ゆきさんの映画レビュー・感想・評価

ゆき

ゆき

雑食です。ホラーは苦手、子供と動物と老人にめっぽう弱い。涙腺バカなタイプです。

点数は気分でも変わります…
☆4.5以上 気分的にほぼ満点!
★4.0以上 人にオススメしたい!
☆3.5以上 きっとまた観る!
★3.0以上 ひと通り観れた。
☆2.5以上 なんとも言えず

映画(719)
ドラマ(43)

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

3.9

血筋。

学生時代の恩師ダンブルドアから特命を受け、逃げ出したグリンデルバルドの行方を追うためパリへと向かう。

ずっしりと。
続々と明かされる真実、衝撃の決断。
一体何者なのかという自らのルーツがポ
>>続きを読む

雪の華(2018年製作の映画)

3.0

乙女心どっぷり。

小さなころから体が弱く、自身の命の期限を知った彼女の夢は両親の想い出の地フィンランドでオーロラを見ること。奇跡的に出逢った男性と「1カ月限定の恋人」という契約の元時間を共にするが。
>>続きを読む

ビッグ(1988年製作の映画)

4.0

3か月年上。

いたって普通の12歳の少年。彼がいつも願うのは「早く大人になりたい」ということ。
年に1度のカーニバルでとある遊具にこの願いを授けたら、翌朝35歳の大人になってしまっていた。

大きく
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

3.8

使命との狭間

泥沼化したベトナム戦争の陰に埋もれた真実を明るみに晒すべく奮闘する人々を描く。

絶えない報じるべき事実。
それは現代も過去も同じこと。
ただ違うのはこの時代は人の意思を持って明るみに
>>続きを読む

アドレナリン・ドライブ(1999年製作の映画)

3.5

逃避行

ひょんなことから手に入れたヤクザの金、2億円。当たり前の毎日が180度変わった二人の男女を描く。

お金が無くなると働き出す名俳優こと安藤政信。
一般人から殺し屋まで違和感なく演じきるから凄
>>続きを読む

シャッター アイランド(2009年製作の映画)

3.8

謎解きは目覚めた後に

犯罪者用精神病院で失踪した女性患者の謎を明かすべく孤島へ出向いた米連邦保安官に降りかかる不可解な出来事を描く。

閉ざされた島。途切れた途切れの記憶と終始漂う違和感。
蓋をした
>>続きを読む

トンネル 闇に鎖(とざ)された男(2016年製作の映画)

3.7

暗闇の先

崩落したトンネルに閉じ込められた人間の命の行方と帰りを待つ外の人間の苦悩を描く。

あのガソリンスタンドでのやり取りがなかったら?
娘の誕生日ではなかったら?
そもそも、しっかりした工事が
>>続きを読む

それだけが、僕の世界(2017年製作の映画)

4.1

グッド・ボーイ

落ちぶれた元プロボクサーの兄とサバン症候群を患いながら天才的なピアノの腕を持つの弟との家族の絆を描く。

ベタ中のベタ。
笑うポイントも涙腺崩壊するポイントも。とってもわかりやすいん
>>続きを読む

気球クラブ、その後(2006年製作の映画)

3.6

輝きは戻らない

学生時代に所属していたサークル「気球クラブ・うわの空」。そのクラブのリーダーの訃報をきっかけにかつての仲間たちが再び集まるまでの人間模様を描く。

5年というあっという間にも聞こえる
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.0

今は亡き思い出に捧ぐ

5歳で迷子となった少年が25年後、おぼろげな記憶とGoogle Earthを頼りに、元の家族を探す旅を始める。

執念のロングロングジャーニー。
前半の壮絶な環境と養子先での安
>>続きを読む

ぼけますから、よろしくお願いします。(2018年製作の映画)

3.9

忘備録

90代を迎える父と二人暮らす母がアルツハイマー型の認知症と宣告を受けた。
テレビディレクターである娘が手掛けた両親の記録。

ポレポレ東中野では予定が合わず、正月帰省中に地元の映画館で両親と
>>続きを読む

サイドウェイ(2004年製作の映画)

3.7

時の熟成

小説家志望のワインオタクが売れない俳優である友人と独身最後の旅にでる。

中年といえども心はいつも思春期。
女々しく元嫁を引きづるこだわりマンと最後にぱーっとヤリたいマン。
カリフォルニア
>>続きを読む

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

3.9

会えない時の為に。

人気のドラマ。その内容はある男の生涯がノンストップ生中継されるものだった。

衝撃的だった。
コメディのイメージが強いジムキャリーが魅せる人としての葛藤。
人口の太陽に護られた生
>>続きを読む

日日是好日(2018年製作の映画)

3.9

諸行無情

悩み絶えない就活の最中、従姉妹と茶道教室に通い出した20歳。“決まりごと”で溢れた未知の世界とともに歩む24年間を描く。

たった12ヶ月。365日。
24時間の繰り返しなのだけれど、同じ
>>続きを読む

輝ける人生(2017年製作の映画)

4.2

謳歌。

35年間寄り添った夫と親友の浮気現場を目撃。転がり込んだ先は疎遠の姉。真逆の生活を送る彼女に感化され、自分らしく生きる道を切り拓く姿を描く。

一つ一つのセリフに笑って泣かされて、リアリティ
>>続きを読む

花戦さ(2017年製作の映画)

3.7

和の芸

天下人、豊臣秀吉。圧政で苦しむ人々の先頭に立った花僧の戦いを描く。

あっぱれ、目に余る美しさ。
教科書でしか知る手段のない戦乱終期の芸術。
ただ、いつの時代も美しいものに変わりはないようだ
>>続きを読む

東京喰種 トーキョーグール(2017年製作の映画)

3.6

狭間。

事故をきっかけに半分「喰種」となってしまった青年。人を喰べることでしか命を繋ぐ伝はない苦悩の中で異人種による戦いに巻き込まれていく。

原作、アニメ鑑賞済み。
キャラクターの再現度が高い!
>>続きを読む

アウトロー(2012年製作の映画)

3.5

正義

白昼起こった元米軍スナイパーによる無差別殺人。とある男が真相へ挑む。

トム・クルーズ。あぁ、トム・クルーズ。
何をしてもトレンディに見える。
渋いセリフも唐突な無敵ボディのお披露目も納得。
>>続きを読む

理由(2004年製作の映画)

3.5

擬似

一家4人の惨殺事件。その被害者家族は全員他人だった。謎の事件について証言する周囲の人間を通して事件の真相を描く。

今や主要と呼ばれる俳優陣が揃い踏み。107人というキャストの多さにもかかわら
>>続きを読む

インサイダーズ 内部者たち(2015年製作の映画)

3.9

誰が笑う

一つの裏金事件を軸に首謀者、悪事代行、検事の3人が仕掛け合う騙し合いを描く。

鬱憤が一気に解消される爽快さ。
腐りきった権力はなんとも胸糞悪いものだ。
きっと身の回りにも蔓延してるんだろ
>>続きを読む

平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER(2018年製作の映画)

3.9

鎮魂曲。

仮面ライダージオウとビルドの世界で仲間達が次々と記憶を失っていく。この異変の元悪はスーパータイムジャッカーのティード。彼の企みは仮面ライダーの歴史を消し去ることだった。

ティードこと大東
>>続きを読む

カラスの親指(2012年製作の映画)

3.7

お父さん指

負け組詐欺師2人の元に、わけあり美人姉妹と1人の青年が転がり込んできた。家族さながらの生活をする中で5人の人生を動かす大きな勝負に挑むことになるが…

トサカの愛らしさたるや。
子猫の癒
>>続きを読む

何者(2016年製作の映画)

3.7

自己顕示

分析癖の自信過剰。ちゃっかりタイプのお調子者。実直女子。実力なしの意識高い系。内側センチメンタル系内弁慶男子。就職活動を起点に5人の関係を描く。

就活に勝ちぬかないと学生から社会人になる
>>続きを読む

新宿パンチ(2018年製作の映画)

3.7

へっぽこニューヒーロー

遺伝パンチの童貞青年が、人生逆転をかけて選んだ場所は新宿・歌舞伎町。一目ぼれした女をきっかけにスカウトマンとしての彼の運命が転がり始める。

宮崎秋人目当てで舞台あいさつへ~
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.9

“諦め”も選択肢

女優とジャズピアニスト。二人の出会いは最悪だったものの、互いの才能と夢に惹かれ合う。

夢って呪いみたいなもので強く思うほど全部に影響してくる。
希望のカケラでも叶えられるのは一握
>>続きを読む

フル・モンティ(1997年製作の映画)

3.8

男達の青春

失業により愛する息子の養育費が払えず、仕事だけでなく共同親権も失いそうな彼は失業者仲間たちと男性ストリップショーでひと稼ぎすることを決断する。

お金の生みだし方は頭の使い方次第。
発想
>>続きを読む

ホリデイ(2006年製作の映画)

3.9

片思いの被害者

失恋明けの二人が新たな一歩を踏み出す為に始めたのは“ホーム・エクスチェンジ”。
お互いの家や車を交換した休暇でどう乗り切るのか??

キュートな出会いが観る者を笑顔にする!
ラブコメ
>>続きを読む

月極オトコトモダチ(2018年製作の映画)

4.0

境界線

アラサ―編集者。ある出会いで耳にした「男女関係にならないスイッチ」という言葉をきっかけに職業:「レンタル友達」という男性との間で“男女間に友情は存在するのか”という実験に挑む。

好きです、
>>続きを読む

ショパンの姉妹(きょうだい)(2018年製作の映画)

3.5

知らざあ言って聞かせやしょう

お供を連れたピアニスト。ピアノ店で万引きの疑いをかけられ、額に傷まで負わされてしまう。晴れて疑いは解け詫び金を受け取って帰ろうとするが…

“コラボアーティスト:ショパ
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.8

視覚の裏側

「37分ワンシーンワンカットのゾンビサバイバル」に挑む人々をそれぞれの視点で描く。

俯瞰すると負け、自分もキャストの一人かの様にのめりこんだ者勝ちな作品。
煌めく著名メインキャスト目的
>>続きを読む

正しい日 間違えた日(2015年製作の映画)

3.9

言葉の選択とタイミングの選択

運命的に出逢った男女。出逢いのタイミングにより異なるふたりのエンディングを「前半」「後半」の2通りの展開で描く

ホン・サンス監督とキム・ミニコンビ4本立ての早稲田松竹
>>続きを読む

ハイ・ライズ(2015年製作の映画)

3.3

欲。

フロアにより階級が分かれる新築タワーマンション。建築家の誘いでこのマンションに住み始めた医師を取り巻く出来事を描く。

人生で初めてABBAの曲が不穏な象徴と感じた。
厭味ったらしいセレブと品
>>続きを読む

A GHOST STORY ア・ゴースト・ストーリー(2017年製作の映画)

3.8

明日は我が身

不慮の事故で幽霊となった夫と残された妻。田舎町の一軒家を舞台に“幽霊”目線で時の流れを描く。

風化する。人も記憶も家も土地も。
名前はわからない人たち、いや人でもない幽霊と果てない虚
>>続きを読む

ミックス。(2017年製作の映画)

3.7

ラー油撒いとけ

かつては天才卓球少女だったアラサ―OL。寝取られた彼氏とそのパートナーへのリベンジを賭けて挑むのは卓球のミックス部門大会。大会への道のりと巻き起こる人間模様を描く。

奇跡はある!と
>>続きを読む

SCOOP!(2016年製作の映画)

3.7

世に暴く

イマドキ女子な新人記者がコンビを組むことになったのは自堕落な芸能スキャンダル専門の中年パパラッチ。写真週刊誌に携わる者たちの戦いを描く。

大根仁監督は音楽をひとりの役者として作品の中に溶
>>続きを読む

母さんがどんなに僕を嫌いでも(2018年製作の映画)

3.5

理解は、気づいたほうからすべし

大好きな母からの愛が欠乏した環境で育った彼。拒絶され続ける母の愛情を取り戻すべく、大人になった彼は立ち上がるのだった。

少年期の回想を踏まえた序章部分、特にばあちゃ
>>続きを読む

>|