Rossoさんの映画レビュー・感想・評価

Rosso

Rosso

登場人物の人柄と生き方に尊敬の念を抱けると
軒並み評価爆上げ

映画(449)
ドラマ(0)

ジェーン・ドウの解剖(2016年製作の映画)

3.6

うおお、思ってた3倍は怖かったわ震えた。

序盤から中盤にかけての解剖で
サスペンス的な謎解き的な、なんか怖さよりは奇妙さが勝ってたんですが、あらゆる伏線を使って怖がらせにくる後半及び終盤は普通にちゃ
>>続きを読む

告白(2010年製作の映画)

4.3

昔一度観て うわお芦田愛菜...!!こんなところで ってなったはずなんだが、思い出そうとするとどうしても伊藤英明の“悪の教典”が出てきてしまうんで再視聴。

うわお能年玲奈...!!こんなところで出て
>>続きを読む

CURE キュア(1997年製作の映画)

3.4

萩原聖人の不快感すげえわ。
全編を通して静的なんだが一瞬たりとも気を抜けない緊張感っつうのかな、支配されてまいましたね。ええ。

説明しすぎないことが功を奏してますね、ラストも惨劇は見れなくても十分想
>>続きを読む

マイ・インターン(2015年製作の映画)

4.5

舐めてた、本当に舐めてた。
アン・ハサウェイがロバート・デニーロ部下にするってなって、
「いやいや70歳って...笑 」って偏見抱いてたのと同じかそれ以上にこの映画を舐めてた。
ファッション高評価だと
>>続きを読む

偽りなき者(2012年製作の映画)

4.2

「それでもボクはやってない」を視聴したんでね、今作の視聴も解禁ですよ。

予想を超える胸糞。
「それでも〜」では主人公の背景や人柄を知らない警察や検事、裁判官が相手ですから、偏見が勝って信じてもらえね
>>続きを読む

ソウ(2004年製作の映画)

4.4

時を経て再視聴。
オチを知らないで見たときの革命的なアレが物言いますけどね、
2回目でも十分ゾクゾクしましたね。好きだ...

ラスト数分の ぞわーっ と鳥肌立ってきてしまう感な、すげえよな。
好きす
>>続きを読む

招かれざる客(1967年製作の映画)

3.6

シドニー・ポワチエ兄貴が実父に浴びせた言葉がもう正にぐうの音も出ないほどの爽快感よ。

まあ年代踏まえると実に繊細で禁忌なテーマに特攻されましたね、各々の揺さぶられる心情もよく描かれておりました。
>>続きを読む

それでもボクはやってない(2007年製作の映画)

4.1

はい胸糞。
ただもう僕のこの身が朽ち果てるまでにこの構造に正義の鉄槌が下ることはないだろうから、
いかに自分を守って生き凌ぐかですよね。
本当にやりきれねえ...2時間ちょいでさえ息苦しいのに、被告人
>>続きを読む

渇き。(2013年製作の映画)

3.9

ガチで圧巻。目が離せなかったし他のこと考えられなかったよなんじゃこりゃ...!!

お話以前にキャスト!
ちはやふるのドS先輩の清水尋也くん目当てでしたが予想を超えてグッときてしもうた...
藤島..
>>続きを読む

ワイルド わたしの中の獣(2016年製作の映画)

3.4

さすがドイツの変態は一味違いますねえ。

ただただ頭のおかしい人が狼とイチャコラするゲテモノエロ映画だと思っちゃ大間違い。
ベースは純愛。
おなご特有の、好きな人と一緒にいたい触りたい共有したいが原点
>>続きを読む

最低。(2017年製作の映画)

3.2

ほ〜〜〜〜ん
いや、3人の女性を代わる代わる映してAVと関わることで自分が周りがどう変化しどんな感情が渦巻くのか みたい点は上手いな見せ方が。と素直に受け入れられましたが、
パンチがないというか極めて
>>続きを読む

アトミック・ブロンド(2017年製作の映画)

2.7

スパイ映画か。
じゃあ隙を見て一撃スナイパー必中で静かに恙無く殺すもんかと思いきや、とにかく殴る殴る蹴る殴ると武闘派なシャーリーズ・セロンに唖然...笑

容赦ない暴力シーンは爽快感さえありますけど、
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.6

魅力的なジャケ写ずっと気になってましてね、ついに借り申しましたけども、
ど直球下ネタオンパレードでなんかもうダメでしょ...(大好き)

冒頭、ジャケにもなってるアレ、
そういうことか〜笑
なんかもう
>>続きを読む

バイバイマン(2016年製作の映画)

1.7

ジャケ写がピーク。
内容はお察しって感じかね。

バイバイマンあれこれに振り回される様がね、なんかつまんねえんだよなあ。

予想を超えてこないというか、ただ無策に怯え焦るだけというか、特にどんでん返し
>>続きを読む

先生を流産させる会(2011年製作の映画)

3.3

マザー!で今月の胸糞映画ダントツ1位確定やと思いきや、これまた超絶胸糞ぶち込んできやがった。

お前ら、本当に人か?
ってくらい残酷でな、
当人たちですら、なんかキモいとかいう ああそうですか とは到
>>続きを読む

廃棄少女(2011年製作の映画)

2.5

本編を観る前にこっちを観るという暴挙をね。

う〜ん、さっぱり分からない。
のだけれども得体の知れないガスマスクと小汚い少女が闘う様を似つかないピアノメロディに乗せてなかなかどうして見入ってしまう魅力
>>続きを読む

お嬢さん(2016年製作の映画)

4.5

狂い魅せられた愛しすぎている映画なので、劇場絶頂から1年ぶりの自宅鑑賞ですよ。

改めて丁寧だなと。
素晴らしく引き込ませる上手い見せ方だなと。
感心しましたよ〜最高。
知っていても第1部のラストは衝
>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

3.7

は〜〜〜〜吐き気を催すほどの胸糞!ふぁっく!ふぁっく!

皆さんご指摘の“聖書準拠なメタファーだから” で捉えれば、まあ声を荒げることもないですし、むしろうまく表現してるな〜に収束できると思うんですけ
>>続きを読む

ソウル・ステーション パンデミック(2016年製作の映画)

1.8

なんと地元ツタヤが14泊15日やってくれちゃったんで纏め借りしましたよ〜
インドアに過ごせ っつう思し召しやなこれもはや。

震えるほど良かった新感染の前日譚!
だけれどもアイアムアヒーローの前日譚は
>>続きを読む

デジモンアドベンチャー/ぼくらのウォーゲーム!(2000年製作の映画)

4.2

YouTubeにて期間限定公開されちゃさすがに寝るかと思ってたとしても再視聴するしかねえだろ!

いや〜先見の明がありすぎる。
ワールドワイドに子供達がメール&メール、まあ今で言うSNSですよね、20
>>続きを読む

本能寺ホテル(2017年製作の映画)

3.2

実家で地上波録ってたのでね、まあ堤真一と濱田岳でなければこの手の設定は基本受け付けないんで観ないのですが。

という低めのハードルスタートでもこれといって感銘を受けるポイントはなかったかな〜、なんかも
>>続きを読む

復讐者に憐れみを(2002年製作の映画)

3.3

韓国版ダンサーインザダークですかってくらいに分岐ルートを悉く破滅に向かう様が何とも救われねえな...

韓国映画にはありがちな紛うことなき徹底的悪は、今作いなかったと解釈。
掛け違えの重なりで情緒を制
>>続きを読む

おんなのこきらい(2014年製作の映画)

3.5

いや〜〜〜。
高山よ、高山。
森川葵演じるきりちゃんよりカタルシス溢れてるのは高山です。

きりちゃんの気持ちも同情はし難いけど分かるっちゃ分かる。

なんだけども高山が差し伸べた一縷の光に甘え過ぎだ
>>続きを読む

裸のジャングル(1966年製作の映画)

3.9

掘り出し物すぎる笑
いったい僕は何を見ているんだろう、でも目を離せないって感覚よ。

ストーリーはいたってシンプル。
象牙か何かが欲しくて未開の地にぞろぞろ乗り込んだら先住民がいて、下に見てあしらおう
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.5

素晴らしき圧巻ミュージカル!
劇場で観るべきレベル達しておりますね、良かった...!!

良かったんだが、ミュージカルとキャスティングが良かったのであって脚本はどうなんやろなこれ...
王道っちゃ王道
>>続きを読む

ルーム(2015年製作の映画)

3.7

いやこれジャック役のジェイコブくんの天才具合に平伏すやつですよ...!!
おま、本当は何才なん?
世界を知り尽くしているからこそできる演技か、ジャック同様ガチで世界を知らないか(んなわけない) でない
>>続きを読む

ちはやふる ー結びー(2018年製作の映画)

3.9

上の句で上げて下の句で下げて、結びで大幅に上げてきたなあと。
これぞ青春の真骨頂ですよ、あ〜死にてえ。

開幕は結構暗雲立ち込めてたんですけどね、
ええ...三角関係的なやつ?
難あり1年を懐柔やつ?
>>続きを読む

ドーン・オブ・ザ・デッド(2004年製作の映画)

2.5

がっこうぐらし大好きマンで、アイアムアヒーローや新感染もツボに嵌りすぎた私ですが、
やっぱりゾンビ映画が問答無用で好きなわけじゃないんだなあと。

今作はなんだか映画っつうよりゲームな感じがしてな、
>>続きを読む

エマニエル夫人(1974年製作の映画)

1.3

うーんよく分からなかったな。
千葉ロッテ前監督伊東勤氏が2017オールスター試合前練習で発した「全員ロッテだ...」と同じトーンで「全員エッチだ...」と言えるのかと期待もしたがそこもパラデスに終わり
>>続きを読む

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

3.8

太古の昔に観て いいな〜 って思った感想しか覚えてないため再視聴。
結果、良い映画でしたな。

フォレストの真っ直ぐな生き方よ...!! 真っ直ぐにしか生きれないって本来この腐った社会ではかなりなディ
>>続きを読む

ライアー ライアー(1997年製作の映画)

3.5

圧倒的且つ圧巻のジム・キャリー。これに尽きる。
てかこれしかねえよ。笑

本当にエターナル・サンシャインの主演と同じ人なんすかねえ案件だな、まあこちらが素に近いのはNG集より自明の理やけど。

マック
>>続きを読む

絶対の愛(2006年製作の映画)

3.3

これぞギドク作品よ。
後味...笑

僕のアッラーであるハ・ジョンウ大先生出演ですから観ないわけにはいきません。

NHKの神コンテンツ:ねほりんぱほりん で整形する女の気持ちをある程度落とし込んで視
>>続きを読む

ピクセル(2015年製作の映画)

3.0

どうせ空っぽツッコミ満載クソ映画やろ?と2点台つけるつもりで借りたんすけど、清々しいほどそれに振り切れてて逆に良かったっすね笑

もうなんでもあり なんですよ。
考えたら負け。友達のいないデブ童貞ゲー
>>続きを読む

猫の恩返し(2002年製作の映画)

3.4

開幕作画で「ああダメかも...」っとなってしまったディスアドバンテージを深みあるキャラが活きている様で持ち直してきましたなあ〜、面白かった。
(作画は2002年だから...の擁護論は新海誠で論破ね。)
>>続きを読む

ハルフウェイ(2008年製作の映画)

3.3

いや〜日付変わる前に気絶するように寝たかと思ったら5:30に目覚めてもう寝れないんだもんな
訳わからねえな、ってことで朝映画よ。

これも過去視聴歴あり。
なお中3の春休みにバルト9にて劇場視聴よ、経
>>続きを読む

麒麟の翼 〜劇場版・新参者〜(2011年製作の映画)

4.5

これ初視聴は僕が就活に先駆けてインターンとか行き始めた頃なんで大学3年とかかな。
全然寝れる気がしない日にふと見始めたら死ぬほど心を抉られてね、思い出深い作品です。

そんな映画を同じく全然寝れねえど
>>続きを読む

>|