みっちゃさんの映画レビュー・感想・評価

みっちゃ

みっちゃ

映画(567)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

2分の1の魔法(2020年製作の映画)

3.4

つまらなくは無かったけどレンタルで良かったなと言う感じ。
インパクトは特にないけどラストはじんわり家族愛と兄弟愛に触れられるので後味は良かったです。

吹替、主演二人は良かったけど母親の声がちょっと…
>>続きを読む

ライブリポート(2019年製作の映画)

2.7

なんというか、全てにおいて雑。
雑な映画でも好きなのは沢山あるんですけど、この映画の雑さは……違うんだよな……
笑える雑さじゃなくてひたすらイライラするような雑さ。
アロエ氏のファン以外は別に見なくて
>>続きを読む

シャーロック・ホームズ 淑女殺人事件(2004年製作の映画)

3.5

事件自体は良いんですがトリックが所謂タブートリックなのが残念でした。
その点除けば私はストーリーもそこそこ楽しめたのでリピありです。
とりあえずキャストファンは見て損はないと思います。
このホムワトコ
>>続きを読む

オールド・ガード(2020年製作の映画)

3.9

不死ゆえの軽装備と被弾を厭わぬアクション良かった、不死とはいえ痛みは感じる設定も好き。
各々が元戦士(新人も海兵隊)であり戦闘時に足を引っ張る要員が居ないのでストレスなく見れて良いです。

女だから男
>>続きを読む

透明人間(2019年製作の映画)

3.7

ラストはちょっと読めましたが、不安を煽ってくる固定画と間の取り方がすごく好きでした。良い不安感。
画の余白の撮り方もうまく、そこに“居る”のか“居ない”のか胸がザワザワする感じも良かった。

加害者が
>>続きを読む

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

4.0

昔から興味が湧かず若草物語は未読だったので(どうなんだろ……)って思っていたのですが、すごく良かった……
久しぶりにこのまま終わらずにもっと観ていたいと思えるくらい好きな作品でした。
過去と現在の色味
>>続きを読む

スケアリーストーリーズ 怖い本(2019年製作の映画)

3.1

うーーーーーーん!!!!って感じだったのでリピなしです。
モンスター造形は良いので子供の頃に見たらちょっとトラウマになったかも。ですがホラー要素は正直イマイチかな
廃墟とはいえ勝手に人のモノ盗る主人公
>>続きを読む

ヘルベンダーズ 地獄のエクソシスト(2012年製作の映画)

2.8

クランシーとクリフトンがメインに居なかったら2度と見返さないやつだろうな……でもそのふたりがメインはっちゃってるから2〜3年に1回くらい見そう。
脚本はょゎょゎで正直面白くないけど、物理攻撃系エクソシ
>>続きを読む

SKIN 短編(2018年製作の映画)

3.8

ラストのしんどさよ。
まだ差別や偏見に染まらぬ子どもたちの心に植え付けられていく憎しみと断絶の種とその発芽までを約20分という短い作品の中にうまく詰め込んでる。
ゾッとするししんどいし辛いですが見る価
>>続きを読む

ハリエット(2019年製作の映画)

3.6

良かった。良かったからこそハリエットの功績をスピリチュアルな神の力のおかげというふうに描くことに違和感がありました。そこがちょっとなぁ……
シンシア・エリヴォの歌声と存在感は流石。
憎まれ役のジョー・
>>続きを読む

エジソンズ・ゲーム(2019年製作の映画)

3.4

そこそこ面白かったけどリピートはしないかなぁ。電流戦争についての知識が殆ど無かったので、知っている人はより楽しめるのかも。少し調べてみたくなりました。
ラスト、エジソンの発明したキネトスコープとキネト
>>続きを読む

金子文子と朴烈/朴烈(パクヨル) 植民地からのアナキスト(2017年製作の映画)

3.5

一部発音や仕草に多少の違和感を感じる部分はあるものの、ほぼ韓国キャストだけで固めてこのレベルなのはすごいと思う。文子役の方とかかなりナチュラルでビックリしました。
テーマ自体はかなり重いのに、爽やかな
>>続きを読む

ANNA/アナ(2019年製作の映画)

3.7

ベッソン自身が観たいシーン撮ってみたいシーンとりあえず全部詰め込みました!って感じなのでベッソン節が好きな人にはとってもオススメ。楽しかったです。
時系列の前後の仕方が微妙に複雑なのでもっかい見返した
>>続きを読む

栄光のマイヨジョーヌ(2017年製作の映画)

4.0

“人間”を感じる撮り方と編集とても良かった。
エステバンの「このチームはとても人間らしいと思う」って最後のコメントがオリカの魅力の大半を表しているんだろうな。
しんどい試練もあるけれど、声を出して笑っ
>>続きを読む

毒戦 BELIEVER(2017年製作の映画)

3.7

イ先生の正体とかは予想がついたしアクションも一部ちょっとキレが悪いかなぁって部分ありましたが面白かったです。
リメイク元も見てみようかな。
ラストは考察が滾る描写で好きです。

クローゼットに閉じこめられた僕の奇想天外な旅(2018年製作の映画)

3.6

周りの人をちょっとだけ救いながらあっちへこっちへ珍道中な明るめロードムービー。
貧困層や不法移民なんかにも焦点を当ててておぉってしました。でも重すぎず見やすかったです。
マリーの衣装が一番好きだけど、
>>続きを読む

ピータールー マンチェスターの悲劇/ピータールーの虐殺(2018年製作の映画)

3.4

歴史的事実に触れるには良い作品だけど、民衆弾圧シーンが胸糞悪すぎてもう見ないと思う。丸腰の市民相手にすることじゃない、人を人と思わない上の人間に反吐が出る。

集会で語られることがザクザクと刺さってし
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ(1984年製作の映画)

3.8

4時間弱の長丁場作品だけど脚本がうまいので体感はそんなでもないかな。
時系列が前後するのですべて頭に入った状態で2回目見たらもっと理解できて印象も変わってくるだろうなぁ……なのでもっかい見たいけど4時
>>続きを読む

G.I.ジョー バック2リベンジ(2013年製作の映画)

3.7

無印あんなにトンチキSFだったのにどうしたの?!って感じでした。相変わらずトンチキしてるけど白兵戦メインになってて個人的には2のほうが好きかな。
カジュアルにロンドン壊滅させられるところや各国首脳陣が
>>続きを読む

G.I.ジョー(2009年製作の映画)

3.6

いい感じにトンチキ。
見始めて早々にクリストファー・エクルストン出てきてめっちゃビックリ。
エクルストンにドクターって言わせるの絶対狙ってるやろ感がすごくて笑いました。
楽しかったけど逮捕シーンあっけ
>>続きを読む

さらば愛しきアウトロー(2018年製作の映画)

3.9

色男は生涯色男なんだなぁと今作のロバート・レッドフォードを見てしみじみ思いました。なんというハマり役だろう。

哀愁や切なさを纏いながらも爽やかでほんのりあたたかい良い作品でした。
フフってできるシー
>>続きを読む

タイラー・レイク -命の奪還-(2020年製作の映画)

3.9

キレッキレのアクションとスタント出身監督故の頭のおかしい撮影方法(褒めてる)による超絶カメラワークを楽しむ作品。
なのでストーリーは至ってシンプルで思う存分アクションに集中できる良い作品でした。
始終
>>続きを読む

ゴールデン・リバー(2018年製作の映画)

3.9

なぜ私はこれ映画館で観なかったのか……
西部劇らしくないけどすごく西部劇。西部劇ってこういう描き方も有りなんだな。
サスペンスではなくどちらかといえばロードムービーとかヒューマンとか、あと見方によれば
>>続きを読む

死霊船 メアリー号の呪い(2019年製作の映画)

2.8

ゲイリーとガルシア=ルルフォが共演してると聞きレンタル。
ストーリーははなからあまり期待してませんでしたが、期待しないどいて正解でした。全体的に浅いというか薄いというか……ホラーもイマイチ。
キャスト
>>続きを読む

オズの魔法使(1939年製作の映画)

3.3

ジュディ観に行く前に予習として鑑賞。
80年以上前の作品とは思えないクオリティの高さと、製作時の黒い裏話のギャップである意味忘れられない作品となりました。
楽曲や衣装が可愛くて好きです。

アヴェ・マリアのガンマン(1969年製作の映画)

3.2

キャストは美男美女揃いですが、脚本のパンチが弱いかな……終盤は特に……
えっそこ深掘りしないんだ?とかその設定必要だった??って箇所がちらほら
リピはしないかなぁ

アクアマン(2018年製作の映画)

3.6

水中のシーンが美しいのでスクリーンで観てたらもっと凄かったろうなぁ。
スクリーンXとかでもやってたんだろうか、あれだとさらに没入感が凄そう。

アーサーがずっとかわいかった。どこか子供じみた表情や言動
>>続きを読む

ワイルド・レンジ 最後の銃撃(2003年製作の映画)

3.7

西部劇といえば砂漠のような荒野というイメージが強かったので緑地帯から始まったのが新鮮でした。
ケビン・コスナー、不器用の極みみたいな男を演じるの上手いなぁ……
ラストの銃撃戦は他の西部劇と比べると派手
>>続きを読む

ミッドサマー ディレクターズカット版(2019年製作の映画)

3.7

通常版鑑賞済みの状態で鑑賞。
仔細が分かりやすくなっていたし、通常版ではまるっとカットされた儀式なんかも出てくるので良かったです。
グロは特に増えておらず、性交シーンや局部のモザイクが外れる程度なので
>>続きを読む

映画ひつじのショーン バック・トゥ・ザ・ホーム(2015年製作の映画)

4.0

笑って泣いてラストはものすごく優しくて、作品としてのクオリティがあまりに高い。
子供向け非言語コミュニケーション作品でここまで描けるアードマンの底力の凄さが身に染みます。

UFOフィーバーはSFネタ
>>続きを読む

3時10分、決断のとき(2007年製作の映画)

3.9

終盤がド好みでした。
すべての感情を背負ったままベンはあのあとも一人で生きていくのかと思うと胸が苦しい。
チャンベとラッセル・クロウ、めちゃくちゃ良かったです。

イコライザー(2014年製作の映画)

3.9

はーーーーーデンゼルがめちゃくちゃにカッコいい。フークア監督による「俺のかっこいいディーを見ろ!!!!!!」という思いがヒシヒシと伝わってきて最高。
元CIAの最強系主人公モノで脚本にひねりがあるわけ
>>続きを読む

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY(2020年製作の映画)

3.6

酒やジュースやタコスを一緒につまみながらハーレイとおしゃべりしてる気分になる映画、楽しかった!!
ハーレイめちゃくちゃ可愛かったです。

字幕翻訳アンゼお前そういうとこやぞ感がちらほらあるのでその点は
>>続きを読む

彼らは生きていた/ゼイ・シャル・ノット・グロウ・オールド(2018年製作の映画)

4.1

モノクロ映像の“遠い昔の遠い国のこと”って感覚が、カラーになった瞬間あんなに現実に迫るのかって思わず鳥肌。
カメラに向かって笑ったりふざけあう彼らは、前線で息絶え腐敗し虫がわく彼らは、フィクションじゃ
>>続きを読む

シャレード(1963年製作の映画)

3.4

OPと終わり方が洒落てて好きです。
ジバンシィのいろんな衣装を着こなすオードリーがキュートでした。

チャーリーズ・エンジェル(2019年製作の映画)

4.0

私が観たかった映画はこれだったんだ。
こんなにも心が沸き立ったまま映画館を出たのは久しぶりな気がします。
心に直接ビタミン剤を打ち込まれるような作品でした。
かっこよくて可愛くてキュートでハンサムでキ
>>続きを読む

>|