ゆうめしさんの映画レビュー・感想・評価

ゆうめし

ゆうめし

映画を観ることが好きなただのミーハーです。
星は5段階で付ける自分用の備忘録。

映画(1091)
ドラマ(0)

Love,サイモン 17歳の告白(2018年製作の映画)

4.0

DVDで。

ゲイの男の子の話って男性の裸でオナニーしてるシーンが演出としてよくあるけど、この映画はそういう性的な描写がないのが逆に新鮮だった。

そうだよね。
ゲイだけがカミングアウトするのはおかし
>>続きを読む

女は二度決断する(2017年製作の映画)

3.0

DVDで。

法で裁けられないのなら、自分の手で葬るしかない。

劇中でも言ってたけど死んだのが自国民の妻だったら、もしかしたら判決が違っていたかもしれないのかな?

あと、釘爆弾の釘って工作で使う小
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

2.0

DVDで。

斬新なストーリーだけど自分には合わなかったわ。

現代の若者はすぐなんでもネットにアップロードするのね。

来る(2018年製作の映画)

3.0

映画館で。

怖くなかったけど、人体破壊と血のりドバドバがあったのでそれが苦手な人は気を付けた方が良いかも。

主人公は岡田君らしいけど彼がいなくても話が進みそうだったのであれでした。

松たか子と小
>>続きを読む

くるみ割り人形と秘密の王国(2018年製作の映画)

2.0

映画館で。

マッケンジー・フォイちゃんが可愛いのと、クララパパがイケボってことしか印象に残らない薄味な内容だった。

キーラ・ナイトレイのあたまが綿菓子になってたのはよかったけど、ジュリアン・ムーア
>>続きを読む

エヴォリューション(2015年製作の映画)

1.0

Netflixで。

小学校中学年くらいの男の子たちがほぼパンツ一丁でやりとりされるのはフランス的にはOKなのでしょうか?

内容はちょっとグロくてよくわからんかった。

イレブン・ミニッツ(2015年製作の映画)

2.0

Netflixで。

前振りが長すぎるファイナルデスティネーションって感じだった。

クーパー家の晩餐会(2015年製作の映画)

3.0

Netflixで。

みんなどこか人生に上手くいってないけどクリスマスくらいハッピーになりたいよねってお話だった。

ティモシー・シャラメくんがまだ幼く童貞感がバリバリのキスの下手な少年役でかわいかっ
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

映画館で。

新キャラも多いし、話がバタバタしてたので1回観ただけじゃ消化しきれなかった。

まさかクイニーがジョニーデップ側につくとは思わなかったし、クリーデンスがダンブルドアの弟だったとは!
ビッ
>>続きを読む

葛城事件(2016年製作の映画)

3.0

Netflixで。

ただひたすらしんどい。

父ちゃんがアパートに現れた時に湯を沸かしてたヤカンがピーって鳴る演出が良かった。まさに警告音。

ミックス。(2017年製作の映画)

3.0

アマゾンプライムタイムで。

全く後に引かない軽い感じのコメディで良い。

ガッキーかわいー。
瑛太かっこいー。

幼少時代のたまこのビジュアルがまんま愛ちゃんの小さい頃で笑った。

永野芽衣ちゃんが
>>続きを読む

ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール(2014年製作の映画)

2.0

Netflixで。

たまにミュージカル調になるのが可愛らしかった。

偽りの忠誠 ナチスが愛した女(2016年製作の映画)

2.0

Netflixで。

リリー・ジェームズかわいいな。
別におっぱい晒さなくてもよかったんでは?

ナチスものなのにみんな英語なのはハリウッド制作だからだな。おなじみだな。

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(2018年製作の映画)

3.0

映画館で。

『ローガン』じゃん。

前作の方が「麻薬カルテルやべーじゃん感」がひしひしと伝わってきたけど、今回はアメリカ政府早とちりのアホの子感が出てしまってガッカリ。

ベニチオ・デル・トロのベニ
>>続きを読む

野蛮なやつら SAVAGES(2012年製作の映画)

3.0

Netflixで。

麻薬カルテルものとしてエグイ拷問がありつつもブレイク・ライブリーのナレーションがポップさがあって割と軽快な感じだった。

アイム・ノット・シリアルキラー(2016年製作の映画)

2.0

Netflixで。

うーん。

自分が求めていたお話と違っていたのでねぇ・・・。

オカルト系はノーサンキューだったのよ。

後妻業の女(2016年製作の映画)

3.0

アマゾンプライムビデオで。

やってることは完全な犯罪だしゲスいんだけど、コメディタッチで描かれるのでカラっとしてて面白かった。

ゲスくてクズだけどバイタリティ溢れる主人公を演じる大竹しのぶと相棒の
>>続きを読む

疑惑(1982年製作の映画)

3.0

アマゾンプライムビデオで。

面白かった。

桃井かおりは若い時から桃井かおりなんだな。
岩下志麻めっちゃ綺麗。

ラストのワインのかけ合いはゾクっとしましたわ。

リープ・イヤー うるう年のプロポーズ(2010年製作の映画)

3.0

Netflixで。

軽い感じのラブコメ。

主人公がおっちょこちょいでちょっとイラっとするけどエイミー・アダムスだから許すわって感じ。

お相手のマシュー・グードはモデル体型でスラっとしててセクシー
>>続きを読む

プリズン・エクスペリメント(2015年製作の映画)

2.0

Netflixで。

同じような実験した『es】『エクスペリメント』を観てきてるので、新鮮味はなし。

あとちょっと単調に感じた。

クリミナル 2人の記憶を持つ男(2015年製作の映画)

3.0

Netflixで。

セルフレスでは体を乗っ取られたライアン・レイノルズですが、こちらではケビン・コスナ―の体に乗り移りました。

キャストがえらく豪華だったわ。

内容はお決まりの核ミサイル阻止作戦
>>続きを読む

コンビニ・ウォーズ バイトJK VS ミニナチ軍団(2016年製作の映画)

1.0

Netflixで。

娘のために出演する父ちゃん母ちゃんの愛情にほっこり。

映画はよくあるバカ映画だったけど。

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.0

映画館で。

クイーンのことをほとんど知らないのですが、それでも劇中で流れてくる曲はTVで聞いたことあったので「あ!これ聞いたことあるー!」のオンパレードで楽しかった。

中盤の足踏み手拍子のドンドン
>>続きを読む

キル・ユア・ダーリン(2013年製作の映画)

3.0

Netflixで。

デイン・デハーンの色気が最高潮。

実話を基にした作品だったんですね。

ベン・フォスターが出てたのは知らなんだ。ベン・フォスターって気付くのに時間が掛かるくらい見た目が変わって
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.0

映画館で。

ヘロヘロのトム・ハーディが見たい人にオススメ。

ハリウッドで寄生獣が実写化されたらこんな感じなのねー。的なポップさ。

グロさも最小限に抑えてあるので万人に見やすくなってる。

ナイト・スリーパーズ ダム爆破計画(2013年製作の映画)

1.0

DVDで。

環境テロ爆破で人を巻き込んじゃってウジウジ悩む人たち。
テロ行為をするのならそれそうとうの覚悟をもって行ってほしいですね。

人は殺さないはずでしょ!

は?なにきれいごとぬかしてんのよ
>>続きを読む

結婚(2017年製作の映画)

2.0

アマゾンプライムビデオで。

ディーン・フジオカのアイドル映画だった。

安藤玉恵が出てきてからほんの、本当にほんの少し面白くなったくらい。

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

3.0

アマゾンプライムビデオで。

きゃー、グロい。面白い。
きゃー、怖い。面白い。
きゃー、猫可哀想。
きゃー、グロい。面白い。
きゃー、怖い。面白い。

僕が星になるまえに(2010年製作の映画)

1.0

huluで。

話は面白くなかったけど介護もしてくれる友達がいていいな。

ワンダーストラック(2017年製作の映画)

3.0

アマゾンプライムビデオで。

音楽が素敵な映画だった。

特にローズパートの無声映画的な演出がよかった。
セリフの声がないのでサウンドで魅せる感じ。

クライマックスのジオラマに感動。
ジオラマ好きに
>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

4.0

映画館で。

PCの画面のみで映画を作ろう!って発想の時点で最高。

ストーリーも二転三転と最後までハラハラドキドキで観客を楽しませてやるぜ感があり楽しかった。

お父さん頑張る映画は面白い。

謝罪の王様(2013年製作の映画)

1.0

huluで。

コメディって一番好みが分かれるジャンルだなって改めて思った。

下品なコメディはダメだわ。
セクハラの下りは今の時代にやったらアウトだよな。
これ5年前の作品だからギリギリOKだったの
>>続きを読む

>|