ちはさんの映画レビュー・感想・評価

ちは

ちは

1992年生まれ。世田谷からお送りしてます、映画通信。
ネタバレにならないよう個人の感想、印象を残しま。

1〜5で評価★

ブログにもたまに感想かいています。
http://chihalun-lun.hatenablog.com/
お気軽に

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

3.9

犬好きは観ると涙するのじゃないかな。こういうストーリー設定にはいいなぁと思えた。

亜人(2017年製作の映画)

3.8

原作は知らずに鑑賞。

綾野剛の存在感が強かった。
佐藤健はどんな役でもハマる。
るろうに剣心並みのアクションを個人的に感じた。

何と言ってもオーラルシガレットの主題歌、激アツ。

ブルージャスミン(2013年製作の映画)

3.8

【プライドを捨てきれないセレブの悲劇劇】75点

ウッディ・アレンの作品全くもってコメディじゃない!
ハッピーエンドな終わり方でもないが、観終えた後はスッキリする。
かつてはセレブ生活を送っていた主
>>続きを読む

マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと(2008年製作の映画)

3.8

この映画のオーウェンウィルソンのパパ役はハマってたなぁ。
家族の絆に涙した

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

4.5

イギリスの実話。
アンビリバボーでやっていて、興味もって観た。
ものすごくいい話。

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.0

ノーランの作品。映画館じゃないとこの迫力は伝わらない。観るというより体験。
銃声、爆撃の音、すべての音が体に染み込む。
戦場にいる感覚、現場のリアルが伝わる。

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017年製作の映画)

3.8



大根監督の映像と音楽のチョイスほんとすきだー!途中から妻夫木聡がモテキのユキオに見えた。脇役の安藤サクラが一番印象に残る。新井浩史、リリーフランキーの演技の幅の広さに驚かされる。

#奥田民生にな
>>続きを読む

ダーティ・グランパ(2015年製作の映画)

3.8

ザック・エフロンがかっこよい。
下ネタまじりの内容で、くすっと笑ってしまう。
何も考えずに見たい、元気がでる。

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

4.0

初スウェーデン映画。
主人公のおじいちゃん、引っ越してきた隣人さんとか変わっていくことで、閉ざしていた心を開いていく。
過去と現在のシーンを入れながら話が進んでいく。

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

3.5

淡々と話が進んでいく。主人公が発する言葉は少ないけど、その周りの家族の会話から物語が成り立っていく。
兄にも兄なりの愛情があるんだろうなと思った。
最後のシーンは不思議と涙がでた

きっと、星のせいじゃない。(2014年製作の映画)

4.0

感動作品。
あの作家が憎たらしかったけど、親側の気持ちとして考えるとそういう感情もあるんだなと。
主人公の前向きな性格、元気になる。

EDEN/エデン(2014年製作の映画)

3.8

2部構成 一部はポールのクラブへの駆け出しから成功 2部はクラブミュージックと乖離していく。うまい構成になってた。ポールの人生を覗き見している感覚。

90年代のクラブで楽しむカルチャーは新鮮で青春だ
>>続きを読む

はじまりのうた(2013年製作の映画)

4.0

ホントにいい話。
キーラナイトレイの歌声綺麗すぎる。
街並み、雰囲気、音楽が全部好き

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

4.3

個人的にはとても良かった。2を超えたと思う。
トム・ホランドのフレッシュさが清々しい。高校生活の甘酸っぱい時間も描かれていて、単なるアクション映画ではなかった。
ニューヨークの景色などをもう少し観たか
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.8


音楽と映像とアクションが最高に融合している。

主人公のイヤホンから流れる音楽が、自分もその場で実際にイヤホンに聞いているような感覚になった。そしてリズムに乗ってしまうテンションあがるBGMに身体が
>>続きを読む

ヴィンセントが教えてくれたこと(2014年製作の映画)

3.8

最後のシーンに涙。
人は見かけによらず。
オリバーと交流して行く中で、ヴィンセントの人柄が変わっていく。心温まる話。

ミラクル・ニール!(2015年製作の映画)

2.0

サイモンペッグが好きで観たけどあたしには🤔うーんかな。

わたしを離さないで(2010年製作の映画)

3.8

苦しくなる。
生きるって、人間の価値って?考えさせられる

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(2017年製作の映画)

3.0

記録。
そんなに悪くはなかった。もう少しテンポ良くして、虹村兄弟のところや康一くんのシーン描いて欲しかった。
伊勢谷友介演じる承太郎はかっこいい。
これ、ジョジョシリーズ知っていないと入り込むの難しい
>>続きを読む

マダム・イン・ニューヨーク(2012年製作の映画)

4.5


【学ぶのに遅すぎることはない、前向きになれる作品】
★★★★★(5段階評価)
========
インド映画ってやっぱり面白い。今回は結婚して子供を持つ女性、シャシ主人公。英語を学ぶために姉のいニュー
>>続きを読む

イエスマン “YES”は人生のパスワード(2008年製作の映画)

4.0

物事は考えてイエスという、引き受けるものだなと。そして運がついてくるって感じなのかな。ちょっとしたギャグがあって面白い

シンプル・シモン(2010年製作の映画)

4.0

幸せな気分になる作品。
スウェーデンの映画は初めてかも。
アスペルガーの男の子が主人公なんだけど、不器用ながらも兄への愛を伝えようと必死なところがよい。

銀魂(2017年製作の映画)

3.5


ギャグを入れつつ禁止ギリギリのところまで撮影されていて福田雄一ワールド全開

ムロツヨシと佐藤二朗のところは笑えるよね。
新井さん演じる岡田似蔵、菜々緒のまた子はアニメキャラに似てた。

>|