜人(2017年製作の映画)

3.7

横で旦那が面白くなさそう(すみません!)と言ってたけれど、こういう有り得ない設定もの好きです。亜人最強すぎる!それに守護霊のように後ろから出てくるアレ!無敵すぎる!私もこの守護神が身体にいてるイメージ>>続きを読む

エターナル・サンシャイン(2004年製作の映画)

3.7

不思議な映画やった。
主演の男性がジムキャリーに似てるけど、まさかこんな恋愛ものにと思ってたら、ほんとにジムキャリー!?
消し去りたい記憶あるので、分かる!
でも消し去りたい過去も含めて自分。
記憶の
>>続きを読む

アメリカン・スナイパー(2014年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

戦場では、心とは一言で表せないような彼の何か大切なものを封印してきたんやろうな。愛国心と報復と才能。160人を射殺するには、どれが欠けてもできなかったと思う。
それでも銃を構えた子供を狙いながら捨てろ
>>続きを読む

赤い靴(1948年製作の映画)

3.7

中盤ノーカットで踊り続けるシーンは本物のバレリーナのモイラシアラーが素敵でずっと見てられた。
靴が勝手にくっついたようなカットがなんか映像の見せ方で違和感あったけど、死ぬまで踊り続けさせる感出てた。海
>>続きを読む

セールスマン(2016年製作の映画)

3.5

事件もインパクトがあるわけではないので、前半の緩さがイマイチやった。先生として、演劇の場で、妻の身に起こった事を彼の日常を通して描かれているんやけど、あんまり引き込まれなかった。
見てからイランの映画
>>続きを読む

タイム・トゥ・ラン(2015年製作の映画)

3.8

傷つけずにハイジャック犯を続けて、視聴者にも好感を持たせた。やるなぁ!
名前を確認したり優しさがあるしね。娘の為に大胆な行為に出てるにも関わらず、やけに冷静やし。悪事の中で信頼を築くって、ストックホル
>>続きを読む

ソウルガールズ(2012年製作の映画)

3.6

アボリジニ女性たちがソウル歌手へ。
アボリジニって差別的な要素があるみたい。
いろいろ知らなかったから、普通に見てたけど、敢えて使われてるのかな。
歌で鳥肌が立つようなソウルフルな感じはなかったけれど
>>続きを読む

3月のライオン 後編(2017年製作の映画)

3.7

いじめとかお父さん登場とか、将棋とはかけ離れた要素が多かったなぁっていう印象。
でも良かった!
零くんの戦闘モード。今までは自身の立場を守るので必死やったのに、成長した感じやし、まだ高校生らしい不器用
>>続きを読む

3月のライオン 前編(2017年製作の映画)

3.7

神木くんの零くんはあの将棋一家の中で生きるしか選択肢がなかった。好きかどうかって重要やと思うけど、それ以上に生きる術の将棋。将棋しかないんだよー!の叫びに込められてたなぁ。
有村架純のイヤな奴役初めて
>>続きを読む

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

3.7

レトロな劇場とかカラフルな衣装が可愛い。
綾瀬はるかの顔立ちやと昔の映画には似合わないけど、オードリーヘップバーンぽさはいい♪
カイロの紫のバラも観たけど、また全然違った展開。でも共通してスクリーンの
>>続きを読む

>|