ぢるみどぅるひこさんの映画レビュー・感想・評価

ぢるみどぅるひこ

ぢるみどぅるひこ

映画(166)
ドラマ(0)

ドラえもん のび太の海底鬼岩城(1983年製作の映画)

5.0

ちょっとラストだけ見直したんだけど、古代海底文明アトランチスの自動報復システムポセイドン暴走で「鬼角弾」による地上全生命死滅の危機(東西冷戦の核問題を投影)、しずか覚悟の捕縛、ドラえもんが敗北して力尽>>続きを読む

ドラえもん のび太と鉄人兵団(1986年製作の映画)

5.0

「しずかさん、あたし、ほんとうの天国を創るのよ。そして、あたしは、メカトピアの天使になるの」

何年かぶりに観て自分の身に何の変化があったのか知らんけど体調にくるくらい泣いた……。
自分史上最も泣いた
>>続きを読む

ドラえもん のび太のドラビアンナイト(1991年製作の映画)

5.0

この映画は『夢のゆくえ』という人類史上最高の歌が主題歌なのだけど、インストアレンジ含めて三回しか映画の中では流れない。
人類史上最高の名曲の使いどころがわずか三回に絞られているということは、その使いど
>>続きを読む

ドラえもん のび太のパラレル西遊記(1988年製作の映画)

5.0

藤子・F・不二雄のことを藤子・ファッキン・不二雄と呼ぶ人がいる(わし)。
これはF(ファッキン)先生をディスってるわけじゃなくて、F(ファッキン)先生の、世界にファッキンを突きつけるパンクな創作姿勢及
>>続きを読む

それいけ!アンパンマン ゆうれい船をやっつけろ!!(1995年製作の映画)

3.5

ゲストキャラクターが話さない馬なので、ロールパンナちゃんの葛藤が妹及びアンパンマン側かバイキンマン側かってところに絞られたロールパンナちゃん大主役回でこれがいちばん好き。
ロールパンナちゃんのテーマ曲
>>続きを読む

それいけ!アンパンマン ロールとローラ うきぐも城のひみつ(2002年製作の映画)

3.5

百合なんだけど百合である前にこれはロールパンナちゃんでタカラヅカをがっつりやりましょうっていう企画な感じで、ゲスト声優に黒木瞳を呼んでる。

ロールパンナちゃんのハートが青だけになってブラックロールパ
>>続きを読む

それいけ!アンパンマン ゴミラの星(2001年製作の映画)

3.5

環境問題とか自己犠牲とかアクションスペクタクルとかよりもヤーダ姫の「ゴミラ! 死んじゃやだ! 私、世界でいちばんあなたが好きだったのに!」って叫ぶところが超よかった。でもそのあとも最後まで普通に「大大>>続きを読む

それいけ!アンパンマン 勇気の花がひらくとき(1999年製作の映画)

3.5

これがいちばん名作とされてるけど、いろいろまとめて観て、はっきり言ってだいたいぜんぶ同じじゃん(笑)ってなった……。テレビの短編エピソードもぜんぶ同じだけどそのボリュームを50分尺に拡大したやつ……。>>続きを読む

菊次郎の夏(1999年製作の映画)

5.0

3年ぶりくらいに久しぶりに観た。
どうでもいい話だけど実はこれは人生で衝撃を受けた映画ベスト3には入る。たぶんいままでだれにも言ってなかったけど。ベスト1は『気狂いピエロ』(と『勝手にしやがれ』がニコ
>>続きを読む

来る(2018年製作の映画)

4.0

全体から細部に行き渡って、隅々まで軽薄さと悪意に満ちた丁寧な演出。

妻夫木から黒木華に主人公が切り替わったあとに「意外な展開」を説明する感じ、というか前半の種明かしみたいになるのでそこはダレる。
>>続きを読む

帝都物語(1988年製作の映画)

4.5

実相寺昭雄が『円谷英二の映像世界』という本に「夢の王国断章 円谷英二讃仰」を寄稿したのが1983年であり、映画『帝都物語』公開が1988年の公開である。「夢の王国断章」の内容は、「一、日本の特撮映画は>>続きを読む

透明人間(1954年製作の映画)

4.0

『おかあさんといっしょ』の中で流れてた『とうめいにんげんなんだけど』という歌の作詞が絵本作家の五味太郎なのを最近知った。『大人問題』とか『おしゃべりしていればだいじょうぶ』とか『正しい暮し方読本』とか>>続きを読む

僕の彼女を紹介します(2004年製作の映画)

5.0

『猟奇的な彼女』の姉妹編でありながら同時に続編でもありアンコールでもあり前日譚でもあり円環的でもありパラレルワールド的でもあり、『猟奇的な彼女』の世界自体を全く壊さずにリンクさせる驚嘆の離れ業、としか>>続きを読む

トイレの花子さん(1995年製作の映画)

3.5

これ子供のときテレビでやってたのをビデオに録って観たら怖かったので二度と観なかった忌まわしき記憶がある。なぜかすぐに重ね録りしたりはしないで一応ラベルも貼って引き出しの奥に残してたあの不気味なビデオテ>>続きを読む

リング 完全版(1995年製作の映画)

3.5

見直したら子供のとき見た記憶がよみがえったんだけど、それは、これは見てる途中は怖くなくて、「なんだ噂の『リング』ってこんなもんか」と思って(映画版と別物だと理解してなかった、けど貞子が井戸から出てくる>>続きを読む

らせん(1998年製作の映画)

4.0

昨日『リング』のシリーズを一気見した。『2』『らせん』『0』『1』という変な順番で観た。『1』(とドラマ版の『リング完全版』っていう高橋克典と原田芳雄が出てたやつ)だけは観たことあったので、『2』『ら>>続きを読む

あしたのジョー 劇場版(1980年製作の映画)

5.0

リプチンスキーという人のTangoという短編アニメーションを観てスターウォーズ特別篇のジャバザハットを思い出した話をTangoのレビューのところに書いたのだけど、そのあといまもうひとつ思い出した。
>>続きを読む

Tango(原題)(1981年製作の映画)

4.0

ベケットの「クワッド」的なやつのアニメ版というかより映画の映画たるを突き詰めたやつみたいな感じで、つまり映画とはフィルムに焼き付けられた時点でそれはもう三次元ではなくて二次元だから事物は重ならない、あ>>続きを読む

宵闇せまれば(1969年製作の映画)

3.5

『実相寺昭雄研究読本』によるとこの中編は、大島渚がテレビ用に書いて没になった脚本を実相寺が『ウルトラセブン』や『怪奇大作戦』の合間に有給取って撮影した自主制作映画で、大島『新宿泥棒日記』の併映として1>>続きを読む

空の大怪獣 ラドン(1956年製作の映画)

5.0

特にまとまった感想とかないけど、ブルーレイ買っちゃってブルーレイ画質で観た記念メモ。

宮崎駿が『天空の城ラピュタ』についての話で「もう冒険とか探検とかするような、謎や神秘のある場所は、空くらいしか残
>>続きを読む

クレヨンしんちゃん ヘンダーランドの大冒険(1996年製作の映画)

4.5

これは岡田淳とか大海赫とかみたいな戦後日本児童文学のテイストが超入ってるし、湯浅政明のヘンダーランドデザインはスズキコージとか井上洋介みたいだしすごい。
ギャグのノリも良いし量も多い。
ホラー演出もす
>>続きを読む

クレヨンしんちゃん ブリブリ王国の秘宝(1994年製作の映画)

4.5

ルル・ル・ルルの「殺す殺すって気安く言わないでよ、 子供が見てるでしょうが」の台詞感動。

魔人同士の戦いのシーンの巨大感の演出が超すごい。

なぜか『トゥルーロマンス』≒『地獄の逃避行』をパクってる
>>続きを読む

クレヨンしんちゃん アクション仮面VSハイグレ魔王(1993年製作の映画)

5.0

クレヨンしんちゃんの映画には一家言あるっていう人はいっぱいいるけどわしもある。人気ある映画は、原恵一の監督作なら『オトナ帝国』次いで『戦国』、本郷みつる監督作なら『ヘンダーランド』次いで『雲黒斎』だと>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

5.0

もはや何を目指しているんだこのシリーズは……、って気持ちになってくる。こういうラストミニッツレスキューものの限界超えに毎回挑戦する実験なのかこれは……、みたいになってる。ということはつまりグリフィス直>>続きを読む

害虫(2002年製作の映画)

3.0

久しぶりに観たら『マル秘女郎責め地獄』みがかなり強い

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐(2005年製作の映画)

5.0

「地の利を得たぞ」っていう台詞がスターウォーズファンのあいだで迷台詞というかネタ台詞というかそんな感じでけっこう有名らしいんだけど自分はスターウォーズのそういうファン同士で盛り上がる話題のようなことと>>続きを読む

捜索者(1956年製作の映画)

5.0

これも十何年かぶりに観た。
これはもうすごすぎてなんも言えねえ……。
でもちょっとだけ言うと、もう最初からクライマックスすぎてすごい。あまりにもクライマックスというかラストシーンみたいな場面と音楽から
>>続きを読む

シェーン(1953年製作の映画)

5.0

これも10年か15年かぶりに観た。
わしの世界一好きな映画の、ドラえもんの『のび太の宇宙開拓史』って、タイトルは『西部開拓史』に掛けてるけど、西部劇要素の部分(つまり『ベソとこたつと宇宙船』要素以外の
>>続きを読む

真昼の決闘(1952年製作の映画)

4.0

この映画も超好きだったんだけど10年ぶりくらいに見直した。
冒頭の若きリーヴァンクリーフが丘の上でポーズを決めて待ってるショットとかからもうめっちゃ引き込まれてしまうんだけどあのポッポコポッポコポッポ
>>続きを読む

サイコ(1998年製作の映画)

3.5

いろんな本とかで何かしらの例として挙げられたりするのでお噂はかねがねって感じでやっと観た。

ガスヴァンサントがなぜ『サイコ』をリメイクしたのかという理由が、「映画会社から提示される企画にはいつも何割
>>続きを読む

エアフォース・ワン(1997年製作の映画)

3.5

子供のときハリソンフォードファンのわしはこれ観に行きたいってお母さんに言ったけどテロの映画なんかあかん、まだ早い、あんたテロって何か答えられるんか? って言われて答えられなかったので連れて行ってもらえ>>続きを読む

刑事ジョン・ブック/目撃者(1985年製作の映画)

4.0

これ子供のころになんかお昼とかにテレビでやってたのを観てなんか「刑事ジョンブックシリーズ」みたいなアクションものみたいな邦題なのにやたら静かな映画ででもアクションシーンも緊迫感あってめっちゃいい映画だ>>続きを読む

ハリソン・フォード 逃亡者(1993年製作の映画)

4.0

半年か一年くらい前に観た気がするけどまた観た。子供のときハリソンフォードめっちゃ好きだったのでこれも日曜洋画劇場かなんかでやったのをビデオに録って何回も観たけど改めてちゃんと観てもめっちゃ面白くて大好>>続きを読む

モスキート・コースト(1986年製作の映画)

4.0

久しぶりに見直したらめっちゃ村上春樹っぽいなと思って、この映画がどの程度ポールセローという人の原作小説に寄ってるのか脚本のシュレイダーに寄ってるのか監督のピーターウィアーに寄ってるのかよくわからんけど>>続きを読む

トイ・ストーリー(1995年製作の映画)

5.0

ポテトヘッドに何かが突っ込んできてパーツが四散するギャグを何度も何度もやる度に面白さが増していくその鉄板っぷりに感動した

チャイルド・プレイ(2019年製作の映画)

3.5

めっちゃ面白かった!
いっぱい笑ったしかわいくて切ない。
マークハミルが歌うトイストーリーを馬鹿にしたみたいなふざけた主題歌も楽しい。
殺人シーンもどれも笑えるアイデアに満ちてるし撮影照明のポップさも
>>続きを読む