HistotieDoさんの映画レビュー・感想・評価

HistotieDo

HistotieDo

映画(956)
ドラマ(12)

アメリカン・アニマルズ(2018年製作の映画)

-

みた、
期待してた話と違った 笑

実在のインタビューと
それに基く回想映画と


ミスターグリーンはっぱヤク中

ボーイ・ミーツ・ガール(1983年製作の映画)

-

ぼくらは
こうして
いまも
孤独だ
何もかも
のろのろと
重く
あまりにも悲しい
じきに
ぼくは
歳をとる
そして
やがて
待ちわびた
終わりの時が来る


アレックス 第一部

かめらわーくのセンス
>>続きを読む

アナと雪の女王2(2019年製作の映画)

4.5

オラフってこんなに可愛いっけ??


髪下ろしたエルサいい感じ!

クリストフの日本語歌唱シーンがキツい 笑
顔ドアップとか、
英語版かっこいい歌な印象なんだけどな
ウケ狙ってんだか、真剣なんだか曖
>>続きを読む

M(1931年製作の映画)

-

女児殺害

全盲の風船売りのお爺さん

口笛の犯人
背中にMの印を

探して


ちょっとの間
待ってると
黒い服の汚い人が
すぐに来る
手に持つ小さな
その斧で
その人が切るのは
誰でしょう


>>続きを読む

夜霧の恋人たち(1968年製作の映画)

-

みてた

トリュフォー好き

ホモ疑惑の奇術師が発狂した時
なぜに歯医者呼ぶの 笑

椿姫(1937年製作の映画)

-

しのぶさんのオペラ見返して

映画がみたくなった


コッポラのがみたいんだどなあ

突き放し、手懐け、手放し、病に伏せ、

ロマンチックで好き

屍者の帝国(2015年製作の映画)

-

不自然ななり行きと設定と根拠に
突っ込んだらだめ

仮想世界
こういう世界

ホーリー・モーターズ(2012年製作の映画)

-

お、カーズみたいな話が始まるの?て思ったら
おわってしまった

卒業(1967年製作の映画)

-

アメリカンニューシネマ

プールの揺れきらめく水面とsoundofsilenceと
童貞卒業

一皮向けてダサいワイルドさに目覚めていく過渡期は笑える
嘘もダサい
付きまといもダサい


彼女に振られ
>>続きを読む

ロスト・イン・トランスレーション(2003年製作の映画)

-

作中流れてきてらアッとなった
ふつうにエンディングなのね 笑
知らなかった、、


風をあつめて


日本、東京ダッサ 笑

腸内洗浄したのよスゴイの!な話題が気になります

家庭(1970年製作の映画)

-

電車待つシーンでプラットホームにユロおじさんらしきひといる 笑笑

勝手にしやがれ、ゴダールより日本語らしく糞食らえ

最後の隣人の良い表情 笑


どうしてもジャドがドヌーブに似てるなぁとおもう、
>>続きを読む

NO SMOKING(2019年製作の映画)

-

恵比寿あつまろうで編集版試写。


やっと本編みれた〜!

めちゃライブする人な編集 笑
ゆるくて語っててよい 笑

代官山監督トークにて
音楽ってのは地球の音だよねとか
幼稚園はいったしゅんかんに人
>>続きを読む

逃げ去る恋(1978年製作の映画)

-

気にいるオチだった

家庭とばしたから後日みよ

このシリーズ飽きない、面白い

國民の創生(1915年製作の映画)

-

南北戦争
引き裂かれる恋
黒人奴隷制度
をテーマにした

初期映画代表作

kkkの出る歴史映画はじめてみた

かたつむり(1966年製作の映画)

-

じいさんがケツをぶっ刺してまで涙を絞り出して巨大化し育てた作物をたべたカタツムリまで連鎖しておおきく、そして人類まで食べ始める

が、突如侵攻をやめて仲間同士硬化する(ここ一番謎い

つぎはうさぎが巨
>>続きを読む

ファンタスティック・プラネット(1973年製作の映画)

-

ルイジセラフィーニのcodex Seraphinianusに似た異端さ

センス‥うーん個人的には好ましくない 笑
色使いが気持ち悪い


幼少期にいい意味でのトラウマ与えるなら
老人とはとのほうが
>>続きを読む

八月の鯨(1987年製作の映画)

-

93年になくなったリリアンギッシュ 最期の作品
91歳のとき撮影

全盲?視力悪いだけ?の白内障らしい憎まれ口ばかりの妹リビーを老老介護する姉のサラことリリアン

>|