鮭さんの映画レビュー・感想・評価

鮭

物書きの端くれ。名画座が好き。
新しい・古いは関係なく観ています☻

【洋画】
イン・ザ・スープ
アンダーグラウンド
不思議惑星キン・ザ・ザ

【邦画】
男はつらいよ
かもめ食堂
トイレット

2016年1位はシン・ゴジラ。
2017年は、ベタにLALA LANDも好きだし、パターソンもとても良かったなあ。

観たり、思いだしたりしたものを、少しずつ書き溜めます。
おすすめがあればぜひ◎

カフェ・ソサエティ(2016年製作の映画)

3.2

正直、もう少し面白いかと期待してしまっていた〜。あば〜。
まぁでもこんなもんですかね。お好きな方がいたら、こんな感想でごめんなさい。

冴えない主人公が美女と出逢って熱烈に恋して、でもその美女は恩人で
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.2

最高!
思わずそう言いたくなります。
THE 映画館で観たい映画。

初っ端からワクワクして、エマ・ストーン演じるミアの可憐さに惚れ惚れ、ライアン・ゴズリング演じるセブのピアノにうっとり。

あれ?こ
>>続きを読む

ハローグッバイ(2016年製作の映画)

3.8

瑞々しい女優2人を邪魔せず、それでいて存在感たっぷり、さすがのもたいまさこ。貫禄。安定感。
主人公の2人、とてもとても良かったです。

菊池監督の映画は、ディアーディアーディアー以来2作目の観劇で、前
>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

3.5

銀魂好きのいとこと、楽しく観劇。
エンタメ〜って感じで、若めの男女はもれなく楽しめるのではないだろうかと。
豪華なキャストで楽しそうで、そこがとても良いです。
エンタメ〜でした。

パターソン(2016年製作の映画)

4.3

はいはい、ジム・ジャームッシュだからシュールでお洒落系なあの感じね、と思っていた自分に喝。
すごく美しくて愛おしい映画でした。

でも、退屈に感じてしまう方がいるのも、それはそれで間違いじゃない。
>>続きを読む

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

3.8

グザヴィエドランが描く家族を見ると、国なんか関係なく家族ってみんなこうなのか、と思う。
売り言葉に買い言葉ですぐ揉めて、かと思ったら突然笑い出して、、
重苦しい雰囲気だけど時々笑ってしまうやりとりもあ
>>続きを読む

そうして私たちはプールに金魚を、(2016年製作の映画)

3.9

男性が描く女子高生は、気難しくなくて、しがらみを気にしていなくて観ていて楽しい。
にしても女の子たち、いい表情しますー。可愛かった。。!

コピーライターの方が監督さんとのことで、言葉遊びやセリフを極
>>続きを読む

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

5.0

多くは言いたくない。
綺麗な、とても美しい映画でした。
荻上直子のこれが観たかった。
レンタネコなんて撮らなくていい。待っていた。
彼女のつくる作品は癒し系じゃない、浄化してくれるんです。

前情報は
>>続きを読む

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.3

いや〜凄い凄いと、噂には聞いていましたが。
比較的序盤からラストまで、いろんな種類の涙が次々に。観終わったあとは泣き疲れて呆然とするほどでした。

テーマは本当に普遍的なものです。死にゆく病気の母と残
>>続きを読む

気狂いピエロ(1965年製作の映画)

3.6

男の人は昔から奔放な美女に振り回されるのが好きですね、ほんと。って映画です。
ゴダール作品を完全に理解するのが難しいことは「勝手にしやがれ」で教えられたので、そう思いながら観ると比較的内容入ってきまし
>>続きを読む

怒り(2016年製作の映画)

4.2

ふぅ。想像してたものの、やはりずっしりと来る作品。

予告編だけで知ったつもりにはならないほうがいい作品だと思う。少なくともわたしは予告編を見ただけのときとは印象が結構違った。
これは、完全な人間ドラ
>>続きを読む

永い言い訳(2016年製作の映画)

4.5

やっと、下高井戸シネマに来てくれた。やっと、観られました。
小説も大事に大事に読んで、ずっと寝かせておいた気持ちが爆発。
すごーく良かった。
西川美和監督の中で、わたしは一番すきかもしれない。

原作
>>続きを読む

SCOOP!(2016年製作の映画)

4.0

福山雅治のギャップ狙い、だけじゃなかった。あまり情報入れずに観られてよかった。
観終わった今、わりと脱け殻状態です。

下っ端時代、食らいつくのに必死だったあの頃を、野火に重ねながら観ました。
だから
>>続きを読む

フルメタル・ジャケット(1987年製作の映画)

4.0

戦争映画は嫌いです。
というか、苦手。
やり場のない悲しさと逃げ場のない絶望に、観終わってからもずーっと苛まれてしまうから、どうしても避けてしまうジャンルです。

そんな戦争映画の中で、この作品は唯一
>>続きを読む

コックと泥棒、その妻と愛人(1989年製作の映画)

3.6

効果的な色彩に、平面のようでワンカットでも見せられるようになっているセット、それを追う計算されたカメラワーク、人々を取り巻く食欲性欲グロ、、etc
とにかく映画芸術性の高い作品です。

でもわたしは、
>>続きを読む

東京家族(2012年製作の映画)

3.7

小津作品への尊敬の念を感じます。
比べる必要も無いと思うし、これはこれでわたしは好きです。

家族の関係性って、どんどん変わっていく。疎ましい時だってある。
この映画にもそんな切なさと、だけどそれまで
>>続きを読む

ジョゼと虎と魚たち(2003年製作の映画)

4.3

高校生のときにレンタルして初めて観て、色んな気持ちになった作品。
正直、最初は少しザワザワと嫌な感じがしてそこまで好きになれなかった。

色んな人間がいて怖くもなったし、薄気味悪くも思ったし、恒夫を裏
>>続きを読む

おくりびと(2008年製作の映画)

3.6

この「おくりびと」の最大の強みはやっぱり納棺師という職業を主題にしたことだと思う。世間に広く知れ渡ったのはこの映画の功績ですね。
主人公も主人公の妻も、始めは納棺師に私たちと同じであまり明るくない印象
>>続きを読む

リトル・ミス・サンシャイン(2006年製作の映画)

4.1

楽しくてちょっぴり切なくてかわいい映画です。
家族の関係性がうまく描かれているので観ていて自然と笑みがこぼれます。
何よりおじいちゃんと孫の仲良しさがいいよね。
ただ、ラストのダンスシーン、私どうして
>>続きを読む

マイ・ブルーベリー・ナイツ(2007年製作の映画)

3.9

さすがのウォン・カーウァイ。演出がとてもお洒落です。
とは言え観たのはだいぶ昔なので、うろ覚え。
ジャケットにもなっている、あのカウンター越しの最高にお洒落なキスシーンのことと、ノラ・ジョーンズって演
>>続きを読む

八日目の蝉(2011年製作の映画)

4.0

この永作博美には、本当に泣かされました。
あの人天才です。

ヒミズ(2011年製作の映画)

4.1

湿度80%で風も一切吹かないクーラーも扇風機もない地獄のように寝苦しい夏の夜。。。。もうそんな勢いで苦しいです。
主人公たちが背負わされているものが大きすぎていて観ていて辛い。。逃げたい。。
追い詰め
>>続きを読む

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

3.7

私のキューブリック映画鑑賞デビューはこれです。
スタイリッシュな映像表現と練られた色彩のバランスに、
こ、これがキューブリックか、、、と10代の頃の私は慄きました(笑)
実際名作だと思うし、好きと言わ
>>続きを読む

ガタカ(1997年製作の映画)

4.5

適正・不適正が生まれてすぐ割り振られ、逆らえない運命を背負っている主人公たち。
ジャンルで言ったらSF映画だろうし、そうなると私はあまり明るい分野ではないのだけれどガタカは別です。
友情や信頼関係につ
>>続きを読む

ウォーターボーイズ(2001年製作の映画)

4.2

大好きなエンタメ映画のひとつ。中学生の頃ハマりにハマってVHSが擦り切れてしまうほど繰り返し観ました。
ここから私の中で空前の玉木宏ブームがきました(笑)懐かしい…。
単純明快でとてもわかりやすい作品
>>続きを読む

シザーハンズ(1990年製作の映画)

3.5

泣ける映画と名高い今作、ジョニー・デップ大好き人間のわたしですが、あんまり泣けませんでした。
ただ、おとぎ話のような世界観・美術と、それを演じきれるジョニーは素晴らしいの一言。
切なくて、でも愛らしい
>>続きを読む

ブラック・スワン(2010年製作の映画)

4.2

ナタリー・ポートマンの可憐さと、ラストにかけての怖いほどの美しさにクラクラします。ラストのバレエのシーンなんて、圧巻。
だけど、真面目で優等生な主人公が、絶対的な自分のポジションを奪われてしまうという
>>続きを読む

レオン(1994年製作の映画)

4.5

言わずと知れたド名作。私まだ鑑賞記録つけてなかったのかな。びっくり。
ジャン・レノも、ゲイリー・オールドマンも痺れるほどかっこいいです。
そして、少女マチルダ、ナタリー・ポートマン。
もうこのときから
>>続きを読む

風立ちぬ(2013年製作の映画)

4.7

とても美しい生き方に思わず涙しました。
きっとたくさんの迷いやためらいがあっても進むしかない時代のやるせなさにも、2人のお互いへの愛情の優しさにも胸が締め付けられます。。
これが宮崎駿監督の最後かと思
>>続きを読む

塔の上のラプンツェル(2010年製作の映画)

4.0

期待よりずっと面白くて思わず大好きになった作品!
これまでのディズニーのヒロイン・ヒーローとはずいぶん違ったキャラ設定が魅力的でした。ただいい子・いいやつなだけじゃないところに人間味を感じるというか。
>>続きを読む

空中庭園(2005年製作の映画)

4.0

息の詰まりそうな日常が、それはそれはうんざりするような毎日が、崩壊へ。。

キョンキョン、やっぱり好きです。
ものすごい上手いとか毎回違う演技だなとは思わないけど、一貫して空気づくりの天才だなぁと思い
>>続きを読む

天然コケッコー(2007年製作の映画)

3.9

キャスティング、流れる空気感、最高です。
夏帆も岡田将生もかわいい。キラキラしてます。
くるりの曲もいいし、心が荒んできたときに観ればいいね、きっと。

ホノカアボーイ(2008年製作の映画)

3.9

男はつらいよファンのわたしとしては、倍賞千恵子さんがかわいいおばあちゃん役で出ているのは少しショックでした。。笑
さくらが。。(;o;)

でも、そこはさすが女優さん。
可愛くてちょっといじわるという
>>続きを読む

パーマネント野ばら(2010年製作の映画)

4.0

品のない田舎町と、若干浮いてる訳ありそうな主人公。
ほうほう、ん?まぁまぁ。
と、一定の感覚で観つつ、たまに違和感感じていたら。
ラストの展開にまんまとやられました。鳥肌立ちました。
そして、そのラス
>>続きを読む

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ(2007年製作の映画)

3.6

鮮やかな色彩と激しい姉妹。
ウッとなるシーンが冒頭にあったけど、全体的には面白かったです。
これ、妹が佐津川愛美さんだと気づかず観てました。全然違ってすごいな。

桐島、部活やめるってよ(2012年製作の映画)

3.8

イケてる子たちのあの感じ、バドミントン部のあの感じ、映画部のあの感じ、、
経験してきた人はみんなわかってしまうあるあるを、うまく切り取って利用しているところがさすが朝井リョウ。
でもそれだけじゃきっと
>>続きを読む