ピュレグミさんの映画レビュー・感想・評価

ピュレグミ

ピュレグミ

映画(209)
ドラマ(2)
  • List view
  • Grid view

イコライザー(2014年製作の映画)

3.7

派手なアクションものやヒーローものはあまり好まないのですが、これは主人公がとてもカッコよく、スカッとします。
主人公は、弱き者に優しく、自身の事は多くを語らず、最初から最後まで常にカッコいいです。
>>続きを読む

ヘイトフル・エイト(2015年製作の映画)

3.8

長いセリフ劇のはずなのに長く感じない。
登場人物が多いのに、混乱せずにそれぞれのキャラが立っていて覚えやすい。
さすがはタランティーノ監督だなと思いました。
(少し前に観た大林監督の『理由』とは真逆で
>>続きを読む

パッセンジャーズ(2008年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

読後感?のよい作品でした。
サスペンスとの謳い文句もありましたが、ヒューマンドラマのようなラストでした。
とは言え分かりやすい違和感が続くので、ラストのオチも想像が出来ました。(『シックスセンス』や『
>>続きを読む

パラレルワールド・ラブストーリー(2019年製作の映画)

2.5

個人的にはサスペンスも好きだし、途中〜ラストに掛けてどんでん返しがくる展開も好きで、「好きの要素」はたくさんある作品です。でも何故かあまりハマらなかった。

眠りの森~新参者・加賀恭一郎~(2014年製作の映画)

3.0

映画の『新参者』シリーズが好きで、このスペシャルドラマも観たいと思ってました。
事件とは関係ないですが、TBSのドラマなのに仲間由紀恵さんを持ってくるなんて粋だなぁと思いました。

駆込み女と駆出し男(2015年製作の映画)

4.0

大泉洋さん好きにはたまらない作品です。
強く逞しい女性たちの姿も素敵だし、クスッと笑えて爽快なラストもよかったです。

小さいおうち(2013年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

不倫を題材にした映画はあまり観ないのでわからないのですが、これは観やすいのではないかなと思いました。
黒木華さん演じる、若い女中のタキさん目線だからでしょうか。
彼女は出過ぎないし、詮索もしない。けれ
>>続きを読む

理由(2004年製作の映画)

2.0

原作人気に反してレビューの低さが気になって鑑賞しましたが、結果多くのレビュー通りの感想に辿り着きました。
始まった瞬間に嫌な予感もしました。最初のあのやたら長い導入は物語に不要。
そして物語が始まって
>>続きを読む

ピンクとグレー(2016年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

昔映画館で観て、たまに「また観たいな」と思うものの、配信系ではあまり取り扱いがないなと思っていたらまさかのTELASAで配信されてたので再鑑賞。
既に結末は知っていたので他の方のレビューを読んだら、中
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

実際に起きた暴動と事件を元にして描かれた映画。
差別主義の警察官が酷いのは当然として、視聴後のやるせなさが大きい。
白人の黒人差別は酷い。でも街中の店舗を襲っていいのか?暴力に暴力で、犯罪に犯罪でやり
>>続きを読む

チェンジリング(2008年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

少年を誘拐して猥褻行為をし、その後虐殺した犯人たちもとても酷いけれど、この映画で描かれるロサンゼルス警察の怠慢と汚職まみれの実態がとにかく酷い。(映画では描かれていませんが、実際は誘拐したあとで少年た>>続きを読む

シンドラーのリスト(1993年製作の映画)

5.0

心が苦しくなる映画でした。
でも、観てよかったと思える映画です。
オスカー・シンドラーは、とても素晴らしい人だけれど、この間に600万人のユダヤ人が虐殺された事実は変わらないので、ずっと苦しかったです
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

2.5

映像は綺麗で楽しめました。
でも推理の展開があまり好みではなかったかな。もうちょい推測だけでなく、きちんと推理して欲しかった。

朝が来る(2020年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

俳優さんたちの演技が素晴らしかったです。
ただ、脚本がイマイチだなと感じました。
とにかく前段と回想が長すぎる。
幼稚園でのトラブルや無言電話に悩まされてるシーンを出したらすぐに産みの母親を登場させて
>>続きを読む

罪の声(2020年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

さすが野木亜紀子さん。
素晴らしい脚本でした。
父親の無念を晴らしたい娘としての思いと、子供の幸せを願う母としての思い。そして優しい夫との慎ましい暮らしを守りたい妻としての思い。
これらがぶつかり合っ
>>続きを読む

おとなの事情(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

来春に日本版リメイク作が上映すると聞いて観賞。
まさかの夢オチのようなラスト!
本当にスマホを見せ合うゲームをしていたら、浮気、不倫、性癖、妊娠、嫁姑問題、整形手術、通院、色々なことがバレて関係は終わ
>>続きを読む

イエスタデイ(2019年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ビートルズファンには、もどかしく感じる部分も多いかもしれません。(クイーンのボヘミアンラプソティを想像していたら期待外れです。全く毛色の違う作品です。)
でも、単純にビートルズの音楽に触れる機会として
>>続きを読む

望み(2020年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

好きと思うときはすごく好きだけど、外すときはとことん外す堤幸彦監督作品。
今作は当たりでした。(ただ、最後らへんは蛇足感もありましたので、もっとサラッと終えても良かったかも?)
この手の作品のジャーナ
>>続きを読む

永い言い訳(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

炊事洗濯掃除や散髪、スーツの用意まですべて妻に甘え、気に入らない事への八つ当たり、さらには妻のベッドで浮気までしておきながら、自分宛の「もう愛してない、ひとかけらも」というメールの下書きを見て憤慨。こ>>続きを読む

記憶にございません!(2019年製作の映画)

3.0

ここ最近の三谷幸喜監督・脚本の作品は、どの小ネタも寒々しく感じて観ていられないと思って遠ざかっていたのですが、こちらは評価も高くて気になって鑑賞しました。
最近の作品のなかでは一番良かったです。
一向
>>続きを読む

蛇のひと(2010年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

面白かったです。
永作博美さん、西島秀俊さんが好きで観ましたが、ブレイク前の田中圭さん、ムロツヨシさんも出ていました。
淡々と進みつつ、けれど飽きさせず、物語の世界に浸って最後まで観ることができました
>>続きを読む

ゼロの焦点(2009年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

旦那が最低だった。
やりたいようにやってきて、やることもやっておいて、他に結婚したい人が現れたら理由もつけずに勝手に消える。それが後ろめたいから仕事の面倒をみる?と。まさに女性蔑視の時代の男性そのもの
>>続きを読む

>|