ゆきさんの映画レビュー・感想・評価

ゆき

ゆき

雑食です。ホラーは苦手、子供と動物と老人にめっぽう弱い。涙腺バカなタイプです。

点数は気分でも変わります…
☆4.5以上 気分的にほぼ満点!
★4.0以上 人にオススメしたい!
☆3.5以上 きっとまた観る!
★3.0以上 ひと通り観れた。
☆2.5以上 なんとも言えず

映画(593)
ドラマ(0)

孤狼の血(2018年製作の映画)

4.1

ネオ昭和感。

暴力団対策法成立直前の広島。暴力団との癒着を噂されるベテラン刑事の元にエリート刑事がコンビを組む為に配属される。そんな中、ある金融会社の社員が失踪。この事件を機に街の裏社会は大きく動き
>>続きを読む

義兄弟 SECRET REUNION(2010年製作の映画)

3.7

国の故、国の為に。

6年前、北朝鮮工作員との銃撃事件をきっかけに男達の人生は大きく変わった。
それぞれの目的を胸の内に秘めながら二人は時間を共にするようになるが。

陰のある役を任せるならカン・ドン
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.7

“I can’t beat it.”

兄が死んだ。遺言は16歳の甥の後見人となること。それは故郷に置いてきたトラウマと向かい合うことになるのである。

過去に囚われ自分の殻にこもる男の再生。
絶妙に
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.4

choosekind

遺伝子異常により顔に障害を持って産まれたオギー。27回の手術を超えて10歳を迎えた夏、彼は初めて学校に行く。変わりゆく環境を共にする家族、友人からの視点を描く。

August
>>続きを読む

ありがとう、トニ・エルドマン(2016年製作の映画)

3.8

何のために生きる?

いたずら好きの父と頭の中は仕事だらけの娘。愛犬の死をきっかけに正反対のふたりは少しづつ「親子」になっていく。

なんとも静かに時を刻む長編映画なんでしょうか。
言葉の間、表情の間
>>続きを読む

息子(1991年製作の映画)

3.9

家族の在り方。

先立つ妻に定職に就けない息子。父と子の関係を描く。

平成しか知らない私。
バブル崩壊後はお先真っ暗状態だと思っていた時代にも希望は満ち溢れていたことを知った作品です。
「息子」とい
>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

3.8

ただ、寄り添えばいい。

15歳。思春期の息子とシングルマザーを取り巻く女性たちとのある特別な夏を描く。

ぶつぶつと記憶を繋いだような映像は、私とリンクする部分はなくてもなんだか懐かしさを感じさせる
>>続きを読む

人生はビギナーズ(2010年製作の映画)

3.8

まずは始めなきゃ。

内向的な38歳独身。彼の父は75歳にして真実の姿を周囲に明かす。
突然のカミングアウトに戸惑いつつ、癌と残された人生と向かい合う父と息子の距離を描く。

MVPは犬のアーサー。孤
>>続きを読む

ぼくのおじさん(2016年製作の映画)

3.6

ワオ

ぼくのおじさんは屁理屈ばかりでお土産もお小遣いもくれない。勉強もスポーツもダメ。僕の家に居候する「おじさん」について作文を書いてみるのだった。

なんとも、ゆるい。ありそうで、ありそうで、あり
>>続きを読む

フローズン・タイム(2006年製作の映画)

3.6

止まる時間、自分なら何をしよう。

失恋のショックで不眠症となった美大生。過度の不眠症は時間の概念を奪い、突然、自分以外がフリーズしてしまう…?!

もっぱら主人公の主観で進むこの物語。
物語が進むご
>>続きを読む

ユージュアル・サスペクツ(1995年製作の映画)

3.9

存在を謎にする。

消えたコカインと9100万ドル。事件の黒幕はカイザー・ソゼ。周知の存在だというのに誰も顔を知らない。
5人のワルが集まった事実とは。

物語は見る人の「思い込み」で左右される。
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.8

限りある夏、感情は無限に広がる。

避暑地で家族と友人と過ごす夏。17歳のひととき、初めての感情を向けたのは24歳の青年だった。

なんとも美少年。完璧ではない肉体に感情。
彼を囲むのは理解のある両親
>>続きを読む

サバービコン 仮面を被った街(2017年製作の映画)

3.5

狂いと微笑。

安心安全、絵にかいたような笑顔あふれる日常が並ぶ白人の町サバービコン。そんな町に黒人一家が引っ越してきた。町の平和を保つべく彼らは本性を見せ始める。時を同じく、ロッジ一家にも強盗が入り
>>続きを読む

ドリームガールズ(2006年製作の映画)

3.7

プライドをかけて掴んだ夢はビジネスに。

「ドリーメッツ」。彼女たち3人は音楽で成功を掲げる夢を見ていた。可能性を見出したマネージャーと共に「ザ・ドリームス」となり築きあげるパワフルなステージは全米の
>>続きを読む

サンバ(2014年製作の映画)

3.6

変化を呼び込むのは笑顔の力

うっかりとビザを失効した、フランスに住んで10年目の男。彼は国外退去を命じられてしまった。
このピンチを救うのは移民支援協会で担当となった燃え尽き症候群の女性。
厳しい現
>>続きを読む

おやすみなさいを言いたくて(2013年製作の映画)

3.7

心許せる人に一日の終わりを告げることができる幸せ。

報道写真家であり妻であり母親である。事故に遭ったことで帰国した彼女を待つのは生活に疲れ果てた家族であった。離れ離れの生活のゆがみに対して彼女はどう
>>続きを読む

娼年(2018年製作の映画)

3.6

受け止める男と解き放つ女。人を買うということ。

無気力な大学生。彼が出会ったひとりの女性によって人生はガラッと変わる。彼は「娼夫」として生きるのだ。

原作ファンです。文字でみて頭の中に巡らせていた
>>続きを読む

わたしは、ダニエル・ブレイク(2016年製作の映画)

4.1

怒りと諦めの先にあるもの。

心臓を患い働けなくなったダニエル・ブレイク。国の援助を受けるにも制度の壁は高い。同じく制度の穴にはまったシングルマザーを助けたことから生まれた交流により厳しい現実と向かい
>>続きを読む

メッセージ(2016年製作の映画)

3.8

伝え、繋がる

突如現れた謎の知的生命体。彼らが地球にきた真相と人類に向けたメッセージとは。

誰でも発信できる言葉で溢れている今、思想を忠実に言葉にできているんだろうか。
邦題として伝えられているこ
>>続きを読む

いぬやしき(2018年製作の映画)

3.9

ヒーローはじじい、高校生は史上最悪の残虐殺人犯に。

家族の中にも会社にも居場所のない犬屋敷。そんな彼に末期がんによる余命宣告までもが襲いかかる。虚無感に溢れながらも迷い犬を手放すため訪れた公園で謎の
>>続きを読む

SOMEWHERE(2010年製作の映画)

3.7

「俺は空っぽだ」

ハリウッドの映画スター。彼のたしなむ高級車や住まいとするホテル、華やかなパーティーはまさにセレブリティな毎日。だたそれは孤独さを虚無感を紛らわす時間つぶし。そんな中で突然、別居中の
>>続きを読む

ロンドン、人生はじめます(2017年製作の映画)

4.0

「Beggings」

夫を亡くし、知らぬ借金とあるトラウマに時間を止められた未亡人。彼女はロンドンの高級マンションに暮らす。そんな中ふと覗いた双眼鏡の中に移りこんだのは手作りの小さな家で暮らすひとり
>>続きを読む

彼の見つめる先に(2014年製作の映画)

3.9

「優しさ」に満ち溢れる100分。

サンパウロ。生まれつき目のみえない彼のクラスに新しいクラスメイトが転校してきた。転校生は「障害」にも人に対しても壁を作らない。自然と距離を詰めていく度に感情は揺れ動
>>続きを読む

トイ・ストーリー3(2010年製作の映画)

4.2

愛すべきリトル・グリーン・メン

大好きなアンディが大学生になる。そして家を出てしまう別れが近づいてきた。そんな中手違いで寄付されてしまった保育園はおもちゃ達には地獄のような場所だった…何があってもみ
>>続きを読む

トイ・ストーリー2(1999年製作の映画)

4.0

「無限の彼方へ共に行こう」

ウッディがおもちゃコレクターに盗まれてしまった。バズを筆頭にアンディの部屋のおもちゃ達はウッディの救出を企てる。

シリーズ初作では最先端のおもちゃに嫉妬していたウッディ
>>続きを読む

トイ・ストーリー(1995年製作の映画)

4.1

俺たちおもちゃは何でもお見通しだ。

保安官のウッディはアンディの「お気に入り」。しかし、巷で流行のスペースレンジャーバス・ライトイヤーがやってきた。

初めてみたのは幼稚園生の時でした。
一緒
>>続きを読む

ステキな金縛り(2010年製作の映画)

3.6

見える人には見える

後がない三流弁護士。彼女が担当することになったのは資産家の妻殺しの容疑で捕まった男。彼の無実を証明するのは旅館に出るという落武者の幽霊のみだった。

2種の落武者に終始笑わされる
>>続きを読む

おとなのけんか(2011年製作の映画)

4.0

必死さは見せないが勝ち

11歳の子供同士の喧嘩。2組の夫婦がその喧嘩についての話し合いの為集まった。冷静に平和的な解決へと進むはずが…

会話劇、好きなんです。
「棒で武装」からゲロの破壊力に圧倒さ
>>続きを読む

blank13(2017年製作の映画)

4.1

アブラカタビラ

13年前、借金を残して消えた父の消息が余命3ヶ月という命の期限と共にわかった。2人の男兄弟と母の記憶と父の友人との記憶が交差する。

劇場の灯りがともりきる瞬間までが作品なんだって再
>>続きを読む

世界にひとつのプレイブック(2012年製作の映画)

3.8

ダメな部分も含めて自分を好きでいる。

妻の浮気を原因に心のバランスを崩し、実家にて社会復帰を目指す男。かわいらしい佇まいからは想像をつかないギャップを持った彼女に出会い彼の人生は少し光を取り戻す。
>>続きを読む

グレッグのダメ日記4(原題)(2017年製作の映画)

3.5

オムツハンズ脱却

失態の模様を動画投稿サイトにアップされてしまったグレッグ。人気ゲーマーを使って汚名返上をしようともくろみ、家族旅行を抜け出してゲーマー用のエキスポ会場へと向かうが…

一難去ってす
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

4.0

視野見を極めろ。

「イチ」に10年級の片思いの相手を脳内に召喚しながら過ごす恋愛ド素人のヨシカ。
ある日同期の「ニ」からの突然の告白を受ける。脳内片思いとリアルな恋愛に揺れる彼女の生活を描く。

>>続きを読む

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

4.1

繋ぎ、結ぶ。

3部作、最終章。千早とクイーン若宮詩暢との壮絶な戦いから2年。念願の新入部員を迎えた瑞沢かるた部、そして新もるた部創設に向けて奔走し始める。それぞれの方向から高校生活最後の全国大会へと
>>続きを読む

ちはやふる 下の句(2016年製作の映画)

3.9

荒ぶる と ちはやふる

千早・太一・新、幼馴染の3人。競技かるたを教えてくれた新が「かるたはやらん」と二人に告げた。そんな中千早の前に現れたのはクイーンと呼ばれる左利きの詩暢だった。千早率いる瑞沢高
>>続きを読む

ちはやふる 上の句(2016年製作の映画)

4.0

最優秀男優賞はぶっちぎりで机君。

競技かるたを教えてくれた幼馴染がひとり離れてしまった。それでも情熱は冷めることなく千早は高校生になった。太一の支えの元かるた部創立に成功した彼女たちの真っ直ぐな想い
>>続きを読む

マジック・イン・ムーンライト(2014年製作の映画)

3.5

人生には幻想が必要

中国人に扮したマジシャンとして成功を手にした悲観主義者のイギリス人。彼は友人の依頼のもとアメリカ人占い師の真偽を見抜くべき南フランスへ。予想をはるかに超えた透視能力とキュートな彼
>>続きを読む

>|