Keishiさんの映画レビュー・感想・評価

Keishi

Keishi

映画(328)
ドラマ(100)

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.0

オギーを中心に回る。太陽からの視点とそれぞれの惑星系からの視点。いい話。

バリー・シール/アメリカをはめた男(2016年製作の映画)

5.0

Catch me if you can でもそうだったけど捕獲後にこういうことをできるのがアメリカのすごいところだよね

アベンジャーズ/エンドゲーム(2019年製作の映画)

5.0

つっこみどころ多すぎて、、笑
マーベル一通り全部見直す必要あり。
Infinity Warから予想してた展開とは大違いでハッピー

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

3.0

んー。あんまおもしろくなかった。クスッと笑うくらい。ネタを追求するならもっとぶっ飛んで欲しかった。帝一の國の方がおもしろかった。

七つの会議(2018年製作の映画)

5.0

池井戸潤天才やなぁ。資本主義だから権力争いはどこでもあるし本来それが効率性を高めるはずなのに、人の命に間接的にしか関わってないからかプロフェッショナリズムが低下してて、パワハラとかの影響もあって、不正>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

5.0

上映前のStan Leeでもう感動した。映画内容も素晴らしい!ちゃんと今までのマーベル復習していったから結構小ネタも拾えてよかった!フラーケン最強。Endgameがさらに待てなくなった

50/50 フィフティ・フィフティ(2011年製作の映画)

3.5

どうしても医師の側面から観てしまうからか、アダムのセラピストに対する好戦的な態度がなぁ。がん告知に対する拒絶→怒り→落胆→受容の連鎖はよく伝わってきた。親友の変わらない態度が良い。

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

んー。テクニカル面をあんまり乗せてないからかアバクネイルだけがなんでこんなにすごいのかがあんまり伝わってこなかった。パイロットにも小児科医にもなりすますのはもっと難しいはずだけどいかにも飄々とやってる>>続きを読む

メメント(2000年製作の映画)

4.6

2018年締めの一本。めちゃくちゃ難しい。何回もリピート再生を繰り返した結果なんとか話の筋を通せなけどなお不明点残る。カラーとモノクロを使い分ける手法がすごい。構成が完全に岡崎フラグメントだぁ。

グランド・イリュージョン 見破られたトリック(2016年製作の映画)

4.0

マジック面もあるけど騙し合いのおもしろさ。誰が一歩先をいくか。1はうーんて感じだったけど2は良かった。

ヘレディタリー/継承(2018年製作の映画)

3.7

ホラー嫌い脱却。めっちゃ怖かったけど、裏設定知ってくうちに納得の嵐。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.5

サクセスストーリーかと思いきや、凡人がするようなミスもするし、恋も面白かった。

>|