sayuriasamaさんの映画レビュー・感想・評価

sayuriasama

sayuriasama

映画をぼちぼち鑑賞しております。一応洋画派!のくせに最近は邦画の名画座通い。映画ではサントラ重視しています。エンドロールは至福の時。TVドラマは断然昔の作品が好き。
同じ俳優・監督作品続けて見る固め打ち系です。
☆4以上 また観てもいいお気に入り作品
☆3.5以下 まあまあだった作品
☆3.6から3.9 お気に入りまでもう一歩

フォローされる方はレビューに予めいいねお願いいたします。

映画(130)
ドラマ(11)

殺人者(1966年製作の映画)

4.2

気の強いお嬢様と、ナイーブな青年の悲恋

またもや大型台風が接近中ですが、いかがお過ごしでしょうか。
気温変動も大きく体調崩しそうですが...

本作品はシネマヴェーラ渋谷で開催中の大映作品特集からの
>>続きを読む

ニュー・シネマ・パラダイス(1989年製作の映画)

4.5

映画館が紡ぐ、ノスタルジー

そういえば観たことなかったなあという理由で鑑賞。今までなんで観ていなかったのだろう?
ストーリーは、イタリアのある映画館が舞台。映写技師のおじさんと、戦争で父親をなくした
>>続きを読む

未来を花束にして(2015年製作の映画)

3.4

人間としての自由を手に入れる女性たちの戦い

なんだかんだ用件が重なり、ヘトヘトな1週間でした。今後も何だかダブルヘッダー、トリプルヘッダーな日がありそうで...体調には注意しなきゃ。
ということで、
>>続きを読む

プーと大人になった僕(2018年製作の映画)

4.2

中年の悩みとプーのゆるふわ哲学思考

今年期待の作品その2。今後の予定がたたないので、封切り日に鑑賞。

私、大のプーさんとその仲間達ファンでして。安いですけどいろいろグッズも所有しております.. .
>>続きを読む

マンマ・ミーア! ヒア・ウィー・ゴー(2018年製作の映画)

4.7

親子の絆、母の大冒険、そしてお祭り騒ぎ
今季注目作をようやく劇場で観ることができました。そして、好運にも応援上映会(声だしok会)に参加できて大満足です。

実は応援上映会に参加する前に本編を別の日、
>>続きを読む

若者の旗(1970年製作の映画)

4.6

いつの世も迷い、ぶつかる若者の生き様

俳優座映画部『若者たち』シリーズラスト作品。というのも、佐藤家5兄弟の俳優さん方はTVドラマから足掛6年演じてきており、もはや若者と呼ぶには厳しい年齢になったこ
>>続きを読む

若者はゆく -続若者たち-(1969年製作の映画)

4.0

それぞれの立場で人生が次のステップに進むときの葛藤

佐藤家5兄弟の暮らしぶりを描いた「若者たち」シリーズ第2弾
今回も熱い、熱すぎる兄弟ゲンカが見所ですが、彼らの人生も次の舞台へと進んでいます。また
>>続きを読む

皇帝ペンギン ただいま(2017年製作の映画)

3.9

"背中で語る"皇帝ペンギンの過酷な生態のドラマチックさ

実は「カメラを止めるな」を見た日は久々の休みで、某臨海地域のSC内シネコンにいたこともあり結構まとめて観覧。邦画新作を中和するために本作をチョ
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.3

70%あるあるネタ
15%構成のよさ
15%インディーズならではの良さ
のコンボが奇跡的に噛み合ってのフィーバー?

ここのところ休みが不規則で映画もちょっとしか楽しめませんでしたが、ようやく名画座作
>>続きを読む

若者たち(1967年製作の映画)

4.0

高度経済成長期の痛みと苦しみと兄弟愛

超マイクロ名画座ラピュタ阿佐ヶ谷で開催中の『戦後独立プロ映画のあゆみ-力強く』の中からの一本。知りあいの邦画好きのオジサマが昔ハマッたと熱弁をふるうので試しに観
>>続きを読む

免許がない!(1994年製作の映画)

3.6

バブリーな雰囲気たっぷりのユルユルモードのコメディ

前から観たかったコメディ。アクションスターの南条は超売れっ子。映画の中では二枚目としてかっこよくハンドルを握っていたが、実は運転免許をもっていなか
>>続きを読む

レッド・サン(1971年製作の映画)

3.5

三人の超イケメンが繰り広げる活劇?

HDDがいよいよ自転車操業に入ったのでこの映画を観ることに。

あらすじ:天皇から大統領に送られる刀が盗まれた。その名刀を取り戻すため、また、裏切った仲間を追うた
>>続きを読む

ボディガード(1992年製作の映画)

4.3

輝く歌姫と仕事一筋の男のはかないひとときの愛と信頼

いやーこの思い出の作品がスクリーンに帰ってくるとは思いませんでした。この作品、当時の映画館は入替え制ではなかったので、3回(3周?)観たなあ。おま
>>続きを読む

おヤエのもぐり医者(1959年製作の映画)

3.8

名コメディエンヌのおもしろズーズー弁。短編映画でも見ごたえあり

ちょっと早いですが、ようやくいろいろ一段落つき、夏休みモードです。
今回はラピュタ阿佐ヶ谷ににて開催中の「若水ヤエ子特集」になんとか間
>>続きを読む

ゼロ・グラビティ(2013年製作の映画)

3.7

3D映画ならではの浮遊感とストーリー性

断捨離発掘映画祭第5弾
週末は基本ホコリまみれになってしまう日々です...今回は結構置き場に困る「映画館の3Dメガネ」で見た映画の中で一番好きな映画のレビュー
>>続きを読む

マイ・ブルーベリー・ナイツ(2007年製作の映画)

4.0

キラキラなムード、スモーキーなノラの歌声、ジュード様の自然体かっこよさ?が魅力のロードムービー

断捨離発掘映画祭5弾
異例のコースの台風が接近中ですが、いかがお過ごしでしょうか。私は本日、屋外開催の
>>続きを読む

リプリー(1999年製作の映画)

3.6

男を愛してしまった男の、破滅的愛情の行方は....

断捨離発掘映画シリーズ第4弾。これは深夜の再放送?の録画より。
アランドロンの代表作『太陽がいっぱい』のリメイク作です。というか、原作はイギリス人
>>続きを読む

ミセス・ダウト(1993年製作の映画)

4.3

離婚、仕事、そして家族...コメディでありながら人生の奥深さを教えてくれる作品

断捨離発掘映画祭その3
この映画、昔よくみていました。最近は見返していなかったなあということでレビュー

あらすじ
>>続きを読む

THE 有頂天ホテル(2005年製作の映画)

4.0

カウントダウンが迫るホテルで巻き起こる珍騒動

断捨離発掘映画その3
こちらもソフトではなくパンフレットが見つかった映画。というのも、ここ10年位で感想らしい感想、記憶らしい記憶が残ってる数少ない邦画
>>続きを読む

タイピスト!(2012年製作の映画)

4.1

タイプライターでつなぐ、スポ根ラブコメ

「断捨離」発掘思い出映画第2弾。こちらはソフトではなく、出てきたのはパンフレットと半券。半券は日記に挟んであったという始末。物持ちよすぎますね。

さて、この
>>続きを読む

天使と悪魔(2009年製作の映画)

4.2

原作をテンポよく映画化。バチカンの風景も美しい快作

ラングトンシリーズ映画化第2弾。といっても、小説はこちらの方が「ダ・ビンチコード」より早いのですが、わたしはこちらの方が好きです。原書も持っていて
>>続きを読む

愛の渇き(1967年製作の映画)

4.2

純文学の映像化に果敢に挑んだ作品。浅丘ルリ子の不安定で倒錯的な道に走る女の姿は美しく色っぽい

最近全然映画館にも行けないし、見れても短めのドラマを観てる日々です。仕事も忙しく、また実家の「断捨離」の
>>続きを読む

山猫(1963年製作の映画)

3.4

美しい舞踏会と野心...だけど、やっぱり長かった..

BSプレミアムにて。バートランカスター&アランドロンのイタリア貴族モノ。
昨年bunkamuraルシネマでアランドロン特集をやったときにもセレ
>>続きを読む

夕映え(1974年製作の映画)

3.4

歌わないジュリーアンドリュースのサスペンス・ラブストーリーのはずだけど、いまいちサスペンス感は薄い...

シネフィルwowowにて。舞台は冷戦時代。ジュリーアンドリュースはイギリス諜報部勤める女性。
>>続きを読む

隠し砦の三悪人(1958年製作の映画)

4.4

サムライのカッコよさと農民のせこいながらもコミカルな動きのハーモニーが素晴らしい娯楽時代劇

6月に入ったら猛烈に忙しく、正直映画をどっぷり観ることすら贅沢な状態です。本作は1ヶ月前くらいに観たのです
>>続きを読む

影の車(1970年製作の映画)

3.7

ニュータウンの閉塞感、つまらない人生の刺激、そして子供の狂気

1月も前に見たのにレビューし忘れているのでようやく記録。

ともかく岩下志麻さんがエロ美しい。ああいう女性の艶かしさは見習う価値アリです
>>続きを読む

PARKS パークス(2016年製作の映画)

3.2

雰囲気良さげ!な吉祥寺を詰め込んだものの、ストーリーは消化不良で残念な作品

映画公開時、本作のポスターをあちこちで見かけました。まあ、吉祥寺は近所には違いないので..

あらすじ:吉祥寺に住む大学生
>>続きを読む

サタデー・ナイト・フィーバー(1977年製作の映画)

3.9

格差、苦しみ、ばか騒ぎ、成長...ディスコで弾ける輝きと表裏一体の暗さが意外と重い、青春ストーリー

自分はサウンドトラックを重視しています。好きな映画はDVDとサントラ盤がセットで所有していることが
>>続きを読む

影武者(1980年製作の映画)

3.8

「親方様」の光と、それを支えるものの影

先日、大河ドラマ『武田信玄』を観ていたのでこちらの作品も気になったので観てみました。

本作、長さがおよそ3時間とかなり長い作品でして。長さを感じない...と
>>続きを読む

さらば あぶない刑事(2016年製作の映画)

4.3

現代から取り残されたカッコつけ刑事の最後のshow time

前回で100レビュー達成も、また200レビュー目指してコツコツ楽しみます。
というわけで、今回は『さらばあぶない刑事』をチョイス。これも
>>続きを読む

ダークナイト(2008年製作の映画)

4.9

狂気、信頼、強さ、弱さ...人間とは何かを力強く描いた、アメコミフォーマットを越えた作品

レビューも何だかんだいって100本目らしいです..でも、シリーズもので稼いだり、洋画専門で始めたはずが邦画も
>>続きを読む

太陽が知っている(1968年製作の映画)

3.5

4人のビミョーな距離感と倦怠感と

アランドロン、ロミーシュナイダーの本当の(元?)カップル、「太陽がいっぱい」で共演のモーリスロネ、そして麗しきジェーンバーキンの4人が織り成す微妙な距離感。
原題は
>>続きを読む

野蛮人のように(1985年製作の映画)

4.5

出会うはずのない世界の二人が重なりあって作り出した、美しく散るvieのような花火

超マイクロ名画座、ラピュタ阿佐ヶ谷というところに行ってみました。
ラピュタ阿佐ヶ谷は日本映画の旧作かつ名作をテーマご
>>続きを読む

マネキン(1987年製作の映画)

4.0

痛快で夢のようなロマンチック&サクセスストーリー

たまたまCSでやっていたのを視聴。今住んでいるところがCS受信可なのを最近気がつきまして.. .もうかなり住んでいるのに。(BSの有料契約はしていた
>>続きを読む

北のカナリアたち(2012年製作の映画)

3.8

豪華キャストで描く、過去の事件と和解

さて、久々に映画館に行って来ました。といっても、この作品を自分で選んで行ったわけではありません...知り合いの方(かなり年上の人なのですが)が「映画お好きなら是
>>続きを読む

夜の大捜査線(1967年製作の映画)

3.8

静かに、静かに、流れる日常のような、でも非日常の事件解決までの流れ、そして友情

かなり有名な作品ですが初めて観てみました。

ストーリーは淡々と進んで行きます。ある南部の街で殺人事件が起きて、それに
>>続きを読む

>|