ちえおさんの映画レビュー・感想・評価

ちえお

ちえお

ホラー映画は✖️。昔からマーベルファン。スパイ、アクション、ラブコメ好きなアラフォーです。
歳のせいか直ぐ感動します。
基本字幕で鑑賞。
字幕に頼らない英語力が欲しい〜!
(映画館、スターチャンネル、TSUTAYAが多いです)

映画(370)
ドラマ(4)

バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985年製作の映画)

5.0

何度観ても最高。
正確には、当時観た感動と驚きが今でも引きずっていて、改めて観ても驚くこの完成度という感じ?

実は先日、東京コミコン2018というオタクイベントに初めて行ってきました。(私もマーベル
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

4.0

幼馴染の3人が…と言うことで、
私もいざという時には行動するぞ!と刺激を受けるのかしら?なんて思いながらの鑑賞スタート。

しかし、いやいやいや、
3人のうち2人はゴリゴリの軍人でした…

「普通の人
>>続きを読む

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

3.8

鎌倉×妖怪

なんでだろう、不思議なことに、
妖怪と人間が並んでても普通に受け入れて楽しく観れちゃうのって日本に生まれたからでしょうか。
鎌倉だからでしょうか。

とても素敵な夫婦の話と
和風なファン
>>続きを読む

シザーハンズ(1990年製作の映画)

4.5

名作ですね。
最高のファンタジー映画。
寒くなってきたこの時期にちょうど良いかも。

孤独で心優しい主人公、
とてつもなく可愛いウィノナ・ライダー、
いじめっ子、仲間外れ、などなど…

まるでディズニ
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

5.0

これはこれは!
凄い映画を観てしまった!

オープニングの20世紀フォックスのロゴもクイーンバージョン。
映画ファンは心鷲掴みにされます。

クイーン世代ではないが、
映画で流れる曲に知らない曲はなか
>>続きを読む

スプラッシュ(1984年製作の映画)

4.2

BSプレミアム、懐かしの映画をありがとう!

おとぎ話でありラブラブなラブストーリーであり。

3歳から競泳に励んでいた私は幼心にも海の中で口を開けたり(空気が漏れない)微笑む人魚が不思議で仕方なかっ
>>続きを読む

ビッグ(1988年製作の映画)

4.5

「ビッグ」と言えば
社長との連弾シーンとゾルター。

遊園地の隅にあったコインゲーム“ゾルター”
何十年も前に観た映画なのに記憶に残ってるもんだな…

とても夢のある話で大好きです。
それでいて子供心
>>続きを読む

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

4.5

上映前の舞台挨拶付きで鑑賞してきました!
堤監督をはじめ篠原涼子、西島秀俊、坂口健太郎、川栄李奈が登壇し、ワーキャー♪しちゃう自分を想像してましたが、この映画が取り扱うテーマは「脳死」。

作り手の話
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

4.1

あれ?ヴェノムてこんなにいい奴だったっけ⁉︎
ヒーローにしか見えなかった‼︎
(人食べちゃうけど 笑)

「俺たち」になれてなかった中盤、トムハが強いのは十分承知なのでトムハがオロオロする度にニヤニヤ
>>続きを読む

I am Sam アイ・アム・サム(2001年製作の映画)

4.2

障害を持っていると親になる資格はないのか。
親として知識やIQは重要なのか。

裁判中心に話が進むとは予想してなかったので、証言台で辛い思いをする皆んなを見るのは心苦しかったです。

「本当のパパじゃ
>>続きを読む

怪物はささやく(2016年製作の映画)

4.0

児童文学の映画化
突然現れたお話押し付けな怪物についていけず出遅れた私でしたが…
絵本のような映像と“怪物の教え”に引き込まれて、後半は見入ってしまいました。

観る前は「ダークファンタジー」ていうカ
>>続きを読む

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

4.0

ドウェイン・ジョンソンがまた仲間を救いました!

ジュマンジでロック様の楽しみ方を知ったのでこちらをレンタル。

わかりやすい悪徳企業が出てきて既にオチは読めたようなもの。
白いゴリラ、ジョージ君が絶
>>続きを読む

スコット・ピルグリム VS. 邪悪な元カレ軍団(2010年製作の映画)

3.2

エドガー・ライトの音楽やゲーム、漫画に対するオタク愛がたくさん詰まった作品。

で?一体何の話?
て思ったらいけないのだろう…と
感じながら見る2時間 笑
映像センス、発想においてはさすがです!
>>続きを読む

しあわせの絵の具 愛を描く人 モード・ルイス(2016年製作の映画)

4.8

まさに相性ぴったりな絆の強いご夫婦の実話。
良い台詞ばかりだし、何時間でも二人を観ていたい。
そんな映画でした。

住込み家政婦と雇主という関係から始まるのですが、
なんて言うのでしょうか、
この関係
>>続きを読む

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。(2018年製作の映画)

3.0

当時、Yahoo!知恵袋の投稿を読んで十分笑ったせいもあって、このタイミングで映画化する必要はあったのかと思うわけで…★3

夫婦を囲む人々の台詞に良い台詞が沢山ありました。
全体的に「ほっこり」です
>>続きを読む

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

4.0

ハッピーエンドを確信してるくせに号泣。
福田組だから笑っちゃうけど号泣。
山崎まさよしの歌、これはズルい!←漏れなく号泣

鑑賞後、ここに辿り着くまでに毎朝のビデオレターがもっともっとあったはずと想像
>>続きを読む

アナザー・カントリー(1983年製作の映画)

3.0

コリン・ファースの映画デビュー作ということで、若かりしコリン・ファースを愛でるための鑑賞♡
BL作品と言われているけど実在するスパイのお話。
見入ってしまいました。

舞台はエリートばかりが通うイギリ
>>続きを読む

もののけ姫(1997年製作の映画)

5.0

もののけ姫
ナウシカ
ラピュタ
千と千尋
昔ながらのが好きです。

金曜ロードショーありがとう!
Blu-ray買うべきかなーと悩み続けて○○年…

ミックス。(2017年製作の映画)

3.8

脇役が濃ゆいー!
もう私は蒼井優とNACS森崎さんペアがツボってしまって…
「玄関にラー油まいとけー!」とか、たまらん 笑

以前何かのインタビューで
「休みの日は基本家でゴロゴロ過ごしてます。運動
>>続きを読む

シックス・センス(1999年製作の映画)

3.9

この結末!
初めて観た時の衝撃を今でも覚えてます。

BSでやっていたので久々に鑑賞してみたところ、どうもラストのインパクトが強すぎて、他の部分を忘れてた模様…笑

こんなに愛情に溢れたストーリーだっ
>>続きを読む

ピンポン(2002年製作の映画)

4.0

〜 ペコとスマイル 〜
凄すぎる実写映画ピンポン。
何度も観た、何度も読んだ。

当時では珍しく徹底的に漫画を再現したせいか、今観ても古さがない!今観ても好き!

窪塚洋介の下手なんだか上手いんだかわ
>>続きを読む

ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月(2004年製作の映画)

4.0

1、2と続けて観ちゃうものです。
今作は冒頭からラブラブ。
妄想フリータイム制です。

前作では私も「痩せます!」と
日記に書きたくなったが、
“ありのまま”を受け入れてくれるマークの愛が素敵すぎて…
>>続きを読む

ブリジット・ジョーンズの日記(2001年製作の映画)

3.8

BBCドラマ「高慢と偏見」を見始めました(←ずっと見たかった!)
すると観たくなるのがこれ
「ブリジット・ジョーンズの日記」

“ダーシー様”を知ると
こちらの“ダーシー”の面白さが倍増です。
誤解さ
>>続きを読む

ラブ・アクチュアリー(2003年製作の映画)

4.2

コリン・ファース特集でやっていた。
でも本当はクリスマスシーズンに観るべき「ラブアクチュアリー」。寒くなってきたから良し◎

コリン・ファースも良いけど、
ついつい目がいってしまうのがロックスターを演
>>続きを読む

トスカーナの休日(2003年製作の映画)

3.8

ダイアン・レインがまた一人旅してました。

離婚から始まって30分で旅先のトスカーナで物件購入、そして自力で改装工事。と、すごい行動力のお話にびっくり。

言葉も通じない知らない土地で、決して器用じゃ
>>続きを読む

ホット・ファズ 俺たちスーパーポリスメン!(2007年製作の映画)

4.0

町の連続殺人を捜査するアクションコメディ。
映画パロディも入ってて後半は笑いっぱなしです。

サイモン・ペッグがシャープな熱血エリート警官役でアクションがキマってた!
でもね、周りが面白い人ばかり。
>>続きを読む

ショーン・オブ・ザ・デッド(2004年製作の映画)

4.0

ホラー苦手な私でも観れた。
笑いが止まらない、ハラハラドキドキのゾンビコメディ。

ゾンビが迫る中、そんなことやってる場合か!という時間の楽しさ。
クイーンの曲に乗ってゾンビと戦うとか最高。
ニュース
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.5

観た後、このタイトルに再びじーんとしてしまう。
コンバースも良かった。

パパもママも愛情深くて相手を尊重している。
もう私は最初から完全に、この両親の作る家庭に入り込んだ気分だった。

だからオリバ
>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

4.0

勇気を出して鑑賞したものの、
どっと疲れが。

しかしこの監督は…
変な執着とか血とか心臓とか、
本当にいつも精神を痛めつけてくる‼︎
怖いし辛いし、不快でイライラするし。

「分かち合え」という言葉
>>続きを読む

フィフス・エレメント(1997年製作の映画)

3.8

ブルース・ウィリスがまた世界を救いました。
ミラジョボビッチの赤髪と衣装が印象的なこの映画。
2214年か…車飛んでるのかなぁ。

この映画の好きなシーンはオペラのシーン。
美しい高音の歌声とキレキレ
>>続きを読む

ギルバート・グレイプ(1993年製作の映画)

4.4

「ロミオ+ジュリエット」「タイタニック」でレオ様フィーバーした当時、映画通な人から必ず言われた「え!ギルバート・グレイプ観てないの!?」
…あれから25年(←きみまろ風)
やっと観ました。

とても難
>>続きを読む

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

3.8

「興味深い」という言葉はNG。
「自分の言葉で説明しなさい」
私できてなーい。
ドキっ‼︎としました。
チョムスキーも知らない〜

このジャケ写から、笑い要素強めと予測。違ってました。
森で10年暮ら
>>続きを読む

レナードの朝(1990年製作の映画)

5.0

忘れもしない、私が映画にはまり始めた90年代。
ラブコメやアドベンチャー、楽しい映画ばかり観ていた学生時代にこの映画に出会い、衝撃を受けました。

特に当時はロバートデニーロの演技力が凄すぎて怯えてた
>>続きを読む

カフェ・ソサエティ(2016年製作の映画)

3.5

ウディ・アレン作品、初めてかも。テンポの良いあのナレーションはウディ監督なんですね。
面白かった!

このストーリー、ララランド?
なんて思いましたが、
96分と短いのに、ほろ苦くて美しくて、「人生が
>>続きを読む

ニュー・シネマ・パラダイス(1989年製作の映画)

4.3

映画好きなら絶対に知っているこの名作。私は火事のシーンとラストで必ず2回泣きます 笑

村の唯一の娯楽が映画館ていうのも映画ファンにはたまらないですよね。
アルフレードとトトの世代を超えた友情、そして
>>続きを読む

ラブレス(2017年製作の映画)

3.9

最後まで救いが一つもない…
これは観ていて辛かった。

子供ができたからと言って必ずしも愛情をもった母親、父親になるとは限らない。
このテーマの映画増えた気がする。
どの国もいつの時代も抱えている問題
>>続きを読む

>|