角健太郎さんの映画レビュー・感想・評価

角健太郎

角健太郎

2017年1月1日から観た映画記録しています。
2017年82本

好きな作品は「ニューシネマパラダイス」「LALALAND」「タイタニック」「BTTF」「チャンプ」クリストファーノーラン作品

映画(186)
ドラマ(0)

ラスト サムライ(2003年製作の映画)

-

妖艶な小雪。
10才の池松壮亮。
拙い日本語が可愛いトムクルーズ。
高校生の中村七之助。
ピーターペテグリュー感抜けてないグラハム君。
LAで大谷翔平の次に有名なケンワタナベ。

日本人より外国人に愛
>>続きを読む

レ・ミゼラブル(2012年製作の映画)

-

本格派ミュージカルはあんまりハマらない僕ですが、素晴らしい歌唱力のキャスト陣と作り込まれたセット・衣装が凄く印象に残る作品。

初見で最初のシーンで奴隷がヒュージャックマンって気づく奴凄い。

ロレンツォのオイル/命の詩(1992年製作の映画)

-

病みえ神経のコラムに掲載されてた作品。監督の名前見てそのまますぐTSUTAYAでレンタル。

副腎白質ジストロフィーの少年とその家族の実話を基にした作品。

見終えてからwiki読むと、もう一回泣けま
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

-

涙と嗚咽で最後は画面ぐちゃぐちゃ。
説明不要の名作。

藤木直人の優しい声。

お葬式とかお墓まいりとか面倒くさくて嫌いやったけど、これからちゃんと行きます。

あと、僕の祭壇にはマリーゴールドとリメ
>>続きを読む

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

-

最初のショパンで心を鷲掴みにされました。デイヴィスと子供クリスとの会話シーン全部好き。fuckの使い方、ゲイの話、家破壊。
やや難解な心情がテーマ。2回観ることも検討中。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

-

ミュージシャンの伝記物映画は話がある程度わかっているので敬遠しがちでしたが、これは凄い。
IMAXで過去のライブの追体験が可能になる時代に。
フレディの付き人、ポールプレンターがメッシに激似。

バベル(2006年製作の映画)

-

僕の大好きな群像劇ストーリー。
モロッコ、日本、アメリカ、メキシコの4ヶ国が舞台。
そもそもバベルは『旧約聖書』創世記第11章にある町の名。町の人々は天まで届くバベルの塔を建てようとしたが神はそれを快
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

-

字幕版、吹き替え版両方観る価値有り。
山寺宏一とスキマスイッチの大橋卓弥の吹き替えソングは圧巻。
字幕版も言わずもがな、素晴らしい歌唱力。

search/サーチ(2018年製作の映画)

-

るこちゃんにオススメにされた作品。
期待値超えてきました。
前編PC画面のみという斬新な映像。
ストーリーもそれに負けず劣らずしっかり伏線を張り巡らせています。

ヒート(1995年製作の映画)

-

アルパチーノとロバートデニーロ主演。
家族と上手くいってない刑事と家族を持ちたい強盗。
孤高な2人の熱き戦い。
3時間近くあり、ストーリーは重厚。
銃撃戦も圧巻。
クリスが最後までいいキャラしてて好き
>>続きを読む

ジャンゴ 繋がれざる者(2012年製作の映画)

-

タランティーノ監督作品。タランティーノ本人も一瞬出演します。
レオ様の血だらけアドリブシーンが超有名。
2時間半の超大作やけど一気に鑑賞。

シカゴ(2002年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

あんまり好きじゃない作品でした。
人殺してスターになるストーリーがなんとなく違和感。
曲とダンスは良い感じ。

クラッシュ(2004年製作の映画)

-

最初は別々の人生を歩む人達が衝突事件を通して重なりあって行く、僕の大好きな群像劇の脚本。
『ラブアクチュアリー』『428〜封鎖された渋谷で〜』が好きな人は必見。
人種差別、テロをテーマにした映画は日本
>>続きを読む

アイズ ワイド シャット(1999年製作の映画)

-

難解。
これより24分長いバージョンも見てみたくなる。
オープニングのトイレシーンと朝に子供の髪の毛くくってあげてるシーンが印象的。
洗面所とかトイレの日常のワンシーンを随所に挟んで全体的に夢夢しい映
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

-

ホラーサスペンス。怖いけど一気に見れます。
伏線、メタファー多め。
文句無しのアカデミー脚本賞。

17歳のカルテ(1999年製作の映画)

-

境界線人格障害。アンジーの出世作。
精神科の先生からのおススメ。
ノンフィクション。

トップガン(1986年製作の映画)

-

男の憧れ、パイロット。
トムクルーズの出世作として有名。
若過ぎ謙信、イケ過ぎ内俊哉。
映像美や撮影技術は1986年の映画のレベルじゃない!
オープニングはケニーレギンス『Danger zone 』
>>続きを読む

ゴッドタン キス我慢選手権 THE MOVIE2 サイキック・ラブ(2014年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

キス我慢ムービーの第2弾!
トゥルーマン・ショーとマトリックスを足して2で割ったようストーリー。
ゴッドタンゆかりのメンバー登場や、劇団ひとりのモノマネ芸、映画ならではの爆発系多めの作品。

グリース(1978年製作の映画)

-

ダニーとサンディー、不器用だけど愛に溢れててかっこいいし可愛い2人が大好きで大好きでたまりません。
出川のてっちゃんが初めて女の子と2人で観に行った映画がこの作品。
僕がその女の子なら、上映後にぎこち
>>続きを読む

ノッティングヒルの恋人(1999年製作の映画)

-

ハリウッドスターと書店員のラブストーリー。
名曲「she」に始まり「she」終わる!
同居人スパイクがおもろ過ぎるから続編の主演はこの人でお願いします。

フルメタル・ジャケット(1987年製作の映画)

-

スタンリーキューブリックの戦争映画作品。前半と後半で大きく変わっていくストーリーも面白いですが、個人的にはハートマン軍曹のセリフが大好きです!

ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション(2015年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

レコード屋のアジトで可愛いエージェント殺されるん辛い。

ラストシーンはベンジーを解放させてそのまま銃撃戦で敵皆殺し!っていう感じにしたら1番好きやったかも!イーサン、足怪我するんやったら窓から出てこ
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル(2011年製作の映画)

-

MI:3と肩を並べる面白さ。この2作品のベンジーが大好き。

CG背景偽造装置は実現して欲しいアイテムNO.1
イーサンは長髪やなくて短髪の方が似合う

ミッション:インポッシブル3(2006年製作の映画)

-

MIシリーズの個人的最高傑作。
OPのイーサンが追い詰められたシーンは凄く引き込まれるし、少しセンチメンタルな脚本も好き、スパイ小道具も面白い。

ミッション:インポッシブル2(2000年製作の映画)

-

OPのロッククライミング凄い。
イーサンに恋人登場。あんまり可愛くない。
最後の島行ってみたい。

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

-

冒頭のナレーション「これは愛の物語ではない」その通りです。
運命とか愛とか永遠をを信じないキュートなサマーの物語。
僕がマークウェブ監督を好きになった作品。アメイジングスパイダーマンとか撮った人。映画
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

-

一瞬しか映らない有名俳優見つけたらテンション上がるし、テンポのいいストーリーとゴジラの曲はワクワクさせてくるし邦画には辛めの採点の僕も高評価。

ただ石原さとみの英語混じりの日本語がウザかった泣
ナタ
>>続きを読む

Mr.インクレディブル(2004年製作の映画)

-

小学生の時に見て面白かった記憶があって2回目の鑑賞。
ヒーローが批判される社会は現代のSNS炎上社会に似てたり、アメリカの保険会社の風刺がきいてたり、家族の愛が感じられて全年齢対象作品。流石ピクサー!
>>続きを読む

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3(1990年製作の映画)

-

ジェニファーとマーティのキスシーンが大好き。
3部作全てで伏線回収されてて好き。

機関車タイムスリップだけちょっとやり過ぎかな笑
1885年でそれ作れんのかいっ!

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2(1989年製作の映画)

-

2回目。
目立たない服買ってこいよ!っていうシーンと誰とプロムに行くんだ?のシーンが好き。
ドク自転車とビフの車がすれ違うシーン、あの時初対面やから気づかなかったのは後から知った。

イングリッシュ・ペイシェント(1996年製作の映画)

-

戦時中の許されない愛を過去を回想する形で描いた作品。
ストーリーの展開は過去と現在と行ったり来たりするタイプ。
不倫を美化してるとか言われてるけど、まぁそうでもなさそう。

ブラッド・ダイヤモンド(2006年製作の映画)

-

それぞれの目的の為に血塗られたダイヤを求める3人。
アーチャーとマディのハッピーエンド期待してた分終盤悲しかった。
これからダイヤモンドは買いません。
この作品で賞を貰えてないのは不思議。

>|