ゆうめしさんの映画レビュー・感想・評価

ゆうめし

ゆうめし

映画を観ることが好きなただのミーハーです。
星は5段階で付ける自分用の備忘録。

劇場版SPEC~結~ 爻ノ篇(2013年製作の映画)

1.0

アマゾンプライムビデオで。

なにがなんだと、スケールデカすぎてついていけない。

劇場版SPEC~結~ 漸ノ篇(2013年製作の映画)

2.0

アマゾンプライムビデオで。

栗山千秋様と香椎由宇がいっぺんに観れるお買い得映画。

劇場版になるとスケール大きくしなきゃいけない決まりがあるかわからんが、そのせいでショボショボなCG満載。

劇場版 SPEC 天(2012年製作の映画)

2.0

アマゾンプライムビデオで。

ふと思い立って映画館ぶりに観てみた。

連ドラ、特別ドラマを経てのこの作品。
リアルタイムでドラマを観てたのでその内容はほとんど覚えてない。
椎名桔平が出てたとか全く覚え
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

5.0

映画館で。

観終わったあと、即サントラダウンロードしたくらい好きな映画。
どの曲もテンポがあるので聴きやすいしノリノリで楽しい!

上映時間も2時間切ってるしお話のテンポが良すぎるから登場人物の掘り
>>続きを読む

ハイネケン誘拐の代償(2014年製作の映画)

2.0

アマゾンプライムビデオで。

もっとアンソニー・ホプキンスが見たかった。

アメリカン・レポーター(2016年製作の映画)

2.0

アマゾンプライムビデオで。

現地の女性のために井戸を作ったのにそれを破壊したのが女性たちってオチ(井戸があると川で女性だけでおしゃべりしながら息抜き出来ないからって理由)がほほうって思った。

レジェンダリー(2017年製作の映画)

2.0

DVDで。

ジョン・バーンサルがトム・ホランド絶対守るマンだった。

アイルランドの歴史を知らないと面白くないと思う。

名探偵コナン 純黒の悪夢(2016年製作の映画)

3.0

DVDで。

ハリウッドよ、これが日本のアニメだ!

トム・クルーズもビックリの超絶アクションをコナンくんたちが披露。

相変わらず歩美ちゃんたちはコナンの足をひっぱるだけの装置になってるのがあれだけ
>>続きを読む

セールスマン(2016年製作の映画)

2.0

DVDで。

なんかずるいなーって。
そりゃないよーって。

終盤はムカムカハラハライライラして後味悪すぎ。
後味悪い話嫌いではないけど被害者が後味悪く感じるのはダメ。

あゝ、荒野 後篇(2017年製作の映画)

3.0

DVDで。

ボクシング映画は一定のおもしろさがありますね。

菅田くんとヤン・イクチュンさんのファイトは熱かった。

あゝ、荒野 前篇(2017年製作の映画)

3.0

DVDで。

前篇だけでも2時間半もあるのに飽きずに観れたのは役者さんたちの熱のこもった演技のおかげかな。

物語の設定は今よりも少し未来なんだね。
個人的には自殺フェスエピソードはカットして上映時間
>>続きを読む

本能寺ホテル(2017年製作の映画)

3.0

地上波TV放送で。

TV放送で観たのでカットされてる部分があるかどうかわからないですが、テレビでながら見する分には十分に楽しめた。

婚約者にはなにも言えないけど、織田信長にはグイグイいく主人公は旅
>>続きを読む

ザ・ウォール(2017年製作の映画)

3.0

DVDで。

戦争映画だけど相手は姿の見えない狙撃手ひとり。

ほぼアーロン・テイラー=ジョンソンの一人芝居。

スリリングで面白かった。

アーロン・テイラー=ジョンソン、まつ毛長い。

Another アナザー(2011年製作の映画)

2.0

アマゾンプライムビデオで。

当たり前だけど山崎君と橋本愛ちゃんが若い。

ホラーだけど音で脅かす演出がないので見やすかった。
そのかわりファイナルディスティネーション的な死に方があったけど。

CHIPS/チップス(2017年製作の映画)

2.0

DVDで。

エログロ爆発バイクチェイスありのB級コメディ。

チェイサー(2017年製作の映画)

2.0

DVDで。

なんでウエイトレスのママがあんなスタントマンな運転が出来るんだよ!っと突っ込んだところで全て「それはハル・ベリーだから」と言えるハル・ベリーだから出来た救出劇でした。

スマホはちゃんと
>>続きを読む

暗黒女子(2017年製作の映画)

3.0

DVDで。

百合か?

百合だ…。

いや千葉きゅんだ…!

やっぱり百合だ!


全く期待しないで観たので意外と面白かったでした。

清水富美加、なかなかいい女優さんだと思ったので色々もったいない
>>続きを読む

サクラダリセット 前篇(2017年製作の映画)

1.0

DVDで。

超能力の見せ方が下手すぎて全くワクワクしない。
CGがしょぼすぎる。

みんな演技が劇中劇みたいな演技で下手。
話の構成も下手。
全体的に退屈。

バースデーカード(2016年製作の映画)

4.0

DVDで。

優しい世界。
終始泣きながら観たので疲れた(笑)

エピソードがもりだくさんなのでテンポよく進むので2時間あっというま。

橋本愛ちゃんの面接のシーンで始まったので、就職の面接なのかな?
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.0

映画館で。

終始ムカムカモヤモヤした雰囲気だったので正直好きな話ではなかったけど、フランシス・マクドーマンドはじめ役者さんたちの演技が素晴らしかった。

腐敗した警察が牛耳ってる田舎ほどしんどいもの
>>続きを読む

羊の木(2018年製作の映画)

3.0

映画館で。

終始不気味な雰囲気で「この後どうなるの?」というハラハラドキドキ感が味わえて最後まで飽きずに楽しめた。

主人公たちのバンド演奏のシーンはもうちょっと短くてもいいかなとは思ったけど(笑)
>>続きを読む

マジック・イン・ムーンライト(2014年製作の映画)

2.0

アマゾンプライムビデオで。

うーん。
微妙。

近年のウディ・アレンの作品は自分に合わなくなってきたわ。

スカヨハがミューズ時代は面白かったと思えたんだけどね。

ノーマル・ハート(2014年製作の映画)

3.0

アマゾンプライムビデオで。

エイズを扱っているので全体的に重い雰囲気。
病気の描写も避けずに映してる。
後半、マット・ボマーがやせ細ってしまった姿が痛々しかった。

ジュリア・ロバーツが出てるのは知
>>続きを読む

万能鑑定士Q モナ・リザの瞳(2014年製作の映画)

2.0

アマゾンプライムビデオで。

綾瀬はるかと松坂桃李の謎解きバディムービーだと思ってたら、その要素は薄かった。

綾瀬はるかの能力を消化する導入部分は良かったけど全体的に内容が薄く感じたのよ。

未来を花束にして(2015年製作の映画)

3.0

DVDで。

ベランダから出てきたメリル様の圧倒的存在感はさすがでした。

彼女たちのおかげでわたしたちの時代は恵まれています。
ありがとうございます。

星ガ丘ワンダーランド(2015年製作の映画)

3.0

アマゾンプライムビデオで。

地味な作品なのに今見るとキャストがえらい豪華だわ。

いなくなったお母さんの死の真相はやるせないね。

一週間フレンズ。(2017年製作の映画)

2.0

DVDで。

話の展開は悪くなかったけど、演出が古臭いのと脇役の子たちが演技が下手だったので全体的にもったいないって思った。

山崎君がイケメン設定じゃないんだけど、どうみたって登場人物の中で一番カッ
>>続きを読む

エブリシング(2017年製作の映画)

2.0

DVDで。

主人公のピュアッピュアな恋、ミニチュアの世界に入る妄想演出は良かったんだけど、もうひと押しなんか欲しかった感じ。

そのミニチュアの世界の宇宙飛行士をもっと上手く使えなかったのかな?っと
>>続きを読む

女教師 シークレット・レッスン(2016年製作の映画)

3.0

DVDで。

推定30代半ばの独身女性には差別的な職場、10年間付き合ってる彼氏はヒモ&クズ男、最初から詰んでる主人公の設定がしんどい。
生徒との関係が深くなっていくにつれもっとしんどくなる。

ラス
>>続きを読む

博士と彼女のセオリー(2014年製作の映画)

3.0

DVDで。

オスカー取っただけあって、エディ・レッドメインさすがの演技力。
フェリシティ・ジョーンズはすごく可愛く映ってた。

第二の男でデアデビルことチャーリー・コックスが出てた。

下世話ですけ
>>続きを読む

美しい星(2017年製作の映画)

3.0

DVDで。

不思議なよくわからない話だったけど不思議と面白く感じた。

橋本愛ちゃんが美しかった。
彼女はロングヘアーの方がより美しさが増す。

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

4.0

映画館で。

連ドラ観てなくても親子関係を丁寧に説明してくれる親切設計。
誰なのか、そこがどこなのか、なぜそこに行くかを字幕で教えてくれる優しい設計。

だったので頭使わずスッと物語に入れたので面白か
>>続きを読む

ダークタワー(2017年製作の映画)

2.0

映画館で。

時間が短いからかはわからないけど、盛り上がりがあまり感じられなかった。

ガンアクションも魅せ方が下手。
過剰と思えるくらいカッコいいアクションが見たかった。

料理するときはちゃんとエ
>>続きを読む

CINEMA FIGHTERS(2017年製作の映画)

3.0

映画館で。

舞台挨拶のライブビューイング付きなのを知らなくてチケットを撮ったのでちょっと得した気分になった。
AKIRAさんはお茶目で良い人なんだなって思った。

【パラレルワールド】
この映画の目
>>続きを読む

>|