DamKeeperさんの映画レビュー・感想・評価

DamKeeper

DamKeeper

映画(764)
ドラマ(8)

食べて、祈って、恋をして(2010年製作の映画)

-

40過ぎたジュリア・ロバーツが自分探し。

146分のディレクターズカット。こんな映画でも監督は満足いかなかったんでしょうね。

ハビエル・バルデムが出てきたあたりで止めましたが。

結婚哲学(1924年製作の映画)

3.0

面白いですが、途中何度も誰が誰だったか解らなくなる。

ダークハウス(2015年製作の映画)

2.5

最後はちょっと面白いけど、最近のホラー映画ってずっと一本筋で最後ひっくり返るみたいな3部構成じゃないよね。
なのでラストまでが我慢。

ミュータント・クロニクルズ(2008年製作の映画)

-

NHK大河並に、画面の色を加工し過ぎてるので観る気を失くす。
未来なのに塹壕戦。

受難(2013年製作の映画)

-

奇妙な映画は好きだか、キモチ悪いだけ。
よく企画が通ったと思う。

眠る村(2019年製作の映画)

3.0

今回のテーマは司法じゃなく村なんですね。ゾッとします。

アデルの恋の物語(1975年製作の映画)

3.0

イザベル・アジャーニ大好き。
相変わらず全然笑いません。

エクスポーズ 暗闇の迷宮(2016年製作の映画)

1.0

冒頭の地下鉄のホームは面白そうと思ったけどね。

同じシーンを二度見せて、実はこうでしたって、これじゃ何でもアリじゃないですか。
解りっこないし、誰でも犯人に出来る。

ブルースチール(1990年製作の映画)

1.0

マジか?あれだけ人殺しといて、証拠出てこないわけ無いでしょ。
警察バカ過ぎ。犯人キモ過ぎ。
ジェイミー・リー・カーティスもバカなので、びっくりする。

フロント・ページ(1974年製作の映画)

3.0

メディアへの皮肉 もあるだろうけど、ビリー・ワイルダーにしては笑えなかった。

キャロル・バーネットが見れたからいいけど。

(不)完全人間(2013年製作の映画)

1.0

散歩、トイレ、パソコン、コーヒーも自分で入れられるのに、障害者専用デリヘルを呼ぶ兄貴の話。
人が殺せるのなら介護要らないじゃない?

こんな雑な映画、バリバラでツッコまれますよ。

行き止まりの世界に生まれて(2018年製作の映画)

5.0

貧困のスパイラル、ネグレクト。
痛みを知ってる人だからこそ撮れる作品。切ないです。

これからはスケボーしてる若い子見ただけで泣くと思います。

アデライン、100年目の恋(2015年製作の映画)

2.0

100歳の美魔女の恋愛映画です。

家族の前でオカしくなるハリソン・フォードとか、デタラメな説明だけど最後はそういう事にしてもらえませんか?的なナレーションとか爆笑です。
笑った笑った。

漫才ギャング(2010年製作の映画)

-

芸人が作った芸人賛美映画。

こんなの趣旨は大川隆法の映画と変わらないんだから、吉本のファンクラブ内だけで上映してくれ。

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

5.0

公開初日に放心状態で劇場を出たのを覚えてます。

ゴジラについて真剣に考え抜いて創ったのは、1954年の本多猪四郎と、今回の庵野さんだけだと思います。この2本は神殺しの映画ですから。

もちろんその時
>>続きを読む

キング・オブ・トロール 勇者と山の巨神(2017年製作の映画)

-

トロール詐欺です。途中とラストの一瞬しか登場しません。
しかも着ぐるみ。

ファンタジーなのでトロール以外のモンスターは冒頭からガンガン出まくります。
なのでトロールの有り難みは皆無です。

王女はブ
>>続きを読む

FREAKS フリークス 能力者たち(2018年製作の映画)

1.0

何の話をしてるのか、さっぱり解らないので途中で辞めました。

『ギャラクティカ』のグレイス・パークが出でてちょっと嬉しかった。

魅せられて(1996年製作の映画)

2.5

ベルトルッチなのにボカシ無し。
年を取ると落ち着くんでしょうか?
エロいオッサンばかりでしたが。

ボーダー(1981年製作の映画)

2.5

ジャック・ニコルソンがいい人で、悪ふざけしてる人を怒ります。
普通にいい話なんです。

まあヴァレリー・ペリンが見れたので満足。

ウディ・アレンの夢と犯罪(2007年製作の映画)

3.5

ウディ・アレンのシリアス系はホント辛い。

大袈裟じゃなく淡々と破滅に向かっていくので、なかなかのダメージです。

若いサリー・ホーキンスがちょっといい女で驚いた。

アドベンチャー・オブ・アラジン(2019年製作の映画)

2.0

ウケる!ディズニーアラジンのバッタもん。

仲間が死にまくるけどハッピーエンド。
モンスターもCGじゃなくストップモーションアニメっぽい。

子供が小さかったら、実写アラジンだって観せたと思う。

ダークタワー(2017年製作の映画)

2.0

ロケ地もそこらへんだし、他の世界の衣装も適当だし、どんだけ予算ないんだ。

子役が下手、オーラなし。

魔法使いなのか何なのか、弱点もよく解らない。
エクスカリバーって壊せるの?

恋の渦(2013年製作の映画)

2.0

大根の映画でマシに見えるのは自ら脚本を書いてないからだろう。

相変わらす間で笑わせる事は出来ないし、コメディで135分は長過ぎ。
全員延々同じ事で揉めてるので飽きるし、どうでもよくなる。

聖女/Mad Sister(2018年製作の映画)

2.0

バカ映画です。

妹の障害の程度が都合良く変わったり、なんで黒幕失脚してないとか、そんな疑問はどうでもよくなる程話は雑です。

すべて強引すぎて最後まで観てしまいました。

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

1.0

エズラ以外観るとこ無し。
エマ・ワトソンがクルマから乗り出すシーンの爽快感の無さ。あんなシーンでも困った顔。

ファイ 悪魔に育てられた少年(2013年製作の映画)

2.0

ものすごく段取りの悪い暗殺集団に育てられた少年の話。

老人を殺るにも全員で行って失敗。速攻で失敗した証拠を消そうとしてまた失敗。

精神的に成熟していない少年を実践に出すのはダメって話です。

暴力
>>続きを読む

全員死刑(2017年製作の映画)

1.0

一般の視点があれば一家の浅はかさも解るのに、無いからバカコメディにしか見えない。バカコメディにすらなってない。

血と怒りの河(1968年製作の映画)

4.0

すっごく得した気分。
もうアメリカンニューシネマだし。テレンス・スタンプの色気が凄くてムホッて感じです。

ラスト相当な被害が出てるのが残念だけど、まあ実際は、あーなるよね。

海の上のピアニスト イタリア完全版(1998年製作の映画)

5.0

これ観ると125分バージョンに戻れないですね。

1900の選択や行動は、きっとこれからも思い出して考えたりすると思います。

もしダニーが生きていたら彼は船を下りたかも知れないし、ピアノを弾いてなか
>>続きを読む

ブロンソン(2008年製作の映画)

3.0

面白いんだけど、レフンの作品はキャラが変すぎて笑っちゃうんだよね。
トム・ハーディがアニマル浜口に見えた。

>|