栗田さんの映画レビュー・感想・評価

栗田

栗田

クレイマー、クレイマー(1979年製作の映画)

3.5

学校に送ってく時、急いでタクシーに乗ろうとしてた頃から急がないで仕事場に行くようになって時間の流れが変わった。
どれだけの時間を費やせるかが人生の中での大事なものの比重を決めてる気がした。
両立って効
>>続きを読む

弱虫ペダル(2020年製作の映画)

3.0

全員がそこそこおじさんなのがおもろいよな。
漫画原作特有のもっとやべえ感じになるかと思ってたけど意外と普通だった。

ヘルドッグス(2022年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

無敵すぎてとんでもねえ安心感しかない。
潜入捜査官多すぎてなかなかにうまくいきすぎ感はあった。
個人的に金田が味方であってほしかった。

岡田准一がアクションやってたらアクションは良いだろうていう担保
>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

3.5

どこ行っても愛されるやつっているよな。
なんかわからんけど疲れてる時に観たら号泣できそう。

プロメア(2019年製作の映画)

3.0

堺雅人大好きだけど堺雅人が一生堺雅人で入れない。

街の上で(2019年製作の映画)

4.0

人間自体ではなく人間の関係性に魅力を感じるの面白い。

どれも素晴らしく良い出会いだな。
彼氏じゃないけど彼氏のところも、めっちゃファンだったじゃん追いかけなよのとこも、かわなべさんが監督に迫ってると
>>続きを読む

ジーサンズ はじめての強盗(2016年製作の映画)

3.0

年寄りが元気なの素敵よね。
老後に好きなパイを好きな時に好きなだけ食べられる生活したい。

最凶女装計画(2004年製作の映画)

3.5

最早ばれるとかばれないとかそういう次元の話じゃないとこが良いな

最強の出前人(1994年製作の映画)

2.5

くっっそ卑怯でわろた。
まともに観るもんじゃなかったわ笑

キン肉マンて香港で人気なのか?
今考えても名前秀逸すぎるよな。

スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム(2021年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

アメイジングスパイダーマン2が好きでアンドリューガーフィールドがMJが落ちたとこ助けたのまじグッときた。
これおかずにご飯3杯いけるわ。

宇宙でいちばんあかるい屋根(2020年製作の映画)

3.0

夏なのに蒸し暑さがなくて空気が涼しくなりそうな感じがした。

ラストナイト・イン・ソーホー(2021年製作の映画)

3.5

60年代の夜の街最っ高。
やることしか脳にない女性の名前なんかどうでもいいと思ってるきったない男性達が蔓延る場所でも、華やかさに惹かれる。
東京て日本の中では都会だけど世界で見たらとんでもない田舎に過
>>続きを読む

プロミシング・ヤング・ウーマン(2020年製作の映画)

3.0

スペインでは同意のない性行為は違法になるみたいですね。
汚い部分があまり見えない復讐劇だったわ。

先に愛した人(2018年製作の映画)

3.5

愛人がとにかく良かったな。
嫌味ったらしくもなく無駄な感情がない愛だけある愛人。
煙草を吸う仕草が達観してる感じで良い。

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

3.5

愛すべきおやじだなあ。
いつもにこにこしてる優しそうな人間より悪態ついてる扱いづらい人間の方が信用に足る。
嘘をつかない人間て見ただけでわかるから。

絶対に車入れさせないのまじでわろた

フィフス・エレメント(1997年製作の映画)

3.5

2022年でさえまだ最先端なのわろた
人類の形がとても良いなこれぞ多様性

きみがくれた物語(2016年製作の映画)

3.0

「選択」ていうテーマが終始一貫してて魅せ方が面白い。
自分の選択によって未来が良くなるか悪くなるかなんて誰にもわかんないのにそれに振り回される人生なんて苦行以外のなにものでもないな。
それでもたまに予
>>続きを読む

コーダ あいのうた(2021年製作の映画)

4.0

押し付けがましくないというか理解してもらおうみたいな気概が感じられなくて心地よい。

冗談言い合ったり喜怒哀楽ももちろん会話の中に持ち合わせてて手話もただの言語なんだと感じさせられる。
それと同時に聾
>>続きを読む

ザ・ハント(2020年製作の映画)

3.0

復讐だとか恋愛だとかのむだなストーリー性がなくて良いな。

娘は戦場で生まれた(2019年製作の映画)

-

花や木を植えたり、病院を建てたりすごく普通のことのはずなのにそんなこと全部が無に帰す世界で子供を産み落とすことになんの意味があるのか。
どんな悲劇の中でも誰にだって幸せになる権利はあるけど、子供を産む
>>続きを読む

ONE PIECE STAMPEDE(2019年製作の映画)

3.0

全員大集合で大乱闘
ずっと戦闘シーンなのは珍しい。

マティアス&マキシム(2019年製作の映画)

3.5

お互いに好き合ってんのわかってる付き合う前の状態で1番楽しい時期だったわ。

自分が感情をコントロールできなくなるみたいなことがあんまないから感情が溢れ出るみたいなの未知の体験でおもろい。
なんかこう
>>続きを読む

ボーン・アイデンティティー(2002年製作の映画)

3.0

最初から最後までほぼ何もわかんないの斬新でわろた
大袈裟じゃないってか作り込まれすぎてない感が良いな。

シティ・オブ・ゴッド(2002年製作の映画)

-

「こんな平和な日本に生まれたのに、毎日が辛い俺ってなに?」っていうコメント見て案外スラムも日本も変わらんのではないのかと思った。
スラムでは直接的に死を感じさせるわけだけど、日本では間接的に死を感じさ
>>続きを読む

L.A.コンフィデンシャル(1997年製作の映画)

3.0

「更正の望みのない犯罪者を後ろから撃ち殺せるか?」

パーフェクト ワールド(1993年製作の映画)

4.0

人間としてやっちゃいけないことひとつもはやらせてない。

>|