chikaさんの映画レビュー・感想・評価

chika

chika

映画(67)
ドラマ(9)

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

4.0

女性戦士がかっこいい!女性が主体となって活躍する姿がとても良かったです。
そして、政治的な面がとても強かった。

SHAME シェイム(2011年製作の映画)

4.3

ブランドンがシシーへの想いを語ることは無いけれど、シシーを見つめる目や雰囲気からすごく伝わってきた。兄として守らなければならない境界線から踏み出すことなくこの先もシシーへの想いを秘めていくんだろうな。>>続きを読む

アナイアレイション -全滅領域-(2017年製作の映画)

3.5

シマーの中をどんどん進むスリルはあって面白かったけど、結末がよく分からなかった。

メメント(2000年製作の映画)

4.1

時間軸が逆方向で進むカラーの映像と時間通りに進むモノクロの映像。最後までモヤモヤが残る作品でした。難しい。

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

再鑑賞
アスガルドの王オーディンとヘラの本当の話。
オーディンは昔、全てを力づくで支配しようとしていたなんて。ロキと力を合わせてアスガルドの民を救ったけれど、アスガルドは無くなってしまった。次回どうな
>>続きを読む

Love,サイモン 17歳の告白(2018年製作の映画)

4.2

ティーンの多感な時期に自分がゲイだと知って、大好きな家族や友達と暮らしながら息を殺して生活していたサイモン。人を愛する事って素晴らしいこと。誰を愛してもいいよね。
最後にLove,サイモンの意味が知れ
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.0

モヤモヤして苦しい映画だった。
ジョーカーの過去がこんなにも悲しかったなんて...負の連鎖ってあるものなんだなぁ。
きっと本当は心優しい人かもしれない。精神疾患って心の病だと思われるけど脳の機能障害な
>>続きを読む

幸せのちから(2006年製作の映画)

3.8

しっかり稼いで安定したい奥さんの気持ちも、目標に向かって無理かもしれないけど懸命に頑張るクリスの気持ちもすごく伝わってきました。
お金がないと生活できないわけで、教会に並んでいる人々を見て苦しくなった
>>続きを読む

ラブ・アクチュアリー(2003年製作の映画)

4.0

映画の冒頭で言っていたように、世界は憎しみや欲だけではなくて愛で溢れているんだなぁと思いました。素敵な愛の物語があって心が温かくなります。愛することって素敵だなぁ、と。

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.7

再鑑賞
車を運転しながらスマホを見るのは本当にやめたほうがいいと再確認させられました。(笑)
自分の身体が傷ついてしまうと、人の心は壊れてしまうし、支える人は強くあり続けなければならない。
色々と疑問
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.5

家族の絆がとても強くて暖かな家でした。
オギーの優しい目がとても素敵で、周りの友達もとっても優しくて。色々な人の葛藤や喜びが登場人物の目線で描かれていたのでリアルでした。
人には優しくしよう、みんな闘
>>続きを読む

トガニ 幼き瞳の告発(2011年製作の映画)

4.0

苦しいけど、これは現実。
障害のある子ども達は被害に遭っても伝えることができずそのままになっていることも多い。
先生もだけど子どもが1番勇敢だった。

クラウン(2014年製作の映画)

3.5

ピエロが本当に怖くなっていく。
お母さんの勇気が素晴らしかった、2人とも生きていて良かった。

ショーシャンクの空に(1994年製作の映画)

4.8

アンディーの真っ直ぐな目、誠実さ、深い愛情
レッドの広い心、仲間達の友情、どれもが素晴らしくて生きるって素敵な事だと実感しました。
色々考えさせられる問題はあって、罪を犯した人以上に警官が酷いことをし
>>続きを読む

スパイダーマン(2002年製作の映画)

3.7

小学生以来の再鑑賞
自分が見逃した犯人がおじさんを殺してしまって、どれだけ後悔したんだろう。
ゴブリンが仮面ライダーに出てきそうで少し笑ってしまいました。

ルーム(2015年製作の映画)

4.3

ジョイはジャックと2人狭い部屋の中。部屋を逃げ出した時、心から嬉しかった。ジャックにとって広い世界は全て怖くて新しくて、眩しいものばかり。ジョイは過去と戦いながらこれからもジャックと2人幸せに過ごして>>続きを読む

アフター(2019年製作の映画)

3.5

久しぶりの映画鑑賞
真面目な女の子とミステリアスな男の子が互いに惹かれて、愛を育む。トワライライを思い出しました。

ライオン・キング(2019年製作の映画)

3.8

IMAX 3Dで鑑賞。
迫力があって自分がその世界にいるような感覚で楽しめた。「ハクナマタタ」素敵な言葉だな、と。でもストーリーはそんなにしっくりこなかった。

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

3.7

菅田将暉と小松菜奈の儚さと美しさに息を飲む作品でした。2人が美しくて、うっとりした。

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ(2016年製作の映画)

4.0

再鑑賞。
アベンジャーズが世界を救う中、多くの人が犠牲になって苦しんでいる。そんな人達が復讐しにやってくるんだなぁ。バッキーとキャプテンの友情が熱かった。ブラックパンサーやスパイダーマンの伏線が盛りだ
>>続きを読む

キューティ・ブロンド(2001年製作の映画)

4.3

ブロンドの女の子って、とっても魅力的で素敵だけどおバカで男の人に媚びてばっかりっていう偏見を覆す映画。
主人公の素直な心と、タフさと努力できる力が素晴らしいなと思いました。信念を持って、自分を信じるこ
>>続きを読む

アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(2015年製作の映画)

4.5

再鑑賞
ヴィジョン誕生の経緯、ワンダとピエトロ、双子のパワーがどうやって生まれたのか。
キャプテンがソーのムジョルニアを少し持ち上げかけたことや、ホークアイの子どもにピエトロと名付けた事、小ネタがすご
>>続きを読む

キャプテン・アメリカ ウィンター・ソルジャー(2014年製作の映画)

4.0

キャプテンが男らしくて誠実で、かっこいい。
バッキーとキャプテンの今後も気になるところ

ハンガー・ゲーム(2012年製作の映画)

4.2

再鑑賞
映画の暗い雰囲気や、俳優の虚ろげな表情がとても好きだった。

きみがぼくを見つけた日(2009年製作の映画)

3.5

妻は夫を待つ悲しさと、夫は妻を残してしまう心苦しさが伝わってきた。これが運命だけど、大きな障害があるほど2人の愛は強くなるんだろうなぁと思いました。

マイティ・ソー ダーク・ワールド(2013年製作の映画)

3.5

再観賞でした。
時系列順に見直していますが、もう3つ揃ったインフィニティストーン。ソーはやっぱり男らしくてかっこよかった。

わすれな歌(2002年製作の映画)

3.0

初めてタイ映画を鑑賞。
タイの田舎での生活の中から見えてくる美しさが素敵で、ボートを漕ぎながら移動するシーンが私はとても憧れでした。一途に想うって許すことも受け入れることも難しいけど必要なんだな、と。

アイアンマン3(2013年製作の映画)

3.9

再鑑賞でした。
アイアンマンが世界を守る為に多くの事に悩み葛藤していたなんて誰も想像つかないはず。

さよなら、ぼくのモンスター(2015年製作の映画)

2.8

誰もが本当の気持ちを知りたくない時はある。
オスカーが葛藤する姿を見て、苦しさが伝わってくるしお父さんの気持ちも放ってはおけなかった。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

4.2

再鑑賞

良い映画だった。クイルの探し求めていたものは案外近くにあって大きな愛に包まれていた。
色んな傷を負った仲間達が最高の家族になる、素敵な作品。

愛の渦(2013年製作の映画)

3.4

色々考える事のあった映画でした。
性に関する事は恥ずかしくて、秘めたいものだけどそれを解放する事で人の心まで裸にすることができる。男女で感覚も違うし感じ方も違うけど交わる時に1つになるというか...
>>続きを読む

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

4.6

最高。本当にこの一言で言い表わせる映画
やっぱりトニーの跡継ぎはピーターなんだろうと思う、愛すべき隣人からスーパーヒーローに。
そしてピーターの想い他人が煌びやかな女の子ではなく普通の女の子というとこ
>>続きを読む

あの頃、君を追いかけた(2011年製作の映画)

4.2

甘酸っぱくて青春ってこういう事だよねって感じた作品。何もわからないまま手探りで想いをぶつけたり、気持ちに正直になれなかったり。
好きな人の幸せを願う事が愛なんだって感じました。

アラジン(2019年製作の映画)

4.0

ストーリーはアニメの方と殆ど一緒で歌はアレンジがあって楽しんで鑑賞できた。
歌の再現が高かったし、ウィルスミスの歌唱力に驚いた。ちょっとCG感があって残念な部分もあったけどノリノリで観ることができる映
>>続きを読む

>|