Chelseaさんの映画レビュー・感想・評価

Chelsea

Chelsea

最近映画に興味を持ち始めました。色々なジャンルに手を付けてます。夢いっぱいのキラキラしたストーリーも、血飛沫満載のスプラッター映画も好みます。邦画より洋画の方が好きな筈ですが何故かレビューは日本の作品の方が多いです。
start:18.02.26

映画(91)
ドラマ(3)

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

5.0

元々Queenは詳しくなかった故に、にわかになるまいと頑なに観るのを拒んできたけれどこんなにも絶賛される映画、やっぱり観るべきだと思い鑑賞。
全然詳しくないのに終始ドキドキしっぱなしで楽しかった。
>>続きを読む

スマホを落としただけなのに(2018年製作の映画)

4.0

所々『それはないだろう〜!』感が否めない、でもまあ端折る所が微妙な感じはするけど飽きずに観られる。成田凌のサイコ演技凄い。

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

3.0

ほっこりする。人の想いって誰かを揺るがず事ができるから凄いよなあ。とても心があたたまる作品でした。

ハリー・ポッターと秘密の部屋(2002年製作の映画)

4.0

ドビーをマルフォイから自由にさせた粋な行動がすきです。ファンタジー系を欲する時に秘密の部屋が一番見たくなる。

ヴィオレッタ(2011年製作の映画)

3.0

監督が実際に受けた事を裁判後に映画化するっていうのが凄い…
悲しい実話だけどヴィオレッタが余りにも美しすぎた映画。

ヒメアノ〜ル(2016年製作の映画)

3.7

最後、優しい森田君だった。散歩している老人と犬を轢いてしまわないように咄嗟にカーブ切って。岡田も安心と同時に何処か寂しく思ったんだろうなあ。

ハリー・ポッターと賢者の石(2001年製作の映画)

4.0

何度観てもドキドキワクワク!!!夢があるストーリーって本当に素敵。

告白(2010年製作の映画)

4.5

一切自分の手を汚さずに相手に同じ気持ちを味合わせる。いつも淡々とした口調で落ち着きのある教師が感情を露わにし泣き崩れるシーンにぐっと来た。

累 かさね(2018年製作の映画)

4.0

終始釘付け。惹き込まれる、女優って凄いなあ。この映画、大画面で観て正解。カメラのぶれ方のセンスが堪らない。

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

4.0

希望っていいものだなあ。やっぱり何やかんや報われるものがあるらしい。

最高の人生の見つけ方(2007年製作の映画)

4.0

胸がぎゅううってなる。素敵だなあ、私もこんな人生送りたい。本当に素敵な作品に出会った。

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

3.8

ずっと観たかった作品。
カニバリズムの描写、主人公の演技に惹き込まれた。

アメリ(2001年製作の映画)

3.0

もどかしい恋愛映画。フランス映画の雰囲気嫌いじゃないな。最後の10分は凄く惹き込まれる、同じ所にキスを促すアメリが只管に愛らしかった。

レザボア・ドッグス(1991年製作の映画)

4.0

渋い。洒落てる。格好良い。だけど最後はちょっとだけ切ないなあ。

ジャンゴ 繋がれざる者(2012年製作の映画)

4.5

過去鑑賞記録

終始釘付け。鑑賞したのは今年の4月頃だったかなあ。やっぱりタランティーノが創る作品が根本的に好きらしい。

時をかける少女(2006年製作の映画)

5.0

過去鑑賞記録

この作品本当に大好き。最後の最後で持ってかれた。
テレビ地上波楽しみだなあ。

ホステル(2005年製作の映画)

3.5

記録

ただの胸糞だと思ってたらそうでもなかった。

>|