ゆきさんの映画レビュー・感想・評価

ゆき

ゆき

雑食です。

点数は気分でも変わります…
☆4.5以上 気分的にほぼ満点!
★4.0以上 人にオススメしたい!
☆3.5以上 きっとまた観る!
★3.0以上 ひと通り観れた。
☆2.5以上 なんとも言えず

愚行録(2017年製作の映画)

3.7

愚かな行いの記録。

1年間未解決のままのエリートサラリーマン一家殺害事件。週刊誌記者の田中が取材を始めることにより被害者一家の思いがけない実像が明らかになっていく。

「人間」であるゆえに羨望や嫉妬
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

3.8

その原稿は彼女の過ちの証拠

華やかな仕事をこなす裏で夫との生活に不安を抱える女性。ある日元夫から小説が送られてくる。

冒頭の映像のインパクトと結末の虚無感のギャップ。
現実と想像の中間に浮遊したよ
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

3.7

自分自身が最高の楽器に。

かつての劇場の栄光を取り戻したいコアラのバスター。再起を賭けた歌のオーディションを行うが…

25人の子供たちを育てるブタの母、強い!笑
ギャングのゴリラに、パンクなハリネ
>>続きを読む

泥棒役者(2017年製作の映画)

3.5

発端はひとつの嘘から。

足を洗った元泥棒がかつての仲間に脅され一度だけある豪邸に「仕事」に入る。忍び込んだ豪邸で次々と別人に間違えられ必死に演じるが……。

「前園俊太郎ですっっっ」が尾を引く。
>>続きを読む

皆さま、ごきげんよう(2015年製作の映画)

3.2

人間の面白みは繰り返しの中に潜んでいる。

腐れ縁で結ばれた悪友同士。周りを囲う癖のある人たちと大規模な取り締まりによるホームレスたちの危機に立ち向かう。

痛快ブラックコメディ。
笑っていいのかわか
>>続きを読む

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

3.9

惚れたもん負け。

箸の持ち方から食べ方、全ての所作が美しくないんです陣治って男性。
雑な声色も眉間の深いシワも性欲の前では甘くなりツルッと伸びて、自分を繕うんです十和子って女性。
なんでこの2人が時
>>続きを読む

アパートの鍵貸します(1960年製作の映画)

3.8

「いいおとこ」とは。

出世街道を描いて自分のアパートを上司と愛人との密会場所として提供するお調子者バクスター。その利用者には想いを寄せる女性も含まれていた。

白黒の作品を嗜みたくてまず手に取ったの
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.4

人に愛されると言う最も優れた才能。

幼い姪に愛情を注ぐ独身男。親を感じる間も無く、母を亡くした7歳の天才少女。静かで平凡だった2人の日々は小学校の入学を機に表情を変え始める。

まずはじめに。マッケ
>>続きを読む

Love Letter(1995年製作の映画)

3.9

邪魔せんときぃや、今いっちゃん良いとこや。

届くはずのない住所に送った手紙は事故で亡くした婚約者と同姓同名の女性のもとへ。2人女性の不思議な文通を描く

岩井俊二監督の長編第1作。
色が優しく、中山
>>続きを読む

震える舌(1980年製作の映画)

3.3

家族の愛情vsおぞましき病魔

平凡な家族の一人娘に異変が。うめき声をあげ、体を弓なりに反らせる娘の体には日本を絶滅させる力を持つ「テタナス」が。
両親の精神をもむしばむ病魔に翻弄された家族の戦いを描
>>続きを読む

スノーデン(2016年製作の映画)

3.5

愛する国を暴く

2013年6月。イギリスのガーディアン誌が報じたアメリカ政府による国際的監視プログラムの存在。情報提供者は、29歳の青年だった。

国家の秘密に関わるという想像絶する仕事に就く覚悟も
>>続きを読む

ハロー!?ゴースト(2010年製作の映画)

4.1

肩の重さは繋がりの深さ。

自殺志願の青年が、突如自身に憑いた幽霊たちを成仏させるために一人一人の願いを叶える中で人生が変わり始める。

全員愛せる幽霊たち!何より愛せるサンマン君!
マンガみたいな世
>>続きを読む

BPM(Beat Per Minute)(2017年製作の映画)

3.8

知識は武器だ。

1990年代のパリ。エイズ感染者を取りまく理不尽に対して変革を起こすべく国、地域、製薬会社、人々に訴え続けた実在の団体「ACT UP(アクトアップ)」の活動をベースに描いた物語。
>>続きを読む

アシュラ(2016年製作の映画)

3.7

闇の底にあるのは虚しさ。

私欲のためなら犯罪でも射止を問わない市長と裏金でつながっている刑事。彼らの関係を追い詰めるべく検事と捜査官の手が伸びる。

ハイカロリー作品。熱量がとまらない130分でした
>>続きを読む

PERFECT BLUE パーフェクト ブルー(1998年製作の映画)

3.8

「私」はどこに。

アイドルから女優への転身を図った彼女をまとうのは、アイドル時代の自分の幻影と、熱狂的なファンの影。自分自身を疑うサスペンスアニメーション。

1900年代の作品とは思い難い生身の人
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.8

何かが変、全部を疑え。

白人の彼女の実家へ招き入れられたアフリカ系アメリカ人の写真家クリス。
彼女の家族は何かが変。家族の周りを取り巻く人たちもすべて何かが変。

ネタばれ感の否めない劇場予告とジャ
>>続きを読む

12人の優しい日本人(1991年製作の映画)

3.8

日本人らしき討議。

無作為に選ばれた12人。とある殺人に関する被告は若くて綺麗な女性。
はたして密室の中で見ず知らずの12人が進めた事件の判決はいかに。

友人に勧めてもらった作品「十二人の怒れる男
>>続きを読む

十二人の怒れる男(1957年製作の映画)

4.0

一言の重み。

父親殺しの容疑の少年の命をかけた判決の行方は12人の陪審員たちの手の中に。一室の中でのやり取りを描いた一作。

言葉によって紐解かれていく真実。
多数派に立ち向かう一歩と堅実に踏みだす
>>続きを読む

砂上の法廷(2015年製作の映画)

3.3

真相はいつも人の中に。

資産家殺人の容疑者は17歳の息子。
黙秘を続ける彼の周りを取り巻く証言は真実を暴くのか。

「knock knock」以来のキアヌ・リーブス。
今回は真相を突き詰める敏腕弁護
>>続きを読む

オン・ザ・ハイウェイ その夜、86分(2013年製作の映画)

3.2

人生もコンクリートもヒビが入れば脆いもの。

公私ともに順風満帆な人生のはずの男。大きな仕事を翌日に控えた夜、高速道路の上で受けた電話で彼の人生は大きくUターンし始める。

映るのはトム・ハーディただ
>>続きを読む

パレードへようこそ(2014年製作の映画)

4.1

人生は短い。誇りを持って生きるということ。

ストライキを起こす炭鉱労働者たちと同性愛者たちの友情を実話を元に描く。

キャラクター一人一人が愛らしい。きっともっと重々しく描くこともできた題材を人と音
>>続きを読む

ポンチョに夜明けの風はらませて(2017年製作の映画)

3.2

今「おとな」をやっている人たちに向けた青春ムービー

卒業式を間近に控えた男子高校生の又八、ジン、ジャンボの3人組。
将来への不安を漠然と抱えた中で高校生活最後の旅へ出る。

キャストの並びに期待しす
>>続きを読む

ダーティ・グランパ(2015年製作の映画)

3.4

痛快爺さんロードムービー(孫つき)

結婚間近のまじめな弁護士が40年ぶりの独身生活に浮かれた祖父に誘われた傷心旅行という名の羽目を外したドライブに…

良い感じにくだらない!なのにお爺ちゃんの言葉に
>>続きを読む

ヒーローマニア 生活(2016年製作の映画)

2.9

行け、へたれ。妄想の世界を超えて。

コンビニバイト30代、ニート、陰気JK、凶変おじさん。4人が自分たちの社会を守るため立ち上がる。

原作マンガ未読。
東出くん目的の鑑賞でした。
いやぁ、いい感じ
>>続きを読む

パディントン(2014年製作の映画)

3.7

テッドじゃないよ、彼の名前は「パディントン」。

真っ赤な帽子に青いダッフル。洒落たもふもふのくまさんがジャングルから大都会ロンドンへ。

愛らしい!礼儀正しい!
気付けば離れられない存在感になるのが
>>続きを読む

シンクロナイズドモンスター(2016年製作の映画)

3.0

呑んでも飲まれるな。

職も彼氏からの愛情も失ったグロリア。田舎に帰り過ごしている中で韓国に現れた怪獣が自分と同じ仕草をしていることに気づき…

残念ながら私は出てくる人物の誰ともシンクロできなかった
>>続きを読む

猫が教えてくれたこと(2016年製作の映画)

3.7

世話してやってる?イヤイヤ、お世話させてもらってるの。

古都イスタンブールに暮らす野良猫達と人間の関係をとらえたドキュメンタリー。

キャストは7人?の猫たち。
猫目線の映像はもちろんのこと、とても
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.8

空も海もこんなに澄んだ青をまとっているなんて。

第2次世界大戦のダンケルクの戦いを描く。

IMAXにて鑑賞。音が全身に迫りくる感じといい映像の奥深い感じ。
これは劇場に足を運んで良かった。

言葉
>>続きを読む

息もできない(2008年製作の映画)

3.8

命ある限り生きるしかない。

家族への憤りを感じながら生きるサンフンとヨニ。自分たちの手で決められない運命のコマは思いもよらない方向に歩みを進めていく。

お互いにいい方向の影響を与え合える訳ではない
>>続きを読む

プリースト 悪魔を葬る者(2015年製作の映画)

3.4

悪魔を葬る。

謎の昏睡状態に陥る女子高生。
キム神父と学生の中から選ばれたアガトは魔物と化した彼女を救うため、 命をかけた悪魔払い挑む。

予想以上に壮絶な悪魔払い。
コクソンを観た後だったのもあり
>>続きを読む

ノック・ノック(2015年製作の映画)

3.0

パパ、パーティ楽しんだみたいだね。

家族はビーチに。理想的なパパは1人でお留守番。大雨の中家を訪ねてきた2人の美女を助けたつもりが。

キアヌの情けない表情は秀逸。
あんなん来たらみんな勝てないでし
>>続きを読む

午後8時の訪問者(2016年製作の映画)

3.7

後にも先にも、判断は一瞬に。

午後8時。診療所の受付時間は1時間もすぎているのにドアのベルが一度鳴いた。彼女が応じなかったそのベルは翌日遺体で発見された身元不明の少女の助けを求めたときのものだった。
>>続きを読む

おとなの事情(2016年製作の映画)

3.8

知らぬが仏。さて知ってしまったならどうする。

3夫婦とひとりのホームパーティ中。この間のスマホは真っ裸、すべてを共有するゲームをきっかけに、夫婦や友人間にさまざまな疑惑が巻き起こっていく様を描く。
>>続きを読む

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

3.9

何を信じる。悲惨な現実を目の前に。

謎の日本人。村で起こる惨殺事件。犯人の濁った目だけが知る真実とは。

猟奇的。狂気的。神秘的。
全く異なる3つの言葉が重なり合う156分。
目を離しては事実が去っ
>>続きを読む

お嬢さん(2016年製作の映画)

3.8

女は多面性。

1930年代、日本統治下の韓国。莫大な財産の相続権を持つ「お嬢さん」を騙して財産を奪い取ろうという計画が描かれた3部構成のサスペンスドラマ。

色のトーンが目線によって全く変わる。
>>続きを読む

15歳、アルマの恋愛妄想(2011年製作の映画)

3.3

世間の目に囲まれた小さな世界で、幼い妄想はどんどん大きくなる。

田舎に住む15歳の少女アルマ。変化のない日々に反して、彼女の恋心と妄想は膨らんでいき…

住んでいる地域の景色やのんびりとした時間がと
>>続きを読む

>|