ビフタネンさんの映画レビュー・感想・評価

ビフタネン

ビフタネン

お勉強の為、ほぼ映画休業中。
座骨神経痛目線無責任発言型ゲスタネン。
映画、音楽、格闘技、おっぱいを愛する。
薄れゆく記憶を遡り全作レビューを目指すも出てくるのは雑な記憶と下ネタのみ。不快に感じたらすみません。
なぜビフタネンを名乗ってるのか謎。

2015.6.14〜

映画(679)
ドラマ(0)

ストレイト・ストーリー(1999年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

以下ただの想い出語りです...
全く参考になりませんよ。


『映画で泣くなんて恥ずかしいよねぇ〜(´∀`)』
なんて思ってた青年の体に
天罰の如く魔女の一撃!!

痛みを堪えながら鑑賞した本作のラス
>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.5

今年初映画。
僕自身の問題で映画を受付けない状況ですが気分転換に鑑賞。

そしたらまさかの感情移入!
( ゚д゚)
坐骨神経痛のおっさんが
東洋医学やら何やら試すお話でした(うそ)

まぁとにかくアベ
>>続きを読む

栄光のランナー 1936ベルリン(2016年製作の映画)

5.0

隠れ映画職人、スティーブン・ホプキンス監督による胸アツ逆境映画。

劇場で観た当時感動のあまり
政治的な事やら色んな事をレビューで書こうとして滞っていたけれど、今となればそれすらしょーもない。

単純
>>続きを読む

マッドマックス 怒りのデス・ロード ブラック&クロームエディション(2015年製作の映画)

5.0

このレビューはネタバレを含みます

私情コミコミな自己満足レビューです。
苦手な方はご注意ください。


様々な事が重なり
最近映画を観る余裕が無い。
大げさかもしれぬが、間違いなく人生の転機。

新しい物語を今は吸収したく無い気分であ
>>続きを読む

ミュータント・タートルズ(1990年製作の映画)

3.3

みなさんカワバンガ。

先日実家で本作のパンフレット発見したので観てます。多分。

本作はジャッキー・チェンの
『プロジェクト・イーグル』と同時上映でした。
とてもカワバンガな組み合わせですね。

>>続きを読む

スティーヴ・オースティン ザ・ハンティング(2010年製作の映画)

2.2

国境を越えようとする
強盗団の前にストンコが立ちはだかるお話。

暴れるストンコを拝めれば良いだけの映画なのに、全く素直に話が進みません。

娘を人質にとられ
しぶしぶ森を案内するストンコさんですが.
>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.1

今夏、韓国にて。

韓国語なのでストーリーを100%理解出来ず感想スルーしていたが、
イカれた邦題が決定した様なので触れずには居られない...

ゾンビウィルス?パンデミックしちゃった
韓国高速鉄道車
>>続きを読む

GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊(1995年製作の映画)

3.7

2008年版の攻殻機動隊に
レビューしてたみたいなので、
訂正しました。

いいねくださった方
すみませんm(_ _)m


実写化というわけで
初めて観ました。

アニメもSFも苦手な身分なので
>>続きを読む

燃えよ、マッハ拳!(2011年製作の映画)

2.1

ケインコスギは主演じゃない。
サモハンの息子主演。

本作はボンヤリフェイスな二世顔コンビが所属する貧乏町道場が外資の黒船的最先端道場と功夫対決するお話。

だと思います。

必要と思われる描写がほぼ
>>続きを読む

バイオハザード III(2007年製作の映画)

2.3

連投すんません。

荒廃したビジュアルにグッときて
ラッセル・マルケイという名前にピクリと反応してしまったので、
劇場に観に行った覚えがありますが...

超人アリスさんの無双っぷりを
只々拝むだけで
>>続きを読む

バイオハザード II アポカリプス(2004年製作の映画)

2.7

ゲーム版バイオハザード3で
僕を恐怖のどん底に陥れた追跡者が登場!

ってことで期待値MAXで
劇場に足を運んだ覚えがありますが...

主人公のアリスさんが
軽く超人化しており、普通に戦うわ正体がう
>>続きを読む

バイオハザード(2001年製作の映画)

3.0

初代プレステのゲームは衝撃的!

洋館の扉を開けたらゾンビ犬。

高校時代友人と叫びながらプレイした想い出。

映画版には
ゲームの良さを生かした場面は
特に見当たらなかった気がしますがラストにサービ
>>続きを読む

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

フォースはジェダイの能力のみにあらず。
持たざる者が信じる事もフォース。

勝手な自己解釈ではあるが
このテーマとマジで『スターダスト』に
なってしまうラストに泣いた(´;Д;`)

でも...

>>続きを読む

ピンクとグレー(2016年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

『しょーもなっ!』

でも当事者にとっては
それどころではないであろうお話。

なかなかしょーもない前半部。

菅田くんが居なければ観るのやめてますよ...

っつて衝撃の62分ってやつで
しょーもな
>>続きを読む

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK(2016年製作の映画)

3.1

シリーズ2作目にして
ジャック・リーチャーをあっさりと飲み込むトムさん映画。

前作『アウトロー』に勝手ながら80’sタフガイアクション臭を感じた身としては予告詐欺だよ!!

でもグッと来ちゃったよぉ
>>続きを読む

ザ・ギフト(2015年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ジョエル・エドガートン長編監督デビュー作。

確実に前情報は少ない方が良い。

以下、やんわりネタバレしてるかもです...








普通の人生の中で
無自覚に人を傷つけたり、
その事を軽視して
>>続きを読む

悶絶!!どんでん返し(1977年製作の映画)

4.2

まさかのタイトルに偽り無しかよ。

東大卒エリートのバックに
チンピラが突いた結果
悶絶、どんでん返しする
ロマンポルノなお話。

時代を切り取った景観。
見覚えある様な無い様な
見事な昭和乳の数々。
>>続きを読む

PK(2014年製作の映画)

3.8

長尺映画や
ミュージカル苦手な僕にも優しいPK。

純粋な宇宙人という立場を武器に
インドの宗教事情にズブズブとメスを入れるPK。

随分と責めた映画だな...(・∀・`;)
インドの宗教に対するイメ
>>続きを読む

ミュージアム(2016年製作の映画)

3.0

価値観は人それぞれなので
あまりこの言葉を使いたくないですが...

普通でした(´・ω・)
お話は異常なのに
なんでだろう?

前半はそこそこ面白いんですよ。
でも盛り上がるべき
クライマックスに向
>>続きを読む

ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>(2015年製作の映画)

3.0

十代の変異した忍者亀のお話。

観た直後から
観た事を忘れ行くが
ウォーキング・デッドの亀をムシャムシャ食う少女や妖怪人間ベムを観ていたら本作の記憶が蘇ってきた。

シュレッダー、クランゲ、
ロック・
>>続きを読む

アウトロー(2012年製作の映画)

4.0

トムさんは
タフガイの称号を手に入れた!
٩(๑❛ᴗ❛๑)۶ かも。

ジャック・リーチャー。
原作では195cm、113kgらしい。

室伏より一回りデカイ。
UFCならアリスターかミオシッチ級!
>>続きを読む

SCOOP!(2016年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ふみちゃんがエロくない...
(・ω・`)

えーっ、
以下、長文&やんわりネタバレ&
ゲスな内容になってます。
不快でしたらすみません。



えーっと、
おっぱい大好き中年パパラッチのお話ですね。
>>続きを読む

グッドナイト・マミー(2014年製作の映画)

3.3

とても丁寧です。
卓球選手じゃない...よ...
( ³ω³ ).。zzZ

...そんなわけで
日をまたいでの鑑賞。

前半は正味2回観た事になりますが
結末を知った現在、前半を振り返ってみればよく
>>続きを読む

ミュージアム 序章(2016年製作の映画)

3.5

漫画未読。

映画の序章らしいですけど
白石晃士監督って事で
非常に嫌〜な感じに仕上がっておりました。

カエル男に翻弄される
2組の親子。
おまけにヤカラ。

監視カメラ
手持ちカメラ
そして胸ポケ
>>続きを読む

映画 妖怪人間ベム(2012年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

映画はおろかテレビドラマ化されていた事も知らなかったよ...

とりあえず東京の空撮から始まったれ!的な冒頭からアレなテレビ屋映画っぽくてゾクゾクします...

そしてアバンタイトル。
銃器武装した複
>>続きを読む

ナイト・チェイサー(2015年製作の映画)

2.6

運賃踏み倒した
クズ野郎がタクシーに追いかけ回されるおフランス製映画ざます。

正体不明のロードキラー映画好きなので鑑賞に至るが微妙としか言い様の無いチェイスに脱力( ´Д`)

走って逃げる→車先回
>>続きを読む

スター・トレック イントゥ・ダークネス(2013年製作の映画)

3.6

エンタープライズ号の
他の搭乗員は何してるの?
(・ε・`)

とか言ってはいけない!
艦長、副館長が率先して
前線へ突入する素敵な企業風土のお話。

Beyond同様
ご都合主義全開なのだが
個人的
>>続きを読む

スター・トレック BEYOND(2016年製作の映画)

2.8

このレビューはネタバレを含みます

スタートレックの先には
中国市場...

観て数日しか経ってないのに
断片的にしか思い出せない...
(ノД`)

僕はトレッカーでもトレッキーでも無いのでとりあえず楽しければok!程度の気持ちで鑑賞
>>続きを読む

ハドソン・ホーク(1990年製作の映画)

3.6

ブルース・ウィリスの自作曲
『ハドソン川に吹く風』をモチーフに作られたという知らんがなの極み映画。

僕が小学生の頃『ダイハード』にハマった兄と一緒に劇場に行くも
お金だけカツアゲして去って行ったハ
>>続きを読む

グリーン・インフェルノ(2013年製作の映画)

3.7

食人族のお話。

ただひたすら人がムシャムシャ喰われるお話と思ってましたが
前半の生贄紹介のパートしっかりしてました。

しっかりしすぎて
スゲー考えさせられるわ!
もちろんみんな喰われちゃえば良いの
>>続きを読む

モヒカン故郷に帰る(2016年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

モヒカンが故郷に帰るお話。

箇条書き。

・主要人物より騒がしい背景
・脇役の生きてる感
・10人だけの吹奏楽
・家が近いから
・学校と病院も近すぎるから
・妙な間
・院長の顔面
・あっちゃんの顔面
>>続きを読む

何者(2016年製作の映画)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

うーん。
何を書いてもブーメランの如く
自分に返ってきそうな面倒くさい映画である。

映画を盾に自分語りを垂れ流す
なぜかビフ・タネンを名乗る
もう1人の自分。
何者?

ええっ、アラフォーのおっさん
>>続きを読む

孤高の遠吠(2015年製作の映画)

3.1

低予算でも映画は撮れる!
ゲリラ撮影で少しでも面白い物を撮ってやる!

小林勇希監督による
凡百の人間には撮れない
熱意に溢れてる映画ですが

その辺のガキと兄ちゃんの戯れで
2時間超えはちょっとキツ
>>続きを読む

BFG:ビッグ・フレンドリー・ジャイアント(2016年製作の映画)

3.4

優しい巨人と少女による
さらりとした交流物語。

これスピルバーグ撮る必要ある?
と思う反面
この話をスピルバーグが撮る事の贅沢さも感じました。

どの場面もシンプルながら
絵本の1ページの様。
ジョ
>>続きを読む

ポセイドン・レックス(2013年製作の映画)

1.8

FOX SPORTSにて。

作業しながら映画を観たい!
何なら画面観なくていい!!
などと映画好きとは思えない失礼な輩を優しく受け入れてくれる
ポセイドン・レックス様。

かと思いきや
冒頭数分で寺
>>続きを読む

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

4.2

本作を観るタイミングを逃し
上映回数も限られる中
遠方のレイトショーへ。

渋滞で上映時間ギリギリに到着。
チケット売り場には誰も居ない。
苛立つ。ギリギリに到着したくせに...

さておき
イースト
>>続きを読む

>|