ゾンビちゃんですさんの映画レビュー・感想・評価

ゾンビちゃんです

ゾンビちゃんです

映画(37)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

シークレット ウインドウ(2004年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

どんでん返しモノ。
途中であれ?もしかしてシューターって存在しない?
って思ってたら、、やはり。
その種明かしするところが面白かった。
??と思っているうちに次々にネタばれしていきます。
終わりかたも
>>続きを読む

パッセンジャー(2016年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

ずーっと前に借りてたDVD 。
やっと観る気になったので観た。
期待はしていなかったが、とても面白かった!
SFモノでサスペンスでもあり、ラブストーリーでもあり。
ラストも良かった。
ハッピーエンドな
>>続きを読む

Mr.BOO!ギャンブル大将(1976年製作の映画)

3.0

公開当時、母と観に行った。
字もろくに、、いや、漢字なんてほとんど読めないのに(笑)
でも、凄く印象に残っている映画で所々の場面やあの妙にご機嫌な主題歌も覚えてた。
その後大人になって観たけど、さらに
>>続きを読む

ミッドナイトクロス(1981年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ジャックがサリーを見つけ、難を逃れ悲鳴の声優に抜擢されてチャンチャン!
かと思いきや、まさかのバッドエンド。
このタイプの映画にしては意外なラストだった。

裏窓(1954年製作の映画)

3.5

何十年振りかの鑑賞。
内容はわかっているから置いとくとしても、、やはりこの時代はいいね!
ファッション、建物、家具、全てが素敵。
カラーの色合いも当時はこんな素敵な色をしてたをやじゃないかとさえ思えて
>>続きを読む

飾り窓の女(1960年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

モノクロ作品。
よくある話ではあるが、ラストはどうなるかと思ったら…まさかの夢オチ。
夢オチの手前で終わらせたらよかったのに。

第9地区(2009年製作の映画)

3.5

随分前に購入して観たが、イマイチだった映画の見直し。
あの時全くわからなかった意味がやっとわかった。
こういう話だったのね。
エイリアンの動きと戦闘シーンの出来がヤバイ!
言葉も喋るし、観ていたらエイ
>>続きを読む

そして父になる(2013年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

泣けはしなかったが雰囲気だけは良い映画だった。
テレビ版だからカットが多かったのか、話が飛んでて意味がわからない部分があったのが残念。
で、やっぱりこうなるよね~、のラストだった。
5年も一緒にいる子
>>続きを読む

ピクセル(2015年製作の映画)

3.0

ゲームの世界に入るとか、この発想は凄い!楽しい!
途中の話し合いの場面はダレるしイマイチだけど、いろんなキャラが出て来て戦うところは面白い。
キラキラして綺麗だし、崩れてキューブ?ピクセル?になるとこ
>>続きを読む

デビル(2011年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

エレベーターに閉じ込められた共通点のない5人。
そして一人、二人、と次々と何者かに殺されていく。
犯人は何者だ!この中にいる誰かなのか!!
みたいな感じ。
やっぱりこういうのって、一番犯人に遠そうな人
>>続きを読む

ファイナル・デッドサーキット 3D(2009年製作の映画)

3.0

もうね、これはコメディだろ。
死に方はどれもエグくてハラハラドキドキしてたけど、途中から笑えてきた。
いい具合に?ネジが緩んでたり、いい具合に?物が散乱していたり(笑)
本当だったら管理がずさん過ぎる
>>続きを読む

極道の妻たち(1986年製作の映画)

4.0

いや~岩下志麻がカッコいい!
そして、美しい!
惚れ惚れしますわ。
実際の姐さん達が本当にこんなしゃべり方かは微妙だけども、独特な言い回しで真似したくなります(笑)
ファッションや小物も80年代臭さ爆
>>続きを読む

極道の妻たち II(1987年製作の映画)

2.0

前作とは違うもの。
と、わかってはいてもやはりキャスト、内容など迫力負け。
今回の姐さんは十朱幸代。
嫌いじゃないが、声は高いし、見た目にも迫力が無さすぎる。
やはり極道の姐さんには迫力を求めてしまう
>>続きを読む

ドアーズ(1991年製作の映画)

4.0

ドアーズのボーカル、ジム・モリソンの半生。
観ていてとても痛々しかった。
一言で言い表すなら、酒!ドラッグ!女!ロケンロー!ですな。
シラフの時がないんじゃないか?ってくらいに常に飲んでる。
映画以上
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

一日で映画安いし、レビューも高いし、スピルバーグだし、で映画を観てきた。
正直言うと、そこまで評判の高さがわからなかった。
確かに映像は素晴らしいし、観ていて飽きないスピルバーグらしいワクワクする映画
>>続きを読む

リベンジ・トラップ/美しすぎる罠(2015年製作の映画)

3.0

う~ん。
話に厚みがない。
肝心なリベンジの最後がサラッと終わるので、どう復讐したのかがわからない。 
殺したのはわかるんだけど、その過程があっさり過ぎる。 
満を持しての復讐だろ!?
あんなんでいい
>>続きを読む

ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち(2015年製作の映画)

3.0

ティム・バートンらしいダークファンタジー。
映画館で観るときっと、もっと、ワクワクするんだと思う。
最後に皆が持っている不思議な力で敵と戦うところが面白かった。
しかし巨人と双子が気持ち悪い。

オブリビオン(2013年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

SFモノは映像がキレイ。
SFモノのどんでん返しは自分がロボットやクローンだった…。
とかが多いよね。
これもそんな感じの映画です。
映像や建物の造りが好きなので他のSFモノも観たいな。

メイズ・ランナー(2013年製作の映画)

3.5

以前、映画館に観に行ってからの3が近々公開ということで観直し。
ワクワクする展開ではあるけれど、珍しく?覚えてるシーンが多かったのでこんなものかと。
しかし巨大な迷路、というか壁にはワクワクが止まらな
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.5

観終わって、まず、、第一章かい!!
調べたら来年第二章があるらしい。
やっぱり。 
何故なら昭和のITは上下二巻あったもの~。
やたら長い映画だな、と思って観た覚えあり。
ピエロはやっぱり怖いね。
>>続きを読む

ファイナル・デッドコースター(2006年製作の映画)

3.5

何回目だろ?
やっぱりこういうの好きだなぁ~。
次から次へと襲いかかる逃れられない死。
スポットが当たったら死ぬのは確実!
どうせみんな死ぬんだろ!?
わかっているけど面白い。
しかし、トラップ的に人
>>続きを読む

フローズン(2010年製作の映画)

2.0

このレビューはネタバレを含みます

暑いので寒くなろうと鑑賞。
始まりはポップだったのに、全く救いようのない映画だった。
やっとリフトから飛び降りたのにオオカミに食べられたりするし。
二人とも最後があっけなさ過ぎて唖然。 
しかも、リフ
>>続きを読む

ゴーン・ベイビー・ゴーン(2007年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

これは考えさせられた。
誘拐に見せかけてつれさられたアマンダは、それに関与していた警官の元で何不自由なく暮らすか、男とドラッグに溺れているジャンキーな母の元に戻るのが正しいのか…。
結果、警察の汚職を
>>続きを読む

母なる復讐(2012年製作の映画)

3.5

韓国映画。 
テーマがとても重い。
母親役の哀しみの演技が凄い。
子供役の子も迫真の演技だった。  
個人的には復讐するならあれではダメだと思う。
憎くて殺してやろうと思うならすぐに殺すのではなく、苦
>>続きを読む

悪魔は誰だ(2012年製作の映画)

3.5

やはりこのジャンルに関しては、日本映画は完敗だと思わざるを得ない。
いつもながらよく出来てる。
そういう展開かー!と納得してしまった。

殺人の告白(2012年製作の映画)

2.5

韓国映画。
期待して観たが、、ダメだった。
他の韓国映画にも言えることだけど、ちょいちょいコメディ要素入れるのはやめてほしい。
笑えないし、そういうの求めてないので。
最初にグッと引き込まれはしたけど
>>続きを読む

ユージュアル・サスペクツ(1995年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

これまた何年振りか。
途中の話はこんからがってわかりにくかったりするのだけど、ラストが観たくてまた鑑賞。
解放した後、徐々に嘘に気づいていくところがたまらんねぇ。
きっとまた何年か経ったら観たくなるの
>>続きを読む

鬼畜(1978年製作の映画)

3.5

何十年振りかの鑑賞。
昔観ていたのが強烈だったからか、いろんなシーンを覚えてた。
岩下志麻が赤ちゃんの口に無理矢理ご飯を突っ込むシーンや、父親役の緒形拳が子供に毒入りパンを無理矢理たべさせようとするシ
>>続きを読む

北北西に進路を取れ(1959年製作の映画)

3.5

引きたさかれたカーテンだと思って間違えて借りたやつ。
これまた何十年振りかの鑑賞でした。

ABC・オブ・デス(2012年製作の映画)

1.0

これは酷い。
いろんな監督が【死】をテーマにし、アルファベット順に作った短編のオムニバスもの。
面白かったのはTOILETぐらいかな。 
あとはひたすらエログロでとにかく汚い。
スプラッターに耐性があ
>>続きを読む

ゾンビ/米国劇場公開版(1978年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

最近「ウォーキングデッド」や「Zネーション」を観ているので久々にゾンビものの原点が観たくて鑑賞。
今観るとメイクや血糊、臓物などはリアルさに欠けるのは仕方ないとしても、スーパーに籠るとかよそ者が荒らし
>>続きを読む

あん(2015年製作の映画)

3.0

2月25日鑑賞
一番肝心なとこで寝てしまい話について行けなかったからか、あまり感情移入が出来ませんでした。

いきなりおばあちゃんがあんな感じでフラっと来たら怪しいでしょ。
しかも自家製のあんこを持っ
>>続きを読む

白鯨との闘い(2015年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

全くの知識無しで観てきました。
邦題は「白鯨との戦い」ですが、「生との戦い」でもありますね。
遭難→生きぬく為には…
普遍的な問題です。
個人的には白鯨との戦いよりもそっちに重きをおいて観てしまいまし
>>続きを読む

ザ・ウォーク(2015年製作の映画)

3.5

3Dで観て来ました。


こんな馬鹿(失礼)なことを実行した人がいるなんて!ちょっと気になる!
ジョセフ・ゴードンだし!
と気軽に観に行きましたが、思ってたよりもシリアスでした。
警備を掻い潜って設備
>>続きを読む

>|