希菜まなさんの映画レビュー・感想・評価

希菜まな

希菜まな

映画(613)
ドラマ(19)
アニメ(0)

ラーゲリより愛を込めて(2022年製作の映画)

4.2

「戦後、日本人はシベリアに抑留されていた」
この一文を知っていた。でも、理解していなかった。

目を背けたくなるような現実が次々と描かれていて、本当に辛かった。
その中で、人々に生きよう、生きようと声
>>続きを読む

インターステラー(2014年製作の映画)

4.0

難解と聞いていたので、吹替鑑賞。
『TENET』の後に鑑賞したが、私はこちらの方が難しかった。

宇宙ってやはり壮大で、時間も空間も隔絶してしまうが、愛ってやはり偉大なんだなってことに尽きる作品。

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.1

こっちは観てるだけだからまだマシだけど、作った方よ。唖然。
難解と聞いていたから、普段洋画は字幕派だけど、話に集中するため吹替で鑑賞。
吹替の方が元のセリフに近い情報量が揃っているので、1回で7〜8割
>>続きを読む

マリー・ミー(2022年製作の映画)

3.6

王道ファンタジーラブストーリー。

ジェファニー・ロペスかっこかわいいし、オーウェンの真面目で心を支えてくれる感じ…キャストの配役が完璧すぎた。

RUN/ラン(2020年製作の映画)

3.5

サイコ・スリラー。母親の「娘」という存在に対する、狂気的なまでの所有欲。

喘息や下半身麻痺など縛りが多すぎて、観ててハラハラした。

インビクタス/負けざる者たち(2009年製作の映画)

3.9

人種差別で南アフリカが舞台となった作品は初鑑賞。

マンデラが大統領就任後、黒人ばかりを優遇するわけではなく、きちんと白人にも1人の人間として横に並び、問題を解決しようと働きかける姿は感銘を受けた。
>>続きを読む

ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー(2017年製作の映画)

3.7

彼の元来の性格か経験か、社会の上手くつけられない繊細な面があったことが丁寧に描かれている。
なんの見返りもなく、ただ人生の全てを小説に捧げた彼は本物の小説家なんだなと思った。それが幸せなことなのかどう
>>続きを読む

ルーム(2015年製作の映画)

4.0

観ていて辛かった。でも観てよかった。

ジャックはいきなり自分の知らなかった広い世界に放り出されるのは、乱暴なことだし、なかなか受け入れられないのも無理はないと思った。それでも母のために強くなろうと、
>>続きを読む

殿、利息でござる!(2016年製作の映画)

3.6

実話である驚き。

貧乏な町で民が重税に苦しむ中、自分になんの見返りもないのに今で言う三億円を藩に貸し付けて、利息を巻き上げてその苦しみから解放しようと、金のある百姓が立ち上がる話。

コメディにも分
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.6

共学ではなかったので、全てを共感できるわけではなかったが、思春期が詰まった作品。

これを観て、共感性羞恥心を持つ人けっこういるのではないかな。
でも、だからこそこの世界に没入してしまう。

ジーサンズ はじめての強盗(2016年製作の映画)

3.6

ツッコミどころは多いけど、そういう映画じゃないし、あまり頭を使いたくない時に観る映画

名優たちの芝居を堪能できて最高

鍵泥棒のメソッド(2012年製作の映画)

3.6

コメディってあるけど、そこまでコメディに振り切ってないし、わりと静かなトーンで進んでいく

だからこそ笑いが映える

第9地区(2009年製作の映画)

3.3

こういうタイプの映画滅多に観ないけど、なんとなく鑑賞。
力技タイプかと思えば、ちゃんと社会風刺していた。
主人公クズすぎる。クリストファー良いやつすぎる。息子優秀すぎる。

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン(2002年製作の映画)

3.9

ありえないでしょ!って思ったんですが、これ実話なんですよね。すごい。天才だ。
フランクとカールが追い追われるうちに妙な絆が生まれ、最後ああなったのはフランクにとって救いだなと思った。

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ(2016年製作の映画)

3.8

薬物中毒者ホームレス男と野良猫のお話。
誰にでもセカンドチャンスはあるし、支えてくれる存在はいる。
本当に素敵な話でした。
最後に実話であることを知り、すごい驚きました。猫ってこんなに尽くしてくれるの
>>続きを読む

大統領の執事の涙(2013年製作の映画)

3.8

幼い頃逆らった故に悲惨な思いをし、白人に逆らわず、安定した仕事と家族を守る道を選んだセシル。
ホワイトハウスの執事だから時代の流れに直接触れていたが、彼はあくまで客観的な立場だからそれが淡々と描かれて
>>続きを読む

幸せのレシピ(2007年製作の映画)

3.7

どれも美味しそうで、お腹が空きます。
特に盛り上がるとかはないんだけど、嫌な気分にもならないし、心がほっこりした。

ディア・エヴァン・ハンセン(2021年製作の映画)

3.6

元々ミュージカル作品だから仕方がないが、突然のタイミングの歌には最初戸惑った。
だが、歌は本当に最高に良い。音楽チームが『ラ・ラ・ランド』『グレイテスト・ショーマン』を手がけたチームだけある。

スト
>>続きを読む

ベルファスト(2021年製作の映画)

3.5

北アイルランド問題、そこまで詳しくなかったから良いきっかけになった。
一部を除いて始終モノクロなのは、ケネス・ブラナーの半自伝ということから幼い頃彼の見ていた景色がモノクロだったのかなと思った。
調べ
>>続きを読む

ソーシャル・ネットワーク(2010年製作の映画)

3.7

まさかFacebookの成り立ちにこういう経緯があったとは…訴訟問題と絡めて過去を遡っていく演出が面白かった。
見終わったあと、思わずFacebookのWikiにとんで調べまくってしまった。

白鯨との闘い(2015年製作の映画)

3.4

鯨って勝手に大人しいイメージを抱いていたけど、鯨も生き物だから攻撃されたら反撃するよなって当たり前のことを思った。しかも相手は自分より何倍も大きい生物。

昔の捕鯨は本当に命懸けだったんだ。
人間欲を
>>続きを読む

この子は邪悪(2022年製作の映画)

2.8

催眠術というよりもはや魔術。
世にも奇妙な物語を長くしてみましたって感じ。

42〜世界を変えた男〜(2013年製作の映画)

4.2

私は野球に関して無知なので、黒人初のメジャーリーガーである永久欠番42の持ち主ジャッキー・ロビンソンを知らなかった。
人種差別が激しい時代、それまで白人しかいなかったメジャーリーグに黒人が入ることは、
>>続きを読む

天使のくれた時間(2000年製作の映画)

3.6

天使のくれた時間ってそのまんまなのか!って最初驚いた。

最初の分岐点で自分が選ばなかった方のifの世界に迷い込む話。
金も地位もあるが、愛や家族はな買った男が真逆の世界に行って、どちらが幸福なのかを
>>続きを読む

私の中のあなた(2009年製作の映画)

3.9

群像劇で物語は進んでいくのだが、正直どの立場にも共感してしまうからこそ辛い。

自分が母親なら、子供なら、兄弟なら…etc救世主兄弟はやりすぎだと思うけど、母親ならどうしても娘を救いたい気持ちもわから
>>続きを読む

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.4

ディザスターパニックって初めて観たけど、思ったよりおもしろかった。
軽く観られるから、あまり頭を働かせたくない時に観るといいかも。
地球でのカーチェイスの後、大統領が言った一言に思わず笑った。

魔法にかけられて2(2022年製作の映画)

3.4

前作とキャスト続投っていうのが嬉しかった。

やっぱりディズニー音楽って耳に残るし、街並みの色使いとか好き。
ファンタジーあるあるの12時の鐘が鳴り終わるまでのお約束があるけど、それに対する男性陣のあ
>>続きを読む

ミケランジェロの暗号(2010年製作の映画)

3.5

当時の作家が書いたドイツ文学を読んだことあるから、ルディのナチス参加の経緯が当時のドイツ人あるあるだー!ってなんとなく感心してしまった。

隠し場所はわかりやすかったけど、最後のあの構図は痛快だった。

ジュディ 虹の彼方に(2019年製作の映画)

3.5

10代から過度な食事制限、栄養剤でほぼ過ごさせ、スケジュール管理を徹底し、弱音を吐いたら脅迫する…って健全な精神が育たないのは仕方がなかったと思う。

右葉曲折あっても、彼女が心から歌うことが好きで自
>>続きを読む

水曜日が消えた(2020年製作の映画)

3.3

群像劇?的な感じかと思ってたら、水曜日目線で進むお話だった。
最後そっちを選ぶのは予想外で私的に良かった。
あとエンドロールの付箋での会話かわいかった。

万引き家族(2018年製作の映画)

3.9

衣食住のほとんどが万引き。そしてこの家族も万引き。
万引きでできた家族だけど、確かに家族だったんだなって。
世の中の言う常識的状況に戻った方が孤独という。どちらが幸せなのか。

個人的には女性警察官の
>>続きを読む

コードネーム U.N.C.L.E.(2014年製作の映画)

3.7

おしゃれスパイ映画要素詰め込みました!って感じ。
私的には好みでした。
最初のカーチェイスのシーンが特に好き。

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.1

話題作なので、だいぶハードル上げて観たけど、それでも面白かった。

そもそも、韓国の映像作品初めて観た。
匂いや、場所、カメラワーク、演出など様々なもので社会格差が表現されていて、スッと頭に入ってきた
>>続きを読む

地獄の花園(2021年製作の映画)

3.6

何も考えたくなく、ただ笑いたいなと思い鑑賞。

ヤンキーOLがバトルを繰り広げる中、途中挟まる堅気OLのギャップに笑ってしまう。
しかも、ヤンキーOLもオラつくのは基本ヤンキーOLに対してで、ちゃんと
>>続きを読む

ファーザー(2020年製作の映画)

3.7

認知症の方を支える側の作品は観たことあるけど、認知症の人視点の作品は初めて観た。

認知症怖すぎる。
それと同時に、私の祖母も晩年は認知症でホームに1ヶ月ぶりに会いに行った時に忘れられてたのはだいぶシ
>>続きを読む

余命10年(2022年製作の映画)

4.0

あ、これ泣くやつだ。って分かってても観て、泣いた。

余命10年という、長いようで短い時間の中で茉莉が賢明に生き、思い出を全て持っていく姿が素敵だった。

茉莉の人生であり、原作者である小坂流加さんの
>>続きを読む

>|