OSUーPさんの映画レビュー・感想・評価

OSUーP

OSUーP

マッドマックスにガチハマしすぎてV8!V8!しか言わないOSUーP(オスピー)です。ニート気質のデザイナー。マイペースで集中力ないためよく寝ちゃうのですが単館系大好物。B級映画も大好き。

映画(65)
ドラマ(0)

セッション(2014年製作の映画)

4.9

いやぁーー素晴らしい!

フレッチャーの教育法や人格の是非に関しては何も言わない。
あれ、ただのサイコパスだもの。

ただ、アンドリューはドラマーとしての自分の「成長」のためにフレッチャーを使うことを
>>続きを読む

ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール(2014年製作の映画)

3.9

音楽の才能と悪魔的魅力を持つメンヘラ少女イブと、彼女に振り回される健気なポンコツ少年ジェイムス、ちょっと足りないかわい子ちゃんキャシー、三人の恋と友情を70年代英国のハゲ可愛ファッションで彩ってお送り>>続きを読む

アイスマン 超空の戦士(2014年製作の映画)

1.8

あーいやだいやだこの映画大っ嫌い…!!!

「特殊身分」といい、近年のドニー・イェン(以下ド兄さん)はなんでこう仕事選ばないんだろう!?

冬眠してた中華ソルジャーが現代で大暴れ!っていう荒唐無稽な設
>>続きを読む

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015年製作の映画)

5.0

#ネタバレ及びキモオタ警報発令

この完璧な映画の全体的キレキレ具合に関してはみなさん充分言及してるので割愛だが、まず私は叫びたい。
あの愚かでひたむきで美しいウォーボーイズの少年
「ニュークスを養い
>>続きを読む

ナイトクローラー(2014年製作の映画)

4.5

ども…僕です しばらく社畜ってました。

久々に映画館に足を運んだ今作…いやー最高のサイコパスサクセスストーリーでしたね。

序盤、鉄クズパクってその日暮らしする底辺のギレンホが
「僕は勤勉な人間で覚
>>続きを読む

ジャージー・ボーイズ(2014年製作の映画)

4.8

やばばばばばばばこれ最高!!
私が世界一尊敬する漫画家の荒木飛呂彦が(イーストウッドの大ファン)、彼の新しい本の中で
「良質な漫画は、世界観、テーマ、魅力的なキャラクターの3つの要素が、絵という最強の
>>続きを読む

かぐや姫の物語(2013年製作の映画)

2.9

うん…なんだろうこの盛り上がりきらない感じ。

内容には文句ありません。

きっと私はこの手描き水彩タッチの画風があまり好きでないのです。
デフォルメされた首と手足の短いヒロインも、さらに寸詰まりのじ
>>続きを読む

希望の国(2012年製作の映画)

3.4

架空の土地を舞台に、災害にあった一家の生き様が園監督らしく時に不謹慎ギャグで、時に直球ヒューマンで描かれる。
震災直後に作ったとあって荒削り感はあるが、監督の情熱を行動に移すスピードには相変わらず痺れ
>>続きを読む

深夜食堂(2015年製作の映画)

4.7

震災をテーマにした社会派の一面もありつつ、私のイケメン四天王の一人小林薫の天使のような魅力が炸裂する佳作(はーと

ドラマ最終回でいきなりマスターが画面のこっちを見て「みんな、劇場版観てくれるかい?」
>>続きを読む

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ(2015年製作の映画)

1.3

金持ちイケメンがもさい美少女を見初めて監禁(笑)なんかこの話知ってるなぁ…って既視感が凄いと思ってたら、自分が中学生の時、寝る前にしてた妄想ラブストーリー(毎夜連載)にそっくりってことに気づいたwまる>>続きを読む

偽りなき者(2012年製作の映画)

4.6

好きなフォロワーさんたちが軒並み高得点でレビューしていたものの、自分は苦手だろうなぁと回避してたのでクリップファイルの中でいつまでも消えない作品だったのだが…勇気を出して観て良かったです。

とりあえ
>>続きを読む

私の男(2013年製作の映画)

4.4

「自分の親父と恋愛」なにそれ即死系呪文?
自分の父親の大杉漣に牛乳をかけたような顔が浮かんで一瞬卒倒しかけて、この映画絶対無理だわと思ってましたが…浅野忠信と二階堂ふみの演技が上手すぎて、厄介なことに
>>続きを読む

キル・ビル Vol.1(2003年製作の映画)

4.6

ヘビロテしすぎて脳内再生余裕!
タランティーノが好きな人集めて好きなように作ったエゴ・ジェットコースター映画。
日本人役の日本語が一切聞き取れないとか、血糊の量多すぎて切られた腕ホースみたいじゃね?と
>>続きを読む

ワン チャンス(2013年製作の映画)

3.0

有名な元携帯販売員のオペラ歌手のサクセスストーリー。
友人に何かモヤモヤしたから見てくれと言われ視聴。うん、なんかモヤモヤしたw

普通にいい話だと思うんだけど、この映画のポールに限っては、周りに恵ま
>>続きを読む

變臉(へんめん)/この櫂に手をそえて(1996年製作の映画)

4.7

老人は息子が欲しかった。
少女は、ただ愛されたかった。

このキャッチだけでもう泣けるッ!!!かなりの名作なのにDVD化されてないのが疑問。実家のVHSもたぶん擦り切れてますねw最近めっちゃ観たいんだ
>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014年製作の映画)

3.8

サム・ライミのスパイダーマン以外のアメコミはノーサンキューな私だが、アメコミ好きの友人に連行されて鑑賞。普通に面白かったのでびっくりした。
で、今日「汚物やババアや惨めな主人公の映画じゃなく普通の楽し
>>続きを読む

鉄くず拾いの物語(2013年製作の映画)

4.0

ボスニア・ヘルツェゴビナで差別を受けながら貧困生活を送るロマ民族の一家の話。
父ちゃんは、鉄くずを拾ってそれをお金に換えて家族を食わせている。
生活保護なし、保険なし、貯金もちろんなし…かなりのハード
>>続きを読む

コーヒーをめぐる冒険(2012年製作の映画)

4.2

コーヒー飲みながら鑑賞。
そこそこハンサムで頭も悪くないのに、いまいち生きるパワーが弱く、アウェー感のある主人公。無職でとにかく暇はあるから、色々な場所に出かけては、ひと癖ある人に絡まれる。生来の優し
>>続きを読む

シアター・ナイトメア(2013年製作の映画)

1.0

ロバート・イングランドさんの顔芸に1万点、あとは0点。

職を追われたベテラン映写技師のじいさんが、映画館をラブホ代わりにするバカップルに制裁を下す!シネコンを舞台に、バカップル主演のリアルホラー映画
>>続きを読む

ベガスの恋に勝つルール(2008年製作の映画)

2.5

頭カラッポリア充同士の恋愛ほど見ててイラつくものはない。

失業と失恋の痛手を負った男女が、ラスベガスで意気投合!酔った勢いと場ノリで結婚しちゃうんだけど、男は不潔でだらしない仕事嫌い、女はワーカホリ
>>続きを読む

夏の終り(2012年製作の映画)

3.4

満島ひかりの昭和的セリフ回しが可愛い!「だって好きなのヨ!」とか「私ってダメなのネ」とか語尾をカタカナで書きたくなる感じ。

基本的にはひかりが食堂でひとり詫びしく中華そばをすすってる姿とか、桃にたか
>>続きを読む

孫文の義士団(2009年製作の映画)

4.5

孫文を守るための義士団となった熱き男たちの物語。犬死にがこれほどかっこいい映画もそうないかと。前半はそれぞれのキャラの戦う理由や夢なんかを丁寧に描写しておいて、後半次々に見せ場を作って死なせていく…っ>>続きを読む

大丈夫日記(1988年製作の映画)

3.8

今やスキンヘッドでワイヤーアクションしてるチョウユンファですが、何十年か前はファッツァイなどと呼ばれ香港電影城にブロマイドが付いたりするアイドル男優でした。

「男たちの挽歌」的な2丁拳銃アクションを
>>続きを読む

エクソダス:神と王(2014年製作の映画)

3.8

スペクタクル聖書大作「ノア」が大嫌いだった私。この映画は「ノア」系だという噂を各方面から聞いて、ガクブルで映画館に足を運びました。
が、やはりこの巨匠はヤンチャだった。大人しく宗教映画撮ってるタマじゃ
>>続きを読む

ムード・インディゴ うたかたの日々(2013年製作の映画)

2.4

ゴンドリーお得意の可愛らしく摩訶不思議な世界観は相変わらずだけど、まずオドレイ・トトゥもロマン・デュリスもこの役には老けすぎていてミスキャスト。
20歳そこそこの若くて美しくて愚かな2人が人生の暗部に
>>続きを読む

ST赤と白の捜査ファイル(2015年製作の映画)

3.7

うん!何かとても尊いものを観た気がします。

赤城と百合根の相変わらずのホモホモしさと中の人の安定の演技力。
多くを語ると腐になってしまうのでやめておきますが、根幹は「アデル、ブルーは熱い色」の男版と
>>続きを読む

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

4.6

この映画好き!好きって言いたーーーーーーい!!!!
と開始5分で思った最強美術可愛い映画。

衣装、セット、小物、タイトルデザイン、何から何まで丁寧に作り込んでて、どの場面で一時停止してもポストカード
>>続きを読む

ぼっちゃん(2012年製作の映画)

3.6

サイタマノラッパーでおなじみの水澤紳吾の怪演と、ファンキーな大友良英の音楽が良かった。

秋葉原連続殺人事件をモチーフにしているが、それはスパイス程度で、いつものこの監督の底辺群像劇(ハードコア版)だ
>>続きを読む

KILLERS キラーズ(2013年製作の映画)

3.1

インドネシア映画。

国境を越え、超絶イケメンシリアルキラー北村一輝の魅力炸裂!
日常に潜むため紳士的に振る舞う昼間の姿と夜の狂気美、オンオフが素晴らしいw
殺した相手の返り血でお髪をオールバックにし
>>続きを読む

ロスト・アイズ(2010年製作の映画)

3.6

スペイン発サスペンス・ホラー。

目が見えない妹の自殺を他殺と確信した主人公が、妹と一緒にいたという「男」を探し求めるが…誰も男について覚えていない、記録がない。

数少ない目撃者(こいつらが風貌胡散
>>続きを読む

WIN WIN ダメ男とダメ少年の最高の日々(2011年製作の映画)

4.2

冴えない弁護士のおっさんがボケたじいちゃんの後見人になったところ、麻薬中毒の母親に追い出されたじいちゃんの孫が訪ねてきて、さあ大変!
まったく期待してませんでしたが、地味にめっちゃいい映画でしたわ!派
>>続きを読む

TOKYO TRIBE(2014年製作の映画)

3.6

今20代後半〜30代の一部のメンズには思春期に多大たる影響を与えたであろうサブカル漫画が、我らが園監督の手によりお祭り系カルト映画に!
主人公勢は空気、ライバルメラの行動理由はギャグ改変、竹内力演じる
>>続きを読む

アップルシード アルファ(2014年製作の映画)

3.7

中田ヤスタカ信者なので観ましたw

CGアニメーションでしか表現できない、独特のポップさがありつつリアルな映像美。
実写に合成するとイマイチ感があるだろうけれど、全編CGだけで構築するなら世界水準では
>>続きを読む

ウォールフラワー(2012年製作の映画)

4.8

うわぁああぁあああああ
なんて清らかな映画なんだ!
汚れきった私もすっかり浄化、否、除霊されました。

心に傷を持ち引っ込み思案なため、人生においての「壁の花」だったチャーリーが、自分を見出してくれた
>>続きを読む

MAMA(2013年製作の映画)

2.3

ジャパニーズ文化大好きのギレルモ監督のプロデュースするホラーと聞いて借りてみましたが、中途半端で期待はずれ。

MAMAは「リング」の貞子や大ヒットホラーゲーム(笑)「サイコブレイク」のラウラのような
>>続きを読む

スペル(2009年製作の映画)

3.6

些細なきっかけで逆恨みしたババーが、若い娘に呪いの汚物テロを仕掛けるという、レディース実録漫画のような陰湿なネタなのに…サム・ライミの手にかかるとここまでの抱負絶倒B級ホラーに!

虫の大群、血、泥水
>>続きを読む

>|