ChihoGさんの映画レビュー・感想・評価

ChihoG

ChihoG

ありきたりじゃものたりない

映画(273)
ドラマ(0)

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

のっけからチェロ的な音の重み
押しつぶされそう泣きそうになって。
産み出したのは貧困と母親のせい
だけどでにーろの言ったエゴと甘えが
私の中の正論
そんな現実的な世界に生きてる奴には
殺してお持て成し
>>続きを読む

工作 黒金星と呼ばれた男(2018年製作の映画)

4.0

どうしようもない気持ちになるシリーズ
ただのリアリティ
はじめは字を追うのに必死
途中もうドキドキしてすごいいや
最後は嗚咽
貴乃花

アクアマン(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

お魚のお話かと思いきや
兄弟喧嘩
圧倒的戦闘しーん

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

プリちゃんの演技は、神がかっていたけど
すべては
伏線だと思ってたのに感満載

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

究極に愛注がれても
ダメな男に惚れてしまう
歪んでる
でもわかる

大阪弁とそうじゃない人がいるから
入り込めきれなさ

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

-

子役最強
ワクワクドキドキしたのに
で、結局感満載

サバハ(2019年製作の映画)

-

なんだかよくわからなかったけど
それは、生きていた

シンデレラ(2015年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

あの歌はでてこやんかった
ビビデバビデブーも

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

あのカメラアングルなんなんやろ
あの人怪演やったなぁ
最後の最後に無意味な争い
みせつけらて
どんよりした

翔んで埼玉(2018年製作の映画)

4.0

埼玉を異国に置き換えてみたとき
なんとも人種差別の惨さと
明るい光の指す
GACKTの良さ引き立つ作品なり

グリーンブック(2018年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

アカデミー賞の中で
すごく納得のいく最優秀賞

パッドマン 5億人の女性を救った男(2018年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

パッドの話はともかく

ハリーせつなすぎる
こーゆー男ほど罪な男よ。

プレデターズ(2010年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます

おかしいおかしいと思いながら
ヤクザが日本刀でタイマン張り出したときは
投げ出そうかと思った
あの人裸足やで


金曜ロードショー

>|