chicohimeさんの映画レビュー・感想・評価

chicohime

chicohime

映画(652)
ドラマ(94)

インセプション(2010年製作の映画)

4.0

スリルとウィットに富んだ面白い映画だった
音楽の使い方がとても良いし、歌がとても印象的でオシャレ
意識するようになるとよく街で聞く歌だし、毎回このストーリーが頭をよぎるようになった

インターステラー
>>続きを読む

プレステージ(2006年製作の映画)

2.9

この映画のクリスチャンベイルが好きじゃない
ひねくれてて性格の悪そうな顏が見てて不愉快
私は自分の手が命ほど大切だから、基本的に手を傷つけたりお粗末にする描写は嫌いだし、そういう作品の表現は好きになれ
>>続きを読む

マグノリア(1999年製作の映画)

2.8

冒頭の解説シーンというかミニ再現シーン的なところは面白くて、映画全体がそうなっていくのを楽しむんだなって思って見てたけど、さすがに🐸の展開はおかしいでしょう!
あれって実写なのかな、どんなに大変な撮影
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.1

兵士たちの脱出劇
逃げる、泳ぐととにかく兵士たちがもがいている姿が淡々と映されるので、誰がどれくらいどう助かったって全体像は見えづらい

実写にこだわるところは、作品を作る哲学的に素晴らしいと思うけど
>>続きを読む

否定と肯定(2016年製作の映画)

3.8

イギリスらしい正義の形だなと思う
なんでこんな最低なことを考える人がいるのか理解できないけど、ある意味悪い意味でそんな視点や発想てなかなかできないこと
イギリスも島国だから、井の中の蛙状態になると視野
>>続きを読む

アナイアレイション -全滅領域-(2017年製作の映画)

4.0

すごいクリエイティブで面白い発想
デザインと色彩がすばらしい
異世界異次元なものなのに、自然界に存在するテクスチャや色を使ってる
シャボン玉みたいな光だったり、コガネムシみたいなキラキラだったり
ここ
>>続きを読む

スポットライト 世紀のスクープ(2015年製作の映画)

3.8

世界の闇を感じた
こういう問題って決してカトリックとかキリスト教だけの問題じゃないけど、
人の心の拠り所や祈りを捧げるという場所は自然と人の信頼が集まる場所だから、こういう事が起こるのはより許せないし
>>続きを読む

リリーのすべて(2015年製作の映画)

3.9

エディレッドメインの演技力にただただ圧倒
トレーラー見たときから女性にしか見えなかった
真珠の耳飾りの少女みたいに、絵画がテーマ的な映画は、映像がほんとに美しい
どのカットをとっても絵になる

史実に
>>続きを読む

怪物はささやく(2016年製作の映画)

3.8

すごく悲しい少年のお話
末期ガンの母の死が近くて、学校では激しくいじめられて、背負いきれない苦しみにひとりで立ち向かわなければいけない
人や物事は矛盾するし、一面性じゃないってところが今までにない新し
>>続きを読む

インポッシブル(2012年製作の映画)

4.0

スマトラ沖地震の津波の実話を描いた作品
経験した人にしかわからない、津波に飲まれる恐怖が衝撃的に映像化されてる
これほど見てて体が痛くなった映画は初めてなくらい生々しくて痛いシーンもある
キャスト全員
>>続きを読む

トリコロール/青の愛(1993年製作の映画)

2.9

独特のシンプルさに終始漂う閉鎖感と哀愁
フランス女優のヘアメイクが可愛いすぎる

全てのシーンに必ず入るブルーという色
私にとってはブルーは暖かい色だけど、この作品でも美しく前向きな使われ方をしてると
>>続きを読む

ホリデイ(2006年製作の映画)

2.8

アメリカ(ハリウッド)が作ったイギリス感半端なかったけど、すごくほんわか可愛らしいストーリーだった
ダメダメな人生に明るい事が起きる2000年代の典型的なサクセス恋愛映画
キャメロンディアスのギャル感
>>続きを読む

雨に唄えば(1952年製作の映画)

4.1

こんなに古い映画だと知らなくて冒頭シーンでいきなり驚いたけど、デザインもキャラクターも鮮やかで一気に引き込まれた
時代を越えて誰もが理解できるストーリー
つくづくララランドっていろんなミュージカル映画
>>続きを読む

クローサー(2004年製作の映画)

2.3

ナタリーポートマンが出てる映画を全部見たいと思って鑑賞
可愛いけどこれまたファッションがダサい
いちいち服に気をとられてしまった

Vフォー・ヴェンデッタ(2005年製作の映画)

2.2

まさかvがヒューゴウィーヴィングだったなんて!
一瞬も顔映らない
めちゃくちゃダサい映画だから映らなくてよかったのかもしれないけど、オペラ座の怪人みたいに顔映ったほうがかっこよかったかも
マトリックス
>>続きを読む

ジャッキー ファーストレディ 最後の使命(2016年製作の映画)

3.8

DiorのCM見てたらナタリーポートマンをすごく見たくなって
ブラックスワンと全然違う作品でも入り込み方すごいって思ってたら、ダレンアロノフスキーが制作なら納得!

この映画のナタリーポートマンの演技
>>続きを読む

レッドタートル ある島の物語(2016年製作の映画)

3.1

このレビューはネタバレを含みます

短めの映画だから、長めの短編映画っぽかった
愛とか自然を描いているとはいうけど、カメを思いっきり殴り殺しておいて、人間の形になったからって恋に落ちるとか愛って私にはちょっとわからなかった
その瞬間すご
>>続きを読む

リリア 4-ever(2002年製作の映画)

3.5

たぶんトライブに次ぐ鬱映画
荒廃しきった社会に閉ざされ、行き場のない子供たちという視点がトライブによく似ている

売る側の大人は論外に悪だけど、私が1番許せないのは買う大人
いい年して普通に社会生活を
>>続きを読む

13日の金曜日(1980年製作の映画)

3.0

舐めきって見てたら怖かった
少ない要素でここまで緊迫させられるのはよくできてる
サバイバルで絶対やってはいけないことばかりをキャラクターたちがするからすごく体力消耗した

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

4.1

今までよりさらに哲学的な視点から描かれてる感じがした
この作品を作ってる人たちを取り巻く環境やいまの世代の感情とリンクしてるのかな

過去にあった偉大なもの、それを受け継いでいく重すぎる責任に、間違い
>>続きを読む

ダージリン急行(2007年製作の映画)

4.0

インドが可愛くなるなんてさすがウェスアンダーソン!
ごちゃごちゃした街の風景に独自のカラフルな解釈が混ざってて、アーティスティックな作品
キャラクター1人ひとりがおもしろくて愛らしい
スーツケースがか
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

2.6

ここまでぶっ飛んでアホな映画もそうそう無い
ダニエルラドクリフは普通にしてても死体っぽいから素晴らしいキャスティング
ストーリーはエンディングが特に気持ち悪い

プリティ・ベビー(1978年製作の映画)

3.5

超絶ものすごくかわいい
12歳の子供に有り得ない酷いことをさせているのに、この少女と館が美しいと思わずにはいられないちょっぴりビターな映画
もちろん彼女の最後の選択は真っ当でそうであるべきなんだけど、
>>続きを読む

闇金ウシジマくん Part3(2016年製作の映画)

2.8

やっぱりどん底の最低の人生を見せてくれるお話
そんなうまい話があるはずないのにまんまと乗ってしまったり、平然とまかり通ってしまうのが怖ろしいし、そんな世の中が悲しいなとつくづく思う
恵まれた環境にいる
>>続きを読む

怒り(2016年製作の映画)

2.1

ひとつひとつのシーンがすごく丁寧に演じられてるけど、感情の繋がりがない
演技の上手な人が泣く演技を見せられてるオーディションみたい
本格派を売りにしてると思うけど、そう見せかけているだけに思えた
演技
>>続きを読む

世界から猫が消えたなら(2015年製作の映画)

2.4

ビジュアルに惹かれて鑑賞した
ちょっとくすんだ色味の映像やレトロな背景、アンニュイなライトが良かった
音楽がかなり微妙、ストーリーや映像とマッチしてない上に大して良くないテーマが何度もかかる
ストーリ
>>続きを読む

2つ目の窓(2014年製作の映画)

3.7

映像、音楽、ストーリー、演技がひとつひとつ丁寧だった
さすがはカンヌで商業映画ではなくて、長編映像作品という感じ
海で泳いでるところや島唄を歌うところが美しかった
日本の島唄っていいなあ

地獄(1979年製作の映画)

-

こんなの初めてみる新ジャンルだった
古風な空気流れるのに、人が生々しくて古く感じない不思議
主人公の女優さんの透明感と美しさが半端ない
艶っぽくて素敵

MONSTERZ モンスターズ(2014年製作の映画)

1.5

お話展開が狭い
登場人物の行動が結構謎
壮大な演出が寒ざむしかった
エキストラがすごいなと思う映画
新ジャンルのゾンビ映画とも言える

蜜のあわれ(2016年製作の映画)

2.9

金魚が色気たっぷりっていうのはすごく賛同する
金魚ってほんとに人を翻弄する色気というか魅力がある
二階堂ふみの衣装がとても美しかった
ふみちゃんは動きがとても良いんだけど、声がわざとらしいのが気になっ
>>続きを読む

桐島、部活やめるってよ(2012年製作の映画)

3.6

桐島っていうで部活でも活躍する学校の人気者が何の前触れもなく部活を辞めて失踪する
一度も画面に映らない桐島をとりまく周囲を追ってストーリーが進んで行く
とくにドラマチックでもないストーリーなのに斬新な
>>続きを読む

花とアリス(2004年製作の映画)

1.7

なぜ好きになれないかというと、音楽がめちゃくちゃダサい!!!
映像きれいだし、主人公2人かわいいけど音楽が酷すぎて見てられない作品でした

>|