tohkoさんの映画レビュー・感想・評価

tohko

tohko

映画(64)
ドラマ(0)

最初の晩餐(2019年製作の映画)

4.5

生きることは食べること
食事の想い出を語りながら亡き人を悼む
どんだけワケありで拗れた家族なのかと思いきや、とても愛に溢れていた…と私は思う
いろんな場面で、ほろほろと涙がこぼれてきて困ったよ(;_;
>>続きを読む

わたしは光をにぎっている(2019年製作の映画)

2.0

えっと…ボンヤリした作品
私も大昔上京して銭湯にも通ってた人だけど、共感とか郷愁とかいう感情はわかず
正直よく分からなかった
他の方たちの評価は悪くないんだよね
私がずれてるのかもw

ガリーボーイ(2018年製作の映画)

3.0

予想していた事ではあるけど、やっぱりラップは、その言語を聞いて理解できないと伝わりにくいよね(言葉遊びという意味で)
主人公が一貫して、それらしくないファッションでラップをしてたのは好き
映画一本観た
>>続きを読む

ゴーストマスター(2018年製作の映画)

2.0

ホラーなのかぁ?と思い見始めて、いやキラキラ?コメディー?いやアクションか?えっと…SF?という『ごった煮』
私には難解すぎました

閉鎖病棟ーそれぞれの朝ー(2019年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

時間的な制約があるのも分かるが、ユキがツラい状況から立ち上がり生きていく覚悟を決めるのに、どんな出来事があったのかが分かりづらい(事件を知ったというだけでは弱いのでは?)
全てを語らずとも、想像するた
>>続きを読む

Girl/ガール(2018年製作の映画)

3.5

心とカラダが違う事で、ここまで苦しいなんて、なかなか想像できなかった
ラストシーン、髪を切った『彼女』の表情が清々しかったのと颯爽と歩く姿を見て、彼女の目に希望の光が差しこんだであろう事を感じた
そう
>>続きを読む

メランコリック(2018年製作の映画)

2.0

なんで、こんなに評判いいのか分からない…
家族の存在も薄っぺらくて意味不明
ストーリーには、ツッコミどころが多すぎ
メインの役者さんの演技は良い

いなくなれ、群青(2019年製作の映画)

3.5

答えを求めようとすると難解で混乱しちゃう…
単純に自分の存在意義に苦悩する若者たちの群像劇として楽しむほうがストレスがないかもね
若手の役者さんが多く出演されてるけど、どのキャラも個性的で面白い!
>>続きを読む

ある船頭の話(2019年製作の映画)

4.5

初っ端、タイトルがスクリーンに映し出された時の不穏な雰囲気に怖気づく
これは映像美だけがウリの作品じゃないぞ!と覚悟を決めて鑑賞🎞
人は便利さを求める生き物
環境は絶えず変化していくが、人の心はどうだ
>>続きを読む

止められるか、俺たちを(2018年製作の映画)

3.5

昭和の街の色、匂い、空気を感じさせてくれる
皆んなが必死で何か夢中になれる事を探していた
門脇麦ちゃんが演じた「めぐみさん」の焦燥感すごく分かる…いや、きっと分かっただろう…あの頃の私なら

SUNNY 強い気持ち・強い愛(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ご都合主義とは言ってはなんだけど、、、
結局はお金を使って解決?(探偵雇うとか遺言の内容とか)みたいな事もありつつ楽しめた

『懐かしい』とも違う、、、自分の高校生の頃と共通項がある訳でもない
なのに
>>続きを読む

累 かさね(2018年製作の映画)

3.0

2人の関係性の変化とか、それぞれの気持ちと態度が変わっていくサマが見どころ
お二人の演技力がなければ成立し得ない作品でしょうねぇ
ストーリーとしては想像の範囲内…かも…

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.5

後半に何かがあるんだろう、これだけ評判になっているならば、、、とひたすら忍耐の時間
なるほどねぇ
それにしても、もう少し何とかならなかったんでしょか?前半部分

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

4.0

3人の男女が楽しげに笑いあう
ドキュメンタリーのように自然に…
永遠のようで一瞬の均衡
舞台は静けさと雑踏が程よく馴染んだ街、函館
石橋さんの透明感としなやかさ
あの後の彼女の言葉は?
不思議な清々し
>>続きを読む

寝ても覚めても(2018年製作の映画)

4.0

人は変われるのか?簡単には変われないのか?
感情と理性に揺れる心
皆んな自分が幸せになるような選択をしたい
でも恋愛においては、それよりも『好き』の感情が勝ってしまう事は往々にしてあるのかも
ただの恋
>>続きを読む

ちいさな英雄 カニとタマゴと透明人間(2018年製作の映画)

3.5

「カニーニとカニーノ」
魚が、すっごく怖い​、かるくホラーw
カニ語ちゃんと伝わってくる♪

「サムライエッグ」
アニメの題材としてアレルギーっていうのは珍しい気がする
子供が苦しむシーンは見ててツラ
>>続きを読む

ゆれる(2006年製作の映画)

4.5

時に激しく憤り、時に強い後悔の念をいだき背中を震わせ涙する早川猛を演じたオダギリ氏、素晴らしい!
一見仲の良い兄弟が持つお互いへのコンプレックスのようなものが見え隠れして、その関係性の変化に惹きつけら
>>続きを読む

君が君で君だ(2018年製作の映画)

3.5

第一印象は、ズバリ『気持ち悪っ!』
でもね気付いてしまったのよ
彼らの行動については嫌悪感しかないんだけど、その根っこにあるモノ…つまり誰かを好きで気持ちを伝えるとか伝えないとかじゃなく、どうしたいと
>>続きを読む

菊とギロチン(2016年製作の映画)

3.5

ギロチン社の中濱鐵(中浜哲)を演じた東出くん
これがねぇ…けっこうなクズなんですよwwでも格好いい
破天荒な振舞いの中にも、どこか弱さ情けなさみたいな人間味を感じさせて…
短い生涯を全力で駆け抜けた人
>>続きを読む

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017年製作の映画)

2.0

うーん、ここまで評価が良い理由が分からないな…
ラストも唐突
この作品を通して社会的な問題は、ひしひしと感じるけどドキュメンタリー見せてもらったほうがイイわ

ルームロンダリング(2018年製作の映画)

4.5

エライザさんが演じる御子ちゃんのこじらせ具合いが絶妙!
渋川清彦さんの津軽弁のパンクス面白すぎ!
お隣りさんは素敵なメガネ男子、健太郎くん♡
一見無愛想で素っ気ないけど愛のある悟郎叔父さんが好きすぎる
>>続きを読む

OVER DRIVE(2018年製作の映画)

3.0

ちょっと想像してたカンジとは違ったかな(^_^;)
兄弟の絆やラリーにかける情熱は伝わってきた!メインのお2人かっこいいよ❤
ただ世界一を目指すモチベーションがソレなのか?って気持ちが拭えないっす…
>>続きを読む

友罪(2017年製作の映画)

3.0

これはタイトルからして陰鬱な作品だろうなというのは覚悟して観てきた
事件の加害者、被害者、そして、それぞれの家族、友人…いろんな立場の人の気持ちが描かれてる
1番印象深いのは直接手をくださず裁かれる事
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

2.0

評判いいから観たけど、そんなに感動するか?って気持ち
冷静にみると主人公の男の子、けっこうなクズだけど綺麗すぎて、それを感じさせないのがねw
美しいって偉大だわ(*゚∀゚*)
両親の反応が…さばけてん
>>続きを読む

孤狼の血(2018年製作の映画)

3.8

あっという間に終わった!まあまあエグいシーンもありつつ、それだけじゃなくて…
それぞれのキャラが際立ってて面白い
朝ドラでは、ゆるふわ男子のマサトくんを演じてる中村倫也さんの狂犬っぷりが意外にハマって
>>続きを読む

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.5

珍しいくらいダメな人間しか出てこないwでも恋愛って、そういうものかも…
理性で抑えられないくらいの強烈な衝動
うん、分からなくはない

初めに監督がオダギリ氏に『ハギオは色気しかないオトコ』だと説明し
>>続きを読む

ナミヤ雑貨店の奇蹟(2017年製作の映画)

3.8

「ナミヤ雑貨店の奇蹟」いろいろな人生のストーリーがあって、それぞれが素晴らしい✨
自分の未来に希望を見いだせなかった青年たちが、この奇蹟を体験して変わっていったであろう未来に想いを馳せる
主題歌REB
>>続きを読む

散歩する侵略者(2017年製作の映画)

2.5

独特ですねぇ…
すいません、私にはよく分からなかった

エルネスト(2017年製作の映画)

4.0

純粋であるが故に突き進んでしまう危うさ
キューバの英雄ゲバラは世界的に有名だが共に戦った無名な若い命がたくさんある事に涙を禁じえない(╥﹏╥)
全編スペイン語、医者をめざす学生で世界的な革命家と共に行
>>続きを読む

サーミの血(2016年製作の映画)

4.5

サーミ人である事で理不尽な扱いを受け、未来への扉さえ閉ざされる
自由を得るために自らの血を嫌悪しサーミ人である事を隠して生きてきたであろう彼女を想うと悲しく切ない
困難に立ち向かい生きぬいていく少女の
>>続きを読む

亜人(2017年製作の映画)

4.2

なんたって不死身vs.不死身の戦いだからね、もうエンドレス╰( º∀º )╯
コレが、どう決着するのか???
命を繰り返して生きる『亜人』ならではのバトルがスゴい!
迫力あるバトルシーンに最後までドキ
>>続きを読む

パーフェクト・レボリューション(2017年製作の映画)

3.3

完成披露試写会にて
自分とは違うモノを受け入れる事の大変さ、変わることの難しさを描きつつ、重苦しいだけのストーリーではない
いろんな事が起こって最後まで飽きずに楽しめた
うまい役者さんが揃っていて見応
>>続きを読む

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

4.0

原作見てなくて想定外の展開に面食らった!(°_°)
悲しいお話だけど終盤心地よいサプライズもあり、あったかい気持ちに…
12年前と現在で、もちろん見た目は違うんだけど、それぞれに同じ空気を感じさせてく
>>続きを読む

ブランカとギター弾き(2015年製作の映画)

3.5

血縁のあり無しではなく、自分を待っていてくれる人が家族、そしてその場所が家
そこには貧困ゆえの苦しさ、過酷な現実もあるけれど、喜びや温もりもある
悲壮感よりも子供たちの逞しさが感じられて希望のもてる作
>>続きを読む

花戦さ(2017年製作の映画)

3.0

前半のまったりパートが長かったかな
上映時間2時間超えだった気がするし…
ラストが唐突で変なCGも気になった
萬斎さんの飄々としたカンジは好き♪
森川葵ちゃん可愛い♡

>|