ゆうめし

ゆうめし

映画を観ることが好きなただのミーハーです。
星は5段階で付ける自分用の備忘録。

獣は月夜に夢を見る(2014年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます。

Netflixで。

いじめた奴らが殺されるのはスカっとしますな!

お父さん役がマッツ・ミケルセンのお兄さんだった。

運命の元カレ(2011年製作の映画)

2.0

Netflixで。

クリス・エヴァンスが脱ぎまくってる映画。

ラスト・キャッスル(2001年製作の映画)

2.0

Netflixで。

2001年の映画だからみんなちょっと若い。

軍人用の刑務所だから指揮官がいれば一致団結になれるよって事だな。

カーズ/クロスロード(2017年製作の映画)

3.0

映画館で。

カーズシリーズは映画館で観たきりなのでキャラの関係性はほとんど覚えてない。
そもそもそんなにカーズシリーズは面白く思ってないので復習する気も起きなかったけど最後までちゃんと見届けようと思
>>続きを読む

ハート・ボール/プリティ・フープ(2009年製作の映画)

2.0

Netflixで。

青春部活ものじゃなくて挫折したおっさんの再起の話だったのね。

バスケシーンがしょぼい。
バスケの形になってるのメキシコ人のキャシーくらいだった気が。

ルーニー・マーラは変わら
>>続きを読む

君が生きた証(2014年製作の映画)

3.0

Netflixで。

銃乱射事件の真相がエグい。
そらー父ちゃん船に隠れちゃうわ。

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

3.0

映画館で。

それぞれキャラ立ちしてたのは良かったけど、全体的にノレなかった。
どれも自分に当てはまらなかったので感情移入できないし、かと言って客観的に観てもところどころ退屈しちゃったのよね。

ジェ
>>続きを読む

17歳のエンディングノート(2012年製作の映画)

2.1

Netflixで。

鼻血が止まらなくなるシーンが怖かったね。
鼻血が止まらないってすごい怖いよね。

ティーン向け?だから恋するのは必須なんかな?

徐々にダコタちゃんの髪が伸びていく演出が良かった
>>続きを読む

パニック・ルーム(2002年製作の映画)

4.0

Netflixで。

これ、勝手にホラー映画と勘違いしてて今まで敬遠してたんですけど、母娘vs強盗の密室スリラーだったんですね。

今まで怨霊の呪いで部屋に閉じ込められた母娘の話だと思ってました。笑
>>続きを読む

偽りなき者(2012年製作の映画)

4.0

Netflixで。

これはかなり胸クソ悪い系映画ですね。

子供の嘘と冤罪のコンビネーションは辛すぎる。

園長先生がもう少しルーカスの話を聞いていればこんな大事にならなかったんでは?と思ったのだが
>>続きを読む

エイプリルフールズ(2015年製作の映画)

3.0

Netflixで。

気軽に観れるゆるコメディってたまに見ると楽しいですよね。

不覚にもヤクザと女の子の関係に泣いてしまいましたね。
ベタな設定と演出だけど涙ちょちょ切れました。

ライフ(2017年製作の映画)

3.0

映画館で。

キャストとセットにお金掛けたB級SFものって感じで割と楽しめましたわ。
真田さんの日本語にも字幕が付いてたわ。
ジェイクのまつ毛長いな~って彼の顔がアップになるたびにそう思ったわ。

>>続きを読む

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

4.0

映画館で。

前作より舞台もアクションもグレードアップしてる!!
ワンちゃんはお留守番してるから死なないので愛犬家の人も安心して観れる!!

キアヌの銃の構え方がめちゃくちゃカッコいい。

スキンヘッ
>>続きを読む

ザ・ディスカバリー(原題)(2017年製作の映画)

2.0

Netflixで。

ラスト10分で「え?そっちに持っていくの?」とむりやり感がしたが、嫌いじゃない展開でした。

金髪のルーニー・マーラが見れます。
エンドロール後にもおまけ映像アリ。

砂の城(2017年製作の映画)

2.0

Netflixで。

戦争映画で一番キツイ描写って善良な民間人が殺害されてしまうとこだよなって再確認した。

戦場からのラブレター(2014年製作の映画)

2.0

Netflixで。

邦題が『戦場からのラブレター』なので壮大なラブストーリーなのかな?って思ったらそうでもなかった。
ラブスト―リーっていうよりも戦時中に生きるひとりの女性を描いてる話だった。

>>続きを読む

オクジャ okja(2017年製作の映画)

3.0

Netflixで。

主人公の女の子がトム・クルーズ並みのアクションしてて笑った。

ポール・ダノが気持ち悪い役じゃなかったのが珍しかった。
逆にジェイクが気持ち悪かった。笑

女の子が森で偶然オクジ
>>続きを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(2017年製作の映画)

2.0

映画館で。

5作目でようやく気付いた。
このシリーズのテンポが自分に合わないことに…。
ですが、全て観てるのでウィルとエリザエスがまたシリーズに復活したのは嬉しかったりもしたり。

序盤、ワイルドス
>>続きを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン/生命(いのち)の泉(2011年製作の映画)

2.0

DVDで。

ジュディ・デンチがカメオ出演してた!

ウィルがいないから新キャラのフィリップがジャックの新しい相棒になるんか?と思ったらそうでもなかった。

ジャックとバルボッサの愛憎関係良いですな。
>>続きを読む

フィフティ・シェイズ・ダーカー(2017年製作の映画)

2.0

映画館で。

脚本仕事して~。
新キャラもっと活かして~。
特にキム・ベイシガーがせっかく出演してるのに~。

前作は面白かったけど今回はなんじゃこりゃ!?ってツッコミいれたくなるとこ多すぎて最終的に
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

3.0

映画館で。

音がすごくて3回くらいビックリした。

主人公のことを幼少期から丁寧に描いているので、戦闘シーンをより説得あるものに感じた。

ゴア描写は戦争映画ならこれくらいリアルで残酷でいいと思いま
>>続きを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド(2007年製作の映画)

2.0

DVDで再観賞。

エリザベスが回を増すごとに勇ましくなっておる。

さすがに3時間弱は長い。
相変わらずアクションシーンの間延びがひどい。編集して!

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト(2006年製作の映画)

2.0

DVDで再観賞。

内容を全く覚えてなかったので初見な気持ちでみれた。

前作は面白かったけど、これは少々退屈だった。
ひとつひとつのシーンが間延びしちゃってる。
もっと編集して!って思った。150分
>>続きを読む

パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち(2003年製作の映画)

3.0

DVDで再観賞。

内容を全く覚えてなかったので初見な気持ちでみれた。

14年前の作品なのでみんな若い。
アクションが間延びしちゃってるのがちょっと残念。

神さまの言うとおり(2014年製作の映画)

1.0

DVDで。

原作漫画は今の10代の子たちのバトルロワイヤル版?的な感じなのかしら?

染谷君と虹郎君の贅沢な使い方ね。

中高生向け映画にありがちなモブ役の役者の演技の下手さがこの映画にもありました
>>続きを読む

プライベート・ライアン(1998年製作の映画)

3.0

アマゾンプライムビデオで。

ヴィン・ディーゼル、ジョバンニ・リビシを犠牲にしてまでライアンを救出する価値はあるのかよ!!!と、イラっとしながら観てたら、
ライアン役がマット・デイモンだったので許しま
>>続きを読む

キング・アーサー (2016年製作の映画)

2.0

映画館で。

アクションが物足りなかった。
バーブバリ観たあとだと余計にそう思った。

ジュード・ロウのPVとしては最高だと思う。

Mr.&Mrs. スパイ(2016年製作の映画)

4.0

アマゾンプライムビデオで。

ドタバタご近所物語、面白かったー。
ガル・ガドット様の下着姿、最高にイカしてた。

ブロンソン(2008年製作の映画)

2.0

DVDで。

暴力&暴力。
とにかく主人公が終始暴れまわってた。
実在の人物で2008年時点でまだ刑務所に収容されているみたいね。

トム・ハーディの全裸が見れます。

悪魔を見た(2010年製作の映画)

3.0

DVDで。

ビョン様が復讐の鬼になるバイオレンス&バイオレンスなストーリー。
生首ゴロゴロ、時々エロのなんでもござれ感。

ユー・ウォント・ミー・トゥ・キル・ヒム(2013年製作の映画)

3.0

DVDで。

これが実話を基に作られたのに一番の驚き!!
あぁ、まんまと騙されたぜ。

主人公の男の子がイケメン。
イケメンは坊主になってもイケメンだ。

カンフー・ジャングル(2014年製作の映画)

3.0

DVDで。

ドニーさんのアクションもすごいけど、犯人役の人も凄まじい動き。

カンフーアクションはなめらかで見てて楽しいね。

ロスト・エモーション(2015年製作の映画)

3.0

DVDで。

クリステン・スチュワートが好きなので彼女目的で観賞。

よくある近未来管理社会低予算SFなのでストーリーに目新しい感じはなし。
白を基調としているためニコラス・ホルト、クリステンの顔がよ
>>続きを読む

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.0

映画館で。

オリジナルの韓国版から面白いカーチェイスをカットして終始シリアスな作風にした良くできたリメイク作品だと思いました。

伊藤英明が中盤ある映像を見せられてる時の泣き顔がとても良かった。
>>続きを読む

>|