Claraさんの映画レビュー・感想・評価

Clara

Clara

主観レビュー。途中から採用の評価基準は、4段階(5は私のお気に入り)
4:おすすめ/3:良/2:普通/1:気に入らず
インスタ:@teatimejapan

映画(657)
ドラマ(103)

おとなのワケあり恋愛講座(2014年製作の映画)

2.0

教え子の妊娠をきっかけに、自由気ままな独身生活に終わりを告げたプレイボーイの英国人教授・リチャード。妻となったケイトの仕事の都合に合わせてLAに引っ越し、息子と3人で新生活を始めるが思うようにいかない>>続きを読む

ダーティハリー(1971年製作の映画)

3.0

場所はサンフランシスコ。汚い仕事ばかり任され、”ダーティハリー”の異名を持つ刑事、ハリー・キャラハンが、”スコーピオン”と名乗る無差別殺人鬼の逮捕に乗り出す。

犯罪映画や刑事アクションものに大きな影
>>続きを読む

イーグル・アイ(2008年製作の映画)

3.0

これといった目的もなく毎日を過ごしていた普通の男が、ある日突然、悪名高いテロリストに関係しているとしてFBIに追われる立場になる。全く身に覚えのないことに戸惑っている間もなく、どんどん追い込まれていく>>続きを読む

ソーセージ・パーティー(2016年製作の映画)

3.0

公開当初から気にはなっていたものの、下ネタ全開アニメということで(笑)劇場に足を運ばなかった。そしてオンライン視聴して驚いた…本当に全開だったー!!!笑
これR15指定でいいのかな…欧米ならともかく、
>>続きを読む

ミーン・ストリート(1973年製作の映画)

2.0

舞台はNYのリトルイタリー。もうすぐ30歳になろうというのに定職に就かず、ぶらぶら遊び歩いているチンピラのチャーリーと、短気でだらしがない嫌われ者の親友ジョニー。ヤクザな金貸しの叔父をもつチャーリーは>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

4.0

スーパーマンの死後、悲しみに暮れる世の中。そんな中、再び迫る危機を前にバッドマンが立ち上がる。最強とされたスーパーマン不在の状況でこの危機を乗り切るには、最強のチームが必要と考え、ワンダーウーマンとと>>続きを読む

ウォンテッド(2008年製作の映画)

3.0

上司に罵られてパニック発作を起こす日々。冴えない自分、冴えない毎日…ところがある日、父親が秘密組織の暗殺者で、殺されたことを知ったウェスリー。その知らせを受けたことをきっかけに、復讐を決意。しかし彼を>>続きを読む

パピヨン(1973年製作の映画)

5.0

冤罪で終身刑となった窃盗犯・パピヨンが送られたのは脱走は、ほぼ不可能と思われる流刑処刑地。自由を求め戦い続けた囚人の過酷な半生を描いた実話ベースの物語。

脱獄系の話はざっくり2パターンに分かれると思
>>続きを読む

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

3.0

1970年代のLAを舞台にしたコメディ。妻を亡くしてから酒浸りになった私立探偵と、腕っぷしの強い示談屋が手を組んで、少女失踪事件を引き受ける。しかしその裏にある巨大な陰謀に、凸凹コンビは巻き込まれてい>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.0

主演のガル・ガドットを見ているだけで満たされてしまう…そして、イスラエル美人に弱いことを改めて実感。笑

女性だけの守られた島で、唯一の子供として大切に育てられた王女ダイアナ。しかしある日、外界で戦争
>>続きを読む

フォー・クリスマス(2008年製作の映画)

2.0

家族が集うクリスマス。お互いに離婚した両親を持ち、家族もかなりパンチが効いているのを理由に、適当にごまかして2人だけでフィジーに旅立とうとするカップル。ところが、不運にも飛行機が決行し、その様子を撮影>>続きを読む

トランスポーター2(2005年製作の映画)

2.0

プロの運び屋であるフランクは、政府要人からの依頼で彼の息子を送迎する仕事を引き受ける。しかし、その息子が誘拐され、事件への関与を疑われるのだった。

前作同様にアクションが豊富で、昔ながらのハリウッド
>>続きを読む

アルカトラズからの脱出(1979年製作の映画)

2.0

実話ベースの脱獄映画。
サンフランシスコ湾に浮かぶ孤島の刑務所アルカトラズ。潮の流れが早く、警備も厳重なことから脱獄不可能とされていた場所。しかし1962年、終身刑囚フランク・モリスをはじめとした男3
>>続きを読む

セットアップ: ウソつきは恋のはじまり(2018年製作の映画)

2.0

Netflixオリジナル作品。

仕事が命!そんな上司をもつ同じオフィスで働く2人のアシスタント、ハーパーとチャーリー。彼らはひょんなことから知り合い、お互いの上司が恋をすれば、激務から解放され、自分
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.0

実話ベースの物語。
世界トップクラスの貧困率であるインド。行方不明になる子供の数の多さ、それがストリートチルドレン、人身売買等に当然つながる現状。徐々に改善してきている部分もあるものの、まだまだ人々を
>>続きを読む

甘き人生(2016年製作の映画)

2.0

すっかりご無沙汰してしまっていたイタリア映画を鑑賞。
マッシモ・グラメッリーニというジャーナリストの自伝小説が原作。
マッシモ氏は幼い頃に母を亡くして以来、あまりのショックと喪失感により人を愛すること
>>続きを読む

ハクソー・リッジ(2016年製作の映画)

5.0

第二次世界大戦後期、軍事工場で働いていたことで兵役免除になった主人公・デズモントは、日本の真珠湾攻撃を機に、「国の役に立ちたい。自分だけ安全な場所にいるわけにはいかない」と志願兵になる。周囲に変わり者>>続きを読む

ザ・ファイター(2010年製作の映画)

4.0

プロボクサーのミッキー・ウォードとディッキー・エクランド兄弟を描いた実話ベースの話。

1993年、マサチューセッツ州ローウェル。再婚を繰り返す母親により家庭環境が複雑化した家庭で育った異父兄弟。
>>続きを読む

G.I.ジョー(2009年製作の映画)

3.0

米国アニメ「地上最強のエキスパートチーム G.I.ジョー」を基にした実写映画。
がん細胞破壊のために作られた薬「ナノマイト」。これが武器商人デストロの手により、世界征服を企む悪の組織「コブラ」に渡って
>>続きを読む

スパイ・ゲーム(2001年製作の映画)

3.0

兄弟間で比較されがち、気の毒なトニー・スコット監督の作品。トップガンなんて大好きだけどな、私。そして本作はCIAもの。私の大好物!ただし、スパイ感満載のCIAものではないので、そこにこだわる人にはちょ>>続きを読む

レインメーカー(1997年製作の映画)

4.0

ジョン・グリシャムの「原告側弁護人」を原作とした、コッポラ(父)の作品。法廷ものが大好物ということもあるが、キャスティングもはまっているし、再鑑賞したくなる良作。

坊ちゃん・お嬢様も多い法学部で、苦
>>続きを読む

JIMI:栄光への軌跡(2013年製作の映画)

1.0

あの世界的な天才ギタリストであるジミ・ヘンドリックス。彼が才能を見出された場所はNY。そこからロンドンでのデビューまでの2年間、彼はどんな日々を送っていたのか。無名のギタリストから誰もが知っている伝説>>続きを読む

オール・ユー・ニード・イズ・キル(2014年製作の映画)

3.0

原作は日本のライトノベルで、漫画化もされているもの。
近未来、謎の侵略生物によって滅亡の危機に瀕した地球。世界各国が手を携え闘う中、ケイジ少佐は軍のスポークスマンとして任務にあたっていた。しかしある日
>>続きを読む

真夜中のゆりかご(2014年製作の映画)

3.0

幼い子供を突然死で失った刑事。妻のパニックと我が子を手放すまいとする必死さに困惑し、仕事中に発見した薬物依存の親に育児放棄された赤ん坊のことを思い出す。そして、必死さと赤ん坊を思う気持ちのあまりに、我>>続きを読む

インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌(2013年製作の映画)

2.0

1960年代、NYのフォークソングの中心人物であり、ボブ・ディランが憧れたデイヴ・ヴァン・ロンクの回想録と史実を基に、うだつの上がらないフォークシンガーの冴えない一週間をコーエン兄弟が描く。

友人宅
>>続きを読む

ブリングリング(2013年製作の映画)

2.0

実話ベースの物語。
LAで暮らし、セレブに憧れ、パーティーに明け暮れる5人のティーン達。ネットでセレブの予定をチェックして、留守宅に侵入して強盗を働くようになる。

エマ・ワトソンは、いい子キャラがつ
>>続きを読む

Emma エマ(1996年製作の映画)

2.0

原作は、ジェーン・オースティン。恋のキューピッド気取りが好きな上流階級の娘・エマ。父親に止められてもやめられない。淑女の心得はどこへやら…空回りする恋愛の橋渡しの一方で、エマ自身の恋愛はいかに。

>>続きを読む

ペントハウス(2011年製作の映画)

2.0

選ばれし者だけが住むことのできるマンハッタンの超高級マンション「ザ・タワー」。このマンションのペントハウスに住み、理事でもある大富豪アーサー。このマンションの従業員たちの年金が、彼に横領されていたこと>>続きを読む

42〜世界を変えた男〜(2013年製作の映画)

3.0

伝記映画。
野球、特にメジャーに関心がある人なら”42”という背番号でピンとくるものがあるかもしれない。ドジャースでは4/15に全員が42番をつける慣習があり、またこの番号は唯一の全球団永久欠番となっ
>>続きを読む

ハート・ロッカー(2008年製作の映画)

4.0

女性監督というのが意外に思えるような作品。
兵士のPTSDをテーマにした作品なんかは増えてきているから、その点は特筆しないが、周りからは平気そうに見られていても、本当はギリギリのところで踏ん張っていた
>>続きを読む

トゥルー・ストーリー(2015年製作の映画)

3.0

記事の捏造でNYタイムズを追われた優秀な記者・マイケル。追い込まれた彼の耳に入った奇妙な情報。それは、彼の名を語る妻と子供3人を殺した容疑で逮捕された人物の存在。記者生命を絶たれたマイケルは、藁にもす>>続きを読む

レゴバットマン ザ・ムービー(2017年製作の映画)

4.0

バッドマンの話が分かれば笑える要素も増える作品なので、バッドマン情報を最低限持っている状態で観た方がいい。

レゴならではの可愛らしさだけでなく、ファンキーさや温かさ、人間らしさがが入り混じた楽しい作
>>続きを読む

マネー・スキャンダル 破滅への欲望(2016年製作の映画)

2.0

ウォール街。華やかかつ日々、壮絶な戦いが繰り広げられる場を舞台にした作品は数あれど、思い返せば男性主体のものばかりだったことに気付かされた。女性目線の本品を観ることで。脚本や監督も女性。

描かれてい
>>続きを読む

アデライン、100年目の恋(2015年製作の映画)

3.0

ブレイク・ライブリーや漠然と美人を眺めたいなーと思った時に数回鑑賞。笑
この美貌だけで私は満足!ドレスアップしたシーンも日々の生活での服装も全部さまになるし。彼女が主演というだけで評価+1にしたいくら
>>続きを読む

ロスト・バケーション(2016年製作の映画)

2.0

ブレイク・ライブリー見たさに鑑賞。

サーフィン好きの美人医学生が友人とメキシコ旅行へ。そこで、亡くなった母のお気に入りだった秘密のビーチに行くものの、二日酔いの友人は現れず、やむなく一人で波乗りを楽
>>続きを読む

カラーパープル(1985年製作の映画)

3.0

1906-1937年のアメリカ南部ジョージアが舞台。アフリカンアメリカンの姉妹の別れと再会を描いた作品。差別がテーマかと思わせるが、実際には違う。男性が絶対的な権力を持ち、力と恐怖でねじ伏せていたこと>>続きを読む

>|