角健太郎さんの映画レビュー・感想・評価

角健太郎

角健太郎

2017年1月1日から観た映画記録しています。2017年82本

映画(170)
ドラマ(0)

トップガン(1986年製作の映画)

-

男の憧れ、パイロット。
トムクルーズの出世作として有名。
若過ぎ謙信、イケ過ぎ内俊哉。
映像美や撮影技術は1986年の映画のレベルじゃない!
オープニングはケニーレギンス『Danger zone 』
>>続きを読む

ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE2 サイキック・ラブ(2014年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

キス我慢ムービーの第2弾!
トゥルーマン・ショーとマトリックスを足して2で割ったようストーリー。
ゴッドタンゆかりのメンバー登場や、劇団ひとりのモノマネ芸、映画ならではの爆発系多めの作品。

グリース(1978年製作の映画)

-

ダニーとサンディー、不器用だけど愛に溢れててかっこいいし可愛い2人が大好きで大好きでたまりません。
出川のてっちゃんが初めて女の子と2人で観に行った映画がこの作品。
僕がその女の子なら、上映後にぎこち
>>続きを読む

ノッティングヒルの恋人(1999年製作の映画)

-

ハリウッドスターと書店員のラブストーリー。
名曲「she」に始まり「she」終わる!
同居人スパイクがおもろ過ぎるから続編の主演はこの人でお願いします。

フルメタル・ジャケット(1987年製作の映画)

-

スタンリーキューブリックの戦争映画作品。前半と後半で大きく変わっていくストーリーも面白いですが、個人的にはハートマン軍曹のセリフが大好きです!

ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション(2015年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

レコード屋のアジトで可愛いエージェント殺されるん辛い。

ラストシーンはベンジーを解放させてそのまま銃撃戦で敵皆殺し!っていう感じにしたら1番好きやったかも!イーサン、足怪我するんやったら窓から出てこ
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(2011年製作の映画)

-

MI:3と肩を並べる面白さ。この2作品のベンジーが大好き。

CG背景偽造装置は実現して欲しいアイテムNO.1
イーサンは長髪やなくて短髪の方が似合う

ミッション:インポッシブル3(2006年製作の映画)

-

MIシリーズの個人的最高傑作。
OPのイーサンが追い詰められたシーンは凄く引き込まれるし、少しセンチメンタルな脚本も好き、スパイ小道具も面白い。

ミッション:インポッシブル2(2000年製作の映画)

-

OPのロッククライミング凄い。
イーサンに恋人登場。あんまり可愛くない。
最後の島行ってみたい。

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

-

冒頭のナレーション「これは愛の物語ではない」その通りです。
運命とか愛とか永遠をを信じないキュートなサマーの物語。
僕がマークウェブ監督を好きになった作品。アメイジングスパイダーマンとか撮った人。映画
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

-

一瞬しか映らない有名俳優見つけたらテンション上がるし、テンポのいいストーリーとゴジラの曲はワクワクさせてくるし邦画には辛めの採点の僕も高評価。

ただ石原さとみの英語混じりの日本語がウザかった泣
ナタ
>>続きを読む

Mr.インクレディブル(2004年製作の映画)

-

小学生の時に見て面白かった記憶があって2回目の鑑賞。
ヒーローが批判される社会は現代のSNS炎上社会に似てたり、アメリカの保険会社の風刺がきいてたり、家族の愛が感じられて全年齢対象作品。流石ピクサー!
>>続きを読む

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3(1990年製作の映画)

-

ジェニファーとマーティのキスシーンが大好き。
3部作全てで伏線回収されてて好き。

機関車タイムスリップだけちょっとやり過ぎかな笑
1885年でそれ作れんのかいっ!

劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-(2018年製作の映画)

-

ドラマは観てないけど面白かった。イベントてんこ盛り過ぎ感は否めない。

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2(1989年製作の映画)

-

2回目。
目立たない服買ってこいよ!っていうシーンと誰とプロムに行くんだ?のシーンが好き。
ドク自転車とビフの車がすれ違うシーン、あの時初対面やから気づかなかったのは後から知った。

イングリッシュ・ペイシェント(1996年製作の映画)

-

戦時中の許されない愛を過去を回想する形で描いた作品。
ストーリーの展開は過去と現在と行ったり来たりするタイプ。
不倫を美化してるとか言われてるけど、まぁそうでもなさそう。

ブラッド・ダイヤモンド(2006年製作の映画)

-

それぞれの目的の為に血塗られたダイヤを求める3人。
アーチャーとマディのハッピーエンド期待してた分終盤悲しかった。
これからダイヤモンドは買いません。
この作品で賞を貰えてないのは不思議。

マスク(1994年製作の映画)

-

ジムキャリー主演ののコメディ映画
キャメロンディアスがセクシー。
2へと続きそうな終わり方。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

-

.
邦画史上最高傑作!
終わった後に映画館で拍手喝采!
もう一回見に行きたい!

それでも夜は明ける(2013年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

パッツィーの鞭打ちのシーンが衝撃。
どうやって撮ったのか気になる。

ブラピはこの映画で一番好かれる役。
セリフも凄くかっこいい。
惚れる。
自分制作やからってこの役自分でやっちゃうあたりエゴ丸出しや
>>続きを読む

バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

3年ぶり2回目。手紙を破った後ドクがポケットに隠すシーンは個人的大発見。

ロレインの家族とマーティの夕食シーンも最高。

あともう1回は見たい。

デッドプール2(2018年製作の映画)

-

すみません。ライアンレイノルズがグリーンランタンで大コケした事知らなくて映画館ではピンと来ませんでした。
それ以外もちょこちょこ分からないネタありました。不勉強でした。泣

それでも映画館では声出して
>>続きを読む

ムーンライト(2016年製作の映画)

-

この映画の良さが理解できないあたり、僕はまだまだ子供。

率直に言えば2017年のアカデミー作品賞はララランドにとって欲しかった。
この作品も重要なシーンで流れる音楽は良かった。

レインマン(1988年製作の映画)

-

めんどくさい家族に生まれた自分と凄く重なる部分もあって、心に響く映画でした。

レイに話が通じなくて気が狂っていくチャーリーにも本当に共感できました。

アメリカで教材として使われているのも納得です!

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

-

曲が良いとお薦めされて鑑賞。
青春センチメンタルバンド映画。
『はじまりのうた』、『スクールオブロック』に次ぐバンド映画。

兄貴がrockでcoolで弟想い。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

-

おふざけ展開からの感動のラスト。
グルートも活躍。
前回に引き続き音楽もセンス◎

普段ふざけてるのにここって言う時に泣かしてくる感じ。
「銀魂」思い出す。

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

-

今までのMarvel作品がこの映画の為の伏線と化したアベンジャーズ史上最高傑作。
カメオ出演のスタンリー発見。
アイアンマンの変身もかっこよく進化。
ロキは相変わらず。一番好きやけど。
上映後に劇場が
>>続きを読む

アキラ AKIRA(1988年製作の映画)

-

レディプレーヤー1にも登場したアキラのバイク。
アニメ版ブレードランナー風。
30年前の映画なのに今でもカッコいい。

ムーラン(1998年製作の映画)

-

「True to your heart 」が好きで観ました。
ムーラン可愛くして欲しい。主人公とは思えないブスさ。

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2011年製作の映画)

-

9.11で父親を亡くした少年と家族を描いた作品。
トムハンクス、サンドラブロックに引けを取らない少年トーマスホーンの演技。とても初めての作品とは思えないレベル。
アメリカ人の心に刺さる映画。
脚本は「
>>続きを読む