DamKeeperさんの映画レビュー・感想・評価

DamKeeper

DamKeeper

映画(7204)
ドラマ(35)
アニメ(0)

ピンク・フロイド/ザ・ウォール(1982年製作の映画)

1.0

名盤だけどコンセプトアルバムの映画化はムリがあるかと…
上手くいったのは『さらば青春の光』くらいじゃないすか?

ビッグ(1988年製作の映画)

5.0

大人は童心に戻れて子供は大人に憧れる名作。
友情、恋愛、家族愛も丁寧に描かれていて素晴らしい。トム•ハンクス見事に少年の瞳でした。

ピアノタップとキスシーンは映画史に残る名場面だと思います。

オモ
>>続きを読む

海辺の映画館―キネマの玉手箱(2019年製作の映画)

3.5

大林信彦の映画人生を追体験出来る活劇映画。
前半早送りなの?と錯覚する位常軌を逸してたのに、INTERMISSION後は割と落ち着いて普通に見えた。
晩年の大林作品に慣れてしまったせいなのか。

戦争
>>続きを読む

ホームレス中学生(2008年製作の映画)

2.5

いやいやこれ良いですよ。
ちゃんと徹平ちゃんの成長が描けてるし、家族愛や人情が伝わります。
いい役者さんが沢山出てるし、西野も良かった。
泣かせに行ってもないし。
山田洋次でもこうは出来ないじゃない。
>>続きを読む

セブン(1995年製作の映画)

4.0

銀残しとケヴィン・スペイシーとラストの空撮ですよ。
凄いと思います。

セミマゲドン(2018年製作の映画)

1.5

セミちゃん可愛い❤️鳴き声もキュート。
人が出てくると全然面白くないんだよジョニー。
『ウィジャ・シャーク』に比べると潤沢に予算あるのが仇になったと思う。

タイム・ダイレイション-死のベッド-(2016年製作の映画)

1.0

こんなの真面目に作られても観る方が困る。
『キラーソファ』にみたいに作れば良かったのに。

思い、思われ、ふり、ふられ(2020年製作の映画)

2.5

キラキラ映画ですが、映像と演出がずば抜けてます。
主人公達の恋愛感情がストレートに伝わったし、キャスティングのノイズもほぼ無い。
例えば大人に大泉洋や篠原涼子を使うとかね。
何故こうなったか謎ですが、
>>続きを読む

プレイタイム(1967年製作の映画)

5.0

例えるならパントマイムによるミュージカル的超大作。
70mmフィルムでの空間の使い方、構図が超絶。何層にも重なる背景一番まで鮮明に見えます。

演者もレイヤーが3~5層以上になっていて、すべて完璧コ
>>続きを読む

シュガー・ベイビー 愛欲の渦(2020年製作の映画)

1.0

主人公のブログ女、まさにアリゾナの『ちむどんどん』
バカなのにプライドが高く世間知らず。

22ジャンプストリート(2014年製作の映画)

5.0

続編なのに遜色なく面白い🤣
今回も死ぬほど笑った。
セリフが面白いから一瞬も目を離せないですよ。
やっぱりコメディは目の演技だな。
歴史の先生どっかで見たと思ったら『ヤング≒アダルト』の彼でしたね。

狼よさらば(1974年製作の映画)

3.0

ブロンソンが怪しくて良いです。
しかしスーパーの店員さん、ジェフ・ゴールドブラムの顔は一度見たら忘れないだろ。

マッチング・ラブ デイジーがつなげた恋(2016年製作の映画)

1.0

企業の紹介動画というかHow Toビデオみたいな映画。
弁護士事務所はこんな社員がいて毎日こんな仕事してます。
ワンちゃんの世話の仕方はこうです。
動物病院の助成金はこうなってます。
色々勉強になる。
>>続きを読む

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!(2007年製作の映画)

3.5

元ネタ『ウィッカーマン』だよね。

ニック・フロストがボケてサイモン・ペッグがツッコむのが健全。
M Iシリーズだとサイモン・ペッグがボケてるのでつまらない。

あと全てのラッセル・クロウ主演作をニッ
>>続きを読む

ショーン・オブ・ザ・デッド(2004年製作の映画)

5.0

当時死ぬほど笑った。
これ劇場未公開なんだよ。

エドガー・ライトもサイモン・ペッグも売れたけど、やっぱりニック・フロストが要だと思う。

ヒキタさん! ご懐妊ですよ(2018年製作の映画)

-

挫折。
松重さんいい味だしてるし、からし麺のあの人も笑った。
しかし他人の不妊治療延々見せられてもね。

重松さん49才って無理ない?
北川景子もひと回り以上年下としか言わないんだよ。いくつなの?

デビル(1997年製作の映画)

1.0

トンデモ映画。
2大スターを招聘して北アイルランド問題の大風呂敷広げるが、アメリカでハリソン・フォードが地味にチンピラを捕まえるのを延々見せられる。
冒頭ブラピのオヤジがいきなり殺されたとこからイヤな
>>続きを読む

シッピング・ニュース(2001年製作の映画)

1.5

ダメじゃないけど『ショコラ』後なので期待し過ぎて。

アリスのままで(2014年製作の映画)

2.5

ジュリアン・ムーアは上手いし、出演者全員抑えた演技で良い映画だと思います。 

しかし原作がフィクションだから言いますが家族の負担や心労が殆どないのです。
アレック・ボールドウィンが疲労困憊すると思っ
>>続きを読む

なんとなく、クリスタル(1981年製作の映画)

1.0

康夫ちゃん原作。
サントラ満点、映画0点みたいな。

ポール・デイヴィスもジム・メッシーナも良いけど、後にバリー・マニロウがカバーするDavid Pomeranz『The Old Songs』
Ste
>>続きを読む

バタフライ・エフェクト(2004年製作の映画)

1.0

すいませんループものホント苦手で。
『オール・ユー・ニード・イズ・キル』とかも。

同じ場面を何度も観せられるのウンザリするし、やり直しがきくのをいい事に過去改変に執着する主人公も共感出来ないです。
>>続きを読む

オペラハット(1936年製作の映画)

4.0

フランク・キャプラの都へ行くシリーズ。
なんで邦題『オペラハット』なんだろ。

最終弁論までは精神科医と同じ意見でした。ディーズちょっとヤバくね?と。
しかし痛快に全部ひっくり返るから楽しくてオッケー
>>続きを読む

プラネット・テラー in グラインドハウス(2007年製作の映画)

3.5

汁だくゾンビが最高。
単体でよく出来ててグラインドハウスっぽくはないです。

>|