茶色さんの映画レビュー・感想・評価

茶色

茶色

映画館に足を運びつつ家ではもっぱら海外ドラマ

映画(374)
ドラマ(38)

バンブルビー(2018年製作の映画)

3.0

キャストが変わろうと監督が変わろうとビーの可愛さは変わらないね🐝💛
ただ、今回はビーを含むオートボットとディセプティコンの戦いより、チャーリーやその家族がメインでビーの立ち位置はET的存在かなと。メイ
>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

4.0

最初から最後までテンポがよく飽きさせない!IWでマーベルもういっかな..( O⌓̉O) と思っていたのですがエンドオブゲームがたのしみになってきました。キャロルもっと早く出てきてよー!(笑)
キャロル
>>続きを読む

運び屋(2018年製作の映画)

3.0

良い意味で予告に騙された!
シリアスでヘビーなストーリー展開かと思ったら軽い(笑)実話だっていうからどんなシビアな内容かと思ったらアール憎めない(笑)
劇中で関わる人たちがほぼアールの魅力に笑顔になる
>>続きを読む

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

4.0

試写にて。すごい映画を観た。
ざまあ見ろ!と中指を立てたくなる。
ユーモアを交えながらも刺さる。胸が詰まる。

バックドラフト(1991年製作の映画)

3.0

炎が生きてるみたい。最後の化学工場のシーンはどう撮っているんだろう。あまりの迫力に巻き戻してしまったよ。
ウィリアムボールドウィンていやらし〜い顔のイメージでしたが、この作品では情けない弟の役を見事に
>>続きを読む

トゥルー・グリット(2010年製作の映画)

3.0

西部劇の後半まで割とまったりな流れと、じわっと山場を迎える展開好きだなー。ロードムービーに近いのかな。
バリーペッパーが凄く良い。彼に銃を持たせたら最強。

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.0

トニーとシャーリーの距離が少しずつ埋まっていくのが凄く愛おしかった。
シャーリーが奏でる美しい音楽や、流れる景色、車の色まで全体的に爽やかで何とも清々しい気持ちになった。
BarでシャーリーがJazz
>>続きを読む

父親たちの星条旗(2006年製作の映画)

3.0

英雄という名の呪縛がしんどい。
当時は病名としてなかったであろうPTSDを抱えた兵士も沢山いただろうに、摺鉢山のハリボテを作り再現させる。えげつない。

30年後の同窓会(2017年製作の映画)

3.0

内容調べず見始めたら、あれこんな感じなの?といい意味で邦題に騙された。
ポスターも本国版と比べると暖かい雰囲気だけど、劇中楽しそうなシーンもあったので強ち間違いでもないのかも。
ただこういう戦争が絡む
>>続きを読む

ファースト・マン(2018年製作の映画)

2.5

とても静かで淡々と進みます。だもんで途中寝てしまった;
どうも私は宇宙関係の話は合わないようで。何をしているかわからないし、さほど興味もわかず。奥さん大変だ。。としか思わなかった。ソ連とやたら張り合
>>続きを読む

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

3.0

品川にて。映画の感想は後で書くとして、1番重要であろうシーンで場内に響き渡る大きな声で笑った人がまずギルティでした。自宅ではないのでもう少し抑えて欲しいものです。

そんな事もあり集中力を削がれたのせ
>>続きを読む

ふたりの女王 メアリーとエリザベス(2018年製作の映画)

4.0

間違えて削除してしまったので再投稿。
衣装とヘアメイク、音楽とスコットランドの景色の美しいこと。
シアーシャ演じるメアリーの気丈さと、マーゴット演じるエリザベスの迫力。ふたりの演技対決も素晴らしかった
>>続きを読む

シンプル・フェイバー(2018年製作の映画)

3.0

アナケンちゃんはこうでなくちゃ!
性悪なブレイクは最高!
ラスト間近で気づいたけど、これほぼコメディですよね、すんごい真剣に観てました(笑)ゴーンガールを思い出してゾッとしてたのに(笑)
二人のファッ
>>続きを読む

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

3.0

宮殿の美しい内装が映るシーンが全体的に青みがかっていてウットリした。反面、暗い部屋や日没後の画になるとオレンジが強く怪しさ満載なのも良き。魚眼レンズで撮ってるのも印象的だった。
アン女王が赤子を抱いて
>>続きを読む

ビール・ストリートの恋人たち(2018年製作の映画)

4.0

バリージェンキンス監督登壇先行にて。
美しい音楽と美しい映像が思い出のように流れる。瞬間を共有しながら、上映前に監督が言っていた「僕らが経験していることを僕らの靴を履いて映画で体験してほしい」(うろ覚
>>続きを読む

洗骨(2018年製作の映画)

3.0

風葬と洗骨について事前に調べ、ちょっと身構えてしまっていたのですが、何とも笑える温かい映画でした。勉強にもなりました。
本作品のポスターで観る奥田さんはやっぱり渋いのですが、劇中の奥田さんの頼りないこ
>>続きを読む

アクアマン(2018年製作の映画)

2.5

なんというか海底なのに怪獣大戦争を観ているような。なんというかビオランテ?
モモアマンはとにかく可愛い。
アンバーハードもかっこいい。
パトリックウィルソンも今までの役のイメージを塗り替えるような悪役
>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.0

最初こそ、いやいや爺さんが可哀想だよ..
2人グループの女の子の不憫さもわかるけど
同情はできないよ。。。って思ったら
うまいね~ジジイ気持ち悪ぃぃぃってなりましたも。
例のあのシーンなんて本当に気持
>>続きを読む

ゴッズ・オウン・カントリー(2017年製作の映画)

3.5

いや〜あの生活は厳しいよ。牧場の経営とお父さんの介護と。人手が足りなすぎる。
広大な土地での閉塞的な暮らしに息がつまる。
最初の方はジョニーに何やねんお前…って苛立ちながら見てたけどゲオルゲ来てくれて
>>続きを読む

ちいさな独裁者(2017年製作の映画)

3.0

脱走した上等兵が大尉の制服を手に入れ大尉として振る舞う...
最初の方はバレるのでは..という怯えの混ざった表情をしていたヘロルトが、徐々に堂々と冷酷な顔つきになっていくのが印象的だった。
実話とわか
>>続きを読む

トランス(2013年製作の映画)

4.0

面白かった!何度も置いてけぼり&迷子になりかけたけど、気持ち良いくらいに回収してくれた!しかし後味がいいかと言うとそうでもないのでエンディングな爽やかな音楽に胸のざわつきが酷くなった(笑)
しかしマカ
>>続きを読む

天才作家の妻 -40 年目の真実-(2017年製作の映画)

4.0

観ていてとてもしんどかった。
ゴーストライターとして二人で共同で作ってきた作品。しかしスポットライトを浴びるのは夫。
自分より才能がある事がつらいと妻を責める夫。知らんがな。
女はキレると怖いとか書い
>>続きを読む

ジュリアン(2017年製作の映画)

3.0

下手なホラーより怖い。
最初の方は誰が嘘をついているのかわからず、徐々に不自然さを感じ、最後は突然の恐怖に襲われる。
独特の間と長回し、静けさがじわじわと恐怖を煽る。
しかしお母さん少し楽観的すぎない
>>続きを読む

サイドマン:スターを輝かせた男たち(2016年製作の映画)

5.0

‪朝イチ、コーヒーを飲みながら最前席センターで観た、いや、聴いた? サイドマンは最高すぎた。オープニングから思わず身体が動いていた。‬
流行やサポートをしていたミュージシャンの死後、大変な苦労だったと
>>続きを読む

ナチス第三の男(2017年製作の映画)

3.5

前半はハイドリヒ側の目線、後半はチェコスロバキア軍人と協力者目線で展開していく。
原作は未読。「ハイドリヒを撃て!」を観賞していたのでチェコ側の計画等はわかったいたが、観ていなかったら理解できなかった
>>続きを読む

スプリット(2017年製作の映画)

3.0

マカヴォイの演技が凄い。あと眼鏡めちゃくちゃ似合いますね(浅い感想)
オレンジイズニューブラックのピスカテラが出てきた時点で嫌な予感しかしなかった。

ホイットニー~オールウェイズ・ラヴ・ユー~(2018年製作の映画)

3.0

ホイットニーの娘さんのことを思うと悲しかった。
ボビーブラウンといい、ホイットニーの父親といい、上に立ちたい願望が強くてうんざり。。
しかしアメリカ人は祈りが好きですね。健在のホイットニーの為に200
>>続きを読む

マイル22(2018年製作の映画)

4.0

俺たちのピーターバーグ監督が帰ってきた!
‪面白かったー!緊迫感溢れるアクション後の静寂な引きのシーンなどカメラワークも最高だった!90分という短さの中にこれでもか!とアクションが詰まってる!‬
イコ
>>続きを読む

アメリカン・ソルジャー(2017年製作の映画)

3.0

退役兵への制度が腐ってる。治療が必要なのに、証拠が必要、カウンセリングを受けるのに何週間も待つ。まるで諦めてくれとでも言っているような。軽率に犯罪に手を染めやすいのもならではな気がした。
これ実話だっ
>>続きを読む

ミュージアム(2016年製作の映画)

2.5

ストーリーは好きなんだけど、スピード感が足りないと言うか、主人公なにやってんのと思うことが多く。
銃を抜く演出とかここで?と思うことも多く。
犯人字が綺麗。妻夫木聡のクズ役もっと見たい。

レディー・ガガ:Five Foot Two(2017年製作の映画)

3.0

華やかな世界で、影響力があり存在感もカリスマ性もあるガガ様のある種の人間らしさを見た。
アリーの演技も好評な彼女の、実は素朴で神経質で涙もろい、表舞台に立っている時との違いにプロ根性を感じて脱帽。完璧
>>続きを読む

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング(2018年製作の映画)

4.0

面白かった!私の今年の目標は「如何なる状況でも自分を憐れまない」なんですが、新年一発目に持ってこいな作品でした。
レネーは見た目を気にしていたけど、結局は考え次第。自分で呪縛にかかると魅力が隠れてしま
>>続きを読む

>|