chloeさんの映画レビュー・感想・評価

chloe

chloe

映画(539)
ドラマ(0)

駆込み女と駆出し男(2015年製作の映画)

3.9

キャラクターが皆、とても魅力的。
満島ひかりの色気、アダっぽさという言葉にピッタリ。大泉洋の安定感のある存在感、そして饒舌さには舌を巻いた。そして、何より戸田恵梨香がとても良い。2年の間の成長を表情で
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.2

音楽とダンス、演出は素晴らしい。映画館で観ると圧巻。ただ、どうしてもストーリーがハマらなかった。

帝一の國(2017年製作の映画)

3.6

原作も読んでおらず、映画自体も期待していなかった分、意外と面白かった。キャラクターがしっかりしていて、徹底した世界観のお陰で、ファンタジーを観ているような感じ。

おとなの事情(2016年製作の映画)

3.8

会話のみの密室劇。脚本がうまく、全く飽きずに観賞。舞台化できそうな内容。お互いに秘密を持たずに生きていくのは、果たして良い事なのか、お互いに傷つけ合うだけなんじゃないか。大人になるにつれ秘密は増えるば>>続きを読む

本能寺ホテル(2017年製作の映画)

2.9

こんなファンタジーがあってもいいなとは思うけど、あまり残らない。

マイレージ、マイライフ(2009年製作の映画)

3.3

人生って、自分一人の為のものなんだけど、一人で生きていくのって辛い時もある。でも、どう生きるかを選ぶのは自分自身。

沙羅双樹(しゃらそうじゅ)(2003年製作の映画)

3.8

奈良の古い街並、静かで音楽を排除した作風、客観的な視点、ドキュメンタリーかと思うようなカメラワーク。
『萌の朱雀』よりも、生身の『人間』に近付いた気がしました。
人それぞれ悩みや問題を抱えているん
>>続きを読む

ヤン・シュワンクマイエル短篇集(1965年製作の映画)

3.3

面白い!!
でも、グロい・・・

やっぱり印象的だったのは「フード」。三部作とも短い作品なのに、ものすごいインパクト。
人間の「食」という行為ってグロテスク。食べることって、性的なイメージと直結
>>続きを読む

ベニスに死す(1971年製作の映画)

3.4

息を飲むような美少年…絵の中から出てきたみたいだった。
彼の視線の先にいる少年。
恋に落ちていくにしたがって揺れ動く、 主人公の心の葛藤や、 不安、むなしさ、期待、昂揚感などなどなど・・・
主人
>>続きを読む

ウール100%(2005年製作の映画)

3.5

不思議でキッチュで、メルヘンチックだけど、少し難解な映画。
「ひろいもの」を大切に大切に台帳に描き、 大切に大切にする二人のおばあちゃん。
二人のおばあちゃん(岸田今日子と吉行和子)が、 とてもか
>>続きを読む

ナインスゲート(1999年製作の映画)

2.0

西洋の、悪魔崇拝とか魔女とか、 あまり馴染みのない、 でも好奇心のそそられる題材だったので、 ちょっと観てみた。
正直、なんか不完全燃焼というか。
こういう、秘密の書が…とか、 その中に謎が…とか
>>続きを読む

SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁(2016年製作の映画)

3.6

大好きなシャーロックシリーズ。
時間設定が行ったり来たりするのも面白かったし、いつものごとく演出やカット割がカッコよかった!

恋妻家宮本(2017年製作の映画)

3.3

あまり期待せずに見たけど、意外と面白かった。阿部寛も天海祐希もうまくて、冴えない普通の人たちだけど、すごくホッコリした。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.8

ともかく音楽が際立って良い!これは皆が良いというわけだ。ストーリーは意外と普通な気もするけど、演出が素晴らしい。

女子ーズ(2014年製作の映画)

3.1

ストーリーは特にないけど、福田監督のユルイ演出で何となく笑ってしまう作品。佐藤二朗は安定。

舞妓はレディ(2014年製作の映画)

3.0

周防監督なので、ついつい笑いを求めて観てしまいましたが、舞妓さんへの成長物語で、なんとも普通のお話でした。
ただ、脇を固めるベテラン達と、主役の子の初々しさで助けられて、見飽きることはなく、楽しく観れ
>>続きを読む

64 ロクヨン 後編(2016年製作の映画)

3.7

若干、原作やドラマと違う演出なものの、前編同様に、手堅く真面目に全員が取り組んでいるのが伝わってくる作品。
この最後もアリだし、前後編併せて、面白かった。

64 ロクヨン 前編(2016年製作の映画)

3.5

重厚で手堅いキャスト。演出も正統派で見応えは充分。
原作読んで、NHKドラマ観てからなので、細かなところまでは映画では難しいけど、それでもきちんと真面目に取り組んでいて、好感を持てる。

バクマン。(2015年製作の映画)

3.0

ストーリーはわかりやすく、映像と音が凝っていて見やすい、いわゆるエンターテイメント作品。
何かにひたすら打ち込む時間は尊いなぁと懐かしくなった。
最後、エンドロールがむちゃくちゃ凝っていて、漫画愛(ジ
>>続きを読む

わたしのハワイの歩きかた(2014年製作の映画)

2.0

何となくハワイに行きたくはなったけど。ストーリーも何だかあるようなないような、中途半端だし、主役の子にも感情移入できないし。そして、加瀬亮の無駄遣い…。

パンとスープとネコ日和(2013年製作の映画)

4.8

いつものメンバーで、いつもの安定した、いい作品。大きな事件はないけど、日々を丁寧に、でも力を抜いて暮らしていきたくなる。ご飯は相変わらずどれも美味しそうだし、猫の入れ方も絶妙。観終わったあとに気持ちが>>続きを読む

大空港2013(2013年製作の映画)

3.3

三谷さんらしい、シチュエーションコメディだった。ドタバタは相変わらずだけど、キャラが一人一人たっていて、面白かった。ワンカットだったとは!!

明烏 あけがらす(2015年製作の映画)

2.9

良くも悪くも、福田雄一ワールド。
でも、この人はやっぱり好きで、細か過ぎる所で笑える。佐藤二朗とムロツヨシはテッパンだが、吉岡里帆が思いの外、良かった。あと、ノリオ役の人の冒頭の下手くそなダンスも良か
>>続きを読む

モンスターズ・インク(2001年製作の映画)

3.8

とにかく出てくるキャラクターが可愛い!意外とストーリーも大人でもハマるし、良かった!

塔の上のラプンツェル(2010年製作の映画)

3.3

ディズニーならではのお姫様的なストーリーではなくて、冒険モノなのは面白い。何よりやっぱり映像は素晴らしい。

アナと雪の女王(2013年製作の映画)

3.3

地上波でやってくれたので、やっと観た。ディズニーらしい繊細な動きはやっぱり凄い。ストーリーも分かりやすいし、オラフも可愛いし、ヒットするのもわかる。

LIFE!(2013年製作の映画)

4.6

すごく好きな作品に出会えた。映像も音楽も最高だし、何よりストーリーが!
映画の中なんだけど、様々な体験を私も一緒にしてる気持ちになって。妄想ばかりしてたベン・スティラーの顔が、現実の中の「大冒険」を通
>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

4.0

あまり期待せずに観たのに、号泣…
とにかく絵が綺麗で、惹き込まれる。ファンタジーなんだけど、既視感があって懐かしい感じもして、たまらない気持ちに。ヒットするのがわかる作品だった。

ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー(2016年製作の映画)

4.0

スターウォーズをきちんとシリーズで観ていないにも関わらず、番外編みたいなローグワンを観ることに抵抗はあったけど。何だ、めちゃ面白いじゃん!SFとかあまり好きじゃなかったのに、空に大きな戦艦が浮いてるの>>続きを読む

世界にひとつのプレイブック(2012年製作の映画)

3.7

ジェニファー・ローレンスの可愛さにヤラレた…。心に病気を抱えている人と、その周りの家族と、経験上気持ちが物凄くわかって、一番マトモなパットのお母さんの苦労を思うと、最後がハッピーエンドで良かった。

>|