清水さんの映画レビュー・感想・評価

清水

清水

基本どんな映画も楽しめるとこで楽しんだもの勝ち。点がついてるのはレビューありの記録。
同じ作品をくどくど流すのが好き。
3.0〜4.5の世界。

孤独のススメ(2013年製作の映画)

3.9

真面目なのにどっかネジが飛んでるオジサンが、確実にネジが飛んでるオジサンを招き入れる話。愛です。

地味に良かった。
よく分からないけど、こういうものが『隣人愛』という言葉にしっくりハマる気がします。
>>続きを読む

潜水服は蝶の夢を見る(2007年製作の映画)

3.6

本当に、自叙伝を見ているような映画でした。
感動とか涙とかそういうんじゃない。

ルーム(2015年製作の映画)

3.5

ジャックの目線で、5歳児の背丈の頭の上で、監禁事件や、母親や周囲の人たちの心情が交わされるところがよかったです。
ジャックから見た世界がどこであろうと素敵なもので、母親から見た世界とのギャップがよくわ
>>続きを読む

スター・ウォーズ/フォースの覚醒(2015年製作の映画)

3.8

特別ファンではないけど、やっぱ1〜6からのこれはテンションが上がりました!
なんだかんだこれだけ時代を架ける作品はもう純粋にすごい。
早く次が観たい!

劇場版ムーミン 南の海で楽しいバカンス(2014年製作の映画)

3.5

フローレンがすっ裸で「ビキニが無いから…」と恥じらうユーモア。

時間の感覚がなくなる1品。

映画 みんな!エスパーだよ!(2015年製作の映画)

3.3

わざわざ映画にしなくてもドラマて十分だったな、と。

水着の女の子がわさわさ。
見どころはそれだけ。

大統領の料理人(2012年製作の映画)

3.3

おばちゃんにこんなことがあったのよぉって報告だけ受けたかんじ。
へー。

のだめカンタービレ 最終楽章 前編(2009年製作の映画)

3.6

原作は大好き!ドラマ版はたいして興味なかったのだけど、やっと実写面白いかも、と思いました。

人生スイッチ(2014年製作の映画)

3.8

じわじわくる。
色んなスイッチがあって、飛行機の話以外は自分の中のリミット外れたらこうなるんだろうな。
感情に振り回されてワケわかんなくなってどうしようもなくなった感じ。
ちょっと協調してしまう。やば
>>続きを読む

51(ウーイー) 世界で一番小さく生まれたパンダ(2012年製作の映画)

3.8

パンダ、それまでまったく興味なかったけど、初めてパンダが可愛いと思った。
パンダ可愛い。
仔パンダたちがベッドの上でウゴウゴゴロゴロしてるの、すごい可愛い。

あんな可愛いのに、生態がやっぱり動物とし
>>続きを読む

ダーク・フェアリー(2011年製作の映画)

3.4

色々ツッコミどころが多くて、最後の最後に、救急隊よべやってなる。

高慢と偏見とゾンビ(2015年製作の映画)

3.8

姉妹たちが肉弾戦で戦うの可愛い。
リリーがよく戦ってくれてる可愛い。

名作にちなんでのゾンビパロだからコメディかと思ったら、意外にシリアス。

アメイジング・スパイダーマン2(2014年製作の映画)

3.6

主人公が前シリーズからぜんぜんイケてるピーター·パーカーになっちゃって親友役はどーなるのかと思ったら、こーきたかってパターンにびっくりだったわ。

アメイジング・スパイダーマン(2012年製作の映画)

3.6

何がショックって、糸は自分で出せないのかーってとこ。

クレーンのシーンの、ああいう名もない街の人たちが一丸となって助けるとこはいい。
付け焼き刃感はあるけど。

マイティ・ソー ダーク・ワールド(2013年製作の映画)

4.0

今のとこ、マーベルの中でソーが1番好きだったりして、神様なのに人間臭いところがいい。

やっぱりロキ。
可愛いとしか思えなくなってきてる。
なにアイツ、こっちが(しょうがねぇなぁ)ってかまってやりたく
>>続きを読む

複製された男(2013年製作の映画)

3.5

「…蜘蛛です」
「私が蜘蛛です」
「蜘蛛でしょ」
「蜘蛛ッ!!」
って伏線。

これ、原題な方が中身を理解できるんでは?
また観る側を試すような色んな解釈させるような作品で、ミステリーとか謎とか考えな
>>続きを読む

フィッシャー・キング(1991年製作の映画)

3.6

ロビン·ウィリアムズ素敵だなぁ。純真さがにじみ出てくるようで、役どころも通り越して純粋。
演出にも時代があるんだなぁと。80年代のTVドラマみたいな演出だった。テリー・ギリアムがもともとTVの人だから
>>続きを読む

リバティーン(2004年製作の映画)

3.7

面白い後半の病気になったあたりから特に惹き付けられます。
観せ方が凝っててこの監督さんの他の作品も見てみたいと思ったら、これ一作なんですね。残念。。。

BIUTIFUL ビューティフル(2010年製作の映画)

4.2

どうしようにもないところを不器用に生きていく様が秀逸です。
絶望とか希望がないとかとはまた違った境地を感じます。
この『どうしようもない』としか言えなくなる諦めのような、ときどき味わって噛み締めたくな
>>続きを読む

ホビット 思いがけない冒険(2012年製作の映画)

4.0

指輪の時よりも世界観に入り込みやすく観られました。
それも主人公のビルボの影響かな、愛嬌があるのか好感が持てる。あの濃いメンツの中で結構『普通』なんですよ。生活感があるというか、かえって魅力的に見える
>>続きを読む

サプライズ(2011年製作の映画)

3.3

殺戮ホームアローン。
だらだらと死に様見せられて食傷気味でしたが、進むにつれてテンポよく、つぎつぎと仕留めていくのは爽快でした。

タイピスト!(2012年製作の映画)

3.5

スポ根。
ペールピンクが可愛い。
女の子が頑張る話のはずだけど、ぼんやりした感じ。

クリミナルズ(2011年製作の映画)

3.3

すべてが地味で真面目なミステリー。
ズバ抜けて地味。

マグニフィセント・セブン(2016年製作の映画)

3.8

西部劇にかこつけた7人のカッコいい映画。

個人的に西部劇、苦手です。髭ハットの汚れたメイクのおじさんばっかりだから人物、混乱する。
その点、いろんな人種が出てたから見やすかったところはありますが、人
>>続きを読む

マン・アップ! 60億分の1のサイテーな恋のはじまり(2015年製作の映画)

3.7

サイモン·ペッグ目当てでしたけど、大人の素直になれない、こじらせた女の話で、こじらせた自分としては分かるわぁぁー
がんばろ。

PK(2014年製作の映画)

3.8

今起きている戦争やテロのほとんどの原因がこういうこと。
カラッとコメディにインド映画らしく仕立ててるけど、『きっとうまくいく』と同じように、メッセージ性はとっても真面目で素直。
宗教だけの話だったら個
>>続きを読む

チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密(2015年製作の映画)

3.3

あれ?かつての私の王子様だったポール·ベタニーが…え?あれ?

俳優陣の力量だけに頼ろうとした感じしかなかったです。映画ってより、スナック感覚。

おじいちゃんはデブゴン(2016年製作の映画)

3.4

往年のサモハンの面白さを期待して観たら全然ちがった…!
間違えた。ちょっと求めてない路線だった。

これがサモハンじゃなかったら、また普通に観られたかもしれない。
けど、サモハン&水島裕さんのセットを
>>続きを読む

バトル・ロワイアルⅡ【特別篇】REVENGE(2015年製作の映画)

3.0

前回とはまったくテーマが変わったわけで、別物でしたね。
原作にないオリジナルっていうのも納得。
無理して作んなくっても良かったんじゃないかな?

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.8

音楽を映像で観せられたってくらいにハメ込んできて、歩いてるシーンだけでカッコいい!
センスがいい映画。

ベイビーという人物がまた新鮮に感じられます。無口なドライバー≠ハードボイルドじゃなくて、繊細な
>>続きを読む

ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない(2009年製作の映画)

3.6

なんか分かるこのブラック感。いい加減ぐあいが。

知らないのですが、もともと2chのスレ原作なのかな?
上手いなぁ〜って作りで面白かったです。

こんな田辺誠一がいたらついていきますよ、ホント。

>|