ちびまるさんの映画レビュー・感想・評価

ちびまる

ちびまる

映画はもっぱらWOWOWで(・∀・)

映画(985)
ドラマ(8)

きっと、星のせいじゃない。(2014年製作の映画)

4.3

不公平。。。この言葉に涙が止まらなかった。

常に病と共にある人生。
その現実を受け入れて普通に生活していたって死の淵に立てばユーモアも忘れるし、勇敢でなんかいられない。それがリアル。

そして子供に
>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

4.0

ピーター かわいぃぃぃ❤︎ 毒っ気があるとこもいいっっ!!
トーマスもかわいい 笑

縄張りとオンナをめぐるウサギvs人間のケンカ。けっこうガチ 笑
いやぁ 笑った 笑った

そもそものピーター・ラビ
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

4.2

エンターテイメント界の寵児として一躍脚光を浴びたバーナム。貧しい幼少期を経て、愛する妻と娘ふたりに恵まれ、尚、貪欲に成功を求める。

いつしか富を手に入れ成り上がるが、夢に貪欲な彼は、これまで支えてく
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.0

貧困、人種差別、女性蔑視… 一見すると前時代的な悪徳が根強く残るミズーリの片田舎を舞台に、娘を無残に殺された母が遅々として進まない捜査に業を煮やし、警察へ挑戦状をつきつける。

1番憎いのは犯人のはず
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.8

殺人の前科のある男の2度目の殺人。死刑回避のために奔走する弁護人が二転三転する依頼人の供述に、依頼人の利益優先で事件の真相なんか二の次だったはずなのに、真実を追い求めるようになる姿が描かれる。

依頼
>>続きを読む

シリアルキラーNo.1(2015年製作の映画)

2.6

地球上でベスト5にランクインするのではなかろうかという美貌を持ち合わせたラファエル・ペルソナ主演映画。

フランスで実際にあった連続殺人を映画化した本作はサスペンス、ミステリーとしての面白さはいまいち
>>続きを読む

ショート・ターム(2013年製作の映画)

3.8

問題のある子どもたちの一時預かり所で働くグレース。物語が進むほどに彼女の人生もまた、預かっている子どもたちに負けず劣らず苛酷なものであったことが明らかになるしかけ。

こういう現実って苦しい以外の感想
>>続きを読む

おやすみなさいを言いたくて(2013年製作の映画)

3.5

母である一方、戦場カメラマンとして常に身を危険に晒さざるを得ないレベッカ。

仕事への情熱と家族への想いに悩みに悩み抜く母。

どんな仕事だって家庭と仕事のバランスを取るのは難しい。

『世界』を見つ
>>続きを読む

味園ユニバース(2015年製作の映画)

3.2

ポチ男は長生きしなさそうな男だなぁ。。。なんて、しみじみ思ったりして。

「クズのくせに歌は好きだった」と評される男。
記憶をなくして「歌が好き」なだけの男として拾われるという。

記憶をなくしたまま
>>続きを読む

娚の一生(2015年製作の映画)

3.8

大人の恋愛。。。って感じ(*´∀`*)

うちの旦那曰く「おばあちゃんの元カレと。。。って冷静に考えると気持ち悪くない?」

そうかもしれないけど、トヨエツなら気持ち悪くないから不思議。真っ白なワイシ
>>続きを読む

ナイト ミュージアム エジプト王の秘密(2014年製作の映画)

3.8

2から5年後。最終章に相応しいハラハラドキドキとワクワクの詰まった作品に!!

みんなの命の源であるアクメンラーの石版の力が衰え始め一同大ピンチ!石版の秘密を握るアクメンラーの父王が眠る大英博物館で繰
>>続きを読む

ナイト ミュージアム2(2009年製作の映画)

3.2

1の楽しさは超えてくれなかった…という個人的な感想。

スミソニアン博物館が舞台。すっごく大きい博物館なんですね。一度は行ってみたい(≧∀≦)

ジョージ・カスターやらアメリア・イアンハートなど日本で
>>続きを読む

ナイト ミュージアム(2006年製作の映画)

3.8

わたしの中ではかなりツボ 笑

夜毎 博物館の展示物が息を吹き返すなんて…夢があるじゃないですか!!

この有り得ない状況を3日で完全にコントロール出来るようになったラリーは実はデキる男!?
一夜漬け
>>続きを読む

ある優しき殺人者の記録(2014年製作の映画)

2.5

なんじゃこりゃ(O_O)

子どもの頃に亡くなった幼馴染みを蘇らせるために殺人を繰り返す男。

この話の結末だけが救い。

途中の経過は…意味が分からない。日本人のイメージもおかしい。

マルタのことづけ(2013年製作の映画)

3.2

不治の病により死期の近いマルタ。4人の子どものシングルマザーでありながら、我が子を残してこの世を去らなければならない辛さはいかほどか。

母の最期を見とらなければならない子どもたち。母を喪う恐怖と看病
>>続きを読む

嗤う分身(2013年製作の映画)

3.2

自分と瓜二つの人間に、仕事も同僚も、愛する人までも理不尽に奪われ発狂する男。

要領が悪くて皆に疎まれるサイモン・ジェームズの前に、要領が良くて愛嬌のあるジェームズ・サイモンという同じ顔をした男が現れ
>>続きを読む

チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密(2015年製作の映画)

3.2

ジョニー・デップのコミカルな方の演技がキュート❤︎ インチキくさいし、強くもないし、ちょび髭だし…笑 それでも何となく憎めないキャラのチャーリー・モルデカイ。彼を含む登場人物に何度笑わせられたことか>>続きを読む

トラッシュ!-この街が輝く日まで-(2014年製作の映画)

3.5

「これを見ているとうことは僕はもうこの世にいないのかもしれない」そう語る男の子の映像からスタート。

その後はスーツ姿の男と警察の緊迫のチェイスシーン。

からの男が命がけで守った財布を拾った少年と警
>>続きを読む

真夜中の五分前(2014年製作の映画)

3.2

女の弱くてズルいところを見事に体現しているルオラン、ルーメイの双子の姉妹。

ルーメイの婚約祝いに中国では「最期を看取る」という言葉と同音になるとして忌避される時計を、日本人のリョウが選んでくれたから
>>続きを読む

アメリカン・ビューティー(1999年製作の映画)

3.0

家族や会社という共同体の中で、夫としても、父としても、サラリーマンとしてもパッとせず、鬱々としたストレスを溜め込んでる主人公。

ステキな家があって、立派な家具に囲まれていても満たされることのない空虚
>>続きを読む

フランシス・ハ(2012年製作の映画)

3.5

フランシス 27歳。舞踊団の実習生。彼氏なし。お金なし。親友のソフィーのことが大好きで彼氏のパッチに嫉妬中。笑

歳の割に子どもで、時々ちょっと痛い女に見えたり…。そんな彼女が、じたばたもがきながら大
>>続きを読む

神様はバリにいる(2014年製作の映画)

3.3

NO ANIKI NO LIFE (笑)

わたしも爽やかに生きたい
辛いときこそ笑ってやればいいんだな

綺麗事だけどポジティブなメッセージが散りばめられていて気持ちいい

バリの雰囲気もステキ
>>続きを読む

ベイマックス(2014年製作の映画)

3.6

たった1人の兄を失った少年ヒロが、兄の残した心優しいケア・ロボットのベイマックスと仲間たちと兄の死の真相を追いながら喪失感を乗り越えていく…というお話。

いかにも悪役然とした仇役とヒーロー然としたヒ
>>続きを読む

サイモン・バーチ(1998年製作の映画)

4.0

生まれつき身体が小さいサイモン・バーチと父を知らないジョーの友情を描く感動作品。

冒頭、成人したジョーとしてジム・キャリーが登場して嬉しいサプライズ。

障害を持って生まれ、そんな息子に関心を寄せな
>>続きを読む

ウィークエンドはパリで(2013年製作の映画)

3.0

結婚記念日を思い出の地パリで過ごそうとやってきた老夫婦。

奔放な奥さんと、心配性な旦那さん。

初っ端から奥さんは予約していたホテルが気に入らないと飛び出したあげく身の丈にそぐわない高級ホテルのロイ
>>続きを読む

王の涙 イ・サンの決断(2014年製作の映画)

3.5

王様、無双です(笑)

知謀策略が張り巡らされ常に緊張を強いられる宮廷で、常に人の悪意の矛先を向けられる…王様となそんな孤独な人のことを言うのでしょうか。

王であればこそ愛するものも切り捨てねばなら
>>続きを読む

ホリデイ(2006年製作の映画)

4.0

わたし この映画好きなんです❤︎
もう10年以上も前の作品なんですね(*´Д`*)

クリスマスを目前に失恋💔した2人の女性がホーム・イクスチェンジを通して新しい一歩を踏み出すロマンチック・ムービー
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

4.5

吹替版で鑑賞!!とにかくサイコー!!!!

声優陣が良いんだろうな。
夢を諦めないポジティブコアラに内村光良という配役の妙❤︎

夢は叶う!頑張れば報われる!!自分がハッピーなら皆んなもハッピー!!
>>続きを読む

FRANK ーフランクー(2014年製作の映画)

3.2

何じゃこりゃ(笑)

精神を病んで頭に大きな被り物をしないと人前に出られないフランク…ww お気の毒な設定だけど、その被り物ホラー過ぎるよ(笑)

音楽の才能だけはピカイチの彼。彼のバンドの面々も中々
>>続きを読む

デビルズ・ノット(2013年製作の映画)

3.3

有名な冤罪「だったかもしれない」事件ですね。

少年3人が無残な殺され方をして、少年3人が犯人として逮捕されました。普通であれば犯人逮捕で見事事件解決というところですが、これはそうはいかなかった!!
>>続きを読む

ハチミツとクローバー(2006年製作の映画)

2.8

改めて鑑賞してみると、これは実写版より原作の漫画版に軍配ですなww

登場人物みんなが片想い的な、ほろ苦くて甘酸っぱい感じのストーリーと、あのほんわかしたタッチの作画に対して、キャスティングのアクが強
>>続きを読む

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

4.0

仕事が忙しくて映画を観る気力もない毎日。
久しぶりに観た一本は元気を貰える、そんな作品でした。

SNSで炎上して仕事を失った腕は一流のシェフがフードトラックでアメリカを横断しながら、失いかけた料理へ
>>続きを読む

ホビット 決戦のゆくえ(2014年製作の映画)

4.0

いやぁ、やっぱスケールの大きな作品て映画として見応えありますよね。ホビット三部作の最終章にしてロード・オブ・ザ・リングへと続く物語。

それぞれの思惑や欲望に眼を曇らせるドワーフ、エルフ、人間…そんな
>>続きを読む

マップ・トゥ・ザ・スターズ(2014年製作の映画)

3.4

鑑賞後、クローネンバーグ作品だったかと妙に納得。

身体に火傷の跡の残る謎の女の子。うさんくさいヒーラー。堕落した元売れっ子子役とその毒(母)親。そして落ち目の女優…。

ばらばらに見えたいびつな人間
>>続きを読む

悪童日記(2013年製作の映画)

3.5

第二次世界大戦下のハンガリー。戦火を逃れ疎開した双子が、戦時下という状況に適応するため自らに様々な課題を与え変貌(成長?)を遂げていく物語。

自らに課す課題の過酷なこと…。痛みに慣れるために殴り合い
>>続きを読む

ANNIE/アニー(2014年製作の映画)

4.2

言わずと知れた名作が現代に舞台を移し復活!!
キャラクターの設定なんかは多少変わってたりするものの、これはこれで すっごい楽しめた(≧∀≦)❤︎

楽曲も今風にアレンジされているわけですが、これまたい
>>続きを読む

>|