ちゅんさんの映画レビュー・感想・評価

ちゅん

ちゅん

映画(442)
ドラマ(0)

スウィング・キッズ(2018年製作の映画)

4.5

個人的今年トップ候補がもう出てきた…
ビッグバンド好きとしてはとても良い

ダンス、コメディ、戦争と要素詰め込み過ぎと言われればそれまでだけど、自分としてはバランスよく楽しめた

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

4.0

再鑑賞
公開時観に行って勢いでパンフレット買ったのが懐かしい
映画好きな人は絶対楽しめる

メッセージ(2016年製作の映画)

3.4

静かなSFヒューマンドラマ
ちょっとインターステラー感ある
ばかうけ

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

3.3

1からのシームレスな展開とかがバックトゥザ・フューチャーをオマージュしてる感出てた
前作からそのまま連続で観た方がいい。
テイストも変わってホラーというよりSF
途中の吹っ切れるシーンが良い

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

3.4

話題で気になってた映画
そんなにホラー感はなくて見やすい

ヴィンセントが教えてくれたこと(2014年製作の映画)

3.3

ビル・マーレイ好きだなぁ
今回明るい馬鹿じゃなくてウザおじだけど

舟を編む(2013年製作の映画)

3.5

4本連続松田龍平。松田龍平もいいけどオダギリジョーのキャラがめっちゃ好き。
辞書読みたくなる
もっと早く観ておけばよかった

探偵はBARにいる3(2017年製作の映画)

-

今作もしっかり面白い。
知ってる場所沢山出てきて5割増しで楽しめる。

ノッティングヒルの恋人(1999年製作の映画)

3.5

『ローマの休日』を彷彿とさせるストーリー
コステロの『she』も相まって好きな映画になった

星の王子ニューヨークへ行く(1988年製作の映画)

-

ちょっと古いけど、テンポ良くて気楽に観れて面白かった
若かりしサミュエル・L・ジャクソンが一瞬出てきた
fire stickで無限に時間溶ける

チャーリーズ・エンジェル(2000年製作の映画)

-

ご都合主義なコメディと重力無視なワイヤーアクションが最高
好きな曲が沢山使われてた

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

3.4

裏の世界にも独自のルールやコミュニティがある設定がめちゃハマる
このシリーズ好きになった

俺たちに明日はない(1967年製作の映画)

-

全体的に雰囲気が好き。古典名作は面白い。
邦題が良いね

バッドボーイズ2バッド(2003年製作の映画)

-

在宅勤務、ずっと家だし誰とも会わないからメンタルヘルスに良くない、
と感じて軽く観れそうな映画を。
やっぱこういうお調子者系のノリの映画好きだな

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.0

テンポも良く非常に完成度が高くて面白い。
観終えた直後は壮絶なクライマックスに食われて鬱な気分になったけど、時間が経って整理がついてくると、作品のテーマ性やそれを表すメタファー,構図が散りばめられてい
>>続きを読む

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

-

東野圭吾にしては内容薄いなぁ
よくありそうな邦画(ディスりではない)
キムタクかっこいい

クレイマー、クレイマー(1979年製作の映画)

3.7

結婚もしてないし子供もいないけど、ダスティンホフマンにとても感情移入してしまった…つらくなった…でもいい映画

40年前のアメリカでの仕事観、家庭観を知れた

レザボア・ドッグス(1992年製作の映画)

-

デビュー作からタランティーノはタランティーノしてた

音楽の使い方が好き

ヘヴィ・トリップ/俺たち崖っぷち北欧メタル!(2018年製作の映画)

-

引っ越しの合間を縫ってのミニシアター②

メタル愛が溢れるくだらない映画だった(褒め言葉)

小さい映画館に行ける機会が減る前の一日

音楽(2019年製作の映画)

-

引っ越しの合間を縫ってのミニシアター

独特の間とシュールさで、こういうタイプの映画は初
音楽って衝動なんだなぁ

市民ケーン(1941年製作の映画)

-

色んなランキングで1位のために気になってた作品

カメラワークや構成は1941年とは思えないほど、素人目から見ても現代でも踏襲されているものが多いと感じた。
あくまで今作られている映画の根本にある教科
>>続きを読む

ザ・ダート: モトリー・クルー自伝(2019年製作の映画)

-

モトリークルーは曲ちょっと聴くくらいだったけど、こんなにクレイジーだったとは
ボヘミアンラプソディ然り、バンドの伝記映画もっと観たい

ワイルド・スピード SKY MISSION(2015年製作の映画)

-

シリーズトップくらいには面白かった
そして最後には涙

いつも通りツッコミどころ満載だけど、このシリーズにいちいち突っ込むのは野暮やね

>|