まなみさんの映画レビュー・感想・評価

まなみ

まなみ

映画(46)
ドラマ(1)
アニメ(0)
  • List view
  • Grid view

キャッシュトラック(2021年製作の映画)

3.1

どんなに鈍臭い人を装っていても醸し出すハイパー男感は最早、地

沈黙のパレード(2022年製作の映画)

3.6

一回見ただけじゃ一作目の布石を回収できなかった素人映画ファンでした

きさらぎ駅(2022年製作の映画)

2.6

500円くらいで買った安いホラーゲームやってる感覚

理由(2004年製作の映画)

3.0

途中盛大に眠くなったけど、このタイプの映画って理論的に考えられて面白いと思うのだけれど、あんまり流行りじゃないのかなぁ。

サスペリア(1977年製作の映画)

3.1

オールドストックな感じたまらんね。
歯茎の病気になって歯全部抜くのは凄すぎだろ。

9人の翻訳家 囚われたベストセラー(2019年製作の映画)

3.5

途中から何となく展開が読めるんだけど、楽しめた。
こんな仕事あったらやりたいんだが。

ドクター・スリープ(2019年製作の映画)

3.7

思いのほか傑作だった。時間の割にだれることなく見れた。
こういう続編の作り方できるのすごい。

プラットフォーム(2019年製作の映画)

2.8

多分似たようなレビューしてる人いると思うけど、
設定はいいがオチがイマイチ

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.3

内容とかよりも何よりも、とにかく背景が美しい
芸術感あって、すごく好き。なんか、独特のボヤッとした感じも好み。

十二人の死にたい子どもたち(2019年製作の映画)

3.0

意外にも評価低いけど、そんなに面白くないというほどでもなかった。こういう軽いミステリーみたいなのは軽く観れてコンテンツとしては良い。

ナラタージュ(2017年製作の映画)

2.7

葉山先生の私の中のイメージが崩れるのが怖くて見れてなかったけど、大人だから、まあまだ受け入れられた。
原作の濡場シーンの生々しさが好きなんです。

パレード(2010年製作の映画)

3.5

高校生の時に原作を読んで、わざわざ小さな映画館に友達と観に行ったのが思い出に残っている。
その時は本当に人間の生々しさみたいなものを突きつけられた。この作品と出会ったことで少しだけ大人になったと思う。

名探偵コナン 瞳の中の暗殺者(2000年製作の映画)

3.0

昔はコナンの映画の中ではこれが好きだった。
見応えがあるのはこの映画、話の内容が好きなのは世紀末の魔術師

罪の声(2020年製作の映画)

3.1

おぐりんは、こうもどうして何をやらせてもかっこいいんだ?
内容自体は劇的いいいいというよりかはスンっってくる。

THE GUILTY/ギルティ(2021年製作の映画)

3.0

ジェイクギレンホールが好きな人得映画
つまり私得映画
内容は普通

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.1

救いがない行動×救いがない行動=誰も報われないみたいな典型
それにしてもじいさんが強すぎる。

トップガン マーヴェリック(2022年製作の映画)

3.7

トップガンはいつ見ても「トップガン」って感じで安心しますよね。

ミスト(2007年製作の映画)

3.3

ラスト思ったほど胸糞感なかったのはなぜだろう・・・。こんなん仕方なくねと思ったからかな。そんなことより宗教おばさんの方がエグみあってよかった。

ナイブズ・アウト:グラス・オニオン(2022年製作の映画)

2.7

なんだろう。ダニエル先生の無駄遣い感を感じてるのは私だけだろうか・・・

MEG ザ・モンスター(2018年製作の映画)

3.1

サメ系パニックものは実は遠ざけてきたんだけど、最近好き。なぜならこれがちょっと面白かったから。

ヴィジット(2015年製作の映画)

2.9

思ったほど怖くなかった。そんなことより、おばあちゃんが裸でドアカリカリしてるのが個人的にすごい好きなシーンなんだけど。なんでだろ。

犬鳴村(2020年製作の映画)

3.0

雰囲気抜群。村シリーズでは一番好きかな。それは村シリーズ全部見た後の感想としてだから、これ単体で見たら、まあ普通なのかもな。でもこの人の作品は一貫性があって見やすい。

事故物件 恐い間取り(2020年製作の映画)

2.6

お前ら行くな、シリーズ見てたから観た。エンターテインメントとして楽しめはした。面白かったかは、聞かないでほしい。

>|