ちきさんの映画レビュー・感想・評価

ちき

ちき

ブロマンスと女が不幸になる映画が好き

  • 77Marks
  • 0Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

イヴサンローラン(2010年製作の映画)

2.0

淡々としたドキュメンタリー。
歴史的な資料のような映画でした。華々しいショーの映像にうっとり…

グッモーエビアン!(2012年製作の映画)

2.5

三吉彩花とのんの仲良し女子中学生コンビがとにかく可愛くて眩しくて目が潰れそうになりました。
他のキャストも全員素晴らしかったです。やはり大泉洋のコミカルなシーンには笑わせられました。最後のライブシーン
>>続きを読む

オペラ座の怪人(2004年製作の映画)

1.5

うーーーん…
ストーリーに魅力を感じず…
それ以外はわりと良かったんじゃないでしょうか?

西の魔女が死んだ(2008年製作の映画)

3.0

優しく美しい作品。
森が繁る田舎の古びた洋風の一軒家で、自家栽培した野菜や果物を食べながらゆっくり生きている祖母と、学校の人間関係に傷ついた中学生の女の子との生活が丁寧に描かれます。
私も主人公のまい
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

3.0

ギャグシーンが多く、終始楽しく鑑賞できました。
この兄弟喧嘩ずっと見てられる…

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

2.0

映像もさすがに凝ってて素晴らしいし、役者の演技も素晴らしかったですが、ストーリーにイマイチ入りこめず…

クヒオ大佐(2009年製作の映画)

3.5

実在する結婚詐欺師のお話。
純粋な日本人なのにアメリカ軍人を自称し、杜撰なでたらめを繰り返す言動に笑ってしまいます。
騙す方も、騙される方もバカじゃないの?と嘲笑していると、ストーリーが進むにつれて笑
>>続きを読む

冷たい熱帯魚(2010年製作の映画)

4.0

まさかの実話…こんなことが実際に起きていたなんて…印象的だった「ボディーを透明にしちまえばいいんだよ」ですらも…

音がすごく良いなぁと感じました。主人公の気持ちが見事に音としても表現されています。
>>続きを読む

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN END OF THE WORLD(2015年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

シキシマ・エレン・ミカサの三角関係のくだりや、ラストのエレンとミカサ、アルミンとサシャがカップル風になってる画面、すごくダサい!
前編にも見受けられましたが、無駄な恋愛要素の追加って、漫画原作の映画で
>>続きを読む

進撃の巨人 ATTACK ON TITAN(2014年製作の映画)

1.0

巨人が街を襲うシーンは結構良い感じでしたが、それ以外が全てお粗末です。
原作のファンですが…もうそんなこと以前に、運びが雑過ぎてどのキャラクターにも全く感情移入できず、ツッコミどころが多過ぎてストーリ
>>続きを読む

斉木楠雄のѰ難(2017年製作の映画)

2.5

見事な顔芸でした!
橋本環奈ちゃんは銀魂から引き続き頑張っていましたが、山崎賢人もあそこまでの変顔を見せてくれるとは…!正直、見直しました。
もっと燃堂と海藤と楠雄の友達3人の絡みや、斉木家3人の絡み
>>続きを読む

血と骨(2004年製作の映画)

2.5

暴力で全てを支配する父親と、それに振り回される家族や愛人たちの物語。
なにもかもが生々しく、救いがなく、見ていてひたすら辛くなります。
終始目を覆いたくなる展開が続きますが(こういう人、いるんだろうな
>>続きを読む

ロマンス(2015年製作の映画)

3.0

悪いところは全くなかったけれど、ストーリーがあるようでないので、結果的に見終わった後なにも残らなかった。
大島優子の演技は良かった。彼女とヒモの彼氏、同僚、そして大倉孝二演じるおじさん、それぞれとの関
>>続きを読む

ヒミズ(2011年製作の映画)

4.0

とにかく主演の二人が素晴らしい。
原作未読ですが夢中になって見てしまいました。主演二人のぶっとんだキャラの怪演が最高です。
ぐわぁんぐわぁん頭に響く、あるいは鼓動が逸る効果音や、閉塞感に苦しむ主人公の
>>続きを読む

凶悪(2013年製作の映画)

2.0

う~ん実話なのか…と思わず唸ってしまう。
ピエール瀧とリリー・フランキーが圧巻の演技。
アナ雪の吹き替えでオラフをやっていた人と、そして父になるでアットホームなお父さんをやっていた人とは思えない悪役ぶ
>>続きを読む

愛のむきだし(2008年製作の映画)

3.0

「良い!」と「嫌!」の真逆の感情が同時にわく作品でした。
キャラクターは魅力的だし、心象風景の映像センスも好きで、バカバカしくて笑えるシーンも素直に楽しめたんですが…。
パンチラへのこだわりが強すぎて
>>続きを読む

はさみ hasami(2010年製作の映画)

2.0

美容師を目指す専門学生たちの青春群像劇。
主人公の池脇千鶴演じる教師が、優しさと熱意をもって生徒たちに接していきます。
生徒たちのためにできることを模索し続ける教師たちの姿には感動と尊敬の念を抱き、そ
>>続きを読む

ひぐらしのなく頃に 誓(2009年製作の映画)

1.0

原作ファンです。
前作よりは良くなっています。
コスプレ感満載だった制服を一新したのは英断。レナの髪型も前より良い。
ただ内容は原作を知っていないと理解できない不親切設計です。続編をつくるつもりだった
>>続きを読む

ひぐらしのなく頃に(2007年製作の映画)

1.0

原作ファンです。
実写映画化には肯定的な方なのですが…こ、これは擁護するのは難しいですね…
全てが中途半端。妙なところは原作に忠実なのに、大事なところは不様に改変しちゃってる。原作の良さをことごとく殺
>>続きを読む

十三人の刺客(2010年製作の映画)

4.0

いやぁ~~~~面白かった!!!!
正直、三池監督のセンスが苦手で、三池作品は鑑賞を避けていたので「これホントに三池さんか??」と疑ってしまうほどでした。

前半の見るに耐えない残酷なシーンは三池監督っ
>>続きを読む

エイプリルフールズ(2015年製作の映画)

3.0

面白かったですが、古沢さんの脚本にしては普通だったかな?もっと面白くできるはず!と期待しちゃいます。
リーガルハイのあの人が登場してくれたのは嬉しいサプライズでした!

神さまの言うとおり(2014年製作の映画)

1.0

無慈悲で残酷な展開が繰り返されますが、全体的に漂う薄っぺらくチープな雰囲気のせいか、終始なんの感情もわきませんでした。無…。
原作は未読なのでよく分かりませんが、見る必要性を全く感じない映画のひとつで
>>続きを読む

ヒーローマニア 生活(2016年製作の映画)

1.5

つまらなくはなかったけど、面白くもなかった。
登場人物には好感がもてたし、無駄な恋愛沙汰でゴタゴタしないのは良かった。

64 ロクヨン 後編(2016年製作の映画)

1.0

原作未読です。
さまざな伏線が繋がって判明する事件の真相には感心させられましたが、前後編合わせてイマイチ腑に落ちない印象。特にラストが意味不明。
豪華なキャスト陣の演技はさすがだったけれど、やっぱり見
>>続きを読む

64 ロクヨン 前編(2016年製作の映画)

1.0

原作未読です。
広報室と記者クラブとの対立は、どちら側にもイライラしてしまい、和解に至るまでの流れにも全くついていけず、納得感のないまま新たな誘拐事件発生。
事件の真相は気になるものの、後編を見たくな
>>続きを読む

闇金ウシジマくん Part3(2016年製作の映画)

4.0

原作未読です。
ドラマシリーズも合わせて一気に見ましたが面白い!
今作はどう見ても与沢翼っぽい男(笑)のセミナーに通う青年を演じる本郷奏多と、あっぱれなほどクズを演じる藤森慎吾のストーリーが同時進行。
>>続きを読む

闇金ウシジマくん ザ・ファイナル(2016年製作の映画)

3.0

原作未読です。
ドラマシリーズも合わせて一気に見ましたが面白い!
今作はウシジマくんの過去と、どう見てもア◯ィーレ法律事務所にいそうな弁護士(笑)が絡むストーリー。
十分面白かったんだけど、どうもウシ
>>続きを読む

闇金ウシジマくん Part2(2014年製作の映画)

4.0

原作未読です。
ドラマシリーズも合わせて一気に見ましたが面白い!
今作は大まかに菅田将暉・中尾明慶と、窪田正孝・門脇麦・柳楽優弥の2つのパートが同時進行。登場人物が多く、おかげで全く飽きなかった。
>>続きを読む

映画 闇金ウシジマくん(2012年製作の映画)

3.5

原作未読です。
ドラマシリーズも合わせて一気に見ましたが面白い!
今作は林遣都と大島優子のストーリーが中心。
気付けた人と、気付いた時にはもう遅かった人。少しの差なのに、辿る末路はこうまで違うのか…。
>>続きを読む

悪の教典(2012年製作の映画)

1.5

不愉快極まりないサイコホラー!
とにかく断続的に不快な気持ちにさせられます。
そういう狙いで作ったのでしょうから、お見事です。
ただ時折出てくる、笑わせたいのか怖がらせたいのか謎な演出や、生き残る気が
>>続きを読む

めめめのくらげ(2013年製作の映画)

1.0

ストレートなジュブナイルもの。
デジモンとかポケモンとか妖怪ウォッチとかそんな類いですね。
途中までは良かったのに、終盤に進むにつれてストーリーがぐちゃぐちゃになっていき、訳の分からない状態に(笑)
>>続きを読む

荒川アンダー ザ ブリッジ THE MOVIE(2011年製作の映画)

1.0

原作未読です。
とにかく意味が分かりませんでした。おそらく山場であろう主人公と父親の対話シーンも全く感情移入できずポカンとしてしまいました。
あの場にいた建設業者さんたちが可哀想でした。

南極料理人(2009年製作の映画)

3.0

シュールなコメディ映画でした。
南極という閉鎖空間のせいで、徐々に溜まっていくストレスで気がおかしくなっていく人間たちがすがるのはやはり食べ物なんだなぁ~。
ラーメンが食べられなくて泣くおじさん…
>>続きを読む

ベイマックス(2014年製作の映画)

2.5

ファンタジックな東京の街並みや、キャラクターたちのダイナミックで繊細なアクションなど、映像は文句のつけどころがなかったです。
ストーリーも全く悪くはないんだけど、ちょっとご都合主義な印象を受けてしまい
>>続きを読む

ガチバン MAX(2010年製作の映画)

3.0

窪田くん主演のガチバンシリーズをまとめて。
ゴキブリの次くらいにヤンキーが嫌いなんですが、意外や意外!このシリーズ結構面白かったです!
ストーリーもちゃんとしてるし音楽もいい!(意外!)

腕っぷしの
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

3.0

3人のピーターの中で一番ピーターっぽい!
現代的かつ等身大のピーターでした。
元々のスパイダーマンのストーリーからはかなり改変されてるけど、大事な骨組みは変わっていないのと、今回はアベンジャーズシリー
>>続きを読む

>|