ゆう

ゆう

見た映画の記録用に使っています。アジア映画、ミュージカル映画、ロードムービーが好きです。

マイレージ、マイライフ(2009年製作の映画)

-

解雇宣告人を描いた作品というから、その辺の葛藤とかを描いてるのかなと思いきや、そこは深く描かれているわけではなかった。

ライフスタイルも価値観も様々だし、幸せの基準も様々。結末はちょっと切なさが残っ
>>続きを読む

ジュリエットからの手紙(2010年製作の映画)

-

ベタなロマンチックストーリーだけど、ヴェローナの美しい景色と登場人物の美しさ(アマンダはもちろんおばあ様も)で素敵な感じに。
ヴェローナ行ってみたいな~

フィリップ、きみを愛してる!(2009年製作の映画)

-

実話と聞いてびっくりした!!
ただのラブコメかと思いきや、主人公がここまで愛に執着するのってやっぱり親との関係があるのかなとは思った。
彼の中で確かなのが、彼自身といえるのが、フィリップを愛してる男と
>>続きを読む

ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013年製作の映画)

-

映画全体が女、金、ドラッグのループで下品だったけど、もう音楽の使い方が巧妙すぎてノリノリで見てしまった。
出てきたの一瞬だけど、マシューマコノヒーの仕草が忘れられない

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

-

思い通りのラブコメを求める人にはおすすめできないけれど、本当に素敵な作品だった。
最後の決断には手放しで賛成はできないけれど、自分の身に起こったらどうするのだろうと深く考えさせられた。

クリムゾン・ピーク(2015年製作の映画)

-

もう美術がすばらしい!ゴシック好きにはたまらなかった。
あと、赤粘土の上に建つ古城という設定がいい味出しすぎてる。

パッセンジャーズ(2008年製作の映画)

-

このレビューはネタバレを含みます。

Amazonのレビューで最後はシックスセンスという壮大なネタバレを見てしまったので、結末は予測できたけど面白かった。

横道世之介(2013年製作の映画)

-

もうすごく好きな映画だった。ゆるゆる流れる場面、そこにひたすら素朴で純粋な主人公とショウコちゃん。
2人がかわいくて、見ているだけで幸せ。
ちょっと切なくなるけれど、まるで自分が世之介と友だちになれた
>>続きを読む

ニューイヤーズ・イブ(2011年製作の映画)

-

オムニバス形式でちょこちょこ笑えるところもあってよかった。やっぱり大晦日と新年ってなんとも言えないワクワク感があるよね。
なんでこれを真夏に見たのかは自分でも分からないけど、面白かった~

幸せのレシピ(2007年製作の映画)

-

料理がおいしそうだった~私もサファリピザパーティーしたいです。

理想の彼氏(2009年製作の映画)

-

キャサリン・ゼダ・ジョーンズが美しすぎて、別に若い男の人と並んで違和感なかった。
すごく素敵な話だったけど、これは美人のなせる技?笑

イキガミ(2008年製作の映画)

-

山田孝之の話が感動したし、印象的だった。
うーん、自分が24時間後に死ぬなら何をするのだろう、とは考えたけど、あまりにも設定がファンタジックすぎて…

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

-

実話だと知って驚いた。本当にまた会えてよかったな~
子役が可愛かった、サルーサルーって

キング・コング(2005年製作の映画)

-

公開当時、両親と見に行った覚えが…
こんなに大きいのにコングがかわいく見えた

アーティスト(2011年製作の映画)

-

無声映画だからこそ、最後のシーンがよかったな~

僕の、世界の中心は、君だ。(2005年製作の映画)

-

日本版は全く見てないけど韓国版から視聴。もちろん女の子が亡くなってしまうのは分かってるから悲しいんだけど、チャ・テヒョンの演技のおかげで見れた。
やっぱりチャ・テヒョンの演技好きだな。

女子ーズ(2014年製作の映画)

-

出てる子みんなかわいいし、ゆるーく見れる感じ。

Gifted(原題)(2017年製作の映画)

-

みんなメアリーにとっての最善を考えているのに、うまく折り合えないのがもどかしくて…
メアリー役の子がかわいいし、ちょっと生意気な感じの演技が本当にうまかった。

ヤング≒アダルト(2011年製作の映画)

-

見てて痛くてたまらないけど、シャーリーズ・セロンはやっぱりきれい~
こういう人って大体いるよね…

ゾディアック(2006年製作の映画)

-

たまたまこの事件について知ったから見てみたけど、事実を知っていてドキドキしてなかなか面白かった。

イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所(2014年製作の映画)

-

回想シーンが微笑ましいものばかりだからこそ、現実がつらい…
おじいちゃんとのシーンが本当に泣けた

ガール・オン・ザ・トレイン(2016年製作の映画)

-

なんか何が真実なのか途中までわからない感じで、ポスター通りラスト30分に本当のことがドドっとわかる…でもラストに激震というよりは、ゲスいなって感じ

一枚のめぐり逢い(2012年製作の映画)

-

展開は読めちゃうけど、いい話だった。
ザック・エフロンかっこよすぎて好きにならない人いないでしょ

蛇にピアス(2008年製作の映画)

-

吉高由里子も高良健吾もかわいすぎない?
でも舌ピも刺青も痛そう…

ピッチ・パーフェクト2(2015年製作の映画)

-

1見てないんだけど、2から見ちゃった!
アカペラのシーンは圧巻だし、笑えるシーン多かった~

ベンジャミン・バトン 数奇な人生(2008年製作の映画)

-

本当に数奇な人生…
主人公2人がひたすら美しかった(特殊メイク?CG?の技術すごいね)

スタンド・バイ・ミー(1986年製作の映画)

-

見終わった後のなんとも言えない余韻がたまらないな~
子どもの時って家庭環境とか全然違う子とも仲良く出来ちゃうし、映画の言葉通り、"あの12歳の時のような友だちはもうできない もう二度と。"だなと思った
>>続きを読む

秒速5センチメートル(2007年製作の映画)

-

見終わった後になんとも言えない切なさが…
でも話の内容より、映像の美しさと音楽が心に残ってる。

セトウツミ(2016年製作の映画)

-

実は今年観た映画で1番好きだった!!
何かが起こるわけじゃないけど、2人の緩い掛け合いがたまらなくおもしろくてハマってしまった。
多分定期的に見たくなる映画。

ミュージアム(2016年製作の映画)

-

怖い、グロい場面が多かったけど、1番怖かったのは最後のホームビデオに映っていたもの…

セブン(1995年製作の映画)

-

後味悪いって有名な映画だけど、本当に後味最悪だった…面白かったけど、もう一生見たくないかも

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

-

面白かった!!
嫌な人だけど、成功者は恐らくここまで勝ちに貪欲じゃないといけないのだといけないのだと…
アメリカンドリームってやっぱり恐ろしいな~

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

-

うーん、評価高めだったから期待してたんだけど、あんまりハマれなかった…
構成はおもしろいと思うし、何よりサマーがひたすらかわいい~

ドリーム(2016年製作の映画)

-

すごくよかった!!
もちろん彼女たちにはずば抜けた才能があるけれど、どんな逆境でもやりたいことをやり遂げる意志の強さが何よりすばらしいと思った。
曲のチョイスも好きだった~

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

-

ハリポタ本編は不死鳥くらいから映画も暗めで見にくい印象が強かったけど、これは1作目だからかもしれないけれど、新しい世界観にワクワクさせられた。
続編も楽しみ~

>|