ちょこみんさんの映画レビュー・感想・評価

ちょこみん

ちょこみん

映画(68)
ドラマ(2)
  • List view
  • Grid view

バービー(2011年製作の映画)

3.3

韓国映画のある一つの側面、ブラックコメディ。自虐的なところもあり、明るいタッチだけど終始暗いムードが漂ってる。

珍しく猟奇的な描写はないけれど精神的にはえぐられるなぁ。まぁでもこういうのも上手いよね
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.0

だいぶ話題になった作品がもうプライムになっていたので早速観させていただいた。

いや、ほんと是枝監督は凄い。ラストの幕切れまでずーっと心を揺さぶられ続ける。間違いなく名作の部類。

名優が揃っているの
>>続きを読む

ゆれる人魚(2015年製作の映画)

3.4

なんとも不思議な雰囲気な。ダークファンタジーってやつですね、ミュージカル調の。

音楽、なかなかでした。シンセポップとは好物な。耳をついて離れないベース音の曲が何個も出てきたw

ちょいグロなんで耐性
>>続きを読む

キャビン(2012年製作の映画)

3.5

なんていうかこう、騒々しい映画だったなw 青春ドタバタホラー?それともダンジョンメーカーか?

仕掛ける側と仕掛けられる側のどちらの視点も満遍なくでバランス良い感じ。あれよあれよと裏側の事情が暴かれて
>>続きを読む

マザー!(2017年製作の映画)

3.5

ノクターナルアニマルズの他人の感想の中に名前が出て来たのでなんとなーく見たんだけど、嫌いじゃなかったー。ノクターナルとは全然違う感じの作品だったけどね。

最初、超超超お人好しの旦那に招かれた客が傍若
>>続きを読む

ゴジラVSビオランテ(1989年製作の映画)

3.3

昭和男子のご多聞に漏れずゴジラは好きなんだけど、しばらく離れていたわけ。シンゴジを観て、やっぱゴジラはかっこいいなぁと思っていたところにプライムで全作品解放されたのでボチボチ観てる感じ。

日米どっち
>>続きを読む

ノクターナル・アニマルズ(2016年製作の映画)

3.6

いや、こんなにも余韻を残す映画は久しぶりで逆に混乱するっていうかなんていうか...。

なんだろう、多分だけど初見で色々読み解けてない部分がかなりありそうだなー、っていう感想。

それほどに考えさせる
>>続きを読む

神様メール(2015年製作の映画)

3.5

たまにはちょっとコメディっぽいのでも、と思って。

ポップな感じで確かにコメディなんだけど、かなり風刺の効いたブラックコメディに近い感じなんじゃない?これ。

くそったれな神様が自分で作ったルールでけ
>>続きを読む

義兄弟 SECRET REUNION(2010年製作の映画)

4.0

案外韓国映画って当たりハズレがあって、何本か途中まで観ては、違うなぁとやめたりしてを繰り返し。

ようやく当たった感じ。これこれ。ソンガンホあるところに事件あり、ですな。何気に好きな俳優さん。

カン
>>続きを読む

クリーピー 偽りの隣人(2016年製作の映画)

3.4

なんだか酷評が目立つのでどうしようかと思っていたものの興味はあったので意を決して、えい!と観た。

いや、悪くなかったけど?

確かに変な隣人がいて、やっぱり狂人であららららーな感じで意外性はないけど
>>続きを読む

トランス・ワールド(2011年製作の映画)

3.5

なんか山小屋監禁系の映画かなー、と思って見始めたら、あれあれそういう感じ?おー、そう来る?なーるほど!と意外な展開だった。

設定はありがちっちゃーありがちなんだけど、魅せる作りになっていて最後まで飽
>>続きを読む

ロスト・バケーション(2016年製作の映画)

3.3

サメこえーな。

まぁ鮫映画なので鮫に襲われるっていうベースがあって、じゃあそれにどういうシチュエーションで出会ってどういう方法で撃退するか、って分かってる訳。

だから役者で魅せるとか演出で魅せると
>>続きを読む

ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女(2009年製作の映画)

3.5

何回かに分けて観てしまったのと、え?なんで?って所が何箇所かあってイマイチ集中できなかった。ですが。

綺麗な起承転結、謎解きの心地良さ、見事な伏線回収。高く評価されるだけの事はあるなー、と感じた。
>>続きを読む

インターステラー(2014年製作の映画)

4.8

長いし、テーマが重そうなので観るのをいつにするか決めかねていたんだけど、プライム終了間近って事らしいので遂に視聴。

この映画、ヤバイ。めっちゃくちゃ良かった。長い!と敬遠すると確実に損すると思う。お
>>続きを読む

幸福の罪(2011年製作の映画)

3.4

映像の色味がいいなぁとか、ベースが効いたちょっと変わった音楽がいいなぁとか思いつつも話は淡々と続いていって退屈。

だなー、と思ってたら後半で一気に、あ!そういう感じってなって目が覚めた。その直前まで
>>続きを読む

シャークネード4(2016年製作の映画)

3.2

竜巻でパニック映画つくろーってなってどうせだからサメも一緒にやっちゃおう!ってなるのはいいけど何で竜巻に乗せちゃったかなぁ。

いや、良い意味で超おバカ映画。プライムで観れるようになってたのがシリーズ
>>続きを読む

コード60 老女連続殺人事件(2011年製作の映画)

3.2

音楽と映像の雰囲気は好きな感じ。押し付けがましくない程度にアーティスティックな画作りがバランス良し。音楽も良く効いてると思う。

が、あくまで雰囲気映画って感じで肝心のストーリーは凡庸な感じで、あーは
>>続きを読む

ギャングバスターズ(2012年製作の映画)

3.3

ビリー・ボブ・ソーントンを観ようと思ったのに案外出番少なめで肩透かし。でも、なんか、結構面白い映画だった。

悪人対悪人のはちゃめちゃバトル的な展開かと思いきや、後半人情ものっぽくなってちゃんとストー
>>続きを読む

震える舌(1980年製作の映画)

3.7

破傷風になった子供の話でホラーテイストの名作って事でいつか見よう見ようとだーいぶ前からブックマークしてた作品。

ついに鑑賞、というところだけど、いやはやがっつり心に刺さってきましたなー。

エスソシ
>>続きを読む

カットバンク(2014年製作の映画)

3.4

見終わってこりゃタイトルも地名だしビリーボブソーントンも出てるしファーゴに対するオマージュ感すごいなー、と思ったらドラマファーゴの監督だったw

それを知って回想すると完全スピンオフ作品みたいな気がし
>>続きを読む

シャーク・ナイト(2011年製作の映画)

3.3

んー、鮫映画。良くも悪くもw
土曜の午後にテレ東でやってたら最後が気になって観ちゃうよね。あ、気付いたら夕方になっちゃった!的な。

まぁでも中だるみも無く程よい緊張感のある展開で、時間も短いしサラッ
>>続きを読む

Every Day(2016年製作の映画)

3.6

静かで、優しい愛を感じる良い映画だった。自分に置き換えて考えたらどうだろう?なーんて思って妙に切ない気持ちになったり。

突発的な何かによって日常が壊される経験は何度かしてきているけど大切な人を失うイ
>>続きを読む

イントゥ・ザ・ストーム(2014年製作の映画)

3.3

いいよね、竜巻。映像で見てる分にはドキドキワクワクしちゃう。

ディスカバリーチャンネルで竜巻のドキュメンタリーを何度も観ちゃったりストームライダーが好きだったり龍の巣に鼻の穴ふくらませちゃったり。惹
>>続きを読む

葛城事件(2016年製作の映画)

3.3

いやだー!いやだー!!こんな失敗家族はいやだー!!

と、思わせる酷い家族像がそこにはあった。これはもう、超反面教師。

出てくる登場人物がどいつもこいつも胸糞悪いっちゅーのはとんでもないね。葛城一家
>>続きを読む

ゾンビーワールドへようこそ(2015年製作の映画)

3.5

なんか久し振りに完成度の高いエンタメ映画を観たからかな?すっげー面白かった。

ちょいグロちょいエロまじ友情をゾンビものに乗っけて正統派王道ストーリーを丁寧に作ってるのが好感なのかな。

ずっこけ三人
>>続きを読む

傷だらけのふたり/恋に落ちた男(2014年製作の映画)

3.2

韓国映画を観るとさ、韓国焼酎と袋ラーメンを食べたくなるよねー。

さておき。

あらすじ読んでもっと泥臭い感じの物語を想像してたら全然違った。定番の不治の病余命幾ばく系だった。

使い古されたスジだけ
>>続きを読む

お父さんと伊藤さん(2015年製作の映画)

3.7

いや、よかった。おもしろかった。
お話が面白かったというよりも空気がすんごく良かった。お父さんと、伊藤さんの。

まずお父さん。厳格な感じなのに一人称がボクなのと語尾の「な」と「ね」が可愛すぎる。それ
>>続きを読む

サウンド・オブ・ノイズ(2010年製作の映画)

2.6

面白い?面白いけど...どっかで見たような感じ?演奏のシーンを観ていてbrandt brauer frickのBOP思い出した。あのPVは衝撃受けたけど二度目は、ね。

着想は悪くないんだけど、脚本は
>>続きを読む

草原の実験(2014年製作の映画)

4.0

草原の実験、字幕版。
けれど字幕は一度も無し。
なにせ台詞が一切ないから。

美しい情景、美しい音楽、美しい少女。
これだけ揃ってれば台詞は不要。むしろ邪魔になるだろう。

台詞で余計な情報が入ってこ
>>続きを読む

セールスマン(2016年製作の映画)

3.4

イラン映画ってのは初めて?観たと思う。聞き慣れた英語やらフランス語やらとは違う言語が新鮮。

音楽やカット割りに頼らず表情と情景描写に徹底的にこだわる様が妙にパワーを感じてグイグイと引き込まれる。
>>続きを読む

二重生活(2016年製作の映画)

3.4

前からちと気になってた作品をリリーさんを観る流れの一環で鑑賞。

今観終わってラストは少しイマイチかな、って感じはしたけど全体を通した雰囲気は良かったかな。

普通は理由なき尾行なんて時間と倫理とお金
>>続きを読む

そして父になる(2013年製作の映画)

3.7

八日目の蝉に引き続き親子の愛とは、なテーマの作品を。親になって観てみてどう感じるか、というところで。

産まれる瞬間の神秘と奇跡に立ち会った身としては6年後に違う子でしたーって言われてもピンと来ないだ
>>続きを読む

ウィッチ(2015年製作の映画)

3.7

や、良かった。トマシンの可愛さ含めて。

暗い暗鬱とした空気感、ある種信仰がオカルトであるという皮肉っぷり、静かながらも延々続く緊張感。

どれもこれも琴線に触れてくる感じ。子役の子たちの演技も良かっ
>>続きを読む

愛の渦(2013年製作の映画)

3.2

この間観た「恋の渦」の流れで同じ戯作者の話を戯作者本人の監督作で。

下半身だけを頼りに集った人達の群像劇。開放的になり切れない人間の、こと日本人の微妙な遠慮感がよく出ててムズムズ。

ここには、そん
>>続きを読む

陰陽師 〜おんみょうじ〜(2001年製作の映画)

3.2

プライムから外れるようなのでその前に、と視聴。たしかフィギュアでユズ君が使用していて、そういえば映画観てないなーとブックマークしてたのでした。

野村萬斎の所作が艶やかで非常に美しい。対抗馬の真田広之
>>続きを読む

八日目の蝉(2011年製作の映画)

3.9

まぁ面白いだろうな、と思いつつもきっとヘヴィなのは分かってたので観るタイミングが定まらず放置してたんだけど、プライムの対象外になっちゃったらそこまでして観ないかなと思い、意を決して。

いや、良かった
>>続きを読む

>|