ちは

ちは

1992年生まれ。世田谷からお送りしてます、映画通信。ネタバレにならないよう個人の感想、印象を残します

1〜5で評価。★

ミラクル・ニール!(2015年製作の映画)

2.0

サイモンペッグが好きで観たけどあたしには🤔うーんかな。

わたしを離さないで(2010年製作の映画)

3.8

苦しくなる。
生きるって、人間の価値って?考えさせられる

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章(2017年製作の映画)

3.0

記録。
そんなに悪くはなかった。もう少しテンポ良くして、虹村兄弟のところや康一くんのシーン描いて欲しかった。
伊勢谷友介演じる承太郎はかっこいい。
これ、ジョジョシリーズ知っていないと入り込むの難しい
>>続きを読む

マダム・イン・ニューヨーク(2012年製作の映画)

4.5


【学ぶのに遅すぎることはない、前向きになれる作品】
★★★★★(5段階評価)
========
インド映画ってやっぱり面白い。今回は結婚して子供を持つ女性、シャシ主人公。英語を学ぶために姉のいニュー
>>続きを読む

イエスマン “YES”は人生のパスワード(2008年製作の映画)

4.0

物事は考えてイエスという、引き受けるものだなと。そして運がついてくるって感じなのかな。ちょっとしたギャグがあって面白い

シンプル・シモン(2010年製作の映画)

4.0

幸せな気分になる作品。
スウェーデンの映画は初めてかも。
アスペルガーの男の子が主人公なんだけど、不器用ながらも兄への愛を伝えようと必死なところがよい。

銀魂(2017年製作の映画)

3.5


ギャグを入れつつ禁止ギリギリのところまで撮影されていて福田雄一ワールド全開

ムロツヨシと佐藤二朗のところは笑えるよね。
新井さん演じる岡田似蔵、菜々緒のまた子はアニメキャラに似てた。

わたしはロランス(2012年製作の映画)

3.8

ロランスの感情が画面を通じて伝わる。性とは愛とは何かを感じる。

胸騒ぎの恋人(2010年製作の映画)

4.0

恋人か性別を変えたい。といってきたら自分はどう対応するだろうと思った。

ドラン、それにしても映像や流れる音楽に酔いしれる。1つ1つのシーンが綺麗。

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

3.8

お腹がすく。
音楽とシーンのテンポ、観ていて楽しい
ツイッターの拡散で再興していく感じが良いね。
父と子の仲の良さを見てハッピーな気分になれた

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

4.0

内容深かった。人間ドラマ。
悲しいというのか。。
これ自分が主人公と同じ立場になったらどうするのかと考えていた。
主人公と甥っ子の何気ない生活のシーンは観ていて心温まる。

今の状況と過去を遡る記憶が
>>続きを読む

プラダを着た悪魔(2006年製作の映画)

4.5

仕事頑張ろうって思える。
仕事を取るか好きなことを取るか。
16歳で観てほんとよかったと思う。
バリバリ仕事をしたいって、これ観てから思ったのかも。荒波にもまれながらも必死になって夢のために働く女性っ
>>続きを読む

Mommy/マミー(2014年製作の映画)

4.0

母になったら教育についての考え方とかがかわりそうだなっって思った。
障害の喜怒哀楽の激しい子供に対して、真正面から向かい合い、不器用ながらも愛情を感じる人間味のあるストーリーだった。

何と言っても映
>>続きを読む

ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013年製作の映画)

3.8

3時間飽きずに観れた。
やましいことをすれば、身から出た錆として返ってくる。

パディントン(2014年製作の映画)

3.5

パディントンかわいい。
コメディ要素があって、ストーリーもわかりやすい。

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

5.0

ボストンマラソンのテロ事件
ドキュメンタリー映画。事件から犯人を捕まえるまでの警察FBIの取り組みや事情、二時間ぎっしり詰まってた。

当時の写真や動画を交えながらで、リアルさが伝わり始終緊張感。
>>続きを読む

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

3.8

子供を思う母の気持ちがなんとなくわかった。ゆっくりと5人のストーリーが進んでいく。
いい作品だった

百円の恋(2014年製作の映画)

4.0

20代で観といて良かった。女は本気になれば変われる。

前半と後半の安藤サクラの体型が全然違うのだが調べたら1週間で体重落としたのだとか。ストイックさがわかる。

ブルックリン(2015年製作の映画)

4.5

いい作品だった。
アイルランド出身の若い女性が職を得るために、母と姉の元を離れてブルックリンへ。

わからないけど離れるときが留学するときの自分と重なってほろりと涙。

自分がここにいるのは全て選択な
>>続きを読む

グッドモーニングショー(2016年製作の映画)

2.5

期待したほどではなかったが、長澤まさみアナウンサーもいいな

奇蹟がくれた数式(2015年製作の映画)

3.5

実話が元に作られたのか。
数式を解いたのがインド人。才能を認めてもらうのにも人種差別が絡んでたんだなと思うと、辛くなる。

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

4.0

記録
すごく深い映画だった。
ヒトラーかタイムトリップしたら…
好む人嫌う人いるのは当たり前で、ヒトラーの力がすごく分かる。

コメディを交えて笑えるところもあって観御耐えあった。