chisaさんの映画レビュー・感想・評価

chisa

chisa

映画(3237)
ドラマ(116)

心の旅路(1942年製作の映画)

4.0

記憶喪失、子供を失うとか
とてつもなく辛い現実の話だけど
時代のせいなのか、
描き方や気持ちが
とてもピュア

ラストは良かった

緑の光線(1985年製作の映画)

3.8

景色や、色とか素晴らしいのだけど、自分には、ちょと退屈だった。前よりフランスがそんなに好きでななくなってきてるせいかもしれないけど
夕陽が海に沈む時一瞬緑色の光が見えた

友だちの恋人(1987年製作の映画)

3.9

女子のお喋り映画
自分の例えがうまくないけど
ずっと話している。
よく続く。

ファッションが好き
緑系と青系にまとめた女子ふたりが、泳ごくとき水着の色が逆になってたり、
モノクロでまとめてる日もあっ
>>続きを読む

飛行士の妻(1980年製作の映画)

3.9

終始会話だった。
黙ってても分かるじゃなくて、ちゃんと話すのはお国柄かな。
色合いがやっぱりいい。

海辺のポーリーヌ(1983年製作の映画)

3.6

モンサンミッシェルが近くにある海辺へバカンスに来た
15歳のポーリーヌと従姉マリオン。
マリオンが、恋愛ばかりにあけくれてる感じ
夏の海辺が気持ち良さそう。

ロメール作品ひとつだけ見たことがあって、
>>続きを読む

カメラを止めるな!リモート大作戦!(2020年製作の映画)

3.1

カメラを止めるなと同じメンバーで。仲間内リモート撮影編集。
カメラを止めるなより好きかも

イントゥ・ザ・スカイ 気球で未来を変えたふたり(2019年製作の映画)

3.9

博士と彼女のセオリーを劇場でみてこれも観たいと思っていたけど、、

in to the sky
雲と雪と氷と嵐の中
薄着で、素手、、、
危険がいっぱい

とにかく自然は容赦ない
小さな気球に夢を託して
>>続きを読む

塔の上のラプンツェル(2010年製作の映画)

4.4

癒された。
森がでてくるし、
お姫様とお尋ね者
傷を癒す、時間を戻すていう
シンプルな能力も好き。

一年に一度お姫様の誕生日に灯りを放つていうのがきれいだった。

パリに見出されたピアニスト(2018年製作の映画)

3.6

ありがちなストーリーだったけど、ピアノ愛だったので。
主人公は、好きになれなかったけど、脇のお二人が良かった

クワイエット・プレイス(2018年製作の映画)

3.5

ずーと、音たてたらあかんので、
見てる側も静かーになった。
心臓の音は聞こえないんだろか?
途中少々飽きてしまった

都会のアリス(1973年製作の映画)

4.0

モノクロで、眠気を誘って
最後まで見れなく
最近やっと見れた。
絵になるシーンが多く
好きな映画増えた

小さな世界はワンダーランド(2014年製作の映画)

4.3

シマリスが冬眠までに100個ほどどんぐりを集めている住処に、悪いシマリスが泥棒に入りどんぐりを盗み、しかも襲いにかかられ、色んな生き物に命を狙われながらもまたどんぐりを探す旅に出たシマリスは、最終的に>>続きを読む

わたしを離さないで(2010年製作の映画)

3.6

見ようと思っていて、途中で、みれなくなったりで、やっと最後までみた。
そんなー!
の連続だったけど、
とても綺麗なものを見た気がする

ハローグッバイ(2016年製作の映画)

3.6

なかなか良かったと思う

認知症の人が一人暮らしできるか疑問

函館珈琲(2016年製作の映画)

3.9

時が止まったような街
函館で、書けなくなった小説家が
再生するまでのお話

海で囲まれた函館で
トンボ玉作家と
港町で生まれた(海外)
テディベア作家と
動くものは映らない
カメラ(ピンボールカメラ)
>>続きを読む

ピカソ-天才の秘密/ミステリアス・ピカソ(1956年製作の映画)

4.0

即興で描いて
インクがなくなったら
継ぎ足し
いつまでも見てたい
面白い

蜜蜂と遠雷(2019年製作の映画)

4.3

最後の「おかえり」は
英伝あいを
少女の頃に培った
音楽の世界に
連れ戻したということかな

2回目観たら
ピアノを弾いてる二の腕が
吹き替えの本物の方との違いが
見えてしまうけど、
最後の交響曲は、
>>続きを読む

引っ越し大名!(2019年製作の映画)

3.4

自分が引越しだらけの人生なので、タイトルで、鑑賞
個性的な俳優達が多いのかな

引越し、ネタ的にあんまり面白くないのかも

モスラ(1961年製作の映画)

3.7

イモムシ時代のモスラが
ほんと手作り感大

サナキから蝶?型に成長した
モスラの羽風で、
模型の街並みや車が破壊
打って変わって
人物だけの演技に変わる
合成も見えるんだけど、
手作り感満載

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

3.8

途中から犯人がうっすら分かりはじめたけど、最後になればなるほど、面白かった。

キングダム(2019年製作の映画)

3.6

邦画だけど凄かったと聞いて見ようとして、レンタルし、鍵を外し忘れ、(後で、他のを無料で借りてしまい忘れていたので、みた)
思っていたような感じだった。
ベテラン俳優さんが、お馴染みの顔が多い気がした。

感染列島(2008年製作の映画)

3.0

再見
10年程前に作られた作品で、
民放の二時間ドラマと医療ドラマをミックスした様な内容てはあるけれど、


ワクチンや、使えば治る薬がなく、爆発的に患者が増えた場合
人はなす術が乏しく儚い生き物だな
>>続きを読む

顔たち、ところどころ(2017年製作の映画)

3.9

映画監督アニエスと写真家JRがフランスの田舎町をドライブ旅行しながら出会った人たちにインスピレーションを受取、人たちの証明写真みたいな移動式BOXと巨大プリンターで撮った写真を外壁に貼っていくロードム>>続きを読む

Vision(2017年製作の映画)

3.2

奈良、吉野の山奥
visionという植物を探しに
ジュリエットビノシュが
山守の永瀬正敏と
不思議な婆、夏木マリと出会う。


さらに、不思議な登場人物がでてきました。

夏木マリの踊りがヨガの先生み
>>続きを読む

>|