chan0kenさんの映画レビュー・感想・評価

chan0ken

chan0ken

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.8

面白かったなぁーー

レイクロックがまるで、無邪気でワガママな子供みたい、自分のやりたい事に突き進んでいくのは、かわいくもあり、恐ろしくもあり…

シンプルなキャラなのに深みがあるのが良かったなぁー
>>続きを読む

バンコクナイツ(2016年製作の映画)

4.0

正直分からないところも多かった。
教養ないやつと、勘の悪いやつは知らん!という感じも正直したな…笑

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.0

上がる!
リア充め!
かっこいい!
かわいい!
ムカつく!
キツイ…
号泣…

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

5.0

今までさんざん使われてきた題材でも、ここまで面白くなるんだなぁ〜〜

役者も演出もカメラも全部上手かったけど、個人的には脚本がすげぇ。

この脚本で他の監督が撮ったら、また違う味わいになりそう。
古典
>>続きを読む

ぼくのおじさん(2016年製作の映画)

3.1

面白くて好きなタイプだけど、
テレビドラマで良いかな。笑

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

5.0

大傑作

岡田斗司夫が、
泣く感動以上の、圧倒される感動がある。
泣くのはもったいない。
と言ってたのが、すごく印象的だった。

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

2.0

密かに期待をしてたんだけど、
正直微妙だった…

キャラクターが魅力的になる一歩手前で止まってる感じ。

あと途中までがかなり退屈…

最後の戦闘シーンとか、
希望のバトンを渡してくラストとかは、
>>続きを読む

お父さんと伊藤さん(2015年製作の映画)

5.0

個人的に今年1位かも

タナダユキ作品は、ふがいないとロマンスで最近かなり好きになったが、
コレも良かったなぁ〜

#Filmarks2016

君の名は。(2016年製作の映画)

3.0

ビジュアルの完成度は凄いんだが、好みではなかったぁー

動きや仕草は色気や品があって良かったぁ〜特に女の子の。
監督の童貞感は好きだ。


川村元気にすごく興味が湧いた。

淵に立つ(2016年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

常に浅野忠信が画面を支配している。

ラストの、父が娘に救命措置のシーンは娘のためじゃなく、
父が自分であるために、夫婦であるために、生きている意味のためにやってる。
でも娘はその呪縛のような人生から
>>続きを読む

渚のシンドバッド(1995年製作の映画)

5.0

何年かぶりに見たくなって、久々に見たけど、こんなに良かったとは…
18〜19歳くらいの頃見た気がするけど、何にも分かってなかったなぁ〜俺 笑


丁寧。とにかく丁寧。
岡田くんと浜崎あゆみのシーンが素
>>続きを読む

レヴェナント:蘇えりし者(2015年製作の映画)

3.8

強い。この映画は圧倒的に強かったなぁー
強制的にこの映画の世界に持って行かれたわー

殺す事も、食べる事も、仁義を貫くことも、裏切ること、助けることも、犯すことも、
地球とか神とかの、
よく分かんない
>>続きを読む

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

3.9

ゾンビ映画が好きなわけじゃないけど、面白かったー

カーアクションも日本映画なのに迫力あったし、
大泉洋と有村架純が山の中をさまよっているシーンで、
川にいるシーンや道路を歩く ちょっとしたシーンの絵
>>続きを読む

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(1995年製作の映画)

4.0

会話ももちろん最高なんだが、お互いの目線のやり取りが絶妙〜

2人の目線が直接合うのは、以外と少なくて、目線が合うか合わないかくらいのやり取りが、多かったと思う。
レコード視聴室のシーンとか、2人の表
>>続きを読む

ロマンス(2015年製作の映画)

4.5

なんにも解決しない物語だった。

お母さんがどうなったかは結局分からないし、大倉さんの問題も解決してない。


でも向き合って、吐き出して、
しょうもない事で笑うだけで、先に進める。
良い映画だった!
>>続きを読む

月はどっちに出ている(1993年製作の映画)

3.8

何年か前に一回見て、GAOの無料視聴で久々に見た。

良かったなぁ〜

キャラクターが最高。
ケンカのシーンは全般面白いし、
なによりフィリピンパブのお母さんが最高。

主人公は、色んな面倒くさい事を
>>続きを読む

百日紅 Miss HOKUSAI(2014年製作の映画)

4.5

絵は人の内面が滲み出るもの。というのを、この映画通して丁寧に再現していると思った。

直接的で安直な手段に頼らず、丁寧な描写の積み重ねで、キャラを表現している。

見終わってすぐに、
もう少し物語に起
>>続きを読む

>|