ちどりんさんの映画レビュー・感想・評価 - 5ページ目

ちどりん

ちどりん

珍しいもの、よほど面白いもの、興味深いもの以外すぐ忘れるので自分の記録用。
星3は普通、星4は面白かった映画。
映画は2016/10よりアプリを始めてからの鑑賞をつけてます。
自分と同じような気持ちの感想を見つけたら嬉しくなりますが、皆さんのレビューは本音でいいねしたいので映画を見てからさせていただくことが多いです。

映画(407)
ドラマ(394)

人生、サイコー!(2013年製作の映画)

3.8

過去に精子提供の金稼ぎをしていた冴えない男が借金苦に見舞われると同時にある日533人の父親であると告げられ名乗り出ることを迫られる。
分別のないどうしようもない男だが、子供たちには心で触れ合うことがで
>>続きを読む

馬と呼ばれた男(1969年製作の映画)

3.3

イギリスからやってきた男がインディアンに捕まり奴隷にされるが敵部族と勇敢に戦い皆の信頼を得て一インディアンとして認められ生きていくというストーリー。
古い映画なのでラストはあっさりしているが、残されて
>>続きを読む

アンダーワールド(2003年製作の映画)

3.3

1400年に渡るバンパイア族と狼男族の戦い。
交配をすると両者より強くなるという。
それが変身したらどうなるのかとちょっとワクワクした。
主役の黒づくめが絵に描いたようにカッコいい。
剣の切れ味が切ら
>>続きを読む

クラッシュ(2004年製作の映画)

4.5

人種の坩堝であるアメリカの人種差別を扱った作品。
場面は車のクラッシュから始まるのだが、至る所で人間同士がクラッシュする様を人種差別問題を根底として登場人物それぞれの感情を見事に用いて描く。
正しく生
>>続きを読む

イン・ザ・カット(2003年製作の映画)

2.9

暗いメグ・ライアンを観る映画。
英語教師の主人公がある日薄っすらと殺人事件の犯人を目撃する。
事件の聞き込みに来た刑事と関係を持つようになるが、もしかしたらその刑事が犯人ではないかと疑い始めるというあ
>>続きを読む

トランスフォーマー(2007年製作の映画)

3.8

昔、弟が持っていたオモチャもよくできているなぁと思っていたけれどこのCGは実によくできている。
ロボットロボットしているのは女性には少し苦手かもしれないがロボットが車に変化するのは面白い。
それぞれの
>>続きを読む

ハードウェア(1990年製作の映画)

1.5

核で荒廃した時代、壊れたロボットを買ってきてガラクタ作りが趣味の彼女にプレゼントする。
でもそれは自己修復可能な殺人ロボットだった。
どうしても好きになれない映画なのでこれから酷評します。
でてくるマ
>>続きを読む

殿、利息でござる!(2016年製作の映画)

4.6

私の好きな磯田さん原作。
仙台藩伊達の実話である。
藩に金を貸してその利息で村人の重労を少しでも楽にしようと村の商人たちが家を潰す勢いで金を出し合うお話。
一筋縄ではいかないがそれに携わった人たち、こ
>>続きを読む

コマンドー(1985年製作の映画)

3.5

後半の敵のアジトに忍び込んでからのシュワルツェネッガーは撃つは撃つは敵をバッタバッタと倒してくれます。
大勢の敵に囲まれてマシンガン撃たれたらいっぱい当たってそうだけどそこは気にしない。
敵に丸いノコ
>>続きを読む

愛しのローズマリー(2001年製作の映画)

4.0

父の死のトラウマから女性を見てくれだけでしか見れなくなった主人公にある日偶然出会ったセラピストが催眠術をかける。
面白いストーリーで軽く楽しく観られる映画。
グウィネス・パルトロウの特殊メイクが凄い!
>>続きを読む

アイ・フランケンシュタイン(2014年製作の映画)

2.5

人間を守るために神から遣わされたガーゴイルたちはフランケンシュタイン博士の創ったモンスターを求めてやってくる。
方や悪魔の王子はかつての悪魔たちの魂を死んだ人間の身体を使って蘇らせようとする。
話もや
>>続きを読む

スネーキーモンキー/蛇拳(1976年製作の映画)

3.9

何度目か忘れたけど再鑑賞。
ジャッキーの代表作の一つ。
オープニングから鍛えられた体幹の演舞が見られる。
茶碗を使った動きなど酔拳同様師匠とのアクションも冴え渡る。
大きな見どころこそないがアクション
>>続きを読む

ザ・ウォーク(2015年製作の映画)

4.5

綱渡り師の話。
恐ろしい…どんな恐怖映画よりも恐ろしい…。
実話だから更に恐ろしい…。
映像も美しく実にリアルな素晴らしいCGで観ている側も手に汗ビッショリ。心臓悪い。
渡りきったかと思いきや…えー?
>>続きを読む

X-MEN:ファイナル ディシジョン(2006年製作の映画)

4.0

3部作の中では私は一番面白かった。
ミュータントは病気であるとされ人間になる薬が開発される。
それに反抗するミュータントの勢力と闘うX-MENたち。
自由の国なら人間になるならないの選択の自由も与えよ
>>続きを読む

X-MEN2(2003年製作の映画)

3.9

ローガンに鉄の爪を埋め込んだと思われる張本人が今作の敵となって登場!
前作ではミュータントたちの哀愁が感じられたが、今回個々のパワーが強すぎてもはや人間との差別云々の問題ではないような気が…。
そして
>>続きを読む

X-メン(2000年製作の映画)

3.8

有名なアメコミの映画化。
自然治癒力があったり目から光線出たり超能力を使えたり、嵐を巻き起こしたりと人類が進化したミュータントたちが登場する。
まぁミュータントを差別してはいけないが、自分の能力を使い
>>続きを読む

マダム・マロリーと魔法のスパイス(2014年製作の映画)

3.9

インドからフランスに移住してきた家族がミシュラン1つ星のレストランの真向かいにインド料理店を構える。
フランスのオシャレ感とインド人の繊細さがミックスされたハートフルなお話。
主役の男の子ハンサム。
>>続きを読む

マッドマックス/サンダードーム(1985年製作の映画)

2.9

異なるストーリーが2話出てきて最後に合体するかのような仕立て。
アボリジニの神聖な場所のような岩に飛行機の絵とか描いてあったけどセットかな?
マッドマックスというよりマックスの冒険と名付けたほうがよさ
>>続きを読む

マッドマックス2(1981年製作の映画)

4.0

冒頭、前作で瀕死の重傷を負った奥さんは結局死んでることになっていた。
今作では時代が進み世紀末感が出てきて前作とは別物のようになっている。
北斗の拳もここまで真似ていたとはまったく知らなかった。
スト
>>続きを読む

マッドマックス(1979年製作の映画)

3.9

イカれた暴走族から恨みをかい、メル・ギブソン演じる主人公マックスの家族がやられ、その復讐へと向かうというストーリー。
MFPのマックスが乗る特別仕様車は改造に凝っているのに不思議とAT?
暴走族リーダ
>>続きを読む

アナコンダvs. 殺人クロコダイル(2015年製作の映画)

2.8

まったくリアル感のないCG。
肝心なシーンもコマの少ない一瞬で何が起こったのかよくわからず。
ダァっ!と出てきて脅かすだけの映画。

小さな巨人(1970年製作の映画)

4.0

物語は121歳の老人の数奇な人生の回顧録として始まる。
インディアンの悪い部族に襲われて孤児となったダスティン・ホフマン演じる主人公は良い部族に育てられるが白人のインディアン狩りと一戦を交えると白人の
>>続きを読む

イノセントマン/仕組まれた罠(1989年製作の映画)

3.2

極悪な麻薬捜査官のミスから無実の罪で捕まった主人公が刑務所で服役したのち復讐をしようとする。
人間としてはしなくて良い苦労としなくて良い成長だが、せざるを得ない状況に追い込まれていく。
感動こそはない
>>続きを読む

逃亡者(1990年製作の映画)

3.0

裁判中弁護人の女とグルになって逃亡するミッキー・ロークがある家庭崩壊危機の家族の家に立てこもる話。
つくづくアメリカ人って気性が荒いなぁとこの映画を見て改めて思う。
途中で別れた仲間が追い込まれた川で
>>続きを読む

サイクロンZ(1988年製作の映画)

3.5

内容があまりにもくだらないのだが、くだらなすぎて彼女を追い出した後ドアから出たジャッキーの鼻血シーンに思わず笑ってしまった。
そしてそのくだらなさを全て取り返す黄金トリオのジャッキー、サモハン、ユンピ
>>続きを読む

リセット(2010年製作の映画)

3.0

ジワジワと迫り来る恐怖やどうなってしまうのだろうとか、こういう類の映画は好きだが、影の正体や結末がハッキリしなかったのが残念。
ラストは人類の希望を表したかったんだろうけど逃げ切れるとも限らないし、1
>>続きを読む

クリープショー(1982年製作の映画)

4.5

おそらく3度目ぐらいの鑑賞。
ジョージ・A・ロメオ監督と脚本スティーブン・キングだから面白いこと間違いなし。
主人公の少年の捨てられたコミックの中の全5話からなるオムニバス。
コミックから映像に変わる
>>続きを読む

ラストスタンド(2013年製作の映画)

3.3

脱走した凶悪犯が国境付近の田舎町にやって来るとFBIから無線が入る。
そこの保安官は元ロス市警の腕利きの刑事。
町の仲間を引き連れてシュワちゃんが活躍する。
動きこそは鈍いけれど久しぶりに力のあるアク
>>続きを読む

ジュピター(2014年製作の映画)

2.9

生まれ変わり?継承者?DNA?なんの伏線もなしに現れた異星人。
話の繋ぎ方が荒くアニメのような内容であまり入ってこなかった。
CGは駆使されていたが最後まで世界観もよくわからなかった。
3ヶ月も経たな
>>続きを読む

パニック・トレイン(2013年製作の映画)

3.2

線路の上を暴走している列車から脱出、もしくは止めるにはどうするのかだけで1時間半もたせるにはやはりツライものがあるのか。
まぁこんなところでしょう。
犯人が顔見せずに終わるのはスピルバーグの「激突!」
>>続きを読む

ライジング・ドラゴン(2012年製作の映画)

4.0

初っ端から風変わりな全身ローラースケートのスーツでスピード感溢れるアクションやその他最新の道具を使って趣向を凝らしたアクションが続々と登場する。
もちろんジャッキーお得意の椅子アクションもある。
壁を
>>続きを読む

妹の恋人(1993年製作の映画)

4.0

精神疾患のある妹と一緒に暮らす兄のところにやってきた変わり者の青年。
ジョニー・デップの芸達者な部分が活かされて楽しくとってもほのぼのしている。
挿入音楽も良くエンディング曲も一度は耳にしたことがある
>>続きを読む

ミスト(2007年製作の映画)

3.2

嵐の後に現れた霧の中から得体の知れない何かが人を襲っていく。
立ち寄ったスーパーマーケットから外へは恐怖で出られなくなる主人公たち。
異次元の窓という設定も好きではないし、登場人物のキャラ設定もみな腹
>>続きを読む

ソウ2(2005年製作の映画)

4.0

2度目の鑑賞。
目を覆う程の痛々しいエグいシーンが1作目を上回ってこれでもかとでてくる。
1作目で初めて得る印象はあまりにも強いが前回同様ストーリーにどんどん引き込まれていく面白さで展開も早くなってい
>>続きを読む

ソウ(2004年製作の映画)

4.1

2度目の鑑賞。
とにかく強烈で目を背けたくなるほど。
捕まった本人も何かよくわからないままジグソーパズルのピースを埋めるがごとく解明していくストーリー。
人間の醜い心理をうまく利用した猟奇的な内容だ。
>>続きを読む

ウエスト・サイド物語(1961年製作の映画)

3.7

3度目ぐらいの鑑賞。
誰もが聞いたことのある音楽、見たことのあるダンス、まさにミュージカルの金字塔とも言える作品。
ミュージカルがお好きではない方にはオススメはしないが映画を語る上で観ていて、知ってい
>>続きを読む