りこぴんさんの映画レビュー・感想・評価

りこぴん

りこぴん

映画(49)
ドラマ(6)

ソルト(2010年製作の映画)

3.3

レンタル開始してから結構すぐ観た以来2度目の鑑賞。
前回よりわかることが増えたけど忘れられなかった終わり方に再度モヤモヤ😂

アンジーのアクションを観るためだけにみたい作品

“隠れビッチ”やってました。(2019年製作の映画)

3.5

さくちゃんの暴れ具合が凄かった😂
でもこういう人いそう


え!この人も出てるの!?ってなる映画だったな😂

3/10使われてたね

あの日のオルガン(2019年製作の映画)

3.7

さくちゃん目当てで見たのに😢
これからも戦後であり続けますように…

ブルーアワーにぶっ飛ばす(2019年製作の映画)

4.0

愚かにも見てた画面を振って続きを探してしまいそうになったなぁ。

キヨに笑えねーって言われそう。


救いの伊藤沙莉、最高。

最高の人生の見つけ方(2019年製作の映画)

3.6

好き×好きのコラボが最高🥺私得なシーンあった…
悔いなく生きたいものですね。

てかひかり様"はる"がつく役多くない?😂🥺

クヒオ大佐(2009年製作の映画)

3.1

クヒオ大佐クズすぎて笑った😂
春ちゃん良い🌕

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

4.1

いやー怖いけど面白かった。
久しぶりにもう一回観たいと思った作品かも。

ここは退屈迎えに来て(2018年製作の映画)

3.7

椎名が椎名である以上椎名は椎名だ

オチが読めてしまったけどいろんな感情がぐるぐる
観終わって狙い通り?のため息が出たしてやられた

劇場(2020年製作の映画)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

又吉作品はヒモが出がちな感じではあるが男女の距離感が観てる分には好きかも知れないと気づいた。
てか序盤の下り又吉氏の体験談では?笑(グータンで言っていたやつ)
永ちゃん暴力振りそうで終始怖かったが笑
>>続きを読む

隣の影(2017年製作の映画)

3.3

ギャーって感じ😇
とあるドラマ化された小説に似てる

まぼろしの市街戦(1967年製作の映画)

4.0

人間の良いところと愚かさがよく現れているしオチまで好きな映画
やっぱりフランス映画は、秀逸

NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム(2016年製作の映画)

3.2

くっそ笑
内容は好きじゃないけどマイルズを観るためだけに観た

PARKS パークス(2016年製作の映画)

3.6

生かされてるってこと思い出させてくれる甘酸っぱさ
橋本愛×染谷将太は強いなぁ

悪人(2010年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

久しぶりに見ました。
キャストの豪華はよ。
これまた満島ひかりに泣かされた…
自然すぎるし体当たりすぎるし…

三瀬峠…

陽って撮るの難しいよなぁ

苦しいまた当分観ないかないい意味で

海街diary(2015年製作の映画)

3.8

家族も色々ある
結局は人と人
人間関係
でも愛がある
繋がりがある
本当の家族ってなんだろう…?

パレード(2010年製作の映画)

3.5

雨降る夜に金木犀のお香を焚きながら観て以来同じような条件が揃うたびに思い出す作品
一番怖いのは人間かも。な作品

愚行録(2017年製作の映画)

4.0

光子はこの人じゃないとできないと思うぐらいこの人なくして映画化はなかったなとさえ思う。
もう観たくないけどまた観たいそんな感じ。
とりあえず原作を読もうと思う。

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

3.6

ほっこりただただほっこり。
あ、野々村はなのちゃん出てきてびっくりした笑

一命(2011年製作の映画)

3.1

切腹がどうとか自分にとってはもちろん現実味のない事だけど説得力のある役者のおかげで苦しい悲しい…

生きてるだけで、愛。(2018年製作の映画)

3.7

見逃してしまったり見逃されてしまうような気持ちと向き合うことや分かった気にしかなれないかもしれないけどわかろうとすることがきっと愛なんだと思う。
弱さを見せられない弱さや怒りを吐き出せない弱さを見逃さ
>>続きを読む

駆込み女と駆出し男(2015年製作の映画)

4.1

ハラハラドキドキ爽やかに笑えると思いきやしっかり重い
最後は泣けた…
お吟とじょご…べったべっただんだん😭

チワワちゃん(2018年製作の映画)

3.5

キャストが豪華
pv観てるような感覚に陥る場面も多々
監督のフェチ?が出てるなーなんて

響 -HIBIKI-(2018年製作の映画)

3.4

スカイツリーのくだり大好きだ。
アヤカ・ウィルソンはパコと魔法の絵本振りにしっかり観たけどいい成長の仕方。

人のセックスを笑うな(2007年製作の映画)

3.4

いつだか途中まで観た記憶が蘇ったけど今回は最後までちゃんと観た。
時々クスッと笑えてシーンが変わる前後の要素がリンクしてたところが好きだった。

>|