hiroさんの映画レビュー・感想・評価

hiro

hiro

夜明け告げるルーのうた(2017年製作の映画)

3.5

テーマがとても分かりやすく誰でもみられる映画。
ダンスシーンの独特の世界観が面白かったです。

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

3.5

主人公の狂いっぷりが最高でした。

少し前に永い言い訳を観ていたので、そのギャップに戸惑いつつも。
心の傷を回復するためには人それぞれの方法があるのだなぁと思った。

ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜(2017年製作の映画)

3.0

見終わった後の感想は、何がやりたかったのか意味が分からない!!でした。
観賞後に監督の思いや挑戦を知り、作品の意図を理解。
でも、もう少し別のやり方があったんじゃないかなぁと思います。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.6

エンディングで幸せな気持ちになった人と、少し悲しい気持ちになった人がいると思いますが
私は後者でした。

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

4.0

色んなユーモアがちりばめられて楽しく見れますが、他人事とは思えないので心のそこから楽しめない。
見終わったあとになにかざらざらとした気持ちが残る映画でした。

君の名は。(2016年製作の映画)

3.5

一目惚れの裏側に広がる壮大なファンタジー!

キラキラした都市の描写はとても斬新。
新海監督やりたかったことはこれか!と納得させられた集大成の作品。

永い言い訳(2016年製作の映画)

4.0

海に遊びに行くシーンで泣いた。

映画を観ながら自分の内面をえぐり出されるのが辛いけど
大切なことを思い出させてくれる作品

怒り(2016年製作の映画)

4.0

役者たちのエネルギーがすごかった

愛の物語。

ブルーに生まれついて(2015年製作の映画)

4.0

ラストシーンの彼の決断。
かっこよく、彼の生きざまを演じきっていた。

聖の青春(2016年製作の映画)

3.4

序盤の、将棋盤のカットと心象風景が印象的。

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

3.8

オダジョーのだめ夫っぷり。
すべての伏線がちゃんと回収されてラストはすごくスッキリした。

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

4.0

ゴジラ第2形態がかなりトラウマ
政府の対応や自衛隊のやり取りが臨場感たっぷりで、本当にこんなやりとりがされているのかなと思わされた。
いまの時代だからこそ色々と考えさせられてしまった。

ラストシーン
>>続きを読む

>|