もりやさんの映画レビュー・感想・評価

もりや

もりや

動画配信サービス中心の記録用
洋画が中心ですが何でも見ます
SF、サスペンス、ヒューマンドラマが特に好き

映画(31)
ドラマ(1)

ダンサー・イン・ザ・ダーク(2000年製作の映画)

4.0

画や音楽、ミュージカルでかなり独特な雰囲気を作り出している。主人公を演じたビョークの危うさをひしひしと感じさせる演技が素晴らしかった。確かに彼女は客観的に悪いことをしたが、友達の秘密を守り通し、息子の>>続きを読む

サスペリア(2018年製作の映画)

4.0

前3部作未視聴。とにかく2時間半、スクリーンに釘付けだった。主演のダコタ・ジョンソンもよかったが、とにかくティルダ・スウィントンがとても役にハマってるなと感じた。わからないことだらけだったが、非常に高>>続きを読む

ファースト・マン(2018年製作の映画)

3.6

アメリカの宇宙開発の一つの到達点、アポロ計画の成功までをニール・アームストロングの視点で描いた作品。宇宙への冒険やその輝かしさ、ワクワク感というよりは、未知の宇宙空間への恐怖や常に死のリスクがつきまと>>続きを読む

劇場版 Fate/stay night Heaven's Feel II. lost butterfly(2018年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

Fate/SN HF第二作。前作は導入ということありゆるやかに進んだが今作は一気に物語の核心に迫っていく。戦闘シーンも相変わらず凝っていて、特にバーサーカーとセイバーの戦闘シーンは圧巻の一言。イリヤを>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.5

ストーリー展開が複雑かつ迅速でわかりにくい人が多いだろうなと感じた。キャラクターを深くは掘り下げる余裕もない感じ。ハリーポッターシリーズに関する謎はそこかしこにあり、今後の展開などへの想像を掻き立てら>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

4.0

前作までのスタイリッシュさ、スッキリ感は控えめだけれど、音楽やキャストの豪華さは相変わらず。見てて楽しい映画だった

縞模様のパジャマの少年(2008年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

非ユダヤの子供視点で進むホロコーストの悲劇。純粋な子供が差別教育に歪められる様子が腹立たしかった。結末はなんとなく予測できたけど、誰にとっても悲劇的な結末でやるせない。ラストのガス室の扉と無数の縞模様>>続きを読む

シャークネード4(2016年製作の映画)

4.0

サメがエラ呼吸であるとかそういったところに疑問を抱かなくなってきた。アイデアの連続にただただ笑うばかり

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

4.0

まさに笑うな危険。笑えてしまうところとか最後のほうのブラッキーな部分が怖い。

インファナル・アフェア(2002年製作の映画)

4.0

ダブルフェイスから知ったけど、こっちの方がテンポとか結末が好き。まさに無間地獄