ゆきさんのドラマレビュー・感想・評価

  • Filmarks
  • ゆきさんの鑑賞したドラマ
ゆき

ゆき

映画(1430)
ドラマ(94)

イノセント・デイズ(2018年製作のドラマ)

4.1

誰もが加害者になり得る。
責めた時点で、気持ちは加害者だ。
話数を重ねるごとに、こころが軋んでいく音がした。
ずしっと来るが見れてよかったシリーズ。

0

Nのために(2014年製作のドラマ)

4.3

毎週楽しみにしていた一作。
真実が見えてくるたびに心臓がぎゅっとなる

0

義母と娘のブルース(2018年製作のドラマ)

4.0

最初は観るか悩むはじまり。
回を重ねるごとに面白味が・・・・増す!
悔しいながらずっぽり二人のブルースに巻き込まれました。

0

ボクらを見る目(2019年製作のドラマ)

4.1

4話でよかった。
これ以上続こうものなら、心が持たない。
当人たちの苦悩は想像もつかないけど、ひたすらにこの結末で良かったと思える。
後日の対談も見ると、まだ何も解決してないように感じるけれど前に進ん
>>続きを読む

0

アンナチュラル(2018年製作のドラマ)

4.2

年始の再放送にて。
一気見だったのでノンストレス。
爽快、痛快。
さらっとした石原さとみもまたいい。

0

腐女子、うっかりゲイに告る。(2019年製作のドラマ)

4.1

友達のピンチは助けるしかないっしょー!
全肯定してくれる物語。
NHKよるドラ、良い。

0

徒歩7分(2015年製作のドラマ)

3.7

不意につかれる言葉のツボ。
チグハグな友情がいい味だった。
人生いつも手遅れさ。

0

これは経費で落ちません!(2019年製作のドラマ)

4.5

最高のお仕事ムービー。
キャラクター全員のエピソードがもう文句なし。
キュンとしてハッとして、キュンとして笑って。
私は私の仕事をやる。
何度でも見たい最高のドラマ〜

2

逃げるは恥だが役に立つ(2016年製作のドラマ)

4.0

流行っているさなかに鑑賞せず、正月の一気見特番で鑑賞。
おかげでどっぷりハマった恋ダンスは披露のしようがない。

新垣結衣の透明感たるや、万人受け

0

わたし、定時で帰ります。(2019年製作のドラマ)

3.7

OA時鑑賞。
お仕事ムービーもどんどんアップデートされる中で、共感度の高いシリーズだった。
幸せと充実を得るための代償は何か。日常のほとんどを埋める仕事との向き合い方を考え直す物語でした。

0

仮面ライダー電王(2007年製作のドラマ)

4.2

佐藤健あっぱれ。
ひとりの人間に複数のイマジンが取り巻く展開。
ライダー同士の争いもなく、タイムトラベル物なので分かりやすい。
主題歌もあっていて、締めまでしっかり。爽快。痛快。愉快。

0

デザイナー 渋井直人の休日(2019年製作のドラマ)

3.9

光石研の不甲斐ない表情が最高。
週替わりゲストとのやり取りと格好つけたい男のあがきが秀逸で毎週楽しみだった。

0

ミス・シャーロック/Miss Sherlock(2018年製作のドラマ)

3.8

ナイスコンビ。
いやらしくなく優秀な女性像が似合う竹内結子。
素朴さが愛らしい貫地谷しほり。
リズムも良いし、毎度ハッとする物語が秀逸。

0

人間レッスン(2020年製作のドラマ)

4.0

室長の漢気に涙腺崩壊。
2話目までの裕福女への苛立ちが嘘のように、あっという間に見終わった。

0

女子的生活(2018年製作のドラマ)

3.8

丁寧で優れた人間観察力。
納得すること多すぎるドラマ。
ミキさんに感化される意識付け、素直な後藤を見習う。

0

オザークへようこそ シーズン2(2018年製作のドラマ)

3.8

子供たちがどんどん闇に染まっていく。
その反面救いになる存在の大きさが明るみになっていく。

今日はいい日だ、嘆くのは明日にしよう。挫けるのは今日じゃなくていい。

0

潜入捜査アイドル・刑事ダンス(2016年製作のドラマ)

3.8

見るたび下らないけど、ラストに向けた展開がいい。
ドラマ出演回あたりから面白さがジワジワ。
最終回のライブシーンエキストラで行ったのが懐かしいシリーズ。
大東と蒼くん目当てだったから、横浜流星だって今
>>続きを読む

0

嫌な女(2016年製作のドラマ)

3.7

嫌な女が残すものが痛快。
映画版共に評価あまり良くないけど、私は好み。
全ストーリーに味がある。

0

鍵のない夢を見る(2013年製作のドラマ)

3.7

不甲斐ない女たち
ただ嫌えないし、共感があるのも確か。
鬱々しい時間だけど、みんな美しかった。

0

夫婦善哉(2013年製作のドラマ)

3.8

父親を父親のまま看取れない。
繰り返す堕落した愛情と捻れた親子の確執がゆっくりと描かれてた。
尾野真千子綺麗だな〜。

0

勇者ヨシヒコと悪霊の鍵(2013年製作のドラマ)

3.9

オープニングがカッコ良すぎるだろ
大人のおふざけ最高
身嗜みに泡を食う、ネルソン大好き。

0

大阪環状線 ひと駅ごとの愛物語(2016年製作のドラマ)

3.6

ともにいきよう
6話が好き〜。
脚本家さん次第で同じシリーズでもだいぶ変わるなあ。

0

ああ、ラブホテル 豪華版(2014年製作のドラマ)

3.8

一夜と二夜が好き〜
年に一度のデリヘルおじさんの最終戦もなかなか面白かった。
チェンジ!

0

太鼓持ちの達人〜正しい××のほめ方〜(2015年製作のドラマ)

3.4

くだらなさが適度。
いる、いるいる!っていう共感に浸ってるうちに見終わっちゃう。

0

新・ミナミの帝王〜美人詐欺師の罠〜(2015年製作のドラマ)

3.7

妖艶な安達祐実。
スペシャル版もコミカルさは健在。
過去のキャラクターも活きてて面白い。
大どんでん返しというよりは策士勝ち。

0

新・ミナミの帝王〜2万5千円の約束〜(2015年製作のドラマ)

3.9

約束の弔い

人情 the bestの回。
過剰だけどブラック企業の怖さが満点

0

新・ミナミの帝王〜金儲けの方法、教えます〜(2014年製作のドラマ)

3.7

垣間見える千原ジュニア。
三浦理恵子が美しい。
やっぱり銀次郎優しい、の回。

0

新・ミナミの帝王〜銀次郎、ついに逮捕!?〜(2014年製作のドラマ)

3.9

もうよろしいか?

竜一の良いところ満載回。
悟り開いてる銀次郎も実物。
シリーズで5本の指に入るダサい衣装だけど、シュッとしてて良い。

0

新・ミナミの帝王〜狙われた銀次郎〜(2013年製作のドラマ)

3.7

猿芝居も打てない竜一かま可愛すぎる。
フィットネスクラブのちょんまげ竜一は見もの。
ピエロやないか〜に続く良い竜一出てる回。

0

天火、ヤマイヌ(犲)やめるってさ(2018年製作のドラマ)

3.9

公開記念とか舞台挨拶で、本編を6回近くで劇場で見たもんで
もはや完コピレベルの曇天。
キャストの掛け合いが緩くて、良い。

0

学校へ行けなかった私が「あの花」「ここさけ」を書くまで(2018年製作のドラマ)

3.7

生みの苦労ってどう抜け出すんだろう。
きっかけはいつもそばに。
傍にあのタンクトップ金髪がいたらだいぶ頑張れる。
肩の筋肉だいぶつき始めてる時期、良い。

0

新・ミナミの帝王〜仕掛けられた罠〜(2012年製作のドラマ)

4.0

ピエロじゃねえかよ〜

竜一が最高に輝く回なので、
胸糞悪いゲーム男の苦味も薄まる

0
>|