あいかわさんの映画レビュー・感想・評価

あいかわ

あいかわ

都内の大学4年生です。感想は書いたり書かなかったりです。

映画(238)
ドラマ(0)

THE WAVE ウェイヴ(2008年製作の映画)

3.9

これは面白かった…
暗い過去を持つドイツだからこその映画でした。
「独裁」が本作のテーマですが、人々を洗脳するという点ではカルト教団の構造にも相通じてる気がしました。

そもそも指導者(先生)自身が、
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.4

作品としての重み?みたいなのは全く無いけど、ただただ面白かった

エビデンス-全滅-(2013年製作の映画)

3.9

あんまり有名ではない本作ですが、すごく面白かった!
ある日郊外の廃工場で起きた連続殺人事件。犯行はガスバーナーを使い、生きた人間を焼き切り、刃物で突き刺すなど残虐極まりない。警察はその事件現場に落ちて
>>続きを読む

ヒルズ・ハブ・アイズ(2006年製作の映画)

3.4

核実験の放射能被害によって奇形を持って生まれた人たちが通りすがりの人たちを殺してその肉を食べていた…という日本的には完全にアウトな設定の本作ですが、
舞台設定(マネキンだらけのモデルハウスでの戦いとか
>>続きを読む

映画 聲の形(2016年製作の映画)

4.2

君の名は。とほぼ同時期に公開したために、君の名は。の陰に隠れてしまった本作。でも作品としてはどう考えても本作の方が面白い。
なんとなくNHKで放送していたのを録画したのですが、これならDVDを買いたい
>>続きを読む

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

4.0

原作既読です。
陣治の生理的な気持ち悪さ(くちゃくちゃ咀嚼したり、食事中でも差し歯を直したり…)などが、阿部サダヲさんによって凄いうまく表現されてました。。
陣治と十和子の回想シーンをあのタイミングで
>>続きを読む

スプリット(2017年製作の映画)

3.4

本作をまだ観てない方へ
同じくシャマラン監督の、「アンブレイカブル」を先に観てください笑
その方が本作を最後まで楽しめます。

黒い家(1999年製作の映画)

3.6

和製サイコスリラーとしては1番かもしれません

スクール・オブ・ロック(2003年製作の映画)

4.2

ストーリー自体は、洋画にありがちな一風変わった先生(?)がクラスを1つの目標に向けて団結させるというシンプルなものです。
本作ではジャックブラックのキャラが最大限活かされていてとても面白かった。老若男
>>続きを読む

NANA(2005年製作の映画)

3.8

中島美嘉の歌も伊藤由奈の歌も凄く良かった!
宮崎あおいが二階堂ふみ過ぎてやばい

少年は残酷な弓を射る(2011年製作の映画)

3.9

両親は教育を誤ったのか…もしくは全て子どもの生まれながらの気質のせいなのか…

ダスク・オブ・ザ・デッド(2008年製作の映画)

3.2

町全体のゾンビパニックではなく、まさかの密室劇。テンポよく話が進んだ印象です。

ドラえもん 2112年ドラえもん誕生(1995年製作の映画)

3.9

ドラえもんの声が大山のぶ代さんから水田わさびさんに変わったことで正史から外れてしまった本作(藤子・F・不二雄さんのパートは恐らく事実だと思いますが)
ドラえもんのみならずドラミちゃんやドラえもんズの過
>>続きを読む

メイズ・ランナー(2013年製作の映画)

3.7

どんどんのめり込みました
なぜ迷路の真ん中にいるのか、どこがゴールなのか…次の展開が気になりっぱなしでした。
ただ最後の最後で御都合主義に走ったのが残念(ギャリーの件)
続編でラストのギャリーについて
>>続きを読む

ドラミちゃん ミニドラSOS!!!(1989年製作の映画)

4.0

1988年、のび太は未来デパートでミニドラを注文したものの、伝票の字が汚すぎて宅配員が届け先の時代を間違えてしまう
そのミニドラが届いた時代は2011年。たまたまミニドラを見つけたのび太、ジャイアン、
>>続きを読む

ジェイソンX 13日の金曜日(2001年製作の映画)

2.5

死にそうな人が死にそうなタイミングで死ぬ典型的な映画です
サイボーグみたいなのが出たり宇宙船が壊れて空気が流れ出したり、かなりエイリアン2っぽい演出が多い

悪魔を憐れむ歌(1997年製作の映画)

3.5

謎解きは思ったよりだいぶ少なかった
サスペンススリラーというか、ソフトなホラー映画って感じです
初見の方は楽しめると思います

ドラえもん のび太と雲の王国(1992年製作の映画)

4.0

本作、環境問題を扱ってるのは勿論、独裁制の危険性や、対等に議論をするための武力保持を認めるべきか否かについても問うているように思いました。
そのため説教臭い映画だとも思われがちですし、果たして幼稚園や
>>続きを読む

サイレントヒル:リベレーション3D(2012年製作の映画)

3.1

本作の特徴はなんといっても、怪異の種類が増えていることと、その怪異の不気味さが前作を上回っている点です。また、サイレントヒルの裏世界がまるで富士急ハイランドの戦慄迷宮さながらのお化け屋敷なので、そこも>>続きを読む

サイレントヒル(2006年製作の映画)

3.5

だいぶ前なので細かい話は忘れてますが、僕自身サイレントヒルのゲームをプレイしたことがあるので世界観を存分に楽しめました。
なんといってもサイレントヒル独特の怪異の造形美やゴーストタウンの血生臭さと錆び
>>続きを読む

>|