marieさんの映画レビュー・感想・評価

marie

marie

映画(746)
ドラマ(14)

スプラッシュ(1984年製作の映画)

-

王道といえば王道展開だけど面白かったー
恋に落ちた時のウキウキ感いいよね

事故物件 恐い間取り(2020年製作の映画)

-

ホラー映画だと思って見に行ったらコメディだった
4軒目のラストは声出して笑っちゃった
意味わからんギャグ連発でおもしろB級映画

記憶にございません!(2019年製作の映画)

-

たしかに大爆笑のシーンとか、ほろっと泣く感動シーンとかはなかったけど普通に面白かった

バジュランギおじさんと、小さな迷子(2015年製作の映画)

-

美しくて素晴らしい映画だった
ぐちゃぐちゃに泣いてしまった
ムンニーがとんでもなく可愛かった
とてもいい映画だった

恋愛小説家(1997年製作の映画)

-

ジャックニコルソンは唯一無二の俳優だなぁ
ハッピーエンドは安心するね

レゴ(R)ニンジャゴー ザ・ムービー(2016年製作の映画)

-

エンディングだけやたらといいけど
いやぁ…これにお金出せないな

CLIMAX クライマックス(2018年製作の映画)

-

めちゃくちゃよかった
ギャスパーノエは一番好きな監督
スクリーンで見れてよかった

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

-

アーミルカーンおじさんになってる!でもヒゲ剃ると若者!不思議!
ストーリーはもちろんだけど歌もいいし子役の子たちもいいしでおもしろかったー

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

-

特に何の感情もわかなかった
長澤まさみかわいい
キムタクの演技は私の中で押し付けがましすぎて無理

シャイニング(1980年製作の映画)

-

幼い頃に見たっきりで、ジャックニコルソンより奥さんの方が怖い(特に驚いた時の顔)って記憶しかなかったから再鑑賞。やっぱ奥さんの方が怖い。あとジャックニコルソンの演技が良すぎてストーリーそのものはふつー

ドラゴン・タトゥーの女(2011年製作の映画)

-

友達と一緒に見たけど、ラストシーンからエンドロールに切り替わったタイミングで二人同時に「ええええー!?」って叫んでしまったよ。
なんなん。

セブン・デイズ・イン・ハバナ(2012年製作の映画)

-

金曜日のギャスパーノエだけ観た
セリフ一切無し
短編だけど、快楽、恐怖、緊張が入り交じってて、映像だけだけど体温が伝わってくる。
映像のカット割りもギャスパー感つよい。
よい。好き。

ミザリー(1990年製作の映画)

-

感情の起伏やべー
頭おかしーと何しでかすか分かんないよね
うける

白ゆき姫殺人事件(2014年製作の映画)

-

久しぶりに見た
湊かなえ原作の中で1番負担なく、軽く見れて楽ちん
外野の評価とかほんとどうでもいい

黒い家(1999年製作の映画)

-

怖かったし、面白かった
大竹しのぶの怖さと強さに笑った

ぼくのエリ 200歳の少女(2008年製作の映画)

-

ストーリー自体はありきたりだけど何だかとても美しかった。

永遠の門 ゴッホの見た未来(2018年製作の映画)

-

最近よくゴッホの人生について考える。
生まれた時代が違ったら、また違ったのかな。テオやゴーギャンとの関係、お互いの思い。アルルでの生活。風や光を全身で感じてる様がほんと、言葉にできない美しさがあった。
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

-

儚くて華奢で今にも壊れちゃいそう
可愛い映画だった
とてもよかった

>|