ゆうめしさんの映画レビュー・感想・評価

ゆうめし

ゆうめし

映画を観ることが好きなただのミーハーです。
星は5段階で付ける自分用の備忘録。

映画(1014)
ドラマ(0)

6日間(2017年製作の映画)

3.0

Netflixで。

最新のジェイミー・ベルを観るたびに「大きくなって」と遠い親戚みたいな反応をしてしまう。

実話を基にして作られた作品なので、エンドロール前に実際の人たちの映像が流れてた。
マーク
>>続きを読む

愛情は深い海の如く(2011年製作の映画)

1.0

Netflixで。

ゆったりな雰囲気なので退屈だなって思った。
トムヒのお尻はいつみてもキレイだな。

甘い人生(2005年製作の映画)

2.0

Netflixで。

生き埋めにされてもナイフで刺されても銃で撃たれても顔に傷がつかないイ・ビョンホンだった。

ヒマラヤ 地上8,000メートルの絆(2015年製作の映画)

3.0

Netflixで。

最近顔と名前を覚えたファン・ジョンミン。
彼の出演作を観てみようってことで選んだのがこれ。

登山の訓練シーンがあったのが面白かった。
過酷な山登りはやっぱり訓練しないと登れない
>>続きを読む

ネイキッド(2017年製作の映画)

4.0

Netflixで。

結婚式当日になぜかタイムループしちゃう全裸の花婿。

主人公が軽い性格なので終始コミカルな演出。
ラストは安心のハッピーエンドで終わる楽しいコメディだった。

軽い男じゃないのよ(2018年製作の映画)

4.0

Netflixで。

アメリカ作品だと思ったらフランス作品だったのね。

なかなか面白かった。

コメディー色が強いので軽い感じだけど段々とシリアスな展開でして、ラストは現実に戻っちゃって「えぇ?この
>>続きを読む

インフェルノ(2016年製作の映画)

3.0

Netflixで。

『ダ・ヴィンチ・コード』『天使を悪魔』は鑑賞済みだけど上映時期に観たきりだったので内容はほとんど覚えてない。
けどその前2作を観てなくても内容がわかる感じだったので良かった。
>>続きを読む

タイタン(2018年製作の映画)

3.0

Netfflixで。

サバービコン、ワンダー君は太陽に出てたノア・ジュプくんが息子役で出演してた。可愛い。

ファイ 悪魔に育てられた少年(2013年製作の映画)

3.0

Netflixで。

おっさんがわらわら登場、血みどろアクション、カーチェイスがあれば大体面白い韓国映画。

これもそんな映画だったので安定安心な韓国映画だった。

ベイルート(2018年製作の映画)

3.0

Netflixで。

くたびれたジョン・ハムおじさんがセクシーでした。

中東での人質解放交渉は更に緊張が増してハラハラものだ。

セントラル・インテリジェンス(2016年製作の映画)

2.0

アマゾンプライムビデオで。

イジメ反対。

エンドロール前にNGシーンがついてた。

マザー!(2017年製作の映画)

1.0

アマゾンプライムビデオで。

久々に不快感MAXな映画を観ましたわ。
ジェニファー・ローレンスが困って泣いて叫んで赤ちゃん産んで凹られる。

キリスト教?をモチーフにした感じなのかしらね?
後半の展開
>>続きを読む

ARQ 時の牢獄(2016年製作の映画)

3.0

Netflixで。

ワンシチュエーションのタイムループでこじんまりしてるけど、段々と主人公以外のキャラもタイムループしてく様子が新鮮。

あと90分以内なのも手軽にみれて良い。

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

4.0

映画館で。

ケイト様がカッコよすぎて惚れ惚れしましたわ。
もっとデビーとルーの二人の関係性を深く掘ってほしかったと思ったくらい、サンドラ姐さんとケイト様のコンビが最高でしたわ。

アンハサさんも最高
>>続きを読む

伊藤くん A to E(2017年製作の映画)

3.0

Netflixで。

”伊藤くん”って脚本上のキャラクターだと思ったら実際にいる人物だったんですね。

顔が良いとわかってるクズ男役がドハマりしてた岡田将生、最高でした。

木村文乃は綺麗なんだけどあ
>>続きを読む

ブルックリンの片隅で(2017年製作の映画)

2.0

Netflixで。

自分の性的嗜好に揺れ動いている男の子の話なんだけど、夏休みなのかニートなのか死らんが毎日なにもせずプラプラしててつまらなそうだったので
「なにか趣味をみつけてみたら?」とあさって
>>続きを読む

哀しき獣(2010年製作の映画)

3.0

Netflixで。

途中で「この人たちなんで殺し合ってるんだっけ?」と思うほど、おっさんたちが包丁で斧でなんかの骨で殺し合いまくる。

朝鮮族って初めてきいた。

ハ・ジョンウさんはチンピラ顔なので
>>続きを読む

エクスティンクション 地球奪還(2018年製作の映画)

3.0

Netflixで。

最初はよくあるエイリアン侵略ものか~?と若干退屈だったけど、後半になると「ほう。そういう展開ね。良き良き」とそれなりに楽しめた。

ルークケイジの人が出てた。

TAU/タウ(2018年製作の映画)

2.0

Netflixで。

わたしもゲイリー・オールドマンの声のAIほしい。

ホンモノの気持ち(2017年製作の映画)

3.0

Netflixで。

アンドロイドのことを「シンセ」って呼んでるのが独創的でいいなって思った。

わたしも人間そっくりなアンドロイド欲しい。
肩もみと荷物持ち頼みたい。

母の残像(2015年製作の映画)

3.0

Netflixで。

わめく人が出てこなく静かな作品だけど退屈せずに観れた。

イザベルの死からわかるそれぞれの視点が面白い。

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

4.0

Netflixで。

面白かった。

ホラーは苦手だけどペニーワイズ先生がたまに愉快な動きをするのでそこまで怖さは感じなかった。

子供たちは外見から個性が出ているので誰が誰だかごっちゃにならないのが
>>続きを読む

セブンス・サン 魔使いの弟子(2015年製作の映画)

2.0

Netflixで。

キャストにお金を掛けすぎて脚本にお金を掛けれなかった?ってくらいお話が面白くなかった。

主人公はイケメンだったけどただそれだけでキャラクターの魅力はあまり感じれなかった。惜しい
>>続きを読む

NERVE ナーヴ 世界で一番危険なゲーム(2016年製作の映画)

3.0

Netflixで。

展開は「そうなるんだろうな」で進むのでストーリーに驚きはないが、エマ・ロバーツ、デイヴ・フランコとそこそこ有名なキャストだし、90分ちょっとの短さなので気軽に楽しめた。

超過激
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

3.0

映画館で。

今回もトム走りの存在感がよい。

トイレでおトム&スーパーマンと互角に戦ってた人めちゃくちゃ強かった。

クライマックスのヘリアクションからもうよくわからないけど「トム・クルーズは殺して
>>続きを読む

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

5.0

映画館で。

楽しかった。

14年ぶりの続編だけど前作の直後から始まる構成なので、アニメーション技術のアップグレードが素人目にもはっきりとわかる。

パパは今回は子育てで四苦八苦。
どんどん髭が濃く
>>続きを読む

Mr.インクレディブル(2004年製作の映画)

5.0

DVDで。

ピクサー作品の中でも好きな映画。

子供たちが活躍するとこがよい。
特にダッシュの猛ダッシュが最高。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.0

映画館で。

キャッチコピーがリモコンを取りに行く映画を思い出させるような感じだったので、もしかしたらそういう感じのお話なのかな?って思ったらそういう感じだった。

優しい伏線で「もしや?まさか?やっ
>>続きを読む

ドラゴンボールZ 神と神(2013年製作の映画)

1.0

アマゾンプライムビデオで。

キャラと作画崩壊で白目剥いた。

アンダー・ハー・マウス(2016年製作の映画)

2.0

DVDで。

女優さんたちは綺麗だけど退屈。
『アデル ブルーは熱い色』の爪の垢を煎じて飲ませたい。

(オリジナル版ではぼかしなさそうだし)濡れ場シーンにぼかしを入れたのはR15にするため?

世界は今日から君のもの(2017年製作の映画)

2.0

DVDで。

実際するSNS(ツイッター、ライン)が出てくるのは良いと思います。

ゲーム会社の人、仕事を依頼するのが雑すぎると思います。

(2016年製作の映画)

2.0

DVDで。

少年時代のトラウマ、負の連鎖、瑛太の目が座った役、どれも既視感ありで新鮮さはなかった。

あと、2時間越えは長い。

イヤホン付けて鑑賞してから要所要所で流れるクラブミュージックみたいな
>>続きを読む

志乃ちゃんは自分の名前が言えない(2017年製作の映画)

4.0

映画館で。

原作の漫画は未見。

わたしが好きな乃木坂46のMV『無口なライオン』『立ち直り中』を作った人が監督をすることと、是枝監督の秘蔵っ子の蒔田彩珠ちゃんが出演しているので観賞してきた。

>>続きを読む

海底47m(2017年製作の映画)

3.0

アマゾンプライムビデオで。

コンパクトにまとまっててなかなか面白かった。

サメいなくても海底に落とされてパニック映画としても成り立ったかも。

>|