ちあきさんの映画レビュー・感想・評価

ちあき

ちあき

ロマンティックじゃない?(2019年製作の映画)

3.6

ロマンチック側の世界も意外と大したことないんだな〜(笑)
現実世界で見逃している事が沢山ある♡と気づかせてもらえた。

誰かに愛してもらうんじゃなく、自分が自分を愛する!! 
それがなかなか難しいんだ
>>続きを読む

ラスト・ディール 美術商と名前を失くした肖像(2018年製作の映画)

3.5

入札のシーン、
1万ユーロ!!!

無茶とか無謀とかって、誰が決めるんだろう、、、
信念、夢、希望、
そして優しさ。
これらを持ち合わせたのなら、無茶しちゃおう!!

(2001年製作の映画)

3.3

閉所苦手なので恐る恐る見るも、割と広い穴で安心(笑)

愛を手に入れたかったんだね、、、
不器用なだけだよね、、、
って、おいおい〜!!

キーラ・ナイトレイの吐く演技が可愛い〜〜♡

ジーサンズ はじめての強盗(2016年製作の映画)

3.6

ジーサンに癒されたいと観賞。

そういえば、ジーサンに変装して美術品を盗む映画があったな〜と思い出す。
アメリカン・アニマルズだ!
でもその逆は厳しいよな、、、(笑)

ジーサンズにほっこり♪

バー
>>続きを読む

ブレイブ ワン(2007年製作の映画)

3.6

ニューヨーク、、、


主人公が重ねる犯罪や復讐に対し、煽り気味で見ていた自分も悪なのか、、、

正義とは何か、考えさせられた。

マザー!(2017年製作の映画)

3.2

割と好きな雰囲気で、気持ちの悪さや感じるストレスを心地良く見ていたけれど、ついに意味がわからなくなり、、、

なるほど、
聖書の知識が必要なのか〜

花様年華(2000年製作の映画)

3.9

一線以上の何かを越えた2人、、、
心に沁みる、、、

マギー・チャンのチャイナドレスが美しい☆
何着あるの??と興味津々で数えていたら、20種類以上あるかも!!
袖もフレンチスリーブだったり色々。
1
>>続きを読む

ルル・オン・ザ・ブリッジ(1998年製作の映画)

3.2

「人生は所詮 人生でしかない
素晴らしくするのは自分自身だ」

音楽が全てだった男の変化


ミラ・ソルヴィーノが買ったばかりのCDのフィルムを剥がすシーンが好き♪
なかなか開けれなくて、歯で引きちぎ
>>続きを読む

ワイルド・ローズ(2018年製作の映画)

3.9

ローズの夢や希望、
ローズの母親や子供の気持ち、、、
葛藤、、、辛い
責任を持ちながらも夢を掴みに行くことの難しさ。
人生にはもっと大事なことがあるのかもしれない。
わからないのなら、確かめるしかない
>>続きを読む

セインツ -約束の果て-(2013年製作の映画)

3.3

ルーニー♡ケイシー
ゴーストストーリーの二人で、監督も同じだったので観賞。

ピッチ・パーフェクト ラストステージ(2017年製作の映画)

3.7

ネタ切れ感は否めず(笑)
も、、、 ベラーズ愛で乗り切る♪♪

ルビー・ローズ登場☆で食い入り気味になった(笑)
カッコいいし、歌上手いし、性格も良さそうだな〜♡

主役のアナケン、今までは気にも留め
>>続きを読む

エリン・ブロコビッチ(2000年製作の映画)

3.9

ジュリアのスタイルや胸元に釘付け♡
「お尻が垂れ下がるまで、自分の好きな服でキメるのよ!!」って
素敵だな〜☆

ピッチ・パーフェクト2(2015年製作の映画)

3.9

新入りにヘイリー・スタイン投入してきたのね♪

知ってる曲が流れたときの興奮がたまらない☆

決勝でどんなパフォーマンスを見せてくれるのか、映画を観ているこっち側には練習風景などのヒントがないので、本
>>続きを読む

ピッチ・パーフェクト(2012年製作の映画)

4.0

笑いが欲しくて選んだところ、思いがけず感動☆

曲がたまらなく好き〜♪♪
タイタニウム、あんな風にハモられたらアウトだよ〜♡
自分も歌いながら、そこだけ10回はリピートしてしまった(笑)
ハモられるの
>>続きを読む

ゾンビの中心で、愛をさけぶ(2018年製作の映画)

2.8

パッケージの雰囲気と、そこに書かれた言葉のインパクト!
「生き残るためのただたひとつの武器はLOVE」
だなんて、気になり過ぎてスルーできなかった〜。

のに、、、
、、、?

ゾンビもっと見せてー!
>>続きを読む

スパロークリーク 野良犬たちの長い夜(2018年製作の映画)

3.3

集中して見なかったせいで、よくわからなかった〜
ちゃんと見ればよかったな、
後悔、、、

ワタシが私を見つけるまで(2016年製作の映画)

3.8

レベル・ウィルソ〜〜ン!!
が、すっごくイイ!!

下品な下ネタとか、挿入歌のウェルカムトゥザジャングルとか、所々ツボった♪

メッセージも伝わる。
「一瞬のその瞬間」

サンライズポイントで加点

ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷(2019年製作の映画)

3.0

世界一怖いだと〜?
何の目的でお化け屋敷オープンしてるんだろう、、、
スキンコレクション?


リアルなのかアトラクションなのか状況がわからない時の感じは良かった。

スタントウーマン ハリウッドの知られざるヒーローたち(2020年製作の映画)

3.5

ナビゲーターがミシェルなので鑑賞。

あまり関心の無い世界だったけれど、知ることができて良かった。

スタント技術はもちろん、仲間への信頼や向上心を抱き、毎日が挑戦!!
カッコイイ!!
女性としてでは
>>続きを読む

青い珊瑚礁(1980年製作の映画)

4.0

ブルック・シールズの美しいこと、、、
容姿だけでなく、景色も心も美しいお話しでした。

ジリジリし過ぎず、心地良い汐風を感じられた。

ザ・ウェイバック(2020年製作の映画)

3.5

主人公の抱えた苦しみは、計り知れない、、、

ラストに一人、バスケしてるシーンの背景の美しさ!!!
海に沈む夕日、、、
濁りも赤味も無い、まるで朝日のような輝き、、、

#生きている(2020年製作の映画)

3.4

タイトルの#ハッシュタグが効いている!

ウィルス系
身体能力高い系
生前の名残り有る系
のゾンビ。

なんだろ〜
危機感をあまり感じない、、、

暇つぶしにサクっとゾンビしたい時に♪

エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ(2018年製作の映画)

3.6

主人公の気持ちも親の気持ちも両方わかるー!

思春期の主人公が「もし自分の娘が自分だったら悲しい、、、」みたいなこと言ってたけれど、それを完全に否定したお父さんの言葉が沁みた〜!!

あの頃の自分を思
>>続きを読む

ザ・ハッスル(2019年製作の映画)

3.7

気分転換に、チョイス!!

なかなかいいじゃん♪
満足、満足♪

ゴミ袋から、ラッピング袋にグレードアップ〜〜〜(笑)

悪人伝(2018年製作の映画)

3.5

法で殺したい男、、、
この手で殺りたい男、、、

マ、ドンソクに殴られたい女、、、(私)笑

地上の星たち(2007年製作の映画)

4.1

出会う相手で人生がこんなにも大きく変わるものなんだと改めて感じた。

私の今までの出会いの中で、ひとまず先生を思い出してみたけど、うーーん、いない、、、
でもこの映画を通して貴重な出会いを見つけられた
>>続きを読む

家族を想うとき(2019年製作の映画)

3.6

愛や努力をどれだけ積んでもどうにもならない事ってあるよな,,,


このお母さん、介護の相手を自分の母と思って接しているところや、疲れている夜、旦那さんからの夜の誘いを「明日はあなたをリストに入れてお
>>続きを読む

屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ(2019年製作の映画)

3.3

老娼婦の体張った演技が凄い!

何されているのか、ボカシで謎なシーンが所々あったのだけれど,,,
・金具みたいなの取り出してプレイに使ってたの、あれ何してた?
・ソーセージ取り出して何かして食べてた
>>続きを読む

キング(2019年製作の映画)

4.0

クライマックスでの発破
「Make it yours!」
「Make it England!」
気合いの高ぶり!!!
恐怖が消えて興奮に変わった瞬間。
あんなん言われたら、あなたに一生ついていきます(
>>続きを読む

グレース・オブ・ゴッド 告発の時(2018年製作の映画)

3.8

傷ついた心には「支え合い」。

「一人じゃないって最高だな!」と被害者の一人が言ったシーンが印象的。
目の前の濁りが消え、追い風に乗る気分にさせられた。

トラウマに対してジョークが言えるようになった
>>続きを読む

かもめ(2018年製作の映画)

3.5

それぞれに抱える苦悩が凄い~,,,

「生きとし生けるもの全ては、悲しい循環を終え死んでいく,,,」って、人生って悲しい循環なの!?

月が光を照らすでも輝くでもなく「投げる」と表現されていたのが、な
>>続きを読む

アーミー・オブ・ザ・デッド(2021年製作の映画)

3.6

映像ではすごく楽しめた!
泣かせにきてるシーンで泣けなかったのは、登場人物にイマイチ感情移入できなかったからかな~,,,


マイリー・サイラスの「zombie」!!
♪♪いいね♪♪

ブルー・ジェイ(2016年製作の映画)

3.7

私は泣き虫なので、嬉しい時、悲しい時、辛い時、自然に涙が流れることは当たり前と思っていた。
自分の感情に素直でいられることの重要さ。
泣けないことの辛さ。

偽りの無い感情を受け止めながら,,,
泣き
>>続きを読む