ゆきさんのドラマレビュー・感想・評価

  • Filmarks
  • ゆきさんの鑑賞したドラマ
ゆき

ゆき

このサイテーな世界の終わり シーズン1(2017年製作のドラマ)

4.0

決して明るい内容じゃないのに、なんで笑えるんだ…
やりとりのチグハグさが愛おしいったらない。
好きって言葉ってこんなに難しかったっけ?

0

全裸監督 シーズン2(2021年製作のドラマ)

3.9

時間を忘れて見入ってしまった、ファンタスティックな展開。
悲劇に見えるがこの男には全てがエネルギー源でしかない。
人の醜いところを存分に味わって、人の温かみに浸かり回復できるドラマ。
全員丸裸。全員本
>>続きを読む

0

着飾る恋には理由があって(2021年製作のドラマ)

4.0

可愛いが100億点詰まってる。
毎週、キュンとし過ぎて溶けるかと思った。
演出面では細かい美術のこだわりも見せつつ、キャラクターが活きていて素晴らしかった。

0

コタローは1人暮らし(2021年製作のドラマ)

3.8

気の抜けた方が適度でいい。
圧倒的に「一般」じゃない子供を軸に、大人が大事なことに気づいていく物語。
間宮祥太朗の役が結構好き。

0

あのときキスしておけば(2021年製作のドラマ)

4.8

笑って笑って、泣く。最高の週末デトックスドラマ。
毎週、登場人物誰かの名前を呼びながら泣いてた。
ももちの不器用さが愛おしすぎるったら。
ライバル登場後、コメディ感が加速してより好きになる。
三浦翔平
>>続きを読む

1

半径5メートル(2021年製作のドラマ)

4.0

説教じみてないのに、リアルな生活に置き換えて考えるところが溢れてる自己啓発ドラマ。
キャラクターはそれぞれに濃い味なのに渋滞してないのがすごい。
チーム力って素晴らしい。

0

イチケイのカラス(2021年製作のドラマ)

3.9

週を追うごとに面白みが増していくタイプ。
お笑い芸人を起用した、傍聴席の「見守る会」も楽しみの一つ。
竹野内豊はシワが増えるほど、かっこよくなる魔法にかかっているのだろうか。声質も含め、あんな弁護士お
>>続きを読む

0

DIVE!!(2021年製作のドラマ)

3.8

主軸の3人の青臭さがいい。
撮影現場は楽しいんだろうな〜という空気感と、凛とした飛び込み競技シーンのギャップがいい。
大東駿介にコメディなキャラクターを演じさせた時点で勝ってる。

0

きれいのくに(2021年製作のドラマ)

3.9

一言の後の間合い。ぎこちなくもはつらつにもできる。
顔を映像で重ねて作った擬似世界。
どこか懐かしくなるシーンや、震えるほど人間が恐くなるシーンもある。
総じて、加藤さんの書く脚本がやはり好きなようだ
>>続きを読む

0

今ここにある危機とぼくの好感度について(2021年製作のドラマ)

4.6

好感度なんてクソ喰らえ。
コロナ禍である現代に近しい、隠蔽や情報操作といったネタもあり。
全5話でも濃密で印象深いドラマだった。
学生と社会人。半透明の隔たりをしっかり描いていて、大人になるほど保守的
>>続きを読む

1

大豆田とわ子と三人の元夫(2021年製作のドラマ)

5.0

どんな大豆田とわこも私は好き。
いまは一人でも、それぞれに支えてくれてた男たち。彼らの結束も最高。
全キャスト愛おしすぎるし、楽曲の遊び心に衣装の素敵さも相まって、リアルタイム鑑賞後も2回観てしまった
>>続きを読む

0

浮世の画家(2019年製作のドラマ)

3.5

豪華絢爛なキャスト。

白いスリーピースにハットという衣装が最高。

0

ハムラアキラ〜世界で最も不運な探偵〜(2020年製作のドラマ)

3.8

シシドカフカがなんとも憂い。
ミステリーというよりは、ラフなサスペンス。
登場人物が覚え易くて、疑いもあり安堵もあり。
あっという間に見れるシリーズ。

0

監察医 朝顔2(2020年製作のドラマ)

4.8

昨シーズンに引き続き、毎話響く言葉がある。
家族の変化もしっかり描かれてて、歳とともに抱く普遍的な悩みにも焦点が当てられているのが好感高い。
最終話まで抜かりない感動。
軸のあるキャストで描き抜かれた
>>続きを読む

1

アノニマス〜警視庁“指殺人”対策室〜(2021年製作のドラマ)

3.6

各話のゲストがいい味出してて、朝顔からの流れで毎週月曜日の楽しみに。
続きが気になる余韻を残した最終話だったな〜

1

dele(2018年製作のドラマ)

3.6

デジタル遺品を扱うという現代らしいドラマ。
少ない主要キャストの掛け合いが絶妙。
山田孝之って頭の切れる役が似合う。

0

anone(2018年製作のドラマ)

3.9

生きなきゃいけないから、やる。
葛藤と安堵の繰り返しの毎週だった。
でも観てほしい一作

0

Sweet Home -俺と世界の絶望-(2020年製作のドラマ)

4.1

徐々に明かされていくそれぞれのエピソードが渋すぎる。
インパクト強めな映像が続くけれど、人であるうちに残してくれる言葉の数々が穏やかな感情にも導いてくれるから不思議。
あっという間の10話だった。

0

ホームルーム(2020年製作のドラマ)

3.7

山田裕貴だから成り立ってる気持ち悪さ

0

共演NG(2020年製作のドラマ)

3.7

バカバカしさが突き抜けてて、ベテランのくどさが良いスパイス

1

M 愛すべき人がいて(2020年製作のドラマ)

3.0

くっだらねーーーーー!!!!って言いながら毎週楽しみになっちゃうタイプのやつ。
主演の子が本当に下手!それがリアリティを産まなくて絶妙!

0

38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記(2020年製作のドラマ)

3.5

ドラマチックに仕上げすぎというか、38歳でこの生活水準の女性はあの人選をするのだろうか

0

あのコの夢を見たんです。(2020年製作のドラマ)

3.7

脚本家さん毎に違うテイストが味わえて面白かった〜
太賀がいい塩梅に気持ち悪いのが良い。

0

恋する母たち(2020年製作のドラマ)

4.1

メロドラマ感がたんまり溢れてて、毎週ドキドキした〜〜〜
主婦3人の女子感が堪らず、可愛すぎて一緒に悩み笑いトキメク時間。

0

アリバイ崩し承ります(2020年製作のドラマ)

3.8

コメディの出し方がくだらなくて良い。
浜辺美波ちゃんの可愛さでオールオッケー。

0

直ちゃんは小学三年生(2021年製作のドラマ)

4.0

ふざけすぎてるビジュアルと真剣すぎる話のギャップが最高。
演者さんの熱量と技量あっての秀作~
ほのぼのうるっと感情ぐらぐらドラマ。

0

弟の夫(2018年製作のドラマ)

4.0

see you again

世界を繋ぐのは、言葉でもなく気持ちだ。
人間が作る壁はものすごく下らないことなんだと痛感させられたシリーズ。
子供の無垢さと、マイクの素直さ、受け入れる弥一の変化。
すご
>>続きを読む

2
>|