イチローさんの映画レビュー・感想・評価

イチロー

イチロー

28歳です。ほとんど洋画しか見ませんが、白黒映画から最新作まで週5本のペースで観ています。よろしくお願いします。

映画(1312)
ドラマ(0)

ボーダーライン(2015年製作の映画)

3.8

最近はまっているドゥニ・ヴィルヌーヴ監督のアクション映画です。最初はイマイチでしたが、尻上がりに面白くなりました。後半からは哀愁と悲哀にみちたデル・トロの渋さにつきます。ゲットアウトの主役の人もいい感>>続きを読む

傷だらけの栄光(1956年製作の映画)

3.9

ポールニューマン、スティーブマックイーンのデビュー作で、ずっと観たかった作品です。DVD化されてませんがテレビでしていてやっと観れました。荒削りな部分はありますが、ザ・ボクシング映画という感じで感動し>>続きを読む

聖☆おにいさん(2013年製作の映画)

2.5

暇つぶしに最適です。ちょっとだけ笑える話が1時間半続きます。特に感動も爆笑もありません。キリスト役を森山未來、ブッタ役を星野源が演じていましたが、違和感なく、楽しめました。

手紙は憶えている(2015年製作の映画)

3.8

最初は軽い感じから始まるので油断してましたが、だんだん話の全貌がわかってくると重い映画になっていきました。ラストは衝撃的です。監督にしてやられました。

恋愛小説家(1997年製作の映画)

3.7

あまり期待してなかったのですがジャックニコルソンの旨味とエグ味がどっちも楽しめるいい映画でした。人間味あふれる俳優は観ていて飽きないですね。エンディングの持っていき方もうまかったです。

ロシュフォールの恋人たち(1966年製作の映画)

2.8

ララランドに影響を与えたそうですが、たしかに雰囲気が似てました。カトリーヌ・ドヌーヴはシェルブールの雨傘の方が断然良かったです。

愛のむきだし(2008年製作の映画)

4.0

超変態映画でした。「君そろそろ突き刺してみないか」と爆弾変態野郎には笑いました。ゆらゆら帝国の空洞ですが抜群にいいです。ただ観てる最中に長えよと何回か思ってしまったのではまり切ってなかったかなと思いま>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

2.9

なんだか薄っぺらい印象でした。主人公がニヤついていてあまり好きじゃないからだと思います。終わり方もありがちです。

ドリーム(2016年製作の映画)

3.8

トイレの件で久しぶりに熱いケビン・コスナーが見れてよかっです。プロポーズするシーンも涙が出ました。実在した方ということで当時の黒人差別がいかにすごかったかというのが勉強にもなるいい映画でした。図書館の>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.6

ゾンビ映画お約束シーン満載で面白かったです。ありえないかっこ良さの兄貴に惚れましたが、バス会社常務のあの野郎が終始むかついて最後がすっきりしませんでした。でもラストは好きです。

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

4.3

続きが気になりすぎて2日連続のバーフバリです。前作と併せて5時間くらいありますが、面白すぎてまだ終わらないでくれと思いながら観ていました。感動と興奮をくれたバーフバリに感謝したいです。

バーフバリ 伝説誕生(2015年製作の映画)

4.5

今年の100本目、全体の1300本目はこれにしました。映像、曲、俳優すべての世界観が頭から離れません。とにかく勢いがすごいです。あんな恋の落ち方見たことがありませんでした笑。続編への含みを持たしたラス>>続きを読む

追想(1975年製作の映画)

3.0

妻子を殺された男の孤独な戦い、このフレーズだけで好みの映画だと思ってましたが、なぜか入り込めず期待外れでした。フィリップ・ノワレの悲しい表情、火炎放射器は良かったです。

メッセージ(2016年製作の映画)

3.6

プリズナーズの監督ということで期待していましたが、期待通りの内容でした。SF映画ですが、哲学的で最後のなんとも言えない切ない終わり方も好きでした。

アイアンマン(2008年製作の映画)

3.7

先日テレビでやっていたのを観ました。アベンジャーズの映画は初めてでしたが、面白かったです!ヒロインが秘書ってところがいいですね。
他の作品も観たくなりました。

アデライン、100年目の恋(2015年製作の映画)

2.5

ファンタジーにこんなのを考えるのもナンセンスかもしれませんが、100年生き続けている感が知識しかないことと、ハリソン・フォードへの反応が薄すぎるところ、こんなので好きになる?などすっきりしませんでした>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.5

選曲やアクションシーンは前作の勢いそのままにギリギリB級映画になりそうでならない絶妙なチープ感が最高ですね。エルトン・ジョンの活躍など笑いましたが、全体的には前作の方が面白かったです。

砂の器(1974年製作の映画)

4.8

丹波哲郎、緒形拳、渥美清、笠智衆…日本を代表する俳優が総出演で重厚感のある深い映画でした。丹波哲郎が米原駅で乗換えを待つところなど渋すぎます。ただ犯人を見つけて捕まえるだけがサスペンス映画ではないんで>>続きを読む

シェフ!~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~(2012年製作の映画)

2.5

時間の短いコメディで気軽に観れます。フランスの文化なのか違和感のある流れがけっこうありました。論文の発表で父親にあんなことされたらブチ切れそうな気がします。ジャン・レノもおじいちゃんになってしまって逮>>続きを読む

怒りの荒野(1967年製作の映画)

3.7

ザ西部劇という感じでした。たまに観るといいですね。主役2人渋すぎました。
衝撃的だったのはリーヴァンクリーフが馬で引きずられて血だらけになったところです。ほんとにしてたんでしょうか?

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

4.5

表紙が安っぽそうなのと長いので敬遠してましたが初めてみました。どうでも良さそうなところもすべて伏線になっていたり、笑いあり涙あり、最後は絶景で締める最高の映画でした。
小便中の感電はゾッとします。

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.8

今まであまりない感じの映画です。特に最後まで何かあるわけでもありません。回想シーンなどに無駄な説明もなく、淡々と事実だけが映像で流れていきます。映画っぽいセリフもありません。だからこそいい映画になって>>続きを読む

イルカの日(1973年製作の映画)

2.8

話自体はそんなに面白くありません。けっこう退屈です。ただイルカがとにかく可愛かったです。アダムスファミリーの悪役おばさんが出ていて存在感を出してました。

フォーカス(2015年製作の映画)

3.4

アジア人との対決と最後のどんでん返しは最高でしたが、中盤から終わりにかけてがちょっと退屈でした。どうでもいいですがエンディングのとき病院の入口まで車で送ってやれよと思いました。

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.8

伏線がけっこうあり、作り方がうまいです。大傑作とまではいきませんが、最後もまさかの結末で評判通り面白かったです。人に言いたくなるのもわかります。

フローズン・タイム(2006年製作の映画)

3.6

映画のスタートが暗い感じなのでナルシスト映画かエロ映画かと思いきや裸を眺めるだけの真面目な美大生の話でした。終盤は話が出来すぎな気がしますが、最後の芸術的な美しさのシーンのためには仕方ないですね。すべ>>続きを読む

バニー・レークは行方不明(1965年製作の映画)

4.5

ずっと観たかった映画で、めちゃくちゃ面白かったです。誰が狂っていて誰が真実を言っているのか、どういう結末になるのか全然わかりませんでした。ラスト衝撃のブランコも見事でした!

アダムス・ファミリー(1991年製作の映画)

3.3

お遊戯会で血潮が大量に出るところと保育園で子供を泣かすシーンとか面白かったです。キャラの濃いコメディ映画でした。

セトウツミ(2016年製作の映画)

3.1

最初は若干寒そうな映画かなと思いましたが、だんだん世界観に慣れたら面白くなってきました。時間も短くて息抜きにちょうどよかったです。

ニキータ(1990年製作の映画)

2.8

さすがはリュック・ベッソンでスタイリッシュな映像が楽しめましたが、ややストーリーで納得のいかないことや違和感があるところがあり、話自体がイマイチでした。ジャンヌ・モローが出てたんですね!

十二人の怒れる男(1957年製作の映画)

4.6

誰にでもオススメしたい密室劇の大傑作です。96分のただの会話がここまで面白くなるのかと感動します。主役の役名が無く、陪審員8番というところも好きです。

ヒューゴの不思議な発明(2011年製作の映画)

3.6

こちらでの評価は低いし、スコセッシにはめずらしく子供向けファンタジー映画かなーなんて気軽に観ました。映画愛の詰まった素晴らしい映画でした。月世界旅行はまだ観たことがないので観て観たくなりました。

ミニミニ大作戦(1969年製作の映画)

3.5

最初は少し退屈でしたが、実際に作戦が始まるとミニクーパーか驚きの動きをしてハラハラ楽しかったです。マイケル・ケインも渋すぎます。

恋のためらい/フランキーとジョニー(1991年製作の映画)

3.4

大人の恋愛映画という感じでした。花屋と歯磨きのシーンがとても良かったです。ただアル・パチーノが寂しがっている姿なんとも言えない変な感じがあります。あとから気づきましたが、スカーフェイスで共演した2人だ>>続きを読む

百円の恋(2014年製作の映画)

4.0

綺麗な女優でもないのでリアリティがあり、なんかグッとくるものがありました。
ボクシングがどんどん上達していくところと最後の試合は圧巻でした。コンビニで流れる音楽が頭から離れません。

>|