RAMさんの映画レビュー・感想・評価

RAM

RAM

映画(78)
ドラマ(0)
  • 78Marks
  • 29Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

十二人の死にたい子どもたち(2019年製作の映画)

2.2

名前のインパクトからしてもっとミステリーかと思ったのにみてみてがっかり
結局なにを見せられているかわからないし感動さえもない内容スカスカ
キャストが豪華なだけ

ペット 檻の中の乙女(2016年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

女性の精神異常具合がすごい
早い段階で立場逆転してる

チワワちゃん(2018年製作の映画)

3.6

内容はスカスカだが世界観が好き
チワワちゃんの可愛さは異常だし誰が本当のことを言っているかわからない

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

3.9

今までにない登場人物がほぼ1人のパターン
電話と一人の登場人物で成り立っているのがすごい
映像が変わらずとも話し方、内容でどのような状況か想像ができる
じわじわと全貌がわかっていく所が面白い

娼年(2018年製作の映画)

2.6

Twitterで松坂桃李がガシマンだと話題で気になり視聴
まず始まりからAVか?と疑ってしまうほどの生々しさ
正直最後まで見るのは覚悟がいる疲れる
変わった性癖を持った女が次々に出てくる
間違っても家
>>続きを読む

トワイライト〜初恋〜(2008年製作の映画)

4.0

独特な色彩に完全に魅了される
ヴァンパイアと人間の恋という単純な言葉で一括りにできないほど深い

チャイルド・プレイ(1988年製作の映画)

3.4

幼少期のトラウマになった作品
大人になってから見てみると妙にハマる

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(2005年製作の映画)

3.7

ハリーポッターシリーズは次々に死なないでほしい人を殺す。。。

マレフィセント(2014年製作の映画)

4.3

呪いをかけてしまったオーロラに特別な感情を抱いてしまったのは辛いだろうな

アリス・イン・ワンダーランド(2010年製作の映画)

3.6

実写なのにクオリティが高すぎる
ジョニーデップはやっぱりすごいんだなあ。。

ハリー・ポッターと秘密の部屋(2002年製作の映画)

4.1

初めて見たときどっぷりハマってしまった
ハリーポッターにしかない世界観は本当に魅了される

アラジン(2019年製作の映画)

4.2

実写の中でも最高のクオリティ
字幕だとアニメーションと大差のない良さ
吹き替えだと日本人向けなんだろうなという笑える要素多目だと感じた
3回目にしてアラジンの声が中村倫也だと知った

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

3.7

飛行機で見て涙が出た作品
愛する人が自分の知っている人ではなかったら?なんて考えたことがなかった
騙すまでもただのやましい気持ちでなくちゃんとした辛い過去があったこと、じわじわと謎が解け行くペースが良
>>続きを読む

トリック劇場版 ラストステージ(2013年製作の映画)

3.7

ちょっと入ってるしょーもない下ネタ要素にいつも笑わされるこのシリーズ
水原希子ちゃんが違和感なさすぎる

スプリット(2017年製作の映画)

3.0

23人格ということもあり確実に誰が誰か把握をしていないと一気に話についていけなくなる
途中まではいい感じだったのにビーストが出始めたあたりから現実味が一気になくなり少し残念

ソウ(2004年製作の映画)

3.3

『グロい』というものをみたい人にはちょうどいいんじゃないかなという作品
内容よりも映像のインパクトが強すぎる
じわじわと痛みつけるようなシーンが多いからこの手の感じは苦手な人と大丈夫な人が完全に分かれ
>>続きを読む

>|