ゆきさんの映画レビュー・感想・評価

ゆき

ゆき

雑食です。ホラーは苦手、子供と動物と老人にめっぽう弱い。涙腺バカなタイプです。

点数は気分でも変わります…
☆4.5以上 気分的にほぼ満点!
★4.0以上 人にオススメしたい!
☆3.5以上 きっとまた観る!
★3.0以上 ひと通り観れた。
☆2.5以上 なんとも言えず

映画(675)
ドラマ(0)

暗黒女子(2017年製作の映画)

3.5

それでは皆様、ごきげんよう

「白石いつみの死」全校生徒の憧れの彼女が命を絶った。真相を告発する物語を朗読しあう文学サークル内の淀みを描く。

正直、しっかりと裏切られました。低く見積もった期待値と物
>>続きを読む

Social Animals(原題)(2018年製作の映画)

3.5

哀愁と嫌悪の行方

結婚・出産・仕事、幸せのベクトルが見えない29歳。自分のお店は開店休業状態で、運命を感じた彼は既婚者で。それぞれの人生の不都合が重なりあう模様をコミカルに描く。


「好きな体位:
>>続きを読む

22ジャンプストリート(2014年製作の映画)

4.0

かっこいいこと

凸凹警官コンビが次に挑むのは「大学」。
潜入捜査のはずがキャンパスライフは案外充実していて…

相棒の域を超えて多方面で愛情が深まる続編。
「肉綿棒サンド」でそんなに意気投合できるっ
>>続きを読む

21ジャンプストリート(2012年製作の映画)

3.8

相棒

高校時代、真逆の学園生活を過ごしたスポーツマンとオタク青年。新人警官として再会しコンビを組むこととなった二人に与えられた使命は「青年犯罪撲滅」のため高校に潜入捜査することだった。

呑んで寝れ
>>続きを読む

チチを撮りに(2012年製作の映画)

3.7

赤色

20歳フリーター。17歳女子高校生。彼女たち姉妹の父親は女を作って出て行った。ある日母に頼まれたのはもうすぐ死ぬ父親の顔を写真におさめて欲しい。という願いだった。

前情報なし。「チチ」は「乳
>>続きを読む

ぼくの名前はズッキーニ(2016年製作の映画)

3.9

気分予報は晴れ

母からズッキーニと呼ばれていた少年。彼はアルコール依存症の母を不慮の事故で亡くした日から、孤児院に入ることとなった。そこで共に暮らすのは家族の愛情と離れ離れになった子供たちだった。
>>続きを読む

輝ける日々に(『サニー』ベトナム版)(2018年製作の映画)

4.0

夢は生きる糧

韓国映画「サニー 永遠の仲間たち」のベトナム版リメイク。
2000年。母親を見舞いで訪れた病院、そこで見かけたのは高校時代リーダーだった旧友の姿だった。末期癌と戦う彼女の願いは「荒馬団
>>続きを読む

スマグラー おまえの未来を運べ(2011年製作の映画)

3.4

取り扱い注意

借金まみれの役者志望。彼が始めることになったのは日給5万円のアルバイト「運び屋」。彼が運んでいたのは暴力団組長の死体だった。

高嶋兄、狂気溢れだしすぎだよ。
なんでここに松田翔太?!
>>続きを読む

闇金ドッグス5(2016年製作の映画)

3.7

生きていく為の金

「女の為」の ウィーメンズダイヤル。そこに助けを求めてきたのはうだつの上がらない中年男性。彼は認知症の母を抱え、生活苦の中もがいていた。

鑑賞後、しばらく何もできなかった。
生き
>>続きを読む

闇金ドッグス4(2016年製作の映画)

3.2

優しさが仇になる

債権者と向かい合う日々のラストファイナンス。ある日社長の兄貴分が出所。カタギとして新たな一歩を踏み出そうと向かい風を感じながらもパートナーとの安定した兄貴分だったが、事態は大きく急
>>続きを読む

闇金ドッグス3(2016年製作の映画)

3.7

オッケー、グー!

元組長の社長の元、自分の得意分野を活かして女性債務者と増やしていた元ホストの金融屋。彼のお抱えの債務者の中には元アイドルで隠れながら活動を続ける女性と子供のデビューに一喜一憂する女
>>続きを読む

闇金ドッグス2(2016年製作の映画)

3.6

物騒な世の中だなぁ。

闇金業を営む元組長。元ホストを雇い順調のように見えたある日、真面目な債務者がいつもと違う言動をしていることに違和感を感じ始め…

返り咲いてきた、顔面担保の元ホスト!笑
忠臣さ
>>続きを読む

闇金ドッグス(2015年製作の映画)

3.5

チョコレートケーキ

闇金の世界に身を投じる決心をした元親分、現カタギ。必死なアイドルと彼女につぎ込むアイドルヲタクが彼の周りを取り巻くことになる。

イデオロギーってなんだよ、そんなこと言ってる前に
>>続きを読む

ミルク・マネー(1994年製作の映画)

3.7

魅惑のおっぱい

12歳。「都会に行けば女の裸が見られる」そんな噂を聞きつけた少年たちは軍資金の100ドルを握りしめて繰り出した。一人の娼婦との出会いで彼らの日常が少し彩りが増えていくが…

のどかな
>>続きを読む

嘘はフィクサーのはじまり(2016年製作の映画)

3.7

紹介しますよ、望みはなんですか?

自称「フィクサー」の男。日々、小さなウソの積み重ねで人脈も作ってきた彼が目をつけたのはカリスマ政治家。彼が賭けた男は見事首相に就任。「首相のお墨付き」となった彼が暗
>>続きを読む

スプリット(2017年製作の映画)

3.5

傷を分かち合う

見知らぬ男に拉致された女子高校生3人。その場所には男以外にも女性や子供もいるようだった。しかしそれはすべて一人の中に存在する別人格であることに気付く。

前情報で色々把握していたはず
>>続きを読む

1987、ある闘いの真実(2017年製作の映画)

4.0

優先すべき「正義」とは

一人の学生が行き過ぎた取り調べで命を落としたことがきっかけとなり、記者だけではなく当事者たちも巻き込み韓国全土が民主化へ向かい大きく動き出した実際の事件を描く。

一つの隠し
>>続きを読む

3月のライオン 後編(2017年製作の映画)

3.7

みんなを守りたくて

孤独と共存していたプロ棋士の少年が暖かな食卓に飛び込んで1年。それぞれの環境や心境が変わり始めていた。

焦点が人間模様に変わった。
「これしかない」という零の熱量に対して前篇よ
>>続きを読む

3月のライオン 前編(2017年製作の映画)

3.7

たった一手。

幼いころに家族を亡くし、孤独の中で将棋とともに成長してきた少年がプロ棋士として歩む道を描く。

一筋縄ではいかないサクセスストーリー。
漫画原作にありがちな煌めきの表現だけではなくて、
>>続きを読む

悲しみに、こんにちは(2017年製作の映画)

4.0

淡い夏。

両親を病気で亡くした少女はバルセロナから田舎へ向かい叔父夫婦のもとで暮らすこととなった。

「親戚」とはいえ隙間は生じる。
歴史と発展の共存する世界都市から田舎町へ。
遊ぶことが仕事の彼女
>>続きを読む

カランコエの花(2016年製作の映画)

4.1

マイノリティの在り方

ある日唐突行われた「LGBT」についての授業。それは私たちのクラスだけだった。

傍観者は楽しむことも関わらないこともできる。関係者になった時の表情の曇り方も含めて、とっても生
>>続きを読む

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

3.9

命のゴール

愛娘に下った診断は「回復の見込みなし」。深く眠り続ける彼女の為に両親が決断したのは最新技術を用いた延命措置だった。

涙が止まらなかった。だけど感動の涙ではない。
「感動の一作」とは程遠
>>続きを読む

二重生活(2012年製作の映画)

3.8

情の本質

ある日娘の幼稚園の友達の母から夫の浮気を打ち明けられる。その矢先に目撃した夫の裏の姿。ただ、妻の知らない真実はこれだけではなかった。

じっとりしている。梅雨の時期の夕暮れ、ぼーっと外を眺
>>続きを読む

ライオンは今夜死ぬ(2017年製作の映画)

3.6

夢のよう

かつて愛した人を訪ねる老いた一人の俳優。彼の住んでいる屋敷に映画撮影ごっこと扮してやってきた近所の子どもたち。撮影に加わることとなり、進行すると同時にいくつかの過去が明らかになる。

南フ
>>続きを読む

エブリデイ(2018年製作の映画)

3.8

「人は変わるもの」

Aは朝を迎えるといつも違う人に憑依している。だから運命を感じる彼女と一緒にいる為には、毎日違う人間として過ごさなければならない。淡い恋を描く。

余分なものは何もない。
ただ、二
>>続きを読む

月曜日のユカ(1964年製作の映画)

3.7

愛するっていうのは、尽くすことだよ。

ヨコハマの上流ナイトクラブ。そこで人気の少女にはパパがいる。ボーイフレンドもいる。平気で男と寝るがキスだけはさせないという。

日曜日は家族の日、ならば月曜日を
>>続きを読む

クレイジー・リッチ!(2018年製作の映画)

4.0

幸せのスタート地点

ニューヨークで働くアメリカ系中国人。彼女の恋人はシンガポールの不動産王の超有名一族の御曹司だった。裕福な一族との格差の中での葛藤を描く。

パーティーだったり日常から溢れる煌びや
>>続きを読む

斉木楠雄のѰ難(2017年製作の映画)

3.3

目が4

生まれながらに超能力を持ちあわせた高校生。彼の学園生活を描く。

実写といえば山崎賢人。
突っ込むべきコンテンツが多すぎる、もはやキャラクターの渋滞。笑
ただひたすらにギャグを投げつけ続けら
>>続きを読む

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

3.7

主演、柳楽優弥

貧乏万事屋の3人はしびれを切らしアルバイトを始めることに。バイト先で必ず遭遇する天下の将軍様。その頃、真選組にも危機が訪れていた。

将軍接待、長いなぁ~~~くだらないなぁ~~~。笑
>>続きを読む

LUCK-KEY/ラッキー(2016年製作の映画)

4.1

運命の鍵

仕事の綺麗な伝説の殺し屋。銭湯で転倒した彼は記憶喪失に。
そして居合わせた貧乏役者がロッカーの鍵をすり替えた事をきっかけに2人の立場も入れ替わってしまう。

「鍵泥棒のメソッド」をリメイク
>>続きを読む

ベテラン(2015年製作の映画)

4.0

許すべき横暴

武闘派ベテラン刑事と同じチームの個性的刑事5人が財閥の悪態を暴く。

コメディタッチでとても軽やかなテンポの中に滲み出る強い告発精神。
問題視されるべき財閥の横暴な振る舞い。
極端にも
>>続きを読む

ドリーム(2016年製作の映画)

3.9

前例になるということ

実在したNASAの黒人系女性スタッフが成し遂げた歴史的な偉業について描く。

いつの時代にも理不尽はつきもの。
黒人・白人/男性・女性、この物語は差別が前提。
差別が普通である
>>続きを読む

ボクの妻と結婚してください。(2016年製作の映画)

3.9

保証します、命をかけて

末期の「すい臓がん」。バラエティ番組の放送作家に降りかかる信じがたい
現実。彼の頭によぎるのは自分がいなくなった後の妻と息子が前を向いて生きていくための企画だった。

ファン
>>続きを読む

きみの鳥はうたえる(2018年製作の映画)

3.9

“ちょうどいい”

バイトの僕と無職の静雄、同僚の佐知子。3人のひと夏を描く

らしく生きる、って何だろう。
“だらしない”の基準ってなんだ。
めんどうくさい関係も嫌で恋人でもない。
中肉中背というよ
>>続きを読む

MASTER マスター(2016年製作の映画)

3.8

お前は両面テープか?

金融投資会社の会長が仕組んだ韓国犯罪史上最大の詐欺事件を題材に警察と悪の戦いを描く。

これ実際にあった事件だと思うと、ぞっとする。
事件のスケールが大きすぎ。
カリスマすぎる
>>続きを読む

エレファント・マン(1980年製作の映画)

3.9

ジョン・メリック

実在した奇形の青年。見世物小屋で暮らしていた彼の特異な容姿に興味を持った医師との交流と変化を描く。

ドキュメンタリーではなくフィクションとして描いてくれて助かった。
「普通」の扱
>>続きを読む

>|