Rossoさんの映画レビュー・感想・評価

Rosso

Rosso

登場人物の人柄と生き方に尊敬の念を抱けると
軒並み評価爆上げ

映画(527)
ドラマ(0)

リトル・フォレスト 夏・秋(2014年製作の映画)

3.5

申し訳ないけど橋本愛よりちょびっと出るらしい松岡茉優ちゃん目当てでした。あとキム・テリさーんのリメイク前に予習をね。

まあなんというかスローライフなんだけども、物凄く試行錯誤重ねて考えて工夫して、湿
>>続きを読む

消された女(2016年製作の映画)

3.0

作品を彩る数々のおどろおどろしさと保護者2名と医師1名が許可したら本人の意思なく精神病院ブチ込めるで という韓国のとんでも合法胸糞展開という僕得だった映画。ま韓闇深(また韓国闇が深すぎる)。

しかし
>>続きを読む

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

3.2

久々に観た直後に何にも文字に落とせないやつでした。
確信持って言及できる点が少なすぎる... というか分からん!!

というのも映画内での出来事を全て現実ベースで捉えると限界があるんですよね、
どうし
>>続きを読む

暗黒女子(2017年製作の映画)

3.8

匙投げレベルでハマらないか、及第点か くらいと思いきや、
そのラインを超えて僕は好きでしたね〜いやはや。

粛々と進行される主観朗読劇がすべてなので、うん? と思う要素をストックしつつも基本的に考察す
>>続きを読む

我は神なり(2013年製作の映画)

4.5

怪作であり秀作であり傑作!
これなんだよ、これ!
新感染のヨン・サンホ。前日譚のアレはクソだったからアニメーションはあかんのかと思いきや、クッソ好きだわこれ。
ヤン・イクチュンが声当ててるのもポイント
>>続きを読む

デスプルーフ in グラインドハウス(2007年製作の映画)

3.3

完全に好みの問題だし俺が悪いのは分かり切っているんだが、スカッとしなかったねえ〜

やばーい、うける、最高、とかランダムで適当に相槌するしかないような薄っぺらい奴らの薄っぺらい会話を耐えてからの1度目
>>続きを読む

パニック・ルーム(2002年製作の映画)

3.5

パニックルームってそういう感じか。てっきり勝手にパニックルーム内からの脱出みたいなストーリー想定してたから、え?ここ?狭っ!と拍子抜けしたが、まあ代わる代わるな力関係に流れるような展開に自然と刮目よ、>>続きを読む

死霊館のシスター(2018年製作の映画)

3.2

まあ心臓に悪かった。
典型的ビックリホラー。
最低限筋書きは通ってるし、面白いかつまらないかで言ったら面白いんだが、映像と音で恐怖を醸し出す一辺倒だった感は拭えないな。

ご心配なくちゃんと ツッコミ
>>続きを読む

俳優は俳優だ(2013年製作の映画)

3.3

所々もったいないし展開も読めしかしないがビュンビュン進んで中々見入ったね〜。

キム・ギドク脚本だから視聴な節あったけどもよお、
開始から1時間くらい経過した後の

マ!ドンソク!!

の登場からの
>>続きを読む

処女の泉(1960年製作の映画)

3.4

これは宗教観によって相当解釈が分かれそうだなあ〜

僕みたいな無宗教&むしろ何かを熱心に信仰している方々に形容し難い違和感さえ感じる人種からすると、あまりにも滑稽だな という感想になってしまいますね。
>>続きを読む

スポットライト 世紀のスクープ(2015年製作の映画)

3.1

実話であることがすべてよ。
ちょうど本日もオランダのカトリック教会が聖職者の性的暴行を65年間隠蔽していたニュースが出回りましたね、世界各地でワールドワイドでね、組織ぐるみで蔓延っているんですね。悲し
>>続きを読む

パッション(2012年製作の映画)

3.4

君に読む物語のレイチェル・マクアダムスが役的に大っ嫌いなんだが、今回の役もこれはこれでクソほど殺意ポイント高え。
これもうレイチェル・マクアダムスのせいなのか?

前半のいや〜な女特有ネチネチ嫌がらせ
>>続きを読む

屍者の帝国(2015年製作の映画)

2.8

細谷佳正さん目当てです。
かっけーんすよ、しかも上手くてしゅき。
とは言え設定に興味が湧いたのも事実でね、肉体労働者や兵士にちょいと屍者を再利用して経済回すスタイル(タクシー運転手や1987で市民ボコ
>>続きを読む

クヒオ大佐(2009年製作の映画)

3.4

これが実在人物モチーフか〜
まあ映画の中での堺雅人の演技や表情でコミカルさや憎めなさを醸し出すことにはある程度成功していると思いますが、現実問題相当タチ悪くねえか...笑

松雪泰子みたいな女は本当に
>>続きを読む

1987、ある闘いの真実(2017年製作の映画)

4.4

待ち望んでいました。
公開初日特攻です。
自分でも引くほど驚いたんだけどちょっと涙流れましたね、お嬢さんで魅せてくれたキム・テリがトリガーでした。
とんでもねえぞ、キム・テリサーン。

トガニ、弁護人
>>続きを読む

少女(2016年製作の映画)

3.7

え、普通に面白いぞ。
冒頭の壇上卒業式オマージュか?なハズレ臭漂う演出から無事抜け出して相関関係がだんだん繋がる様はさすがや。
因果応報に対する徹底さがすげえよ。登場人物それぞれ。ええ。

と同時に
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

3.2

この手の映画は当初結構敬遠してたんですがズートピアでその偏見は間違っていたと素直に見直し、TOHOシネマズ行くたびに、ぼぐだぢの山崎紘菜たそがイルミネーションイルミネーション言うからな、ついつい期待し>>続きを読む

マガディーラ 勇者転生(2009年製作の映画)

4.0

ディーラ!!ああ至高!!
バーフバリのそもそも世界観が好き な人種なのでもう劇場一択よ、金曜にチケ手配と思ってピカデリー探ったら土曜がすでに満席で急ぎ日曜手配っす、同志は多い(確信)

そのバーフバリ
>>続きを読む

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

3.7

マーティンが不気味すぎてもうもうもう!!

ヨルゴス先生の作品ですからね、身構えて楽しみに視聴しましたが、特に何も起こらない超序盤からすでに不穏な空気感がビシビシとね、マーティン役のバリー・ゴーガンの
>>続きを読む

海にかかる霧(2014年製作の映画)

3.8

これでもかってくらいに負のルート辿る辿る...
韓国は好きっすねえこういう陰鬱絶望人間本質屑系。

素直に賞賛したいのは、まああらすじも何も入れずに視聴した身としては展開が読めなかった。
何度「エッ!
>>続きを読む

オオカミは嘘をつく(2013年製作の映画)

3.8

これ、平均評価は高くないしフォロワー様誰一人レビュー書かれてないけれども、なかなか良かったぞ〜!?

3人の子どもがかくれんぼしていたら、一人の女の子が靴だけ残して消えてしまって、根拠はよく分からんが
>>続きを読む

プリデスティネーション(2014年製作の映画)

3.9

ほよよよ〜〜〜
僕ってSFモノとか“時空へ逃げても追いつめる”とかそういうの結構です...な種族なのですが、
思い返せばミッション8ミニッツとか時間離脱者とかは結構ハマったし、友人の好レビューも拝見し
>>続きを読む

母なる証明(2009年製作の映画)

4.0

胸糞よくできておる。
これもまたすげえわい。
ポンジュノへの評価がまた上がってまう。

母性は狂気。
トジュンとジョンパルの運命分岐ルートが“母”なのほんと切ないっす。

冒頭の???なダンスシーンも
>>続きを読む

祈りの幕が下りる時(2017年製作の映画)

4.1

私このシリーズの麒麟の翼がピンズドでございまして、ドラクエ5のゲマの言葉を借りると「子を想う親の気持ち」ってやつに極めて弱いんですが、今作...。
あんまり語るとこれネタバレになるんですけど、今作もま
>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

2.8

夏休みだし実家帰省中(寄生虫と掛けてます)なので、こちらでしかできないTV放映録画という便利機能用いて深夜鑑賞へ。
なお原作未読。あらすじすら知らない勢です。

ん〜〜
面白かったと言えば、そこそこ面
>>続きを読む

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

3.5

無事夏休み突入ですし、頭空っぽでワクワク見れそうなのを と選択。
及第点は超えてきましたな。

すげえ〜〜〜 とか
でけえ〜〜〜 とか
こええ〜〜〜 とか
くさそう〜〜 とか

楽しく観劇できました。
>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

2.2

これはいかん、、、
バケモノの子もあまりハマれなかった中、ぼくらのウォーゲームの監督だものとそれでも期待を持っての鑑賞でしたが...

とにかくぶつ切れなんですよ。
短編集か何かか?と疑いかねないスト
>>続きを読む

スラムドッグ$ミリオネア(2008年製作の映画)

3.0

なんか思ってたのと違った感は拭えないな。
クイズやその駆け引きではなく、ジャマールの壮絶な生い立ちへのフォーカスがメインなのね。
スラム、恐るべし。
なかなか惨くて慄いた。

どんな逆境でもラティカへ
>>続きを読む

美しい星(2017年製作の映画)

3.8

皆さんおっしゃる通り難解。
あらゆるメタファーが散りばめられているのは何となく感覚的には感じ取れる、しかしそれをストーリーとして紡ぎあげられない、そんな感じ。非常にもやもや。

なのに何でかなあ〜
>>続きを読む

ANTIPORNO アンチポルノ(2016年製作の映画)

2.5

んああハマれなかった。
冷たい熱帯魚は狂おしいほど好きで、恋の罪や自殺サークルもまずまずだったから、自分園子温イケるとおもてたんやがなあ...

主演の子を使ってみたい、脱がしてみたい、日々感じてる女
>>続きを読む

デジモンフロンティア オニスモン古代デジモン復活!!(2002年製作の映画)

2.2

ええ、デジモン世代です。
その中でもこれは観たはずも記憶が定かでないので鑑賞。

序盤、テンプレとはいえ描き方が上手かったですよ。
片方しか見えてない、つまり視野が狭いと誤解が生まれて争いに発展してし
>>続きを読む

ヒックとドラゴン2(2014年製作の映画)

4.0

舐めてかかって視聴したら度肝を抜かれたヒックとドラゴンの2作目、5年後のバーク島。
もうね、最初の数分のドラゴンレースに興じるバーク島と女になったアスティ及び美しい映像美ですでにおじさんウルウルきちゃ
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.7

もうもうもう待ち遠しくて仕方がなくてな!
TOHOシネマズ新宿公開初日しごおわ速攻直行22:30スタートにダッシュよ!!
スクリーンもデカいわ席も予約開始即手配でベスポジ万全さ。

一方あまりにも評判
>>続きを読む

飛べ!ダコタ(2013年製作の映画)

3.5

ほーん、イイハナシダー。
しかも実話ベースかい!

定期的に視聴してしまう、いわゆる悪徳無慈悲暴力韓国映画(褒めてます)で人として生まれて恥ずかしいとか思う気持ちを中和させる作用があるくらいには、人っ
>>続きを読む

ヒックとドラゴン(2010年製作の映画)

3.7

ジャケ、もっとなんかあったやろ。。。
勧められてから視聴に至るまでどれだけ年月費やしたよ...

いや〜非常に良かったですよ。
ヒックの要所での振る舞いや行動がたまらんね、ええ。
おま、悪くねえよ で
>>続きを読む

或る終焉(2015年製作の映画)

3.6

これもまた絶望ビデオかしら。
理不尽と不条理がすぎるのう。

中盤のセクハラ認定されるアレ、
本当になんつーか家族がそれ言うか...とね。
まあなんと表現すればいいやら、ちゃんと相手に向き合ってない者
>>続きを読む

>|